真夜中ふみちゃんズさんの映画レビュー・感想・評価

真夜中ふみちゃんズ

真夜中ふみちゃんズ

抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-(1956年製作の映画)

4.5

じわじわと惹きつけられる。こちらまで神経を尖らせて覗き見しているような感覚

田舎司祭の日記 4Kデジタル・リマスター版(1951年製作の映画)

4.3

ベルイマンの冬の光の後に観たせいか
ブレッソンの方が粛々とした祈りを感じた
神の沈黙は変わらずなんだけれど

冬の光(1962年製作の映画)

3.5

意味をなさない形式だけの祈り

牧師をボコボコにしたい気持ちと
女性よ、まずは自分を大切にしてくれ
と思いながら救いを求めて見てしまった

やさしい女(1969年製作の映画)

5.0

冒頭の美しさにハッとする

現代にも置き換えられる問題

美しき結婚(1981年製作の映画)

3.6

皮肉が効いてる、悪いな〜ロメール
でもこの拗らした人間の愛らしい部分を描くのが本当にうまい...

テクノに笑ってしまう

友だちの恋人(1987年製作の映画)

4.3

オチが良すぎる。アンジャッシュじゃん

青が似合うと言われて青い服きちゃうし、
イメージに恋してたんだわってわかりすぎる。

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.6

ジョニーデップが良すぎる
デカプリオはもうなんか本当に天才すぎでは

ベッキーみたいな女の子でいたい

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

5.0

ホドロフスキー本当にすきです。
物を作ることに全力で、人をワクワクさせる天才、、、しゃべる姿がチャーミングすぎ。

豪華すぎるDUNE、映像化されて欲しかったです

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

4.6

自分も幼少期に、それも同じくらい。
小学5年生の頃 1番仲のいい友達と長い休みには別荘に行って遊んでいたので、懐かしい気持ちで微笑ましく途中まで観てました。

神様なんて居ないんだと思いながらも
祈っ
>>続きを読む

砂の惑星(1984年製作の映画)

3.8

ドゥニ版を鑑賞後にこちらを観たため
わかりやすくてよかった。
アニメ版のつもりで軽く観れた

デビッドリンチっぽさもあって
わたしは結構すきでした。

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

4.8

静かな水のように世界を受け入れ感謝する、この暮らしにたどり着き、続けていくのも大変な努力がいるなと感じる。忍耐力の鬼。心を豊かにするのに必要なものは何か、温かい気持ちで教えてくれる言葉と映像

それに
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.5

観た後の数週間の余韻がすごい。
ああ、これはすごくいい映画だったなと
ゆっくり思い出す

モード家の一夜(1968年製作の映画)

4.3

ロメールにでてくる変態キモおじさん
毎度笑ってしまう。

後半につれて、なんとなーくの予想が当たる
が、飽きずにみれるし、なんならラストが特にいい。運命って結局結ばれたい人とは結ばれはい

シュザンヌの生き方(1963年製作の映画)

3.8

女の子が強かに描かれていて本当にいいな。勝手に人を自分より上か下か決めて勝手に憐んで、そんでみんな、よく喋る喋る

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

3.9

夢見て生きるも、現実も嘘ばっか。人間を含む生き物の映像が最高で最低で最高。
これを本当の意味で理解できる日が来るのかな。

台風クラブ(1985年製作の映画)

5.0

超好きだった。凄いものを見た感覚

狂気的で暴力的
これらが日常の延長であることを忘れがち

PicNic(1996年製作の映画)

4.9

かなり好き。岩井俊二のこの映画はグロファンタジー小説を絵に描いたみたいな美しさ。
時代背景考えつつみるとより面白い映画だと思う

浅野忠信とCHARAがハマり役すぎ

エタニティ 永遠の花たちへ(2016年製作の映画)

4.0

母が私に、離婚しても結婚しなくてもいいから
貴女には子供を産んでほしいと言ったことを
思い出す映画。 生と死と愛のきらめき

Happybirthday Raymond(2017年製作の映画)

5.0

倉嶋カレン目当てで鑑賞
彼女が演技をしてると嬉しくてキュッとなる
贔屓で星5にしてしまうけれど、U-NEXTで
公開されたのを機に沢山の人に届きますように

コミカルさもありつつハートフルです
もう中
>>続きを読む

秘密の花園(1993年製作の映画)

4.5

この花園は僕たちの宇宙だ

花が好きな人ならすごく楽しい映画かなと

式日-SHIKI-JITSU-(2000年製作の映画)

5.0

庵野秀明であり、藤谷文子であり、岩井俊二であり、すごい作品だ....

庵野さんらしいカメラワーク
なのにどこか岩井俊二らしさもあって
ただ流してみるだけでも十分に美しい

配役のメタファーについて永
>>続きを読む

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

5.0

思い出して記録

攻殻機動隊は父からの影響で好きです

大人になればなるほど 味わい深い

ハマり過ぎていた時 何か理由を聞かれるたびに
「そう囁くのよ。私のゴーストが」って
返していた痛い過去を思い
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと美しい映画。部屋を暗くして観るのがベスト。

その当時の台湾の社会情勢、空気を感じ取ることができる。ただ本当にわかったのかと言われると、そうは言えない映画。もっと歴史的な流れがわかっていれば尚響
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

初っ端のイヤフォンが気になるとこから
もう共感羞恥というか これは自分か?
と思うようなわかるわかるの連続で
恥ずかしすぎて見てられなかった。

2人の日記風語り口調の中にもこれでもか?
というほどの
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

4.6

純粋さが真っ直ぐで面白くて健気でホラーで泣いた

空回りした親の子を思う気持ちと本人達の意思と
気持ちを尊重し手を回してくれる黒木瞳演じるお母さんの一連の流れに心がスッとした。

それにしても配役抜群
>>続きを読む

ロバと王女(1970年製作の映画)

4.2

奇妙なお伽話、ミュージカルすぎず
アウトな部分かなりあるが只々可愛い。
衣装もセットも役者も、贅沢すぎて
すごいお金かかってんな〜となる。

ボーっとただただメルヘンな世界を
眺めたいときにおススメし
>>続きを読む

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

3.8

映像の美しさ、音楽がよいことに
対しストーリーは18禁ホラーって感じ

でもかなり好きな部類ではあった。

ファニーとアレクサンデル(1982年製作の映画)

5.0

5時間11分っていう私が観た中で最大に長い映画。

眠くなることなく観れた...というか
一瞬の隙も与えられないくらい
ベルイマンの全てなのでは?と感じるほど
答え合わせをしているような気分に

彼の
>>続きを読む

紹介、またはシャルロットとステーキ(1961年製作の映画)

3.8

あんな食べ残しみたいな肉でもてなされてバスマットから動かずに結局食べちゃってるゴダール。
シュールすぎて

クレールの膝(1970年製作の映画)

4.3

相変わらずの屁理屈なオジサンが
クレールの膝をなんとかして撫でたいだけの話

笑えるフランス映画

>|