fumio0613さんの映画レビュー・感想・評価

fumio0613

fumio0613

映画(604)
ドラマ(56)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

ケイの決断力、そしてメリル・ストリープの演技力は圧巻
トップしての振る舞い、そして苦渋からの決断は素晴らしかった!

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

お金じゃなく、やりたいことを追求できることの偉大さ
プレイリストを見たら性格がわかるのは共感できる。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.8

歴史には必ずライオネルみたいな人がいる。最後のスピーチの後のわざと詰まらせたみたいなシーンかっこよかった!

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.3

1人の人間をちゃんとみる
すごく大事な事を教えてくれる映画
楽しさ、学びがある

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

愛の深さを感じずにはいられない映画
どんなことがあっても一途な思いを持ち続けることが凄い

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.7

メアリーメイプスのプライド、信念は素晴らしい。人間の人生を変えてしまう報道という現場で信念を貫くことの難しさ
ダンの引際はかっこよかった

デトロイト(2017年製作の映画)

3.6

ただ怖い
こんなことが本当に起こりうることを考えさせられる

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.7

あの音楽を聴いて踏み止まるシーンが印象的だった
愛情の行方が分からなくなる瞬間、そんな時に父親の愛情を思いだす、なんか感じるものがあったなぁ
ラッセルクロウの演技もさすが
アマンダはマンマミーアとは違
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.2

映画館で観れてよかった。
メリル・ストリープが出て来たシーン最高だった。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.8

ピアースブロスナンカッコいい
最後のシーンとか他の人がやったらキザっぽくなりそうだけどそのへんはさすが007

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.1

やっぱイーストウッドカッコいい
人は出会う相手によって人生が変わる、だからこそ出会いを大切にしなきゃいけない

ライオン・キング2 シンバズ・プライド(1999年製作の映画)

3.5

親は親、子供は子供。
親の失態のせいで子供が自分の人生を歩めないことは多々あるんだろうなぁ
1人の人間として見てくれる人がどれだけいるだろう

ライオン・キング(1994年製作の映画)

3.7

音楽、映像どれも良かった。
ムファサの王としての立ち振る舞いは流石

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.7

どんな人間でも1日の価値は同じ
時間は限りがあることを理解して1日、1日を過ごさなくてはいけないと痛感させられた。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

愛することは誰に対して抱いてもいい、相手が例え愛してはいけない人でもそんな映画。

ガガーリン 世界を変えた108分(2013年製作の映画)

3.3

作品としての魅力より、ガガーリンの成し遂げたことの偉大さを感じる

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.8

こんなタイムトラベルの使い方をしたら恋愛じゃない気がするけど、一途な思い、家族愛を感じさせてくれる作品

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.8

事件の当事者が出演するなんてイーストウッドじゃなきゃ出来ない

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

5.0

法律だけでは、本当に最適な答えは導けない。子供の将来を決めるのに何が最適なのか本当に難しい問題提起だと思う。
クリスエヴァンスとマッケナグレイスの演技も良かった。
久しぶりに涙が出る映画でした。

インファナル・アフェアIII 終極無間(2003年製作の映画)

4.2

すごく、切なく深い作品。1作目は万人受けする内容。2作目は凡庸だが、これは3作目の深さを演出することを考えると納得。
運命は人を変えるが人は運命を変えられないというフレーズがピッタリな作品。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

人種差別を受けながらも仕事をしたい、そして貢献できるという信念。つくづく見かけで人を判断してはいけないことを実感できる映画。ケヴィンコスナーのトイレの看板を壊すシーンめっちゃかっこよかった。

>|