fumiyannさんの映画レビュー・感想・評価

fumiyann

fumiyann

"本当に素晴らしい映画、琴線に触れた映画は人生の宝物 見つけることが出来た人はいつでも飛べる翼を持ったも同じ"

☆4以上はとても好きな映画
4.7 4.5 4.3 4.0 3.9 3.7 3.5 3.0 2.5 2.0

映画(605)
ドラマ(0)

インスタント沼(2009年製作の映画)

3.5

意外と良いんじゃないか!?
麻生久美子目当てで見たけど、話そのものはとにかく奇妙な空気感。
最初は「なんだこの映画は。シュールを狙い過ぎてて滑ってるぞ」と思っていたけど元気いっぱいな麻生久美子さんと、
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

4.5

先日、トボトボとなにげなく近所の道を歩いていると突然前触れもなく雷に打たれたかのように
『そうだ…!今自分に足りないものは“ランボー”なのだ‥!』
という謎の衝動に襲われて急いで借りてきました。

>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

うーん。。
普通だったとしか言いようがない。

1番興奮したのは韓国でのカーチェイスシーン。
ここを見所にあげる人はやはり多いんじゃないだろうか。唯一ブラックパンサーとしての個性的なエッヂが効いている
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.0

原作の雰囲気も損なわずに作られてると思います。
未完の状態での映画なので完結はしませんが、ZQNという少し特殊な設定のゾンビものを楽しめるという意味ではそれほど悪くないかと。

主人公がロッカーから何
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

3.0

『第9地区』のニール・ブロムカンプがメガホンを取ったとのことで、僕はあの作品が割りとお気に入りだったので観てみました。

“アンリアルな仮想世界に写実性をもたらす”ことに関しては、この監督はやはり頭一
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.5

“もし、第1幕から壁に拳銃をかけておくのなら、第2幕にはそれが発砲されるべきである”
“誰も発砲することを考えもしないのであれば、弾を装填したライフルを舞台上に置いてはいけない”

–––そんな『チェ
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.9

もっとおふざけに振り切った映画なのかなと思いきや、です。
意外と“しっかりしていた”という印象。笑

アクションはとってもスタイリッシュで格好良いし、ラブストーリー的にも何回か涙腺を緩めさせられます。
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.5

間違って消してしまったのでもう一度見直しての再投稿です。。

でも、恐らく、この映画に対する印象は初めて見た時から変わらないだろうしこれからもそうだと思います。

“お前たちが本気で21世紀を生きたい
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.9

随分、惹き込ませてくれました。
結構タイプの映画です。
この手のが好きな人にとってはたまらないんじゃないでしょうか?

話としての出来不出来や荒削りさは問題ではなく、ラストまでグイグイ引っ張っていって
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.5

とっても楽しくて可愛い、新しいスパイダーマン。

それでいてスーツはトニースターク御用達のハイテク。
アクションはさながらアイアンマンを見てるかのようでした。やっぱりトニーの発明品は男心をくすぐります
>>続きを読む

ホーリー・モーターズ(2012年製作の映画)

4.3

スタンド・バイ・ミーは“子供の頃”と“大人になってから”の2回見るべき映画と言われているみたいですが、
この『ホーリー・モーターズ』は“大人になってから”と“年老いてから”の2回見るべき映画であるよう
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.5


僕の好きな映画の傾向がいくつかあって、
①“惹き込ませる力”のある映画。
②人の醜い部分も全て含めて描ききっている映画。
③夜が感じられる映画。

つまりこの『ナイトクローラー』、とっても好みでした
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.9

ヒーローになる過程は他と比べて少し弱いかなぁと感じたけど、それを十分補える程に戦闘シーンが見応えある。

よくここまでぽんぽんアイデア出てくるよなぁと感心する。
そして作るの大変だったろうに…(笑)
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

4.5

今のところ、チャップリンの作品の中では1番のお気に入り。

機械化していく現代の中でも忘れてはいけないこと。大切なのは人間の中に本来的に存在している暖かさや笑顔です。

ヒロインも元気いっぱい系で、映
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.3


なるほど、再視聴して改めて思ったのは、どこまでも人間臭く、ヒリヒリした映画だなと。
プライドが高かったり、自己顕示欲が強い人が見たらたぶんシンクロし過ぎてどっと疲れちゃう。
自分の中にもちょびっとそ
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

4.5

夜中に1人で見ると得も言われない感動で満たされる名作。
定期的に見たくなります。

個人的にはラストの後は恐らく別々の道を歩むことになるんだろうなぁ…と予想します。
でも、ほんとに正解はなくて、見た人
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

楽しかったです。本当に。
なんかこういう小並感が一番似合う、しかし且つ、的確な気がする!
“純娯楽”、“エンターテイメント”、人を幸せにする作品です。

今作は今までにも増してギャグ要素多目。
半分く
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

見て初めて出た言葉:「スタローン!(゚o゚)」←友達か

壮大過ぎる展開に突っ込みつつも前作よりパワーアップされたその陽気な作風に身を任せて楽しめる作品。
方向性がガッチリ固まったなという印象です。
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.5

いやいや…もうほんとにシリーズここまで頑張って見てきて良かった…
148分の間、面白くない時間が1秒も無かったです。

『ウィンター・ソルジャー』といい今作といい、このルッソ兄弟監督が撮るMCUの作品
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.5

仕事も家族も失った男が、愛娘の為に世界最小のヒーロー"アントマン"として色々頑張るお話。
予想通り、コメディ寄りのアクション。

面白い所は凄く面白い。
ただ、ちょっと、期待し過ぎてしまった。。
もっ
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.7

安定感はあるけど、前作の息もつかせないような面白さに比べたら若干大人しくなってしまった…?

ストーリーを丁寧に進めようとし過ぎていた印象が。。
それでも十分面白かったですが(>_<)

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.0

地味目だった前作を遥かに上回り化け上がった傑作。
シリアス目な作風とスパイモノかのような華麗でスリリングなアクションが印象的。

“高い身体能力”と“鉄板”というこの2つだけでよくここまでカッコいいア
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.9

前作に劣らず勝らず面白かった。
ソーシリーズは思わず顔がほころんでしまうような可愛いギャグが所々にあるのが好きなところ。

というかヒロインの友達のダーシーが大好き。(あんまり聞かないけど)
今作では
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.0

鬼才デヴィッド・リンチの、デヴィッド・リンチらし過ぎる映画。
やはり初見ではなんのこっちゃ分からなかったですが、色々解説を見てみると物凄くよく出来た映画でした。

ヒロインの不憫さが切ない。

ただ、
>>続きを読む

HANA-BI(1997年製作の映画)

4.3

“花(生)-火(死)”
生きゆく堀部さんを生(花)
死にゆく西とその妻を死(火)
として花火の一瞬にして散る儚さとも掛けつつ描いているんだなと感じました。

暴力描写、芸術性、情緒、時折のギャグ、台詞
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

キューブリック版『世にも奇妙な物語〜'71 春の特別長編〜』といった感じ。

キューブリックの凝視と呼ばれるアレックスのあの上目遣いが最も顕著に見て取れる作品です。
それと並行してこの映画で最も注目す
>>続きを読む

あの夏、いちばん静かな海。(1991年製作の映画)

4.5

感動しました。涙を流すような感動ではありません。美しい絵画を見て感動はするものの涙を流すというものでは無い感覚に非常に近い。
うっとりと惹き込まれるといった感じでしょうか。

美しいキタノブルーの映像
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

3.7

小さい時は怖くて、よく親から「そんな事してたらグレムリンでるよ」と脅されました。

そんな擦り込みもあって長い間自分の中でトラウマホラー映画の金字塔としての地位を確立していた作品なのですが、今見ると可
>>続きを読む

>|