寸pyong

寸pyong

巷で大ヒット中、絶賛の嵐、高評価レビュー(平均4以上)の作品、グランプリ受賞作には、首をかしげることもしばしばなんですよね。

チェックしといて、いざ見てみたら吃驚級の落胆作品は記憶から消したいので、そっとチェック外して済ますことに。

長い文章は読めないし書くことも苦手。
おバカタレント並のもんです。

お気に入りのレビュアーと、高評価作品やチェックがかぶるのは嬉しいね

コンテイジョン(2011年製作の映画)

2.9

昔一度見た気がしながらも、細かいところは思い出せず
ラストシーンも何となく
予告編が刷り込まれてたのかな

パンデミックの恐怖は、あまり伝わらず

スターを大勢起用すると、編集のバランス取りで失敗しち
>>続きを読む

ザ・ゲスト(2014年製作の映画)

2.8

ふざけ過ぎ、遊び心盛り込み過ぎでしょうに
サスペンスだと思って観たら肩透かし食らった

主役の正体が判明後は、それまでの雰囲気が総崩れで一気に失速。

大袈裟に登場する軍警察は弱すぎだし、少佐は口軽過
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.4

北欧のほのぼの作品には弱いです

偏屈爺さんにも歴史あり

天寿を全う出来てめでたしめでたし

ローズ(1979年製作の映画)

3.5

一芸に秀でた天才は世界の宝。
身の回りの世話は、徹底してやってあげましょう。

モデルとされるジャニスジョップリンの方が切ない人生だったかと。70年代のスターは、酒、麻薬絡みで、随分亡くなってますね。
>>続きを読む

セッションズ(2012年製作の映画)

4.1

こんな映画がもっと観られていたら、五体不満足の人も袋叩きに遭わなかったかもしれない
あれは、不倫だったからまた別か


日本では、特にタブー視され続けてる性の問題。
ホーキング青山さんも、殆どテレビに
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

2.9

いかにもキング風の作品
小説で読んだ方が面白そう

この手は、知名度低い役者が演じる方がチープな感じがあっていい。
役者のギャラを下げられたら、もっと作り込めたのに


ストーリーはよく分かりませんで
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.4

こういうの嫌いじゃ無いですよ

でもねぇ、キャンディマンっぽいし(25年も昔の作品なのか)
高評価でしたから、前半は期待値も高く観ておりましたが、総じては、敢えて伏線を全て回収せず、肝心なとこだけ敢え
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.4

シチズンフォー〜を観てましたから、あらためて驚くような話では無かったけど、地味に観させてくれました。

告発からもう四年

さぞかし技術も進化してる事でしょう。ハッキングでも何でもやって、デカイ事件は
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.1

こりゃ、どこの世界の話だい
警察なんか一人も出てこないからね。闇の組織が隅々まで仕切ってるから必要ないらしい


敵皆んな弱すぎ、思わせぶりな聾者の女も呆気ないし。何故にあの地位に??


アクション
>>続きを読む

グッド・ネイバー (2016年製作の映画)

3.4

予告編から想像してたのとは、かなり違ってた。


労せず金持つと、ロクなことしない。だいたい悪いことするよね。

アメリカは未成年でも、犯罪やったら容赦無く晒し者に。
何で、日本とはこんなに違うんだい
>>続きを読む

めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービー(2015年製作の映画)

3.4

レジデンツの楽曲が、全編に流される中、歴代の関係者達のインタビュー多々。

詰め込みすぎ感有りで、字幕を追うのが大変でした。
吹き替え版を作るのって、やはり費用がかかるんでしょうね

DVDが出たら見
>>続きを読む

バレー・オブ・バイオレンス(2015年製作の映画)

2.6

タイッサ ファーミガは可愛いな

イーサン・ホークも、好きな俳優さんです

ただそれだけ
制作意図不明

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

3.4

あら大変だ
終わり良ければ全て良し

思わせぶりな展開が長過ぎて退屈なのを堪えつつ、後半やっと盛り上がりを見せるも予想通りの展開。ハゲ親父は毎回いい味出してて良かったなくらいかと思いきや

ラストシー
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

2.9

子供の頃は、テレビ放送で観た「荒野の7人」「荒野の用心棒」などかど西部劇ってのはおもしろかったよなぁ

あれから、んー10年

それっぽい雰囲気たっぷり出てたかと思いますけど、日本だとチャンバラになる
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

-

あれ?
下ネタは苦手だっけな
そうだったのかも

苦笑いしたところは少々あったくらい…

デニーロは好きな俳優なんですけどね

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

4.1

予想以上にヘビーな内容でした。
ヤク中に未来なし
そりゃ、脳が壊れちゃうんだから、自分の意思では制御不能になるでしょうよ。


中高生に学校で見せたら、薬物への抑止効果あるんじゃないかと思います。
>>続きを読む

ゴースト・ハウス(2007年製作の映画)

3.2

安定感のある王道ホラー
ツボを心得た驚かせ方が上手い



あんなオンボロ館、畑付きでもゴメンだね
せめてDIYで、リフォームしようよ

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.3

シザーハンズは何度見てもウルウルしちゃう人ですから、このお伽話+映像は有りです。

まぁ、ストーリーは…

軽いフリークスも受け入れられる方はどうぞ

遊園地のシーンで、チラッと映るのは監督ですよね?

デッド・フレンド・リクエスト(2016年製作の映画)

3.7

来るぞ来るぞと、分かっていながらドキッ

あり得そうなシチュエーションで恐怖を煽って来つつ、オカルト要素が絡んで来た辺りから、そりゃ無いわなと思わせられたりしました。
しかし、妙竹林でチープな音楽セン
>>続きを読む

健さん(2016年製作の映画)

-

特に思い入れは無かったけれど、ちょっと気になり借りてみた。

あらためて伝説通りの、心底温かい人柄を皆口を揃えて語っていた。
大スターで有りながら、プライベートでも決して驕り高ぶらないライフスタイルで
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.2

コンサルタントに、会計士は含まれるんですか?
ちょっと違和感

ゴルゴ13って、世界的に有名なんだろなぁと思わせられた主人公のキャラでした。

続編も有りそうなラストですけど、もういいや

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.1

イカれ野郎の拉致監禁ものかと思いきや、予想外の展開に転ぶも、そこからがイマイチで、ラストも何だかなぁと残念感


役者二人の演技は、なかなか良かったんですが


主役の男優の顔は見覚えがあるも、何で観
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.3

終わってみれば、どこかで観たことあるようなストーリーだったなと思うも、主役の演技力と脚本、編集が良かったらしく飽きずに楽しめました。

極悪レミー(2010年製作の映画)

3.7

モーターヘッドは、エースオブスペイズが発表された時に聴いたんだけど、あまりにもアクが強過ぎて受け入れられなかった記憶がある。
ルックスも個性的だしね。

あれから、何十年。

訃報を知ってから更に数年
>>続きを読む

ザ・マニアック(2011年製作の映画)

1.6

何故に、ザ マニアック??

一流俳優も、趣味や道楽が高じると、映画作りたくなっちゃうんですかね。
駄作確定してても、周りは誰も止めない。止められない。

場末感たっぷりの残念な年増は誰かと調べたら、
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

5.0

満を持してのMX4D初体験

初っ端からこんだけやられたら、粗探しとかどうでも良くなるね

一から十までどころじゃねぇし
全部が良い意味でアホらしい(良い意味で)満点星の連続ばかりで、
揺れるし風吹く
>>続きを読む

ミヒャエル(2011年製作の映画)

3.6

類似の事件は、昔から世界中であるんでしょうね。
こんな人を逮捕するのは、難しいでしょう。

リアリティ感たっぷりでゾッとしますから、お勧めしません。


観終わってから、サニー/ボニーMの歌詞が気にな
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

-

何かを期待して観てみましたが、心に響くもの無し

何曲か懐かしく感じた歌があったくらい

自分の記憶力の問題でしょうかね。学生時代のことも、おぼろげで当時の感覚は、もう蘇りません

キャビン・フィーバー2(2009年製作の映画)

2.9

高校生には見えない人達ばっかとか、細かい設定はどうでもいいし

安っぽいドロドロがいっぱい

アメリカでも、もうドライブインシアターなんて無いのかな
昔だったら、そんなとこで楽しむ用作品か

クズとブスとゲス(2014年製作の映画)

3.3

いたたたたた
痛そう

北野武作品に通じる、リアルな痛さを感じる暴力シーン多々

だけど、ダラダラと長いんだよね。2時間超えを中弛み無く観せるって、かなり敷居が高いと思うけど、何故に邦画は長尺となりが
>>続きを読む

アシュラ(2012年製作の映画)

1.6

オラ観ない方が良かったのに

ブラック悟空が戦うアクションアニメ

あらためて原作を読み直しましたけど、肝心なところをはしょり過ぎ。変えちゃいけないとこを美化して正反対に。ヒドイ


アニメ化の際は、
>>続きを読む

ネスト/トガリネズミの巣穴(2014年製作の映画)

3.3

ミザリーのキャシーベイツだったら許せた技っぽいのあったけど、家から一歩も出られないんだし、あんなことやれないよね。

所々コントみたいな演出には興醒めするも、ガリガリ姉ちゃんの不気味な存在感は大きかっ
>>続きを読む

ROCKER 40歳のロック☆デビュー(2008年製作の映画)

3.3

ジャックブラックと、かぶって見えたけど、この手の音楽もんは好きです。

エマストーンは、元々美人ってのもよく分かった

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.3

北欧の作風は、割と好きかも

捉え方によっては、陰気になりがちなテーマをコミカルに描いててホッコリ



シモン役は、名優の息子の1人だったのね。

キャビン・フィーバー ペイシェント・ゼロ(2013年製作の映画)

2.8

ドロドロ女のバトルが見もの
トドメに使われるのが、アレってのも笑えます。

この手の話は、お間抜けキャラやギャグが、いかに程よくミックスされてるかですから

製作時には、キャストやスタッフ一同が大喜び
>>続きを読む

ハッピーボイス・キラー(2014年製作の映画)

3.7

観終わってみれば、ジャケは作品の雰囲気をよく表していたな。

シリアルキラーをユーモラスに描いてる妙なストーリー

エンディングまでも凝ってましたね。真っ白なバックに、目に痛い原色。能天気な歌と踊り。
>>続きを読む

>|