寸pyongさんの映画レビュー・感想・評価

寸pyong

寸pyong

巷で大ヒット中、絶賛の嵐、高評価レビュー(平均4以上)の作品、グランプリ受賞作には、首をかしげることもしばしばなんですよね。皆んなが褒めるってキモい。裸の王様?

チェックしといて、いざ見てみたら吃驚級の落胆作品は記憶から消したいので、そっとチェック外して済ますことに。
ラブストーリー、家族愛には心動かないこと多いみたい。

長い文章は読めないし書くことも苦手。
おバカタレント並のもんです。

キューティー&ボクサー(2013年製作の映画)

3.4

予備知識無しで鑑賞

年の差カップルで、歳老いて金は無くとも幸せに過ごしてる人もいるんですね


喧嘩するほど仲が良いってのはこういう事なのか

憧れます

THE BITE 変身する女(2015年製作の映画)

4.3

「こ、これは一体!」じゃねーよ


異変が起こり始めた辺りから、ギャグとしか思えないことばかり次々起こります。笑って下さい。
チグハグなことが多々あるのは狙ってやってんだろうな。
それらが面白いし特殊
>>続きを読む

美しき冒険旅行(1971年製作の映画)

4.0

50年くらい前の作品なのに、とても斬新な印象を受けた。

監督の意図は計り知れずとも映像は美しく、なんとも言えない余韻が残る映画でした。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

2.9

隣に座ってた年配女性は、後半からずっと嗚咽混じり号泣っぷりでしたが…


共感出来ず
泣き所はどこ??

たまに、クスッと笑ったくらいです。

特筆点はありません
直ぐに忘れそう

枝葉のこと(2017年製作の映画)

-

知り合いが出てるから見て来た

終始、手持ちのワンカメ映像。
効果音、音楽一切無し

出演者が皆ヘビースモーカー


お察し下さい

11:14(2003年製作の映画)

3.6

うまい!

どこか抜けてる人達が繰り広げるサスペンスっての

脚本がよく出来てるんだね

子宮に沈める(2013年製作の映画)

-

もうちょっと違う描き方にしてくれたらと思ったりも。正視するのも辛い様子が淡々と写し出される。

実在したシリアルキラーものは平気な方だけど、本作は堪えた。
裁判員にはなれません。



これ死んでしま
>>続きを読む

(2013年製作の映画)

2.4

何だかハマらずイライラしながら観ました

神が何ちゃらってのは苦手

最後の逆襲シーンだけが見もの

Quand on est amoureux c'est merveilleux(原題)(1999年製作の映画)

4.1

変態村の前に評判の良いこちらを鑑賞

良いじゃないですか

このベタッと嫌らしい色合いの画質。そのまんま病んでますのオバサン。
コーンヘッズみたいな肉屋の店員

ストーリーはどうってことありませんがカ
>>続きを読む

ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~(2016年製作の映画)

3.8

古典的なストーリー展開なれど、姉妹の演技が良かったんで楽しめた。

にいちゃんは、放ったらかしかい!

テンポ良く進み、笑いどころもそこそこあり、爽快なラストでチャンチャン


と思いきや、エンドロー
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.8

極爆(爆音)で、また観ちゃいました

やはり音楽の使い方が、クール過ぎてたまらんね
テンポも良すぎだし


くっそ面白かったよ
最初っからワクワク感止まず

お気に入りの良質MVを爆音で流し続けてる
>>続きを読む

キューティ・バニー(2008年製作の映画)

3.3

お気楽ムービー

海月姫にちょっと通じるとこがあるような?!
寮の住人達の設定などがね
制作年を考えると、まさかの本作を観て漫画描いた?
ただの偶然だと思うことにします


それにしても、ブルースウィ
>>続きを読む

悪魔のシスター(1973年製作の映画)

3.2

中高生の頃に、深夜のテレビ放送で観たかったな

リメイク作品は無いの?

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.9

不倫は文化だ(?!)
おフランスでは飲酒運転なんて概念なし(?!)

生活に追われることない金持ち達は皆性癖が歪んでると思うのは偏見ですか

発情した年増のヌードが辛い
方乳は監督のこだわり?

とか
>>続きを読む

ボーグマン(2013年製作の映画)

3.8

凡ゆる仕掛けは、観たものを惑わせるためのもんだな

何がどうして、どうなるのを全部はぐらかしてモヤモヤだけを残してやろうって

そして見事にハマって、ついつい最後まで観て、あぁやっぱりねと

よく分か
>>続きを読む

スラッグス(1987年製作の映画)

4.0

ヌルヌルべたべた
そして、ユルユル

たかだか30年前なのに、古き良き時代と思ってしまう。

緊迫感は薄いし、こじつけもいいとこで全てが大雑把
金も技術も無い中での苦労がうかがえる力作

今これを真似
>>続きを読む

チャイルド・プレイ 誕生の秘密(2013年製作の映画)

4.0

いつの間にやら新作が出てた。

プロットがそのまんまと、よくあるこじつけですが、全部許します。

16インチのフィギュアとか何体も飾ってたことも有ったくらいですから

ザ・マッドネス 狂乱の森(2010年製作の映画)

4.7

大当たり!


対処の仕方が色々と間違ってんだけど、それもまた良し
登場人物皆キャラ立ちしていて分かりやすかった

よくある浮かれた学生が酷い目に遭う中、ヒロインが孤軍奮闘の末ハッピーエンド、または助
>>続きを読む

マッド・ナース(2013年製作の映画)

3.6

主役が、故ピートバーンズに似てるなぁとか思いつつ、どうにも抵抗感持ちつつ、途切れ途切れでやっと見終えた。

正体判明してからの血まみれの暴れっぷりで盛り返す

ラストもイイ感じ


3Dカメラを駆使し
>>続きを読む

レクイエム(2009年製作の映画)

3.9

オープニングからエンディングまで、淡々と暗く重く緊張感も続きます。


殺人事件に関わってしまった人達は、一生の悲劇でしょう。
作中では、終わったと締められたのが救いですけど

でも、ドンヨリ

武器人間(2013年製作の映画)

3.8

出来損ないのエゲツないロボコンみたいのが、いっぱい出てくるよ。博士適当過ぎ!(良い意味で)

造形が、なかなかキモい◎
予告編をみると、それぞれ名前があったんですね!(日本で勝手に付けたんじゃないよね
>>続きを読む

クラウン(2014年製作の映画)

3.8

ピエロが殺人鬼ってのは、ジョンゲイシーから始まったんですかい?

超自然的なもんにゃ太刀打ち出来ませんよ

そして、メデタシメデタシで終わってないのもヨシ
エンドロール中に流れるフォークソングみたいな
>>続きを読む

モーガン・ブラザーズ(2012年製作の映画)

3.4

オーストラリアって独特のアホな作風が引き継がれてて万歳です。

カフカの「城」(1997年製作の映画)

3.8

ファニーゲームの夫婦が出てることで(撮影はこちらが先)妙に感情移入してしまった。


ずっと、モヤモヤしながら観ていると突如スパッと終わる。何だかよく分からないんで、原作本買いましたが、半分くらいで断
>>続きを読む

変身(2002年製作の映画)

4.2

原作を読んだのは、遥か遠い昔に一度だけ。一人称で、語られる地味なストーリーだったなぁくらいしか覚えてませんでした。

主役の人
あんな無理な体勢で撮影続けて体を壊さなかったんだろうか
変身後の演技が、
>>続きを読む

私はゴースト(2012年製作の映画)

3.2

今までに見たことない手法で、引き込まれました。
あそこまでのループループはあったか?


制作費は少なくても、アイデア次第で良いものは作れるんだ。

あれから俊雄くんは、アメリカで頑張ってたんですね(
>>続きを読む

ビヨンド・ザ・ダークネス/嗜肉の愛(1978年製作の映画)

-

イケメンのお兄さんのシャツは、ズボンにイン(昔はみんなそうだった)



古い作品にアレコレ言うのは野暮とは思いつつ、モヤモヤしながら観てましたが、ラストシーンでスカッと全部飛びました!

まぁ、色々
>>続きを読む

ソウルガールズ(2012年製作の映画)

3.3

在り来たりの実話ベースの音楽もの

登場人物皆、三流感漂うも虐げられてきた環境に屈せず頑張る系には弱いから、まぁまぁって感じ

ポーカーナイト 監禁脱出(2014年製作の映画)

3.9

思わぬ拾い物でした
某なになにさんに感謝!

斬新な展開に編集の妙
続編もあり得そうですね

荒野の千鳥足(1971年製作の映画)

3.8

何がなんでもビール!ビール!
なんか温い感じで不味そうに見えたけど

酔っ払いまくって暴れまくる
暑いし臭いし汚いし

酒って、あんなに飲めるもんなのか

妙な味わいのある作品でした


今でもオース
>>続きを読む

太陽の下で 真実の北朝鮮(2015年製作の映画)

3.4

国家全体がカルト宗教団体と化している現実を突きつけられた。

都合の良し悪し図ってるのを目の当たりにすりゃ、こりゃ騙されてるなととっくに気付いてるはず。

出演してる人たちの本音は聞き出せなかったけれ
>>続きを読む

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生(1968年製作の映画)

4.1

大昔に一度観たはずなんですけどモノクロだったことくらいしか覚えてませんでした

ゾンビ映画の原点となった歴史的傑作に偽り無し

公開から40年経って製作されたドキュメンタリーも見応えありです。
様々な
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

ド田舎で、山奥のあばら家に住む謎の日本人役 國村隼は、殆ど台詞無いのに存在感だけで圧巻

狂乱のお祭り騒ぎ的な祈祷師の悪魔祓いシーンは、ブードゥー教の儀式ノリに思えたり

韓国映画独自のおどろおどろし
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.2

胡散臭いキャラが、そのまんま。伊勢谷友介は、もうギャグでしょ。登場した瞬間に笑いがこみ上げてきたりも(褒めてます)


原作は連載開始から、コミックスで40巻くらいまでは読んでたはずなれど、あまり覚え
>>続きを読む

ストリート・オーケストラ(2015年製作の映画)

2.8

音楽映画は好きな方なんですけどね

全体的に凡庸でいまいち

歌声にのった少年(2015年製作の映画)

3.6

「歌は世につれ世は歌につれ」


予備知識なしでジャケ借りした一作


特別な声を持った人の歌声は、言語関係なく心に響くんだってことを再認識。


国民が熱狂した本件を、延々とドンパチやってる政治家や
>>続きを読む

>|