寸pyongさんの映画レビュー・感想・評価

寸pyong

寸pyong

映画(567)
ドラマ(0)

パラメディック -闇の救急救命士-(2020年製作の映画)

3.6

作りが粗いのは少し残念なれど、陰鬱な音楽が流れる中、車椅子ストーカーの歪んだ所業が気持ち悪い

何でも人のせいにしちゃう性格だと、自分の過失で起きた重大な不幸も、その怒りや鬱憤晴らしは全て他人に向かっ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.3

んー、分かったような分からなかったような
多分分かってない

解説読んでも理解出来るかな
(とても分かり易いネタバレサイトを読んで十分納得感を得ました。それらを踏まえ確認のため、後日また観に行くことを
>>続きを読む

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

2.7

ツボを抑えてて良く出来てるとは分かりつつ、自分的にはこの手のは飽きたっぽい

全然笑えなくなってる自分が切ない

次作はちょっと観て断念しました…

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.2

似たようなストーリーってあったよね
ま、でもスケールデカくて豪華キャストだし、テンポ良く卒なく観られた

破茶滅茶なんだから、適度にジョークを散りばめて頂きたい(少々寒くてすべっても可)

この手のア
>>続きを読む

肉だるま(1998年製作の映画)

-

これって映画枠なんですか?

あると思わんかったんで検索せず

怖いもん見たさで「私の赤い腸(はな)」とセットで買いましたけど、一度見たっきり(胡散臭い曰付きに釣られた)
明らかに作りもんだけど、キツ
>>続きを読む

ダンサー そして私たちは踊った(2019年製作の映画)

3.3

青春の悶々
煙草スパスパ

途中からマリ役の子が、日本の誰かさんに似てる気がして誰だ?誰?と
注意力散漫に…

ダンスの映画は好きな方ですが、民族舞踏にはあまり惹かれず


同性愛者って肩身が狭い国は
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.2

こんなことある訳ないやろ!
ケッ!

と昔なら鼻で笑って見もしなかったであろう映画をつい鑑賞

アレ?わざとらしく、しつこく流れる音楽もすんなり入って来て、見方によっちゃあくっさい台詞や演出も抵抗なく
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

3.5

実話だそうですけど、美談にまとめ過ぎた
感あって、あまり心動かず

根深い人種差別って少しずつは減ってはいるものの根絶は無いでしょう
人間ちょっと見た目が違うだけでも、多かれ少なかれ差別しがちですから
>>続きを読む

ナンシー(2018年製作の映画)

3.6

サイコサスペンスかと思ったら違ってで、それが良かった
リアル殺人とか騙して不幸に叩き込む系は、最近苦手になって来てまして

本作は音楽の使い方、曲が効果的に使われてて引き込まれましたね
女優さんも名演
>>続きを読む

パペット・マスター(2018年製作の映画)

3.4

このシリーズまだやってたのね

ストーリー度外視で、人形の造形が好きなんですよ。(旧作も観てるはずなれど、殆ど覚えておりません)
いつの間にやら知らないやつも居た



昔、フィギュア集めて飾ってたん
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

2.8

そいや、ウォーキングデッドは途中で挫折したんだよな

ちょっとは別な捻りがあるかと期待してみたがありませんでした

ゾンビの造形はよく出来てたよ
エキストラで出てみたいもんぞ

ママは世直しヒーロー(2020年製作の映画)

3.2

B級感たっぷりのゆるーい低予算エスパーもの
パッとしない知らない役者ばかりで、キャラもいまいち


ハリウッドのそれ系超大作には興味が薄い私には楽しめましたよ

ラストにも脱力◎

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

-

最初から最後まで、結局良くわからないままに見終えた

自分的には難解

人生経験のせい?
分からないところがいいのか?

監督の解説があるそうだから読んでみようかな

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

3.9

出演者を見りゃコメディだって分かるよね

亀梨くんのミスキャストも狙いだったことに気付く
  
江口のりこ、高田純次はサイコー!


悪ノリ悪ふざけ好きでしてね
4軒目、千葉の物件では爆笑するしかない
>>続きを読む

聖なる地獄(2016年製作の映画)

3.3

こんなのやれちゃう教祖様ですから
なかなか捕まらず野垂れ死ぬこともなく
理不尽ですな

22年間って…
そりゃ引くに引けなくなっちゃった人もいるでしょうよ

オウム真理教だって、世界の歴史に残るテロ事
>>続きを読む

ビクラムの正体 ヨガ、教祖、プレデター(2019年製作の映画)

3.5

はぁ?
この人も上級国民的な??

賠償金踏み倒して国外逃亡
今ものうのうと王様気取りってのが、まかり通っていいの?

アメリカの常識は他国では通じない?

逃げ得とはこのこった

ドッグマン(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

予備知識無くTSUTAYAでジャケ借り

アート風

ストーリーは追えたつもりなれど、深層心理は読めず


キモいおじさんは何故離婚?
田舎町で1番やっちゃいけないことやってムショ送りになったのに、店
>>続きを読む

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)

5.0

迫害にも負けず、戦い続けて来たアーティストの記録
戦前生まれで今尚、活動してますし
目力半端ない!


前衛芸術化として唯一無二の作品を絶え間なく生み出し世界の大家の仲間入り

時代が彼女に追いついた
>>続きを読む

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

3.2

この方、芸達者ですね
製作総指揮にもクレジットあったりも

ミザリーを彷彿させるイカれっぷりもなかなかでした

田舎町での話にしては無理あったけど、まぁヨシとする

『犬鳴村』恐怖回避ばーじょん 劇場版(2020年製作の映画)

2.5

この手はもう楽しめなくなってることを実感
粗ばかり目に付き笑えもせず

怪談噺として聞いたらゾクっと出来たかな



お化けトンネルといえば、止せばいいのに深夜探検に行ったことがある
真っ暗な中、入口
>>続きを読む

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

3.5

6年も前の作品なんですね
この人、その後どうなったんでしょ
屋上暮らしをバラされたら、もう住めなくなっただろうし
出演料なんか安かっただろうし

COVID-19で倒れてませんように


ルックスも良
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.2

ハンギョドンはすげぇな!

掴みはOK
面白そうだったのに
テンポが悪いんだな。長いし


原作未読なので調べたら、絵柄もインパクトあるし、もっとえげつない感じっぽいんでそそられました



松田龍平
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.3

ファーストデーだから何か観ようっと
(以前は土日と重なれば大混雑が当たり前だったのに…ロビーも閑散としていて寂しい限り)


ウディアレン監督作品は、割と好きらしい

台詞多くて早口で置いて行かれそう
>>続きを読む

ブリット=マリーの幸せなひとりだち(2019年製作の映画)

3.9

思い立ったが吉日
行動してなんぼ

堪忍袋の緒は、いつか切れます

いつしか中高年者の恋愛に心動かされるようになっちゃってました

創作ものでは、ドス黒いダークサイドには敢えて目を背けようっと


>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

-

何故今になって盛り上げらてんのか理解不能


公開当時に観たとしても忘れちゃってたであろうレベル



ウスノロでモタモタしてるとこを、フェチっぽいアングルでしつこく追っかけた映像みたいな
ヘンテコな
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

やはり劇場で観るのは迫力、臨場感たっぷりでした

本作は音楽も響いたな

リメイクなのかと思ったら旧作とは随分違ったようで

世紀の大発明がバレたのに然程騒ぎにはならず?!

それ使ったら即バレするで
>>続きを読む

あるアスリートの告発(2020年製作の映画)

3.6

面子を重視する協会は臭い物には蓋

世間を騒がせるような事件となるのは氷山の一角かと

告発系のドキュメンタリーは何作か見ましたけど、被害者には同情しますし、犯人は酷い奴だ。重罰科せられて当然。
と思
>>続きを読む

記憶の夜(2017年製作の映画)

4.2

ほほぅ、伏線改修が小気味良い

韓国人が描く死生観は割と好きかも

ラストもあれで十分なのに、更にもう一つ付けちゃったのも憎い

Nila/ニラ(2016年製作の映画)

3.4

キモいタイプって万国共通なのね

インド映画って、突然踊ったり歌ったりがスタンダードだと思っていたのに、本作は陰キャラ運ちゃんが、ずっとウジウジする話

と思いつつ最後まで観てしまいガッカリ

どこか
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

戦争もの(特にハリウッド作品)は、アメリカの正義を証明する系が多いんで避けつつ、うっかり観てしまった

やっぱりでした

ところで自分の勉強不足を棚に上げ疑問点

何故に過酷な地上戦を続けた(選んだ)
>>続きを読む

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

3.3

ラストがねぇ
良かったわぁ

見たこと知った風な役者陣の演技も気に入りました


こりゃ自分の問題ですけど、一作ですら通しで鑑賞出来てません…途中休憩多々


映画館は暫く行ってないんで、今更どうにも
>>続きを読む

失墜(2020年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

後半がね
素性が兵士で訓練もしてたのに、それがあんな施設作っちゃう人とのバトルでお互いアレレ?お粗末過ぎ

サバイバル能力は高い方が良いに決まってるわな

都心部に住んでる人達はライフライン切れたら自
>>続きを読む

究極のハピネスを求めて(2017年製作の映画)

3.4

世界は広い

人生の中で、こんな体験が出来たって素晴らしい

これで終わりってわけじゃないんだし

但し、次は動物の同伴無しで

日本国内でも、キャンピングカーで回ってる人いますよね
憧れますわ

ミニマリズム: 本当に大切なもの(2016年製作の映画)

3.3

ここまでとは成らずとも目指したいな

物欲に囚われて生きるのも疲れて来た感じがしてたので

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.8

辛気臭くお涙頂戴とはならず、ブラックなネタもたっぷりで楽しめた



貴方へのオススメ度99%と出てたんですけど…なんか見透かされてるようで怖い

>|