寸pyongさんの映画レビュー・感想・評価

寸pyong

寸pyong

映画のストーリーと現実を重ね合わせがち(妄想癖?)なこともあったり…

チェックしといて、いざ観ると落胆しちゃった作品はそっとチェック外して済ます

あらすじも割愛(高得点付いてたら、他者のレビューを参照して下さい)

大方評価の9割が4点以上付けてる作品には、だいたい???となること多いズレてるタイプかも

映画(449)
ドラマ(0)

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.7

知ってる俳優ゼロ
編集の妙なのか、見せ方が上手い!タイ王国侮れず(the eye、マッハ!!!!!!!)以外は観たことなし)

格差社会に纏わる理不尽さを分かりやすく描きつつ、落とし所も痛快であった。
>>続きを読む

(2000年製作の映画)

3.1

よく知らずジャケ借り
そこそこ古い作品
雰囲気は嫌いじゃ無かったけど…

マリ=ジョゼ・クローズ
毛並み良し
他の出演作も観たい

記録しとかないと、また借りちゃいそうだから書いただけ

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.7

随分と前に一度見たんですけど、その時は直ぐに挫折しました

あらためてHDリマスター版で鑑賞。特典に入ってた予告編(これ観ても、やっぱり何だか分からない)の映像と比べると雲泥の差
技術革新万歳ですな
>>続きを読む

完全なる報復(2009年製作の映画)

3.4

マイルドなsawみたいで、なかなか良かったんですけど、種明かしされてからがトーンダウン
もっと巧妙な手段かと思いきや…

ラストもあんなんでいいの?

ま、でもジャケ借りしたやつなんで当たりとした
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

-

家族で難病に立ち向かう姿を描く作品に感動するのは当たり前



親兄弟もなく天涯孤独で無職、そして貧乏の鼻つまみ者が、難病をきっかけに人生観を一変させた生き方が、生涯未婚者達の胸を打ち、希望を与える作
>>続きを読む

ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界(2012年製作の映画)

-

とても評判悪いローランド
勿論、軽蔑するも、ちょっと憧れる部分もあり
身勝手、インモラルを通し、窮地に立っても居直り気丈に振る舞うって(最後は一応謝るも嘘くさい)
バレたら取り返しが付かないこと、謝っ
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.6

意外と面白かった

確かに間が独特

あーそう、イネスは一皮剥けたんかい?パパすごい


10歳違うだけで、あんなに垂れちゃうもんなのか…完熟とも言えなくもない

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.1

(メモ)
金出してなんぼ!
中華版ジョーズ

アクションコメディー

エンドロール長い

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

-

肥満に至る人達って胃腸も丈夫ってことですよね
暇潰しにおやつ。間食がやめられない、美味しいものは食い過ぎる

自分の場合、偏食や食い過ぎは直ぐに胃もたれ、腹下し、食欲不振となりますので
甘いものも、た
>>続きを読む

ピザ!(2014年製作の映画)

3.4

これ単なる貧富の差だけの問題じゃないですよね

ちょっとカースト制度のことを調べただけで複雑な気持ちになってしまいました


貧しくても逞しく生きてる人達こそ人間らしいのかも

文明人(?)は贅沢で軟
>>続きを読む

パーフェクト・センス(2011年製作の映画)

2.9

エヴァ グリーンって顔も身体も黄金比ですよね

本作、なーんかハマれず見通すのが辛かった

エヴァグリーンの美貌だけで何とか見終えましたけど…

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.1

ダコタ・ファニングが神がかり的に可愛らしいですから、それだけで十分

ビッグ・トラブル(2006年製作の映画)

2.9

こじんまりと、まとまってて暇つぶしにはなった


お勧めはしません

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

2.7

原作未見
小説なら面白く読めたのかなぁ

わざとらしいドラマティックな演出や音楽ばかりが、鼻について興醒め


子役の演技は良かったな

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.9

実話ベースのようだけど、スケールデカすぎてピンと来ず

トムさんじゃなくて、ブサイク俳優が演じて、もっと泥臭く重いストーリーにした方が良かったように思った


で、自分が関わったとしたら、間違いなく嫁
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.6

やばい何度も泣いてもうた
自然と歌を口ずさみそうにもなったし

デートで観てなくて是幸い

これストーリーや歌詞に感動した訳じゃ無さそ



十代の頃、繰り返し聴いていたメロディーは、しっかりこころに
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

3.7

切ないわ
寝る前に観るんじゃなかった

エンディングで、ジャニスジョップリンだし

どうしたって死には抗えない中、選択できたのは良かったのかもですけども


それにしても、アメリカの墓地は広々としてて
>>続きを読む

バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!(2012年製作の映画)

3.2

下ネタ多めでぶっ飛びすぎてると笑えないもんだ

アメリカ人はパリピばかり(大きな勘違いですけど、身近に一人二人は必ずいるんだろうな)

運動靴と赤い金魚(1997年製作の映画)

3.4

泣き落としのお兄ちゃん
健気な妹

自転車で行き来出来る範囲に、大豪邸街と貧民街

国民全員が敬虔なイスラム教徒のはずなのに。マタイの法則そのまんまって?!
おかしいと思わないのも神がいるから?!
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

-

なぜか今頃ウッカリ借りてみました

何故だか、この世界観にはシックリ来ませんでした
こんなんで18禁?キビシー

約20年前の公開当時、劇場で観ていたならばガツンと来たのか


アングロサクソン系の人
>>続きを読む

幸せの行方...(2010年製作の映画)

3.1

つぶやきトイレで捕まっちゃったところを含めて、再制作しては?

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

2.8

コリンファレルはガチのアル中(元?)

Nキッドマンのハンドジョブは価値あるんだなぁ(理解に苦しむ)

ハネケみたいに不快感たっぷりでもなく
シャマランっぽいようでそうでもなく

よく分からないまま、
>>続きを読む

黒い箱のアリス(2017年製作の映画)

2.8

ミステリアスな雰囲気良さげ、画も綺麗
美女の原石確定の娘

これは面白そうと期待するも、セリフ少なめのまったりした展開のままラストへ

色々とよく分からないし
そこが味噌だったの?
敢えて分かり難く作
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.3

デッカいスクリーンで観るアクション映画は気持ち良いな(IMAXにて)

ストーリー展開はいつも通り
真新しいアクションは有りませんでしたし、トムさんのキレも年相応?
ま、でもいいんです


復習してい
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

それなりにハードル上げて行ったんで、「ケッ、評判倒れじゃねーかよ」
とはならず、やー笑った笑った!

今までの自分の常識を覆されちゃいましたね。矢鱈と評判良いのは、殆どハズレて来ましたから



初め
>>続きを読む

デッドランド(2008年製作の映画)

1.2

ジャケ借り失敗の巻

制作費300万どころじゃ無いよね
だけど、こんな駄作

褒めるとこ無し

ラストのあっけなさは70年代のB級ノリを狙ったのか?

隣人13号(2004年製作の映画)

2.7

中村獅童の不気味な役が良かっただけ

中盤までは展開に期待しつつ観られたけど、そこからがダラダラと無駄に長くどんどん減点

尺の問題だけでは無さそう

結局何だか分からんかったし

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.7

良くも悪くもハネケ作品



13歳の娘が着ていたダサいシャツ
ALOHA に、I ☆ JAPAN ってのが気になって気になって
あれには、どんな意図が??

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.4

ま、卒なく作られてるんで、分かっていつつも、ちょいちょいワクドキしながら観られましたよ

デトロイト(2017年製作の映画)

3.4

ウィル ポールター
嫌な奴がハマリ役になっちゃってますね

暴行尋問シーンは長い長いしつこい

アメリカの人種問題は、根深いものあるようで、積年の恨みはなかなか晴れるもんじゃないだろう

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.1

スパンキング マニア垂涎作かもね
自分に鞭打ちなんて効くの?

延々と暗く重く長いんで飽きてしまった。映像は綺麗で良かったんだけど。宗教絡みの話はバカだなぁと思っちゃって身が入らず

かなり我慢して見
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

2.9

こりゃなんだろなぁ
半世紀くらい前のSF小説が原作みたいな雰囲気

ちっちゃくなってるからこそのぶっ飛んだストーリーってこともなく(手術の過程は面白かったから、期待したのもいけなかったか)

それから
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.7

ガチメンヘラ姉妹の愛憎物語
なのか

ブラジリアンしてくれたり、立ちション講習。おバカばっかりの医学生もドン引き公開リアル噛みつきキャットファイト。そして、身を持って目覚めさせてもくれる(あの瞬間の描
>>続きを読む

フローズン(2010年製作の映画)

-

いつだったか、もう忘れましたけど上映+つしまみれの演奏があるってんで観に行ったよ

8年も前でした…
https://www.google.co.jp/amp/s/s.cinemacafe.net/a
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.1

ファニング姉妹は、どちらも美形だなぁ
演技は上手いし

性別も外見も自由自在に、完璧に簡単に変えられる技法が確立されたら、どんな世の中になっちゃうんですかね

究極は性別なし
全身のっぺりした頭でっか
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.9

愛だ恋だ浮気不倫とかは不得手なジャンルなれど、本作はすんなり鑑賞出来た感じ

ケイトブランシェットの演技が秀逸なのは言うまでもありませんが、サリーホーキンスもイイ味出してるじゃありませんか

庶民的に
>>続きを読む

>|