ふざけんなさんの映画レビュー・感想・評価

ふざけんな

ふざけんな

映画(901)
ドラマ(15)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

エイリアン4(1997年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

・1~3全部よかったけど、4も最高に面白かった。久々に見たらコールの秘密を完全に忘れてた。

・「1-7」という実験室を発見するリプリー。自分には「8」という番号が付いている。そこへ入っていくリプリー
>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

・なんで医者あっさり死ぬねん
・ランス・ヘンリクセンが好きだなあ。なぜか色気を感じる。
・ずっとイマイチだと思っていたけど、大人になって再度視聴してみたら、なぜかすっごく面白かった。名作じゃんと思った
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

5.0

何度見ても名作だなあ。今改めて見てみると、エイリアンが出てきて宇宙船がパニックパニック!ってなるまでがけっこう長い。そして暗くて意外と分かりにくい映画だったんだなあと。

チャイルドコール 呼声(2011年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

・DV夫から息子と二人で逃げてきたアナは新しい生活を始めるが、精神が不安定になっていく。追い詰められたアナは息子を抱いて飛び降り自殺してしまう…。

・全てがアナの妄想だった。飛び降りたのはアナだけ…
>>続きを読む

LOST ISLAND ロスト・アイランド(2006年製作の映画)

-

・うさんくさい船長の船に乗ってクルージング!のはずが、いろいろあって無人島に漂流した4人家族のサバイバルコメディ。

・途中で飽きちゃって離脱。予想以上につまらなかった。

さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅-(1981年製作の映画)

4.7

・改めて見てみて、おそらく同世代であろう人たちのレビューを読んでみて、この映画のストーリーって一体なんだったんだろうなと首をかしげざるを得なかった。子どもの頃はただすご~い!って思いながら雰囲気を楽し>>続きを読む

銀河鉄道999(1979年製作の映画)

4.5

・鉄郎が銀河鉄道の旅の中で、本当に大事なのは生身の人間の愛だと気付く壮大なストーリー。

・幼い頃親に連れられて映画館で見た名作だが、いい年になって改めて鑑賞すると、冒頭からラストまでずっと泣きっぱな
>>続きを読む

レッド・バイオリン(1998年製作の映画)

3.7

・うーん、モリッツの正体に想像がふくらむ。自分は、レッド・バイオリンに異常に魅せられたただのバイオリン好きがうまうまと盗み出した、みたいにとらえていたが、違うという考察をしている人のレビューを読んだら>>続きを読む

リトリート・アイランド(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・伝染病は本当にあったの?!…ジャックの言葉から察せられることは、軍が実験のためにウイルスを彼に植え付けた…そして最後は何もかもが消されてしまった。え?真相は何??

・激ヤバサイコパスを演じるジェイ
>>続きを読む

パラサイト・バイティング 食人草(2008年製作の映画)

3.2

・メキシコの怪しげな遺跡でウザい陽キャが食人植物に殺されるってお話。

・ホラーとして及第点以上、かなり楽しめた。

・ビッチっぽく演出された若い女がおバカ要員で賢い男たちの足を引っ張り、イライラさせ
>>続きを読む

眠りの地(2023年製作の映画)

3.3

・超巨大葬儀会社から不利に買い叩かれそうになった弱小葬儀社社長・ジェリーは、イケイケの黒人弁護士ウィリーと共に裁判に臨む。

・面白かったけど、いまいち敵の大会社の違法性がよく分からんかった。やつらが
>>続きを読む

ロボコップ(2014年製作の映画)

3.4

・1988年版『ロボコップ』のリメイク。
・マーフィー刑事の記憶や自我や感情が残されている点、妻子との絆が前面に押し出されている点が旧作との大きな違いだったと思う。これは旧作でつらく悲しい部分だったの
>>続きを読む

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.8

・ハイレベルなキャリアを目指して大学で優秀な成績を収めたアニーは、悪運が積み重なりひょんなことからセレブファミリーのナニーをすることになる。

・こういう映画大好き。男の問題、女の問題、大人の問題、子
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.4

・誰かの姿形をした悪魔みたいなのが、自分を殺すためにひたひた歩いてくる。呪いを他人に移すためには誰かと性行為しなくてはならない!どーすんの?!っていうお話。

・発想が面白かった。性行為によって媒介さ
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.3

・けっこうあっさりした展開でストレスなく鑑賞できた!映像の迫力も文句なし。随時挟み込まれるコメディも好き。
・ソーとロキの共闘、おおおっ!?って感じで最高のシーンだった…が?!え?!となりそうな今後の
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.6

・クリス・ヘムズワースが大ブレイクした理由がよく分かる名作だった。
・スペクタクルの迫力に目を奪われたし、劇場で見たかったと悔やまれるほどの絵づくりだった。
・ソーのシリーズを全部見たくて鑑賞を始めた
>>続きを読む

スティーヴン・キング 骨の袋(2011年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

・作家のマイクは妻ジョーの急死後、別荘で執筆活動を始めるが、怪奇現象に悩まされる。原因は、1939年に失踪した女性歌手の呪いだった。

・ありえんぐらい疲れる展開だった。ただでさえ長時間の作品なのに、
>>続きを読む

ファンシイダンス(1989年製作の映画)

3.6

・本木さんのお顔、ストーリーが入ってこないくらい美しかった。坊主頭であれって異常。

・はじめ、なんでこんな棒読み??って思ったけど、見ているうちに、ああわざとなんだなと。こういう棒読みってコメディっ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.4

・大学のアカペラクラブ女子たちの奮闘。すっごく面白かった。みんなめっちゃ歌が上手い!

尻怪獣アスラ(2004年製作の映画)

2.9

・超一級のクソ映画でした。完璧過ぎて突っ込めません。
・メタ表現がかなり凝っていた。タシラの口パクが遅れるシーンとか、東京を映し出しているはずがカメラのパンの途中で「HOLLYWOOD」が一瞬入ってし
>>続きを読む

ナイトウォッチ(1997年製作の映画)

3.1

・1994年のデンマークのオリジナルを同じ監督がリメイクした。

・モルグでバイトしていた法学生が売春婦の連続殺人事件の容疑者になってしまうというサスペンス。

・舞台がモルグだから、ホラー仕立てにな
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.4

役者たちの演技力に脱帽。
ストーリーはちょい乗り切れなかった。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.1

・キャストが豪華。
・マックスがモッフモフでめちゃくちゃかわいい。
・面白かったんだが、オチの付け方が中途半端で消化不良ぎみだった。

ハード キャンディ(2005年製作の映画)

4.0

・結局ヘイリーが何者かよく分からないところがいいんだよね。
・男性にはとにかくヒエッ!となるだろうか。

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.1

・パンチがなかった。ちょっと残念。

・それにしても、『真夏の方程式』劇場版から9年かあ。そりゃあの3人も年を重ねるわけだわ。エンディングを見ながら感慨深く思った。

・「面白いが『容疑者Xの献身』が
>>続きを読む

ブリッツ(2011年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

・暴力刑事ブラント(ステイサム)が連続警官殺しのサイコパス・ブリッツを追い詰める。証拠不十分で釈放された後、密かに銃殺。世間にはブリッツにやられたと思い込ませるように偽装しての作戦だった。

・けっこ
>>続きを読む

女子高生ロボット戦争(2001年製作の映画)

2.5

・タイトルのB級感にひかれて見てみたけど、いまいちだった。ほんとに2001年?ってくらい表現が古臭いし。
・アリーの家族とエコーには癒された。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.3

・事故で手を大ケガしてしまった天才外科医が魔術おじになるお話。
・面白かった。ベネディクト・カンバーバッチはこういう役も似合うね。

TEST10 テスト10(2011年製作の映画)

2.7

・体の組織を再生させる薬の治験に金目当てで参加したグレッグとロブ。しかしその薬にはとんでもない副作用があり、被検者は次々とゾンビ化していく!

・まあまあ面白かったけど、薬の副作用が最終的にヤク中のゾ
>>続きを読む

えびボクサー(2002年製作の映画)

3.4

~お前はエビじゃねえ!シャコだろ!

・巨大エビにボクシングをさせるという奇天烈な興行で一山当てようとする元ボクサー・ビルとその仲間たち、そしてエビがドタバタを繰り広げる。

・傑作だった。こんなくだ
>>続きを読む

イルマーレ(2001年製作の映画)

3.3

せつない物語だった。
理解力ないので、二人の間に流れる時間差に頭がこんがらがって、一回では理解しにくかった。
ああいう家って、電気どうしてるんだろうね。
モップみたいな犬がかわいすぎるんだよー。

偽りなき者(2012年製作の映画)

3.4

・一人の園児の出まかせで性的虐待の冤罪を被った気の毒な保育士・ルーカスのお話。

・よくもまあここまで胸糞悪くなる映画をつくれたものだと感心しちゃった。

・無垢で悪意なき幼児の証言の危うさと恐ろしさ
>>続きを読む

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

3.8

・見る前にイメージしていた以上に面白くて、すごく得した気分になれた作品。

・日本人に変装してライバル店に潜入するくだりは馬鹿馬鹿し過ぎて全体の調和を乱していたような気がするけど、まあコメディだからい
>>続きを読む

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ(2010年製作の映画)

3.1

・集団レイプされ、殺されかけた女性が男たちに復讐する。地獄のような拷問がみどころ♡
・シェリフはもっともっと恐怖と絶望を味わわせてからぶち殺してほしかった。

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

3.2

もっと料理の内容をメインに追求するストーリーかと思ってたけど、人間ドラマ&恋愛ドラマだった。
アビゲイルちゃん最高にかわいい!

オットーという男(2022年製作の映画)

3.4

・オリジナルに迫る感動作。

・ソーニャのためにバリアフリーの造作をしたことが縮小されていて分かりづらくなっていることが気になった。スロープだの低いキッチンだのがわずかに出てくるにとどまっていた。
>>続きを読む

>|