ふざけんなさんの映画レビュー・感想・評価

ふざけんな

ふざけんな

映画(660)
ドラマ(4)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ヴァイラス(1998年製作の映画)

4.0

・嵐で沈みかけている船がロシアの巨大な衛星探査船を発見、乗組員はロシア船に乗船するが、地球外から進入してきたウィルスのような生命体がつくったロボットに襲われる。

・嵐&船&ホラーパニックという典型的
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

-

残念ながら自分向けの映画ではなかった。
こんなにも引き込まれない映画は久しぶりだった。

アジョシ(2010年製作の映画)

4.0

・ボロいビルで質屋を営むテシクは隣人の女の子と友達のような関係になる。実はテシク、特殊任務に従事する殺傷能力が超高い軍人で暗殺なんかを実行していた過去を持つ。
女の子がめっちゃヤバそうな麻薬密売組織に
>>続きを読む

FALL/フォール(2022年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

・フリークライミングで夫を失ったベッキーを励まそうと、親友でユーチューバーのハンターが廃塔に登って彼の遺灰をまくことを提案する。しかしボロすぎるはしごが落ちて降りられなくなる。ああでもないこうでもない>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

1.2

昔知人が見たがったから一緒に映画館で見たが、自分には合わなかった。どこがいいのか全く理解できなかった。残念だけど。

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.4

・歌はもちろん、シスターたちと仲良しになっていくところが一番いいね。
・ウーピーさんは安心して見ていられる。コミカルな演技も光っていた。
・それにしても、びっくりするほど立派で大きな教会だね。

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

2.4

・フォックスキャッチャーというレスリングチームのコーチであるデュポン、レスラーのマーク、その兄デイヴをめぐる出来事。デュポンは統合失調症だった。

・アカデミー賞ノミネート作と銘打っていたから見たが、
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

4.0

・グリコ森永事件をベースに、「もしかしたら裏側はこうではなかったか?」と想像して制作された映画。電話の声に使われた3人の子どもを軸に展開していく。

・見応えあったわー。実際の事件を思い出しながら見て
>>続きを読む

Terrifier 2(原題)(2022年製作の映画)

3.7

・相変わらずストーリーらしきものはないが、1よりシチュエーションが多様で、断然展開に変化があった。完全なオカルトだったが、オカルトだったら萎えるかもっていう懸念は払拭してくれた。

・役者がみんな芸達
>>続きを読む

テリファー(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

・ピエロに仮装した猟奇的なシリアルキラーが残忍の限りを尽くして一般人を殺しまくる。冒頭に顔を激しく損傷した女性が出てきて美人キャスターを惨殺するシーンがあるが、その損傷顔の女性が、ピエロ殺人劇の最後の>>続きを読む

刑事ジョン・ブック/目撃者(1985年製作の映画)

3.1

・殺人事件を目撃したアーミッシュの少年を守るため、ジョン(ハリソン・フォード)はアーミッシュの村に身を潜めながら少年とその母をガードする。彼らの家で暮らすうち、少年の母レイチェルと恋に落ちる。

・全
>>続きを読む

ミミック(1997年製作の映画)

3.3

・ヤバい害虫を駆除するために開発したユダという虫が、勝手に進化してもっとヤバいクソデカ害虫となり、人を殺すわ卵産みまくるわでパニックに。かつてユダを生み出した研究者が、地下に徘徊するヤツらに立ち向かう>>続きを読む

僕はラジオ(2003年製作の映画)

3.4

・ラジオと呼ばれた知的障害男性とフットボールコーチとの交流。

・前半は展開がなくて離脱しかけたけど、周囲の人物のキャラがいろいろと描かれ始めてからはストーリーに引き込まれた。

・ラジオの母の急死は
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

3.8

・面白かった。引き込まれた。

・真犯人はいなかったのか、それが気になった。全く触れられていないのでかえって気になった。

・それにしても、司法があんなんで、よく自治体や州や国がやっていけてるな。

カンナさん大成功です!(2006年製作の映画)

3.1

・超おデブのゴーストシンガー・カンナが全身整形して思い人に告白したり、シンガーとして大成功したりする爽快コメディ。

・中盤のダラダラ感がちょっと持て余した。もっとシャキッと仕上げられなかったのかな。
>>続きを読む

キャメラを止めるな!(2022年製作の映画)

3.3

・邦画の完全リメイク。

・あのおかっぱおばちゃん、フランスの制作陣にとってもよっぽどインパクトあったんだろうなあ。ぜったいここはあの人じゃなきゃだめ!!っていう並々ならぬこだわりを感じた。

・忠実
>>続きを読む

『犬鳴村』恐怖回避ばーじょん 劇場版(2020年製作の映画)

3.2

・怖がりなもんで(夜トイレ行けなくなるしお風呂入れなくなっちゃうタチ)、こちらを選択しました~

・犬鳴村という、かつて電力会社の横暴によってダム湖に沈んだ呪いの村の住民が怪奇現象となって現われる。
>>続きを読む

「A」(1998年製作の映画)

-

・オウム真理教の麻原逮捕の半年後。事件後にオウムの広報となった荒木氏を追ったドキュメント。

・ちゃんと概要を見ていなかったので、期待していた内容と全然違ってほとんど見てない。とにかくカオスな内容と編
>>続きを読む

エースをねらえ! 劇場版(1979年製作の映画)

4.0

・ひろみの西高入学・テニス部入部から米遠征と宗方コーチ死去の瞬間までを描く。

・よくまとまっていて楽しめた。絵は、時代のせいか細部に粗さを感じるけど全体的にはきれいな作画だったと思う。

・お蝶がひ
>>続きを読む

スウィンダラーズ(2017年製作の映画)

3.4

・ヒョンビンというイケメン俳優が主人公で、さらにあれほどの美人女優が出ていて恋愛要素が全くないのが潔すぎて好感を持ってしまった。色恋抜きで、騙し騙されのスリリングに徹した展開がよかった。

・パク・ソ
>>続きを読む

逆噴射家族(1984年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

・一軒家を購入して都会から引っ越してきた家族。各自が勝手なことばかりしてけんか(並外れて度を越したもの)になるが、最後は家を破壊して丸く収まるという意味不明コメディ。

・うーん。せっかくバカ笑いして
>>続きを読む

アイ,ロボット(2004年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

・アイザック・アシモフの小説をベースにした映画で、ロボットが勝手に進化して人類を支配しようとする話。危険を察知した博士が、主人公のスプーナー刑事とロボットのサニーに、ロボットによる支配を阻止することを>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

・漫画家の山城は殺人現場と犯人を目撃し、それを漫画にしたことがきっかけで人気漫画家になる。犯人は山城の漫画を模倣した殺人を繰り返す。山城は自分自身が犯人に殺される最終回を描いて犯人を誘い出し、決死の覚>>続きを読む

見えない目撃者(2015年製作の映画)

3.1

・冒頭びっくりしたんだが、練習中じゃなく、ライブ中のステージに上がってボーカルを無理やり連れて帰るって、非現実的過ぎる。いやいやそのライブどーなんのよ?って。
ちょっといきなりありえなさ過ぎて、大丈夫
>>続きを読む

レッスル!(2017年製作の映画)

3.3

・レスリング指導に生きるシンパパが、息子、そして自分に思いを寄せる息子の幼馴染(ガヨンちゃん)、その家族、友人らとてんやわんやの絡みを通して本来の自分の夢や幸せを見つめ直す…みたいなお話。

・ユ・ヘ
>>続きを読む

ザ・エージェント(1996年製作の映画)

3.0

・プロスポーツ選手の代理人が、会社を解雇され、信頼できるパートナーと選手を得て公私共に成長していくお話。

・意外と青春映画だった…ここまで恋愛要素が大きい映画だとは思っていなかった。トムの顔面とレネ
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

・少年を狙う誘拐犯の捜査を発端に、フロッギング(他人の家を移り住む※造語らしいが)をする若者とくだんの誘拐犯が絡んで、なんかすごくややこしい事件に発展するというお話。オチは、誘拐犯が担当の刑事(名前忘>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

2.5

・ほのぼのレビューが並ぶ中、低評価ははばかられるんだけど、すんません…主婦が夫ともめて実家に帰り、いろいろあって仲直りするだけのお話。

・見る前「寒いタイトルだなあー」
 見た後「タイトル通りの寒さ
>>続きを読む

パニッシャー(2004年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・闇の武器取引でFBIに息子を殺されたマフィア(セイント)は、主人公フランクの一族を皆殺しした。奇跡的に生還したフランクはセイントに報復する。

・残酷なシーンが意外と多かったけど、ストーリーは単純で
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.5

とても面白いサメ映画。おすすめしたいです。

セルフレス/覚醒した記憶(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・金持ちのじいさま(ダミアン)が「脱皮」して脳だけ自分ので若い体に入る。元の体の持ち主(マーク)の記憶がよみがえってきて、マークの家族に会いに行く。脱皮の研究してるやつらに追われるけど、やっつけてマー>>続きを読む

喜劇王(1999年製作の映画)

3.3

・売れない役者が個性あふれる周りの人々とわちゃわちゃしながら成功(?)し、大円団。

・特にストーリーといえるものはない。伏線もない。その場のギャグをぶちかますって感じ。強いていえば弁当係が潜入捜査の
>>続きを読む

食神(1996年製作の映画)

4.5

・料理人の周が、成功から没落して路地の屋台からまた成功する。
めちゃくちゃなギャグ満載で、くだらなすぎる最高のコメディ。

・衛生観念の違う国の料理風景が苦手なんだけど、そこをちょい我慢すれば、心の底
>>続きを読む

デイブレイカー(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・感染すると吸血鬼になってしまうパンデミックのせいで、人間が5%しか残っていない世界で吸血鬼が人間を搾取しているという設定。
主人公エディーはレジスタンス的な人間たちと協力して人間に戻る治療法を発見、
>>続きを読む

大統領の料理人(2012年製作の映画)

3.3

・主厨房の面子と仲良くなるのかと思ったら全然違った。女性ジャーナリストと理解し合えたということでそのモヤモヤを解消してるけど。
・いろんなサイドストーリーを放置したラストは尻切れ感あったけど、主人公の
>>続きを読む

>|