G行為さんの映画レビュー・感想・評価

G行為

G行為

映画(769)
ドラマ(0)

Luce(原題)(2019年製作の映画)

3.0

なんでしょう、このモヤモヤする後味。
明確にはされないけど、最後に残った状況だけで判断するなら主人公の思惑通り?だけど彼自身の本音は分からないまま。

単純に起こっていることを順番に観ていると、主人公
>>続きを読む

Ready or Not(原題)(2019年製作の映画)

3.0

なんか理屈で貫き通す意志が感じられないガバガバなルールだけど、「命懸けのかくれんぼ」というシチュエーションを作りたかったんだね。というのは伝わりましたよ。

じゃあ本題のかくれんぼに突入してからどうだ
>>続きを読む

Journey to China: The Mystery of Iron Mask(英題)(2019年製作の映画)

2.5

ジャッキーとシュワちゃん夢の共演!・・・なんだけど、どうしてこうなった!?
というか、それをメインに据えるつもりがない作品でガックシ。
ポスター見た時点でそんな予感はしたけどね。。。

個人的にこうい
>>続きを読む

The White Storm 2: Drug Lords(英題)(2019年製作の映画)

3.0

原題からは分からなかったけど、レクイエム~最後の銃弾~(邦題)の2だそうで。
が、そちらとは登場人物もストーリーも全く関係なし。
共通点は麻薬王とそれに絡む抗争?・・・という部分だけでしょうか。
SP
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

幾度となくやられてる韓国映画の急変する空気。
この作品もまた緩いコメディノリで観てたらガツンとやられ・・・いやさ、刺されてしまいましたw

半分地面に埋まった珍物件に住んでいる貧困家族。
人を陥れてる
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ、とうとう大好きなシリーズが終わってしまいました。
・・・とはいえ、最終篇を迎えて正直なところ、この4は無くても良かったんじゃないかな、なんて感じたりもしてます。。。

まず舞台がアメリカになっ
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.5

何度でも作り直される続編!
もう作品そのものが倒しても倒しても(コケてもコケても)甦ってくるターミネーターのようですけど、この流れ嫌いじゃないですよw

新起動の続編も観たかった気もしますが、ストーリ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.0

最近のマンガ実写映画化としては面白かった。

パタリロしか読んだことないけど、魔夜峰央先生の独特なギャグや少年愛などぶっ飛んだ設定なのに、不思議と違和感のない世界観でしたね。
自分でも気付いたんですけ
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

よくある謎解き脱出ゲーム的な作品。
・・なんだけど、解答を得てもなんだかスッキリしない謎解きだった。

謎が難しすぎるというか、最初の部屋からして謎を解いたというより力業で強引に脱出した感が。
下手し
>>続きを読む

HUMAN LOST 人間失格(2019年製作の映画)

2.0

新しい解釈といえば聞こえはいいけど、キャラクターの名前と少しの設定を拝借しているだけの全くの別物。

じゃあアクションアニメ作品単体として見て面白いかと言われれば、そういう見方でも擁護できないほどの置
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

2.5

マレーシアでも「君の名は」は好評だったようなので、やはり新作も無事こちらでも配給。
自分の観た日はどの回もほぼ満席で、若者が大半だったでしょうか。

ただ、すんません。。。
主人公たちが「君の名は」よ
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.0

いやぁ、いいお父さんじゃないの。これが実話だっていうんだから驚き。
共闘クエストなんてシングルプレイ専の自分としては、味わうことのできない達成感なんでしょうね。

気難しそうなお父さんだけど、この年齢
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.5

とっさについた優しい嘘。
ただ、この嘘そのものは無理があって、いずれバレるのが前提ではあるんですけど、かなり深刻な状況であることと、この嘘の先にどんな結末を迎えるのか目が離せなかった。

事件があって
>>続きを読む

毒戦 BELIEVER(2017年製作の映画)

4.0

ジョニー・トー版は★5点満点だった私。
韓国ノワールのクオリティは信じているものの、どうリメイクされるのか期待半々。

結論としては良いリメイク!
・・・なんだけど、トー版にあったそれまでの綿密な捜査
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

ただひたすら暗い!
続けざまに不幸な出来事のオンパレード。

あまりにも不幸すぎて、さすがに自身に投影とはいかないまでも、誰でもどこかしら感情移入しちゃう部分はあるのではないでしょうか。
よっぽどの大
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

2.5

もしも自己中でネクラな少年がスーパーパワーを持ってしまったら。。。という、理不尽かつ究極の家庭内暴力の話。

とにかく感情のままに、自分の気に入らないものは大した理由もなく残虐非道に滅殺。
良心の呵責
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

2.5

旧作は未観賞。
このオチは旧作と同じなんだろうか?
娘が亡くなってしまうシーンはいたたまれなかったが、この結末は家族としては良かった気がする。
まぁでも一番罪深いのは、やっぱ隣のジイさんでしょうけどね
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

自宅でワニに襲われる?
なにその強引な設定・・・と、思って観てみたがハリケーンによる冠水で起こった状況なのね。
アメリカの地域によってはあり得るのかな?
にしても、さすがに庭の裏手の池にあんなわらわら
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

2.5

珍しく邦画がマレーシアでも上映されたので観てみることに。
50巻?以上ある原作は未読ですが、この区切りは物語上きりのいいところなんでしょうかね。

ただ、元のコミックからだいぶエピソードを短縮してるで
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.5

全部観てないけど、B級な続編ばかり乱発されている印象のチャイルドプレイ。
これだけCGが進化した今、いつリメイクされてもおかしくなかった一作目。

大きな変更点はやはりチャッキーの中の人が殺人鬼ではな
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ゲットアウトの監督ということで期待していたが、正直う~ん。。。
自分とクリソツな人物と取って代わられる恐怖。
コンセプトや奇妙な空気作りは相変わらず凄くいいんですよ。

政府主導のクローンとして地下施
>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

3.5

イップマン外伝ということで、このシリーズの空気を再び堪能できる幸せ。

張天志が葉問に敗れたあとのお話ってことで、本編と同じくらい見応えありましたよ。
まぁ敗者にしておくには惜しいキャラクターしてまし
>>続きを読む

アイスマン 宇宙最速の戦士(2018年製作の映画)

2.5

前作で続きがありそうな終わり方だったけど、あまりの不評っぷりに続編はてっきり頓挫したのかと。。。
撮影しているような情報も特になかったので、気付いたら公開されてて驚いたw

前作は忘れてしまった部分も
>>続きを読む

スーパーティーチャー 熱血格闘(2018年製作の映画)

3.0

意表をつかれたドニーさんの教師役。
刑事やカンフー使い手なら行きすぎたアクションも活かせるけど、暴力教師なんてまともな話として成立するのか?
・・・などと思って鑑賞してたが、意外や爽やかな先生でした。
>>続きを読む

新喜劇王(2019年製作の映画)

3.0

前作?の「喜劇王」は未鑑賞。
役者目線のお話というのは一緒のようだけど、役者の試練や辛い境遇を切り出したような話だった。
主人公がピュアすぎる気もするけど、監督の役者もやる立場から純粋に若手役者へ向け
>>続きを読む

ナイト・オブ・シャドー 魔法拳(2019年製作の映画)

2.0

毎年CNY(旧正月)にはジャッキー作品がラインナップ!
英字幕だよりで鑑賞するも、ストーリーの理解度は30%くらいだったろうか。
ただ、内容が把握できたとしても正直微妙。。。

蛇の美女妖怪と人間の若
>>続きを読む

老いた野獣(2017年製作の映画)

2.5

画像(ポスター?)を見るとハーレーか何かバイクを乗り回してるのかと思いきや、ただの電気アシスト自転車だったのね。
てっきりハードボイルドな作品なのかと。。

家族や周囲に迷惑かけまくりのクズ老人。
>>続きを読む

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

2.0

ストーカーが本気出した話。
精神科病院が舞台だったことで現実なのか妄想なのか、どうせどちらとも取れるオチにするんでしょ。
…と、したり顔で先読みしたものの、そんな仕掛けもなくそのままストレートに終わっ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.5

日本より遅れて公開。
ひさしぶりの邦画でしたが、やっぱ100%理解できる言語のありがたさよ。
そんな個人的な事情も相まって、かなり面白く感じたなぁ。

原作は途中までしか読んでなかったんですが、さすが
>>続きを読む

スティール・サンダー(2018年製作の映画)

3.5

お、これ公開するのね。
まずポスターがイカス!
ヴァンダムの口にガムテープが貼られ、その背後に真顔のドルフラングレン…二人の関係性について想像を掻き立てたられる。

でも日本版のポスターは二人の顔を並
>>続きを読む

シェッド・スキン・パパ(2016年製作の映画)

3.0

もうフランシスあたりしそうなほどに、フランシス・ンで画面が埋め尽くされてましたね。
脱皮という進化していくイメージに反して、若返るという表現が特殊すぎてピンと来ないってのはあったかな。
メッセージとし
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

巨大乱闘ものにネタは尽きない!
パシフィックリム続編の時に感じた、巨大バトルもうお腹一杯という感覚は錯覚だったようです。
味付け次第でこんなに美味しいw

まず、ゴリラとロック様の組み合わせってのがバ
>>続きを読む

映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて(2010年製作の映画)

3.5

個人的には一本の映画を観た後のような、情報量の多い濃ゆ~いドキュメンタリーでした。
奪命金の特典diskですけど、こちらの方が見応えあったw

実際に尖沙咀で起きた警官射殺事件を作品の参考にしているエ
>>続きを読む

奪命金(2011年製作の映画)

3.0

ジョニー・トー版ウシジマくんのような金融サスペンス群像劇。
殺傷沙汰が絡んだりするけど、とはいえ単純な幸・不幸なオチにしないところが、ジョニー・トー節でしょうか。

明らかに了解できていない婆さんに「
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

音を出してはいけないルールという、ドントブリーズのモンスターパニック版。

新しいアイデア!…とまでいかないまでも、そのシチュエーションだけで勝負する潔さが功を奏してますね。
モンスターの正体や発生理
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

面白くなくはないけど、なんだか無難な続編って感じ。
当時の衝撃や新鮮さが薄れてるのは仕方ないとは思いながらも、やっぱ続編製作にまつわるいざこざも影響してるんでしょうかね。

次世代パイロットたちの訓練
>>続きを読む

>|