りーちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

りーちゃん

りーちゃん

26歳女*2017年3月〜

もっぱらレンタルばかりでお恥ずかしいですが、命尽きるまで沢山いい映画を見て生きたいです(●´ω`●)
評価は甘めです。
いつもいいね!やコメントをしてくださる方々に感謝です。

いつかホームシアターが欲しい。

映画(287)
ドラマ(0)

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.4

ハッピーエンド!

中盤まで淡々としてるなって印象。
ヴィンセントのような頑固オヤジは、隠している綺麗なものを中々見せてくれない。
奥さんをただ愛していたこととかね。
みんなに嫌われて、みんなのことを
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.3

痛いっ!!!
痛々しいシーンがちょいちょい…
これでも控えめなのだろうか?
バレリーナの世界がわか、ないからなんとも…

始めの頃は官能的にもっとなれってことかなと思ったけれど、中盤からはいかに悪にな
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.3

(゚ω゚)?
なんか本当にアラフォー夫婦の会話…。笑

セリーヌは相変わらずクセの強い女性だな。たしかについていけるのは、ジェシーくらいなのかも。

ギリシャだからなのか、愛について語ることが多い!み
>>続きを読む

ピザ!(2014年製作の映画)

3.2

カラスの小さい卵と大きい卵。

スラム街って想像つかないような暮らしだな。すぐ隣には資本主義の勝者みたいなお店があってね。
貧富の差が一目でわかる。
テレビにあんなに喜んでね(/ _ ; )
ただ生ま
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.3

就活がそろそろ始まる。

アイタタタター。
と胸がチクチクするような痛み。
学生から大人になろうとする時間、皆必死に仮面を被ってるんだな。
騙してるつもりもないけれど、隠して守らないといけないような自
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.5

人類はこのままだと、天体衝突、新種のウィルス、気候変動や核戦争、人工知能の暴走などにより絶滅の恐れがある…らしい。
私は、ほのぼのと映画を観てる場合なのか?笑
あと50年くらい生きる予定なのですが…か
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

3.9

yes!
それぞれの個性が活かされず、まとまりがないからの→仲が深まり最高のパフォーマンス
パターン化してるけれど、それでもワクワクしちゃうね♡

エイミー問題がありすぎる 笑笑
自由すぎるし下品。笑
>>続きを読む

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

3.5

旅立つ側と、見送る側どちらが辛いのかな…。
絶対避けられない死をどう受け入れたらいいのだろう。

最初振り向いた時のアナベルが、首飾りの少女のように美しくて…。
ミア・ワシコウスカ美人!ベリーショート
>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.2

若くて未熟だからこそ、刺激を求めて色々なことに手を出したり、野心を燃やしたり。
素敵なんだけれど、危うさも纏っていて。

そんな彼らに惹かれたアラフォーの夫婦。
幻覚の儀式にあたりは意味不明だった。笑
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

3.0

天才作家と編集者の偉大なるコンビネーション。

コリン・ファースは寡黙で威厳のある役がやはり似合うなあ。
ラブ?キスシーンはキャッてなっちゃう。

とにかく2人とも仕事人間で、家族を顧みない。でもマ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

4.3

最高!ガールズ最高!!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

そうそう、この女の子(?)たちだからこそ出来たアカペラ!パワーに圧倒!

ラスト鳥肌が立って涙しちゃった。
十人十色でいいんだー!むし
>>続きを読む

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.2

かっこ悪い役もこなせるコリン・ファース!更に好きになりました(^^)

あの猫ちゃんは、そういうことであのカットされていたのね♡

4本足の動物は倒せばなんとかなるのか…二本足の人間はどうすればいいの
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

5.0

再鑑賞。
この映画は私にとって、大雨でびしょ濡れになって、身体の芯まで冷えてしまったた時に見たくなるような、温まる映画。
勿論精神的な意味でなんだけれど、伝わるかしら。笑

この可愛いマット・デイモン
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.4

いいなあ、こういうのって男友達だからこそだよね。
誰もが深刻になったり、腫れ物扱いしたりしてもバカな親友だけは態度が変わらない。

夜連れ回して女の子をナンパしたり…
がん患者扱いが全くない。笑

>>続きを読む

生きる(1952年製作の映画)

3.7

“Happy Birthday to you.”

「いのち短し恋せよ少女」が印象的ですが、あえてこちらを!
もう一度生まれ変わって、生きる。そんな学びを得たいと思ったので。

死に怯える姿や、息子か
>>続きを読む

ルディ/涙のウイニング・ラン(1993年製作の映画)

3.8

「夢は人生の宝物だ」
死に触れることで、やらなくちゃいけないことに気付く…
彼が死ななければ、ルディの心に火がつかなかったのか。そう考えると悲しいけれど、天国できっと喜んでくれただろうね。

あの人
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.7

白血病の姉ケイトのドナー提供のために作られた妹アナが、自分の体を守るために両親相手に訴訟を起こす。
ケイトを愛するアナが本当に求めていたものとは…?

病と死からは、奇跡でも起こらない限り逃げる事はで
>>続きを読む

P.S. アイラヴユー(2007年製作の映画)

4.3

私は好きなラブストーリーでした。
亡くなってもなお愛と感謝がどんどん大きくなっていく。

いいな、こんな風に愛されてみたい。
時間軸が行ったり来たりするのも好きです。
初めて出会ったシーンが1番素敵で
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.1

とってもありきたりなストーリーかもしれないけどね、家族との幸せは何にも代えられないんだろうなと。

世界一の金持ちになって、家族がいたらそれは最高だけれど。笑

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.5

初恋って、こんな感じに切ないものだよね。
頬を突き刺すような寒さの冬に見たかったなあ。
蝉が鳴いている切ない夏の終わり頃や、桜吹雪が舞う春もいいんだけれどね。
何故だろう、切ない気持ちだからかなあ。
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

2.5

クロエ・グレース・モレッツが一番魅力的だったように思う。笑

giftedの監督さんかー。。。
期待したほどではなかった

サントラは好き

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

4.5

あー…素敵…
美しい…愛情って、相手を触れるところで感じられるんだね、
もう一度触れたいって切なくて…

デミ・ムーアの横顔が綺麗すぎる…
顔が小さすぎて掌で埋もれそう。

ウーピーがいい味出してても
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.2

切ないラブストーリーを観たかったのだが、それほどでもなかったかな(><)💦

ふざけてない、暗いジム・キャリーが珍しいですね。
ケイト・ウィンスレッドのクレイジーウーマン具合、自分に持ってないものを持
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.8

ノラ・ジョーンズがとても好きで、久しぶりに鑑賞。キュートだなあ。
サントラが素敵ですね〜(*´ー`*)
ゆっくり過ごしたい、そして失恋で変わりたい気持ちの時に観たい。
女はこういう時間が大切なのよね。
>>続きを読む

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

4.0

実話っ!!??(・Д・)
トム・ハンクスって、揺るがない貫禄を見せますね。どんなことがあろうとも船と乗組員、そしてアメリカのプライドを守る姿というか…

そしてフィリップスが実在したというのが驚きです
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.3

ふふふ、これだから男ってやつは。笑
恋の街ってやつは。笑

街が芸術作品なんて、素敵ね。
これは行きたくなります。
イネドはどこの金持ちかな?笑
そして何故こんなにも合わない2人が婚約まで行ったの 笑
>>続きを読む

トラッシュ!-この街が輝く日まで-(2014年製作の映画)

4.7

ジャケットで気になっていましたシリーズ!
評価は高くないけど、私の中ではアタリでした(*゚▽゚*)

警察官の暴力や政治家の賄賂問題、汚すぎる。子供に暴力振るうなんて。
見たくない心苦しいシーンもあり
>>続きを読む

しあわせへのまわり道(2014年製作の映画)

3.7

ほっこり〜♬
免許取りたくなりますね!
教習の先生が落ち着いている方だと、安心して練習できそうだね!

TUTAYAでジャケットを見て気になっていたので、観れてよかったな(*^^*)
シク教のことを全
>>続きを読む

7つの贈り物(2008年製作の映画)

3.4

お、思った以上に重いストーリーだった…

てっきりペイ・フォワード的な温かさだと思っておりました…

自分が失くしてしまったものを、自分が分け与えることをしたのか…
賛否両論ですね…

良いことであり
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.1

なるほど、理解力がない私にとって、これは2回目に凄さを噛み締められる映画だ…

ここまで長回しをすることができるのって、映画界でも常識外れのことだそう。
役者の演技をすぐ側で見ているような感覚になり、
>>続きを読む

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.5

ジェイソン・ステイサムがただただカッコ良い。
トランスポーターは最後までトランスポーター!

情に流されてしまったことからトラブル発生。カーチェイスとアクション多め!
お腹いっぱいでちょっと中だるみの
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.0

知らなければ、それはなかったことと同じなんだなと思った。

アメリカにも行ったことはなく、9.11もテレビの中でしか知らない。愛する人を理不尽に亡くしてしまったことも、リアルには感じられない。

だけ
>>続きを読む

>|