きー坊さんの映画レビュー・感想・評価

きー坊

きー坊

映画(283)
ドラマ(1)

河豚(2011年製作の映画)

2.9

2020年19本目。やっとFilmarks様に作品登録された👏たまたま見つけた上映会で鑑賞📽

エレベーターガールのズン(パン・ズーミン)と、妻に家出された少年野球コーチ(ウー・カンレン)がお互いに抱
>>続きを読む

リアル恋人体験(2015年製作の映画)

3.5

2020年51本目。配信サービスでパッと目に入ったので鑑賞📽

いや、リアルだわ😂男性が抱きそうな女性に対するある種の幻想を、1発でぶち壊すくらいにはリアル(日常)だった🤣
あのコールガール(?)は、
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

2020年50本目。2回目の鑑賞。Netflixで近々配信終了と知ったので鑑賞📽

過去2度スパイダーマンシリーズは製作されているけど、本作はアメコミ感がより具現化された感じがするし、見応えあって2回
>>続きを読む

サインスピナー(2013年製作の映画)

2.4

2020年49本目。完全にティモシー・シャラメ目当てで鑑賞📽

ギャング映画の冒頭10分くらいを見ているような感じ。
アメリカも社会格差が進みまくっていると聞いたことがあるから、その端々が描かれていた
>>続きを読む

不器用な愛の見つけ方(2010年製作の映画)

3.1

2020年48本目。フォローさせていただいている方のレビューを読んで、見てみたいと思ったので鑑賞📽

約5分の中に、運命的なものを形作る要素が詰まっているし、衣装とかタイトルデザインとか、全体的にスタ
>>続きを読む

もしも君に恋したら。(2013年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

2020年47本目。ダニエル・ラドクリフとアダム・ドライバーが出てるという理由で鑑賞📽

割と王道めのラブストーリーだったので良かったとは思うけど、ブラックジョークのクセが強すぎて、個人的にあまり合わ
>>続きを読む

激戦 ハート・オブ・ファイト(2013年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

2020年46本目。再鑑賞2回目。ダンテ・ラム監督作品に纏うスポ根感が好きすぎて再鑑賞📽

犯罪歴もある元ボクシングチャンピオン、父親の事業の失敗で家が破産してしまった元御曹司、不慮の事故で息子を亡く
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.3

2020年45本目。試写会も劇場公開も繁忙期で逃してしまったので、外出自粛の機会を利用してやっと鑑賞📽

荒んだ生活を送り、側から見ると痛々しい女性が、天真爛漫な友人を伴って里帰りし、田舎で過ごす中で
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2020年44本目。ムンバイを拠点にしているラッパーの自伝的な映画という触れ込みが気になってたものの、劇場公開を逃したので、やっと鑑賞📽

スラム出身で、親の期待を背負い大学に通う主人公・ムラドが、フ
>>続きを読む

デッドエンドの思い出(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

2020年43本目。原作は全く読んだことなくて、完全にチェ・スヨン目当てでセレクト。「推しの出ている作品を見るぞ」とただ楽しみにしている状態で鑑賞📽

1人の女性が失恋をきっかけに異国の地での滞在を通
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.8

2020年42本目。原作の台湾版が好きすぎて、なかなか見る勇気が出ずにいたけれど、そろそろと思って鑑賞📽

台湾版同様に青春の甘酸っぱさとかが描かれつつ、「ヒロインの親友が、実はヒロインと同じ人が好き
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.5

2020年41本目。再鑑賞4回目くらいだけど、ちゃんとレビューしていなかったので、日本版と合わせて鑑賞📽

何回見ても良すぎて、個人的に台湾映画の中では不動の1位💯
お互い好きなのに、なかなか言い出せ
>>続きを読む

グレムリン2/新種誕生(1990年製作の映画)

3.5

2020年40本目。1に続いて、幼少期に見た気がするけど、内容は覚えてないため、初見に近い状態で鑑賞📽

1から数年後の話で、舞台をニューヨークに移して、都市開発やら物質文化へのアンチテーゼといった意
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

2020年39本目。予告を見て気になっていた作品。Filmarks様の試写会にて鑑賞📽🙇‍♀️

近さゆえに距離の取り方が難しい親子関係や、愛情が慈しみと憎悪の表裏一体であること、1つの綻びが転落や復
>>続きを読む

Sweet Rain 死神の精度(2007年製作の映画)

3.4

2020年38本目。金城武作品を見れるだけ見ていこうと思い、今回はこちらの作品を鑑賞📽

小説を読んだのがかなり前の話なので、ところどころ記憶が曖昧だけど、原作にある程度忠実だったように思うので、割と
>>続きを読む

暗黒街/若き英雄(ヒーロー)伝説(1997年製作の映画)

3.2

2020年37本目。金城武が出演した香港映画で何本かお目にかかれていないなと思っていたら、たまたまNetflixで発見🥺金城武に加えてユン・ピョウまで出ていると知った瞬間、もう見るしかないとなってしま>>続きを読む

君に泳げ!(2013年製作の映画)

3.0

2020年36本目。少女時代のユリが出演しているということ以外、特に内容知らない状態で鑑賞📽

暴力事件を起こして代表資格を剥奪されたウサンと、あることがきっかけで水泳を辞めてしまったウォニルが、オリ
>>続きを読む

K-20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝(2008年製作の映画)

3.0

2020年35本目。学生時代に見たはずだけど、怪人二十面相モチーフの話だったはず以外の記憶が特にないので、やはりほぼ初見に近い状態🤦‍♀️金城武作品を改めてレビューしておきたかったのもあり、鑑賞📽>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

3.4

2020年34本目。幼少期にたぶん見ているものの、ギズモ可愛い以外の記憶が無いため、ほぼ初見に近い状態で鑑賞📽

素直にこんな話だったんだと思いながら見ていたけど、幼少期の方がたぶんワクワクしながら見
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2020年33本目。実話に基づいたストーリーというのが気になっていたので鑑賞📽

正直、予告を見てかなり期待しすぎたなと思ったし、私自身の知識不足は否めなかった🤦‍♀️
だけど、3、4年前の事件を時間
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.5

2020年32本目。韓国の役者のなかでも好きなハ・ジョンウとペ・ドゥナ共演作。Amazonプライムでリストに入れたまま見ていなかったので鑑賞📽

自動車ディーラーのイ・ジョンス(ハ・ジョンウ)が、家族
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.7

2020年31本目。公開された当時、「実写化するのマジか」と割と否定的な方だった。だけど、たまたまYouTubeで見た続編の予告が面白そうだったので、1回見てみようと思い鑑賞📽

実際に見てみると、幼
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.2

2020年30本目。A24系の作品で見ていない作品を見ていこうと思ったのをきっかけに、本作から鑑賞📽

思春期のこじらせ少女が少し大人になるまでを描いた話。自称レディバードと名乗ってみたり、母親や学校
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

2020年29本目。グザヴィエ・ドラン監督最新作。filmarks様の試写会にご招待いただき、ありがたく鑑賞📽🙇‍♀️

親子間の関係や、LGBTQを巡る複雑な関係にフォーカスしているのはそのままに、
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

2020年28本目。『過速スキャンダル』『サニー 永遠の仲間たち』のカン・ヒョンチョル監督最新作。予告編を見て何となく気になっていたので鑑賞📽

韓国映画の持つ熱に当てられていつもやられてしまうのだけ
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2020年27本目。元欅坂46の平手友梨奈の初出演、初主演作。欅坂46からの脱退発表から約1ヶ月が経って、改めて見てみたいなと思い2度目の鑑賞📽

初回鑑賞後の所感は細かく覚えていないけど、「平手さん
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2020年26本目。原作、ドラマともに大好きだったこともあったけど、シム・ウンギョンが出るというのが決め手で劇場鑑賞📽

架空の銀行員OL「私」(バカリズム)の日常が描かれたストーリー。眠気に耐えなが
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

2020年25本目。リブート版(?)公開に合わせてキャメロン・ディアス版を見ておこうというわけで本作も鑑賞📽

【ストーリー】
モンゴルとシベリアの国境で、拉致されたアメリカの要人を救出する任務から始
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.5

2020年24本目。ここ最近はハリウッド作品か邦画が続いてたので、久々にアジア映画をと思って鑑賞📽

警察学校(韓国では警察大学)に通う肉体派のギジュンと頭脳派のヒヨルが、休暇のため外出した先で、偶然
>>続きを読む

イズィ&オズィ(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

2020年23本目。Netflixでおすすめで出てきたので鑑賞📽

富豪の娘でシェフになることを夢見る・主人公・イズィと、貧しい母子家庭で育ったプロボクサーの・オズィが、ひょんなことから恋人のフリをす
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

2020年22本目。東京国際映画祭のオールナイト上映のチケットを入手できず、半年ほど上映を待っていた映画。ようやく鑑賞できた📽

友人の誘いでスウェーデンのある村で90年に1度行われる夏至祭を訪れた主
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2000年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2020年21本目。リブート版(?)が公開されるので、キャメロン・ディアス版をもう1度見ておきたかったので鑑賞📽

正体不明の男・チャーリーの探偵事務所で働く諜報員ナタリー(キャメロン・ディアス)、ア
>>続きを読む

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2020年20本目。音楽映画を見たくて、E何となく気になってたこの作品を鑑賞。

見る前までは、EDMを題材にした青春映画だから、ナイトプールでパーティみたいなシーンだとか、クラブで踊り狂ってるような
>>続きを読む

幸福路のチー(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2020年18本目。劇場公開終わったかもと諦めてたら、まだ上映してるところがあると知り、すぐにチケット購入して鑑賞。

主人公・チーの個人史と台湾近現代史がファンタジックな表現を交えて描かれたストーリ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

2020年17本目。好きなグループのMVのモチーフになってると聞いて、見てみたくなったので鑑賞。

スタンリー・キューブリック作品はどれも発想が独特なイメージがあって、個人的に見ず嫌いに近いものを抱え
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

2020年16本目。テレビで放送されると知ってから、ずっと楽しみにしていた。

何も考えずに笑って見られる映画なので、週末に見る映画としては優秀だった。平日の出来事を一旦忘れて笑って週末過ごしたいとき
>>続きを読む

>|