がんさんの映画レビュー・感想・評価

がん

がん

映画(40)
ドラマ(0)
  • 40Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.9

わかりやすくて面白いなーって思ってたら後半の展開が意外すぎて。。。
後半割と重いので気楽なサクセスストーリーだと思ってみると痛い目見ます笑。ただ、面白いのは確かだし考えさせられる作品。マギーのセリフが
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

3.8

わかりやすいストーリーで熱くなれる映画。
エイドリアーーーーン!!!

スティング(1973年製作の映画)

4.0

キレイにまとまって誰でも楽しめるような完成度の高い映画。人におすすめしやすい映画No.1という感じ。
ストーリーの大筋はわかりやすく、登場人物全員がいいキャラをしている。それでいて展開もおもしろいため
>>続きを読む

サスペリア PART2/紅い深淵(1975年製作の映画)

3.3

音楽と雰囲気は古き良きホラー感があり楽しめる。しかし、グロや演出を優先してストーリー置き去りなところがチラホラある。
'仕掛け'はいくつか用意されているためそれを楽しみに見るのもありかと。

また、P
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.1

よくある怪物とか殺人鬼が迫ってくるタイプではなく、違和感で始まり段々と怖さが伝わってくる正統派ホラー。
正直見る前はあまり期待してなかったけど、実際はストーリーに一切無駄な部分がない素晴らしい作品だっ
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.5

登場人物の生き様がカッコ良すぎる。SWシリーズということを知らなくても面白い程の素晴らしい作品。しかしEP3.9と呼ばれるほどEP4の直前を忠実に描いており、これを見ることでEP4の初めの展開がさらに>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.1

4〜6の集大成。ダース・ベイダーの心情がヒシヒシと伝わってくる素晴らしい作品。

ソウ(2004年製作の映画)

4.0

グロさで有名なSAWシリーズの一作目だがこの作品はグロさはほとんどない。そこで敬遠している人もこの1だけでもいいから見て欲しい。伏線から最後の展開までとても良くできている作品。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.8

相変わらずクリント・イーストウッドの作品は安心して見れて面白い。迫力のある展開からアツい展開、主人公の苦悩がよく描かれていて最後まで楽しめる作品。

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.3

良さがうまく語れないほど素晴らしい作品。古い映画を見るならとりあえずこれを見てくれってほどオススメ。それぞれの生き方や思惑が絡まり合って進む物語が面白すぎる。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

ローグワンに続くSWスピンオフ第二弾。ローグワンには敵わないものの面白い。ハンソロのキャラクターがとてもよく描かれている。最後のアレとかが蛇足感が強すぎて少し減点してしまったおすすめの作品。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.0

かっこいいだけじゃなく主人公の苦悩や周りとの関係がよく描かれている。

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.0

安心して見れて誰にでもオススメできるような作品。主人公の心の変化がとてもキレイに描かれている。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

もはやスピンオフの方が面白い。予想を裏切りたいのはわかるがそれはしていいのか?っていう展開が多過ぎる。そしてところどころに入るギャグがMARVEL作品のようなノリでSWの世界観からズレているのが辛い。>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

面白い。どこがと言われると説明するのが難しいがとにかく面白く見てて楽しい映画。

ミスト(2007年製作の映画)

3.5

予想とはかけ離れた展開になってそういう系なの!?ってなった作品。ラストの衝撃は未だに消えずこれまで見た映画の中でもトップクラス。進んで薦める感じではないが見て感想を共有したい作品。つまりとりあえず見て>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

秀逸な作品。前半普通にそういう映画として楽しめるのに加えてのラストの衝撃。非常に練り込まれた素晴らしい作品。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.9

ひたすら笑える映画。酒を飲みながら見ても楽しめるし真面目に見ても面白い。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.8

男が金持ちになったらどうなるかを赤裸々に描いた作品。
ディカプリオの演技が素晴らしく、笑えて時々アツくなる見てて楽しい映画。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.5

どんでん返しものとして最高の原作の実写化映画。
映像化不可能と思われていた原作を見事に実写化している。原作最後のあの感じには残念ながら及ばないが、最後の種明かしなど原作にはない要素も盛り込まれているの
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

2.5

一部の人には高評価なため視聴したが、自分には良さがわからなかった。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

音と映像により臨場感がすごいため、映画館で見てほしい作品。陸空海の三視点が時系列をずらして同時進行で映されている。セリフも少なくストーリーもシンプルなため、ただ身を任せて見入ってほしい作品。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレ無しに感想を書くことが難しい作品。。
種明かしの場面で実は主人公が…っていう結末は他作品で何度も見てきたので正直少し肩透かしを食らってしまった。しかし、この展開から自分が何者かどうかや正しいか
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.0

すごい映画。衝撃のラストで有名だがそこへの持っていき方が凄まじい。間違いなく一度は見るべき映画に分類される作品。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.5

マジックを題材とした作品で映像やアクションが綺麗でそれだけでも楽しめる。ストーリーは少し突っ込みたくなるところもあるが全体的に良くできていて楽しく見られる。

インセプション(2010年製作の映画)

4.3

頭をフル回転させて見るぞ、と意気込んで映画を見たい人にはうってつけの非常に良く練られた作品。脚本だけでなく映像、アクションどれをとっても最高レベルでスキがない。ラストのシーンも味わい深く素晴らしい作品>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.0

最初に見たクリストファー・ノーラン作品かつハマるきっかけとなった映画。
ノーラン作品特有の時系列トリック、序盤から飽きさせない展開がふんだんに盛り込まれている。並の映画に飽きた人はぜひともこれをきっか
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.1

とてもアツい映画。見たあとに何かをがむしゃらに頑張りたくなる。
序盤から引き込まれのめり込む。そこからのクライマックスの展開が最高に胸熱。主人公と先生二人の掛け合いが素晴らしすぎる。アカデミー賞受賞も
>>続きを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

前作は超えないが良作。映像がキレイなことに加え、前作とは別の検査方法(無機物が生成できない→歯の詰め物で白判定)を取り入れたり工夫も見られる。前作の数々のシーンがなぜそうなったかも描かれているため楽し>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

まず映像がとてもきれい。扱うテーマが重く考えさせられる。軽く見れる作品では無いが惹き込まれて一気に見れる。しっかりした映画が見たいときにおすすめ。

>|