ゆきーこさんの映画レビュー・感想・評価

ゆきーこ

ゆきーこ

2019年から観た映画をメモしてます。

映画(172)
ドラマ(32)
  • List view
  • Grid view

三大怪獣 地球最大の決戦(1964年製作の映画)

1.6

このレビューはネタバレを含みます

双子がテレビ出演してたり、自称金星人出てきたり、キチガイ発言普通だったり、この時の映画はなんでもありでいい意味で元気。

4体とも頑張ってた。

キングコング対ゴジラ(1962年製作の映画)

2.0

この辺りからエンタメ感増してきた。
黒塗りした日本人達がめっちゃ面白かった。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

2匹目出た時笑った。
深海47Mの方がシンプルで好み。

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.3

邦画のアクション映画の中じゃ割と観れた。
けどラスト消化不良。
続くのかな。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.2

面白かった!
外国の方が撮る日本を、よくここまでしっかり表現出来たなと思った。

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーも引き込まれるし、キャストもいいし、オチも意外だったけどそこまでって感じ。

幸せの始まりは(2010年製作の映画)

2.7

恋愛小説家といい、この人のラブコメは台詞で印象付けていくのが上手い。

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

2.5

冒頭でぎゃー!と叫んで席離れた。
その時のインパクトで疲れて残りあんまり印象に残ってない。

映像と音響がいいのは昔からだったのを確認。

やー…疲れた。

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

3.0

観たことあった映画だった。

それくらい自然で、いい意味で印象がない。
たぶん次も観たの忘れて借りてくる。

殺されたミンジュ(2014年製作の映画)

3.0

いつものキム・ギドクにしては意外に見やすい作品。

軍人の役者すごい味あって良かったなー!w
こっちまですごいイライラしたw

私の少女(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ただのヒューマンドラマだけじゃなく、少女が怖いっていうネタもあって雰囲気も良くてよかった!

監視者たち(2013年製作の映画)

3.0

こんなコミカルな役のソルギョング見たことなかった。

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

3.6

リーマムニーソンにエドハリスにジョエルキナマンと、私得なキャストにウハウハでした。

ストーリーもなかなか良かった。

子宮に沈める(2013年製作の映画)

4.1

やっと観る覚悟が出来て鑑賞。
置いてけぼりにされた子供目線で描かれてるのがすごく良かった。

当たり前だけど、置いてけぼりにされたなんて概念はないんだと再確認させられた。

親の顔があまり画面に出てこ
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

3.7

この監督の中で一番好き。
ラストの長瀬さんで泣いた。

エンディング曲の薄っぺらさが残念。

劇中に樹木希林さんがもっと深い事を言ってるだけに余計浮いてた。

ミックス。(2017年製作の映画)

2.5

こっちは普通かなー。
遠藤憲一夫妻のエピが良かった。

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

5.0

石川淳一を勧められたので観てみた。
テンポよくて楽しめたし、ラスト泣きっぱなしだった。

嵐の中で(2018年製作の映画)

3.7

よくあるタイムリープ物だけどまんまと騙されて楽しんでしまった。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.1

ロブスターからヨルゴス・ランティモスの魅力に惹かれて観た2作目。

テンポや音楽やっぱりいいなぁー。

でもロブスターの方が好きだった。

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

2.9

喧嘩のシーンの演技すごかった。
アメリカンビューティの監督作だと知って妙に納得。

ブルーバレンタインに似てるけどだいぶ違う気がする。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

母親のネタバレはうーんって感じだけど、全体通して面白かった。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

新しいサスペンスかと思いきや、ラストは父と娘の愛に涙した。

オススメできるいい映画だと思う。