たにさんの映画レビュー・感想・評価

たに

たに

ホラーが好きです。特にゾンビ系

映画(338)
ドラマ(0)

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

エウレカセブン劇場版三部作の第2弾

前作はTVシリーズの映像を再構成したのが大半でお世辞にも良いとは言えない内容だったけど、今作はその前作を忘れるほどの素晴らしい内容。

今作でもTVシリーズの映像
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


ネタバレ厳禁
前情報は一切無しでの視聴をオススメ

ラストの二段構えのオチは流石に予想できなかったなー

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.4

知ってはいけない系

主人公や周りの人達がバイバイマンに対抗するために試行錯誤を繰り返すが、ほとんど意味なし。その絶望感が個人的には良かった。
あと側から見ればただの狂人の奇行にしか見えないところも
>>続きを読む

富江(1999年製作の映画)

2.2

ゴキブリ片手に笑顔で「今日の晩御飯〜」と笑顔で言う菅野美穂を見るための映画

そして中村麻美可愛い

富江replay(2000年製作の映画)

2.9

怖くはないけど不気味
宝生舞さんは生首になっても綺麗。

窪塚が被害者の日記?を読み始めて出てくる映像のサイコ具合は好みでした

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

3.8



発達障害の息子とシングルマザーの母親の二人の物語

アメリカンホラーのインパクトのあるシーンや音でびっくりさせるようなスッキリする怖さではなく、粘り気のあるじっとりとした怖さがゾクゾクとさせる。
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.1

1の方がテンポも良く、ギャグも面白かったイメージ
佐藤二朗のくだりしつこくて.もう少し短くても良かったんじゃないか笑

ラスト・シフト/最期の夜勤(2014年製作の映画)

3.2

期待せずに見たら思ったより良い

物語が進むにつれて徐々に旧庁舎で起こった出来事が明らかになっていくので、どんどん物語にはのめり込む

怖さはそこまで

デッド・サイレンス(2007年製作の映画)

2.9

最近人形モノのホラー多い
正統派ホラーやけどツッコミどころ多し

サークル(2015年製作の映画)

2.4

一人一人のアピールタイムっていうか喋る時間が短過ぎるから、ふーんって感じで終わる

(2013年製作の映画)

2.9

前振りが長いわりにオチも微妙
エンドロールの音楽が皮肉めいてる

そして原題"We are What We are"に対しての邦題のひどさ

ホステル(2005年製作の映画)

3.7

溢れ出るチープグロ
けどそれがいい、エロとグロの対比

途中に出てくる日本人役の中国人?の片言の日本語は笑える

エビデンス-全滅-(2013年製作の映画)

3.7

POVと三人称視点のカメラを組み合わせた見せ方が良かった
話も二転三転するし飽きさせない展開も◎

グレイヴ・エンカウンターズ(2011年製作の映画)

2.5

怖がらせ方が微妙、なんか勿体無い
ネズミ食べるシーンは良かった

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

3.1

設定はいいんだが終盤からのオチまでが微妙
10のルールの重要性とかもあんまり感じられなかった

IT/イット(1990年製作の映画)

3.1


ピエロのイメージが強すぎて観てみたら意外な内容
とにかく冗長だった印象

最新作の方も見てみたくなった

クズとブスとゲス(2014年製作の映画)

3.3

裸にスカジャンきてベルボトム履いちゃう時代錯誤のリーゼントが好感持てる

一番の盛り上がりはチャリにドロップキック

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

念願の映画館での観賞
期待値高めで言ったけど期待値遥かに上回る面白さ

冒頭の主人公のクリスの部屋のシーンだけ見るとこれからスリラーが始まるなんて微塵も感じさせない。

彼女の実家に行き始めた時点から
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

含みを持たせる終わり方が良い

終盤のビーストが目覚めるシーンで急なホラー要素ぶっこんで来るあたり最高

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0


少年から大人になるまでの主人公シャロンを三人の俳優が演じてるんだけど、どの時代を切り取っても「シャロン」だと違和感なく思えた

印象に残ったのは少年時代のシャロンに寄り添ってくれたマハーシャラ・アリ
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.6

まさしく「高慢と偏見」とゾンビ

もっとシュールに寄せてるのかと思っていたら意外に正統派

ハッピーエンドからのエンドクレジット後のワンシーン、それでこそゾンビ

>|