TTさんの映画レビュー・感想・評価

TT

TT

主にSFが好きです。
監督はドゥニさんがイチオシです!

映画(153)
ドラマ(0)

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.6

めっちゃ笑いました!
めっちゃ感動させられました!
束の間の100分間でした。

はやりの映画だが、古くさいと感じるシーンも多くあって、正に温故知新の作品でした。
新しいキャラクターに焦点を多く当てて
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.2

衝動に刈られて、アベンジャーズシリーズを見直しです!
相変わらず渋いな~

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.0

アベンジャーシリーズで、確実に面白さ上位に入る作品でした!

ゴリゴリの肉弾戦もあり、近未来の武器での戦いもあって充分な見ごたえ。
やっぱりキャプテンアメリカシリーズはいいですね~。

チャッピー(2015年製作の映画)

3.4

強すぎるAIの成長する姿を描き、それに対する人類の選択は…。
という物語としての着眼点はとても良かったのに、ギャングな要素を取り入れて、ドメスティックな映画になっていたことが残念です。

人間とAIの
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.1

待ちに待ったスパイダーマンで胸アツでした!
今作は少し雰囲気が違う印象を受けました。ヨーロッパを舞台に取り入れてたからですかね?

地味だけど派手なアクションで、トムホランドの頑張りが感じられます。一
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.9

天才の苦悩を描いた映画。

ストーリーの構成はとても好みでした!
現在と過去を交互に写すことによって、よりそのキャラクターへの興味が高まりました。

この映画は、「秘密」というものの難しさが表されてる
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.5

エンドゲームを見たあとに見るマーベルの作品は、なんか感慨深いです。

怒り(2016年製作の映画)

3.8

各キャストが全員主役級で贅沢な映画でした。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.8

冒険してこその人生!
自分の殻を破ったその先には、想像もしていなかった新しい自分に出会える。
そんな想像をさせてくれるような映画でした。

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

4.3

タイムトラベルという新しい要素を加えた第3作目。とても好みの内容でした。

今回はアクションも派手で、様々なキャラクターが生き生きとしていた印象です。さらに、二人の関係性についてのヒューマンドラマにも
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

4.0

いやいや、その発想は無かった…
奇怪な殺人事件に巻き込まれた11人。グロティスクでホラーチックな場面も多々あり、緊迫感のあるストーリーです。
ただのサスペンスとは一線を画す背景があり、僕たちでは全く理
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.2

完全に木梨憲武でした。笑
映像はすごかったです。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.9

今作も見ごたえのある122分。アクションが激しすぎて、目が離せずに気づいたらエンディングでした。
NY全部のブギーマンを敵にしたら、次の作品ではさすがに死んじゃうんじゃ…

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

3.7

JとKの兼ね合いがおもしろい。
ストーリーは微妙だけど世界観がよい!

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.9

最後のどんでん返しがなんとも歯痒い。そこまでする!?って悲しくなりました。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.1

この人の作品はほんとうに風変わりだと思います。内容が複雑なのに説明が少なく、独特のカメラワークで目が放せません。
麻薬をめぐる、カクテルと捜査官の争いを描いたストーリーで、とてもミリタリーチック。
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

ディズニー映画でダントツで感動した作品!
IMAXによって、ナオミ・スコットの歌唱力が骨まで伝わるほどの感動を感じました。ウィル・スミスの演技の幅によって、コメディでもあり、ヒューマンドラマな作品でし
>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.8

新作の4を見るために復習。
時代を感じるが、やはり名作。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

ストーリーは、動機の弱い復讐劇だったが、アクションが迫力ありすぎて見入ってしまった。
キアヌの渋い演技に心捕まれた!

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.3

持つべきものは友。自分を変えてくれる、成長させてくれる友達を見つけられたレッドは幸せ者だ。
知らない世界へ踏み出していこう。友人は自分を成長させてくれるかけがえのない存在だ。
スペンサージョンソンの「
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.0

イニャリトゥ監督の作品は狂気染みているがどんどんその沼にハマってしまう。
引き込まれたら最後、飽きと時間を忘れて作品の世界に連れ込まれる。

名声というものにとらわれすぎてた主人公が、様々な意味でその
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

やっとのことで視聴。伝説のバンドQueen の歩みを知ることができる映画。

フレディーとその周りのセクシャルに対する問題に焦点をあて、苦悩と苦労がある。
「性」に関する価値観は人それぞれ。フレディー
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.9

迫力のある映像と渡辺謙の渋い演技が評価高い。
音と映像で疲れてしまう映画。次作に期待したい。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.6

エイミーブランドの迫真の演技に息を飲んだ。静かな展開から唐突に音と映像で驚かされる。設定が少し甘いのが残念だった。

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.1

マッケンジーフォイの透明感ある美しさを存分に見れた一作。

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

4.0

これを見てカリブの海賊に乗ってほしい。キーラナイトレイが好きなので見とれてた。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

CGによる魔法の大胆な演出が迫力有り見所。舞台はパリに変わり、渋かったイギリスの雰囲気とは、また違って楽しめる。
内容はハリーポッターシリーズよりシリアスで大人向け。次作に向けって感じです。

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

4.1

からだは小さくても、心の強さ、大きさが大事なんだと教えてもらった。
ホビットという弱い主人公でも、世界という大きなものを変えられる力がある。誰にでも何かを変えられる力があると学ばせてもらった。

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.9

プログラマーになる希望を与えてくれるのがマーク・ザッカーバーグ。個人的にはスゴい良い。ジェシーの演技は皮肉じみてて良い。