ふみカスさんの映画レビュー・感想・評価

ふみカス

ふみカス

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.0

こまめにエイトフォーやシーブリーズを使って体臭をケアしようと思った

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

4.0

やっぱゴジラは最高
総集編なのかな?と疑ってしまう程信じられないスピードで話が展開していく様は圧巻の一言
細かい突っ込みどころを挙げればキリが無いけど、ゴジラとコングの大迫力戦闘シーンを観たらそんな事
>>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

3.8

面白かった
静と動を駆使したビビらせ方は死霊館シリーズを彷彿とさせるものがあった
幽霊の見た目もアメリカンサイズの貞子って感じで不気味な雰囲気があって良かった
来年から母の日はこの映画を見たいと思う

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~(2017年製作の映画)

2.5

UKロック好きなので映画のタイトルを見た時点でもうワクワクが止まらなかった
挿入歌に様々なバンドの曲が使われていたり、色んなバンドの名前が出てくるのでUKロック好きな人はそれだけである程度楽しめると思
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

凄くいい映画だったんですがドクの添削が無いので良いレビューが書けませんでした

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.0

自分は主人公と同じくらいコミュ障なので自分を重ね合わせる事が出来るかなと思ったけど、主人公は天才なので無能な私とはかけ離れており一気に距離を感じました

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.0

マクドナルド兄弟vsレイ・クロックの熱い戦いが描かれていた
多くの方のレビューにもあるように、私もこの映画を見て01年のK-1メルボルン大会でのマイケル・マクドナルドvsミルコ・クロコップの熱い戦いを
>>続きを読む

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

2.5

思ったより怖くないわと余裕こいて見ていましたがエレベーターのシーンで鳥肌が立ちました
ラストはちょっと意味わからんけど全体を通して仄暗い雰囲気が終始漂っていて良いなぁと思いましたが、エンドロールでプロ
>>続きを読む

レベル16 服従の少女たち(2018年製作の映画)

2.0

結構好きな設定でした
もっと猟奇的な内容を求めていたので少ししょんぼりしてしまいました

ファウンド(2012年製作の映画)

1.5

パッケージではジーンズを履いてガスマスクを被った上半身裸の男がスタイリッシュに佇んでいますが、本編ではガスマスクこそ被っていますが全裸に股間ガッツリモザイクという悪ふざけにも程がある出立ちで登場します>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

2.0

よくわからなかった
とりあえず犯罪者集団だから全員捕まって欲しい

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.0

高校野球でレギュラーの座を掴めずに伝令に回った選手達は是非この映画を観てほしい
自分の役割に誇りが持てるはず

ガール・イン・ザ・ミラー(2018年製作の映画)

2.0

主演の女の子が可愛いからなんとか最後まで鑑賞できた
いくらでも面白く出来そうな設定なのになんとも消化不良なラストだった

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.0

犯人は確実に殺すために1人につき2発の銃弾を撃ち込んでいたってWikipediaに書いてあったけどそこは忠実に再現されているなぁと思った

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.0

錦鯉の長谷川みたいなスキンヘッドの敵がキャラ立ってておもしろかった
まだ続くのかっていう喜びとまだ続くのかっていう絶望が同時に押し寄せてくるラストシーンだった

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.5

見終わった後放心状態になってる人を尻目に一目散に飛び出してトイレで放尿状態に入りました
本当に見れてよかったし間に合って良かったです

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.8

すごく面白かったから見終わった後すぐにこの映画の考察や感想をググりました

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.8

最後のスピーチは見てるこっちも緊張した
自分も吃音になったらまずはビー玉を頬張る所から始めたい

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.0

面白かったけど
出てくる女の話が長いのがちょっと気になった

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.5

マジで清水富美加がいい演技してて心の底から泣きそうになった

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.2

煉獄の話を漫画で読んだ時は何も感じなかったけど、映画で観たら自分でもちょっと引くくらい感動しました
観てる人全員花粉症なのかな?ってくらい鼻すすってたけど、今思うとあれはきっと泣いていたんだろうな

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.5

全然面白かった
これからはミュウツーのことをミュウトゥーって発音していきたい
カラカラ小さっ!!!リザードンの肌質キモっ!!

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(2019年製作の映画)

5.0

リアムのステージを袖から2人の息子たちが観てるシーンがめちゃくちゃ良かった
ちょっとだけ出てきたベッカムがめちゃくちゃ格好良かった
ノエルの映画も作って欲しい
気合入れてoasisのパーカー着てったけ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

すごく面白かった
私以外1人もお客さんがいなかったのでとてもリラックスして作品と向き合う事ができた
結果として本当に何一つ理解できなかったけど、なるほどノーラン監督今作はこういうアプローチで来ましたか
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

4.8

映画の始まりからいきなり涙腺を揺さぶるストーリーで涙しました
ど頭からこんな感動シーン持ってこられたら涙足りなくなっちゃうよって思ったけど涙って枯渇しないもんですね

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014年製作の映画)

4.0

本当に狂っているのは誰なのか系の映画が好きなのでとても良かった
無闇に人を狂ってると決めつけるのは良くない事だと気付かされた
日本版サブタイトルの顔のない患者たちっていう部分が作品を見終わった今でもま
>>続きを読む

ビキニ・カー・ウォッシュ(2015年製作の映画)

2.5

ビキニとかおっぱいに目が行きがちだけど私は純粋に経営学の観点から何か学べることがあるのではないかという思いだけで鑑賞した
結果としてこの映画からは何も学べなかったけどおっぱいとかすごくよかった

プロメア(2019年製作の映画)

4.0

色彩豊かでおもしろかった
ロボットの戦闘シーンめっちゃかっこいいし、マイトガインとかの勇者シリーズっぽさもあって凄く熱い気持ちになった
出撃マシンロボレスキューっぽさは微塵も感じられなかった

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

4.0

ハラハラするし終始目が離せない最高のワニ映画だった
堤防決壊のサイレンの音とともに親父の中のスパルタ魂が突如爆発して「ワニより早く泳げ!!」って言ったシーンほんとすき
こういう映画で有能な働きをしがち
>>続きを読む

ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男(2016年製作の映画)

2.0

最後に衝撃的な展開が待ち受けているっぽい雰囲気を漂わせながら特に何もなくスーッと終わってげんなりした
そして登場人物の喫煙率の高さたるや

>|