GAさんの映画レビュー・感想・評価

GA

GA

映画(181)
ドラマ(2)
アニメ(0)

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.7

夫婦はどんな形が正解か分からないけど、二人仲良くてなんでも言い合えて、羨ましい関係だなあ
おれ、ガンバルから、本当にガンバルから

リベンジ・スワップ(2022年製作の映画)

4.0

面白かった。
単純な青春映画ではなくて、結構ドロドロしてるけど、それでもポップで、最後は爽快な気持ちになれた。
予想できるラストではあるけれど、二人の友情が普通に羨ましい。
本当の友情なんて本当にどれ
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

4.2

すごく面白かった。
逆行する物語はメメントなんかも含めてたくさんあるんだろうけど、こんな形でだんだんとこの男の内面が紐解かれていくストーリーにグイグイ引き込まれた。
主演の人の演技が素晴らしくいい。
>>続きを読む

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.7

何だったんだ…
あれは何だ…?となる映画です。
毎日の日々のささやかな幸せから、垣間見える暴力性や悲嘆が、雄大な自然の中でじわじわと表に現れてくる。

羊もちょっと可愛いのになあ

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

 相変わらずのタイカ・ワイティティのオチャラケ全開のコミカルな作品で楽しんで見ることはできた。
 でも、その分ジェーンの病気への向き合い方や、ラスボスの悲嘆があまり突き刺さって来なかったかも。生き返さ
>>続きを読む

世界一不幸せなボクの初恋(2019年製作の映画)

3.9

幸せだと気絶する。ほどほどな幸せ感で生きていけばいいような気もするけど、それでは人生なんて言えないよね。
本当に欲しい物を、気絶しながらでも手に入れようと頑張る、それがいいね。
不思議なことに彼の目線
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

普通に純愛だなあ。
お互い好き同士なのに、出方を伺ってしまう感じとか、相思相愛になってからのラブラブっぷりといったら…。街角で壁ドンしとるし。
そして、現実の中にまた帰っていく。
最後のお父さんとの対
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.0

ミシェル・ゴンドリーはエターナル・サンシャインの時よりもむしろ、瑞々しく描いているような感じがする。自分の心向くままに演出できているようで、いい感じ。
少年たちの一夏の冒険はきっと、これからの将来何度
>>続きを読む

ラスト・シフト(2020年製作の映画)

3.6

今はこの映画が見ていて辛い…
けど目が話せなかった

自分がダメだと気づいたとき、決定されたと思ってしまったとき、人はどうやってつじつま合わせて生きていけるんだろう。
38年間は帰ってこない。それでも
>>続きを読む

ヴェラ・ドレイク(2004年製作の映画)

3.9

むちゃくちゃキレイな映画だ。
小道具とか部屋とか作るの楽しかったろうなあ、という感じがする。
主演の人もハリポタのときの意地悪な校長とは全然違って、すっかりカワイイおばあちゃんだった。人の良さがにじみ
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.0

9年経って、それぞれキャリアも積んできて、家族もできて…
得たものよりも、失ってしまったもの、やり残してきたもののことが浮き彫りになってくるのかな…
最後の部屋でギターと歌を歌ってから、「空港に遅れる
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.0

もうゴジラが大画面でド迫力で戦ってるってだけで心が満足してしまった。
テーマソングにゴジラ登場で鳥肌です。
最後強すぎ…!!

ハンガー(1983年製作の映画)

3.7

デヴィッド・ボウイがカッコいい…
ストーリーはあんまり意味はなくて、むしろずっと耽美的に映像を紡いでいくのみ。
生きてくってどういう意味があるんだろうか。ただ、生ける屍を山のように積み上げてそれになん
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

4.2

最後たたみかけるような、走馬灯のような過去の振り返りから、目が離せなかった。
きっと僕も大人になれてない。そしてこれからもきっとなれないんだろう。
知らないうちに少しずつ何かが失われていって、何かが澱
>>続きを読む

幸福の条件(1993年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あのまま二人元に戻れるとはどうしても思えない。よくも戻ってこれるな、デミ・ムーア!よく受け入れられるなウディタ・ハレルソン!
男にとって女って何なんだろう?人生をかけて求めるものではないのじゃないだろ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.7

コングつええ…。
大迫力のバトルシーンでお腹いっぱいです
サミュエル・L・ジャクソンが相変わらずいい味出してる
でも何だかマーヴェルの元キャラが何だかチラついて、ロキ真面目じゃんっ、て感じになった…

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ガンダムとメカゴジラの戦闘シーン…
これがこの映画の最大のハイライトだと思う。
気づかないところにも知ってるキャラクターがいっぱいいるんだろうなあ。

ゲームって意外とそんなに好きな人って限られてるか
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.9

ど直球な恋愛映画だった。
正直気恥ずかしくなるくらい。
この湿っぽさ、しっとり感は東アジアだなあ。
CMみたいに良い映画。

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.1

直球ど真ん中な青春映画。
奇をてらった演出もないし、清々しいくらいにまっすぐ。登場人物たちもそれぞれ、自分の道にまっすぐだった。
気持ちよく見れる映画。
マーリー・マトリンが「愛は静けさの中に」以来に
>>続きを読む

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

3.4

いやもうジム・キャリー怖すぎ…
コメディかと思ったらホラーだった…
何でずっとしゃくれてんだよorz

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

カンバーバッジが全てを持っていっている。映画に与える緊張感も観客を引きつける力も映画に対するリズムもそうだ。
映画の最初と最後でキャラクターが持つ印象が変わる映画は、良い映画が多いような気がする。これ
>>続きを読む

ハサミを持って突っ走る(2006年製作の映画)

3.9

青春映画というよりも家族の映画。
家族ほど面倒くさくて、しかも素晴らしいものはない。
常にアンビバレントな感情が渦巻いて、時々身動きができなくなってしまう。
息詰まるようでいて、一番本音を言えたりする
>>続きを読む

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

3.8

演出も素晴らしいし、演技もいい、アクションもカッコいい。でも何かが足りないと感じた。作っていることがどうしても感じられてしまう。演出していること、演技をしていること、アクションをやっていること、がとて>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.9

主人公の女の人が魅力的だ。ムチャクチャなことをしているようだけど。
生きていこう。それも楽しく。そう思える映画だった。

「生きてられるって本当に幸運よ
お互い助け合えるのもすごく幸運だわ
その度合い
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

3.8

これは実際に親に会いに行ったかこれから行こうとしている人にしか分からないかもしれない。
いや、でも面白かった。

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

僕は頭悪いのかもしれないけれど、フィンチが何に悩んでいるのか結局分からなかった。
どうして死ななければいけなかったのか。
エルファニングの演技は素晴らしい。フィンチの名前を叫ぶ彼女の姿は本当に悲しい。
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「君が望まないものを僕が望んでも仕方が無いだろう」
何気ないセリフの中に絶望が垣間見える。
悲しい…。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.8

爽やかなアニメだ。
研究のワクワク感を感じられるのもいい。

>|