PhilMarksさんの映画レビュー・感想・評価

PhilMarks

PhilMarks

映画(200)
ドラマ(5)

スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町(2014年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

映像が残念だった。序盤から怖がらせるシーンがあったり、昼間でも怖がらせたりと、予算が限られている中でも怖がらせる場面に関してはかなりクオリティが高いと思った。襲ってくる者たちはホラー映画の中でもそこま>>続きを読む

メリーに首ったけ(1998年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

メリーに惚れる男達の気持ち悪さが無理だった。もどかしさも一つの要素だろうが行き過ぎると興醒めだ。

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

主観と客観を行き来する感じと言ったら良いのだろうか、ハビエルのドン・キホーテの世界とトビーが映画を撮っている世界を行き来するのがテリー・ギリアムらしくて好きだった。ハビエルの世界に居る時は現代風の物が>>続きを読む

フライト(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フライトのシーンのリアリティもさることながら、後半の心理描写に感嘆した。駄目な依存症患者が多数出てくるが、特に主人公が良い場面で依存を克服する予定調和になっていないところが良かった。依存症、罪と罰、親>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

スピードを落とさずに走り続けるしかないバスという設定の斬新さは(当時でも今でも)あったのかもしれないが、それだけ。
頭の良さも性格の悪さも中途半端な犯人と磨り減った人質の前で当たり散らすジャック、五月
>>続きを読む

火事だよ!カワイ子ちゃん(1967年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ミロス・フォアマン監督がチェコスロヴァキアにいた頃に撮った映画とのこと。短め。
登場人物は終始どこか噛み合わず滑稽な様子で、風刺画を見ているような気分になる。とは言ってももどかしさや苛立ちを感じる程で
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

3時間超の作品であり、長いとは思うが一つ一つのシーンが印象的で濃厚であるため間延びした感じは全く無い。発音や音響の問題もあるのかもしれないが台詞が聞き取れなかった点、音楽が台詞に被っていた点は少し残念>>続きを読む

W/O(2000年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

東京大学駒場寮の取り壊しをめぐるドキュメンタリー(?)ではあるが、撮影者のプライベートな部分まで見ることになるのが新鮮だった。冒頭の映像は訴えるものこそ感じるものの、センセーショナル過ぎる気がした。ニ>>続きを読む

アノマリサ(2015年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

考察を見てピースが埋まった気がしたのだが、それを映画の評価に加えて良いのだろうか?と思う。周りの人が皆同じ声に聞こえる意味、人形の意味、悪夢の意味、"アノマリサ"の意味、ちゃんと考えれば面白い。ただ、>>続きを読む

>|