ガイムスキー丈兄丸さんの映画レビュー・感想・評価

ガイムスキー丈兄丸

ガイムスキー丈兄丸

ここ数年で評論家の話を楽しみたくてよく見るようになったにわか映画ファン。

4以上⇒大好き
3以上⇒見て損はない
2以上⇒惜しい・物足ぬ
1.9以下⇒残念

平均は2.5。
低くても出来自体は良いものや、
逆に高くても好みを置いてるのもあるので、
点数は総合評価的な感じです。

知人以外基本リフォローしにくいので、絡んでいただける方は一言いただけると幸いです。
感想に関する意見等も大歓迎!

映画(954)
ドラマ(0)

DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団(2017年製作の映画)

3.5

個人的には初の鷹の爪劇場版。
通常の短編でも満腹になる、唯一無二にして見事な仕上がりの島根…いや日本でもトップのギャグアニメが、そのまま二時間も味わえる……どころか、劇場ならではの作りもちらほら。
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

3.2

せっかくの都内に来てた+TOHOデイズだったので、
諸々の条件から今作を見つけ、あらすじに惹かれ観賞。


思ってたよりはさほど驚きはない展開(特に後半)だったが、
今作の映像+音響描写は実に見応えが
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.6

12ch・IMAXにて刮目。
ナーメテーターをナーメテーター…!!
前作を観てなくても楽しめる作りでありながら、
前作を観てれば、よりナーメテータージャンル『なのに』ナーメテーターとして、
深い世界に
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.1

12ch・IMAX 3Dで観れる午後ロー枠!
シェーン・ブラック節全開のプレデター!!
こうなりゃ続編やるっきゃない、つーかこれからっしょ?!!


4回黒笑います。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.9

2018年10月現在、今最も劇場で観るべき新作映画。
言いたいことも少なくはないが、それでも観客が一体となって静止せざるを得なくさせる確かな面白さ。
手軽に見れる尺ながら、アイデアだけでなく、世界観や
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

3.6

俺たちのトム・クルーズが悪の主役にして、タマフルで行われた「第1回トム・クルーズ総選挙」でまさかの1位になった今作を、念願の鑑賞。

私自身、トム作品はM:I一通りと、やや近年の作品をちょこちょこ見て
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

2.9

映画の日にて。

特番で松重さんの所を泣きそうになるほど見すぎたせいか、一回も泣けませんでした…。

これから観る人は、極力前情報入れないことをお勧めします

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.6

シャーリーズセロン様すごすぎる… 世界一の女優だと改めて感動。


そしてリテラシー低いので観賞後に解説観たら、
ぁぁぁぁあああ~ーーそういうことだったか!!!
とじわじわ今作の作りに感動(笑)
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

IMAXにて。
死霊館は前二作とも観て割りと楽しんでて、アナベル方面は観てなかったが、時系列では最古と聞いたので、
『初めて死霊館シリーズを、しかもIMAXで見れる!』と期待して鑑賞。


そもそも個
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.3

まさかのナッツ・シトイさん、来訪時上映(超偶然)にて(笑)

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.4

冒頭とクライマックスのアクション、どうやって撮ってんのか気になるほど凄い…

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

読む前からケチつけるのが卑怯なら、
殴る前に無防備な背後からパイプ椅子で殴るとかクッソ下の下衆じゃね?


同監督作の実写キミスイ同様、この人は実写よりアニメの監督をやるべきでは?
と思うくらい、三次
>>続きを読む

ウェディング・バトル アウトな男たち(2016年製作の映画)

3.5

檜山修之さんがアテるジェームズ・フランコとかマジくそ楽しすぎかよ!
なにげに音楽も良いし、向こうの国らしいぶっこみギャグ連発で頭空っぽにして楽しめるし、でもちょっとほっこりうるっとするっていう……
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

2.9

三浦春馬の長〇に吹きそうになった。
ああいう役もこなすようになったかーと見直したし、今作のMVPは彼に間違いないっしょ!(90年代イケメンスマイル)

マザー!(2017年製作の映画)

3.4

ナタリー・ポートマン主演にして、ある意味で彼女の女優歴も塗り替えた傑作「ブラック・スワン」の奇才ダーレン・アロノフスキー監督最新作。
本国では賛否も激しい衝撃作として、日本では公開も見送れてしまった話
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.8

子供いないのに泣きそうになるほど、あれよあれよの超テンポで楽しく没入させられ、同時上映のインクレディブルズ2にも繋がる、母視点から見つめ直す家族の魅力と愛しさを、台詞なし・起承転結もきっちりながら、も>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

【2018.09.02―更新】


TCXにて。
若干のネタバレを食らいながらも、以後極力避けたり忘れるようにして念願の初鑑賞に臨んだ結果、人生初めてレベルに劇場で肩を揺らし思わず吹き出し笑った!
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

前作に劣らぬ興味深い導入~からのとにかく楽しすぎるアクション釣瓶打ち快作!


2018.08.29―吹替にて2回目の鑑賞。

予告で高田延彦が言ってた「出てこいやぁ!」が聴けなかったのが残念(逆に考
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.5

科学&森見作品的ボーイと、昔ながらのSFお姉さんとの一夏。
たいして森見作品詳しくないけど、見ていくほどにスペクタクルファンタジーになっていって、作画も相まって若干のジブリ感もあったが、二時間というア
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.5

42年前のパルムドール受賞作。
途中で視聴を(やむなく)止めてから再開するのに数日おいたり、この作品のメッセージも解説を見てやっとほのかに理解する程度の半端な初鑑賞になってしまったけど、
見終わって思
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.2

ケイト・ブランシェット様が男も惚れる男前すぎた…

フローズン・グラウンド(2013年製作の映画)

-

80年代の猟奇殺人事件を元にしたスリラー映画。
見れば見るほど、実話だったことを信じたくなる、犯人の残酷さと当時の社会や、特に州警察の荒みっぷりを知る一作。
ラストのメッセージ……以上に写真を出してい
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

【2018.07.31-更新】


12ch・IMAX 3D字幕で鑑賞。
スピルバーグの歴史的映像大作「ジュラシック・パーク」の新三部作『ジュラシック・ワールド』の2作目だが、シリーズ通算としては5作
>>続きを読む

>|