ガイムスキー丈兄丸さんの映画レビュー・感想・評価

ガイムスキー丈兄丸

ガイムスキー丈兄丸

ここ数年で評論家の話を楽しみたくてよく見るようになったにわか映画ファン。

4以上⇒大好き
3以上⇒見て損はない
2以上⇒惜しい・物足ぬ
1.9以下⇒残念

平均は2.5。
低くても出来自体は良いものや、
逆に高くても好みを置いてるのもあるので、
点数は総合評価的な感じです。

知人以外基本リフォローしにくいので、絡んでいただける方は一言いただけると幸いです。
感想に関する意見等も大歓迎!

映画(922)
ドラマ(0)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.2

ケイト・ブランシェット様が男も惚れる男前すぎた…

フローズン・グラウンド(2013年製作の映画)

-

80年代の猟奇殺人事件を元にしたスリラー映画。
見れば見るほど、実話だったことを信じたくなる、犯人の残酷さと当時の社会や、特に州警察の荒みっぷりを知る一作。
ラストのメッセージ……以上に写真を出してい
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

【2018.07.31-更新】


12ch・IMAX 3D字幕で鑑賞。
スピルバーグの歴史的映像大作「ジュラシック・パーク」の新三部作『ジュラシック・ワールド』の2作目だが、シリーズ通算としては5作
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.5

鉄のケージの中で、巨大なサメたちを観覧したと思えば一変。
海底47mへ取り残され、酸素ボンベも減っていく海中最悪の状況で、どう地上に生還するか…

世界観や物語自体はベタだし、本格的なリアル目線を入れ
>>続きを読む

ロックアウト(2012年製作の映画)

3.3

いかにもB級なパッケージで、内容も確かに唐突な始まり&大事な物語描写(特に始まりと終わり)不足は否めないが、
予想を超えるブッ飛んだアクションとテンポの良いストーリー展開は、飽きることなく、時には見入
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

2.6

12ch・IMAXにて。
スター・ウォーズ弱者な自分的には、
見てる最中はそこまでだったが、振り返して思い直すほど、
ハン・ソロって、こんなユーモア無い奴だったっけ…と思ってしまうくらい、
いわゆる金
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.3

実際にあった人物たちとその事件を、脚色交え描いたリドリー・スコット最新作。
先日の焼肉ドラゴン同様、恥ずかしながら全く知らなかったのだが、
見事なまでに自然な語り口で、長尺目で比較的ゆったりと進む作品
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.6

大阪万博で賑わう1970年に、後に国有地として公園(実話ベース)になる集落で、貧しく日々喧嘩や問題を抱えながらも、支えあって生きた在日韓国人の家族の物語。


CMやタイトル的に、焼肉屋のコメディもの
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.6

現状にはなるが、自分が見てきたピクサー映画の中では、内容・映像共々トップに攻めてる珍作!w
今でこそ色んなヒーロー映画が賑わってるが、当時ならサム・ライミのスパイダーマン2作目が公開されて盛り上がって
>>続きを読む

マジック・マイク(2012年製作の映画)

3.2

今週もTSUTAYA限定レンタルBDを、プレモル・フライデークーポンにて。

チャニング・テイタムを始めとする、磨き上げられた男優達のキレっキレなストリップ・ダンスは、
見る前は正直偏見や抵抗感を抱い
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.4

バラダンで博士が紹介してたのもあり気になってたところ、
今夜限りの大きいスクリーンで上映だったので、
眠気を振り切って予約、鑑賞。
結論から言えば、
大きいスクリーンだからこそ堪能できる絶景ショットや
>>続きを読む

エージェント・マロリー(2011年製作の映画)

2.9

今週もTSUTAYA限定レンタルBDを、プレモルフライデーにて。

玄人向けなのか、出だしから終わりまで「えっ」と言ってしまう展開の数々(笑)
俳優陣も割と好みなイカしたメンツ揃いだし、
近年ならデッ
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.5

日曜Abema(一週間遅れTS)にて。
自分にとっては、韓国という意味でもジャンル的にも、
中々今まで見たことなかったタイプだったので、
更に韓国映画に興味が出る一作になった。

今年の大根仁監督のリ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

見た目は変えられない。見方を変えなければ。

誰もが一生に一度は賞賛されるべきだ。


正しいこと と 親切なこと。
迷ったら、親切な方を選ぼう

グレート デイズ! 夢に挑んだ父と子(2014年製作の映画)

2.6

本当の障害者を起用したり、作り上げるまでの背景はすごいけど、
個人的には本編がちょっとひねりなさすぎたかなぁ
だからこそ万人には見やすいかもだけど

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

プレモルフライデーのTSUTAYA限定レンタルにて。


単純に、半世紀前のセクシー女優という認識しかなかったマリリン・モンロー。
恥ずかしながら彼女の映画すら見たこともなく今作を見たが、
彼女の女優
>>続きを読む

キスできる餃子(2017年製作の映画)

1.3

舞台挨拶回にて。

見事なまでに不細工で寒くて薄っぺらい記号的地元愛をとってつけたように表現した地元に相応しい地元クオリティな一作!

一部の頑張ってのりきったプロの役者たちに免じて+0.1

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.0

興味深く面白くなりそうな設定・世界観だけに、
1オリジナル映画作品としては構成や整理が練り足らない…エデン同様、色々詰め甘くて惜しいんだよ監督ーッ!!

でも劇伴が下村陽子先生で、いつものゲーム媒体並
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.1

12chサウンド・IMAXにて。
ブ○ピの登場シーンがまさかすぎて一番笑ったw
ただマ○○○○○○ンがどこに出てたか分からなかった…

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.0

どこか古さを感じる。
油断する置いてかれるテンポと展開。
多方面でどこからツッコめばな散乱したままのネタの数々…


でも嫌いになれないのは、
今作が完璧だからじゃないぞ。
俺が独特な仕上がりなのが好
>>続きを読む

アポロ18(2011年製作の映画)

1.4

プレモルフライデーに借りたTSUTAYA限定レンタル作。
パラノーマル・アクティビティ(しかも私は見てないが)のリップオフと言われるのも納得のD(amedakorya)級映画……てか映画と呼んでいいの
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

1.9

午前十時の映画祭にて。
名作が劇場上映ときいて今更の初見。
劇場ならではの没入感で、
前半は演出やアクション共々、時代を越える凄さは感じれたが、
全体的に冗長でもっさりしすぎに感じてしまい、
特に後半
>>続きを読む

パンダ・コパンダ(1972年製作の映画)

3.5

日本アニメの巨匠・高畑勲氏2作目の劇場アニメ監督作にして、
トトロの原型と評される中編アニメ。

45年以上も前ながら、今見ても支障がない…
どころか、近年のアニメではあまり見なくなった、
アニメなら
>>続きを読む

>|