ゲン太さんの映画レビュー・感想・評価

ゲン太

ゲン太

  • 142Marks
  • 5Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

☆8
ここで終わるかー!という映画だった。
シンプルなストーリーながらも深く内容に入り込まれるし、映像も音楽も素晴らしい。
しかしもう少し派手な展開を期待していた部分もあるので、色々な意味で裏切られた
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

☆8
おかしな家族のおかしな生き方。
序盤から引き込まれて楽しめるのだけれど、スーパーで盗みを働いたりとやり過ぎな部分もあって、全力でこの家族を応援できなかったのでイマイチ乗り切れなかった。
しかし何
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.5

☆8
小島秀夫が絶賛していたこちらの作品。
が、前半は展開が駆け足すぎて置いてけぼりを食らってしまう。
途中からはベタに楽しめるのだが、登場人物それぞれをもう少し掘り下げてほしかった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

☆9
最高にスタイリッシュでクールな作品。
音楽とカーチェイスだけの映画かと思いきや、登場人物の魅力もたっぷりで後半からはグッと切なさが押し寄せてくる。
悪いやつだらけなんだけど、嫌なやつは一人もいな
>>続きを読む

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

4.0

☆8.5
中国史とかが分からないので敬遠していた作品。
とても事実とは思えないほど悲哀に満ちた人生を送ったラストエンペラーの溥儀。
途中飽きる部分もあるのだが、壮大な内容でとても興味深い良作だった。

怒り(2016年製作の映画)

3.5

☆8
うーんなんか惜しい。
物語のテーマも良いし見せ方もうまいんだけど、やっぱり犯人の特徴に酷似したやつが三人もいるのと展開の強引なところにご都合主義を感じてしまいいまいち楽しめなかった。
ラストの広
>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

4.0

☆8.5
テラスでの会話劇。
こうも登場人物がみんなクセが強いとリアリティが薄まりそうな気もするが、そんなこともなく丁度いい塩梅でリアリティを保ったまま話が展開していくのでそこが見事。
役者陣も知らな
>>続きを読む

ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る(2015年製作の映画)

3.0

☆7
映画「ザ・コーヴ」の中でのやらせやウソを指摘したり、太地町のその後を観れたところは非常に良かったが、監督が素人で構成がヘタだなーというのが正直な感想。
捕鯨の議論も結局浅いところで終わってしまっ
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

☆8
前半は主人公に感情移入ができなくて少しストレスを感じたが、徐々に内容を楽しめた。
ストーリーはお決まりのパターンなので大きな裏切りは無かったが、最後はなかなかに爽快でわりと良作だった。

みんな〜やってるか!(1994年製作の映画)

1.5

☆5
うーん、全く笑えないし途中で飽きてしまった。
内容も色んなコントを繋げただけの印象。

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.0

☆8.5
大根監督作品にハズレ無し。
この監督は本当に緊張と緩和の使い方がうまくてグイグイ引き込まれる。
福山さんの色気も凄いしリリーフランキーの怪演もとんでもない。
ただ最後だけキレイにまとめすぎた
>>続きを読む

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

3.0

☆7
笑える映画を期待していたら、笑いというよりも怖さのほうが優っていて笑いづらかった。
悲劇と喜劇は紙一重だが、こちらは微妙なところ。
とはいえ今観ると豪華すぎる演者にニヤッとさせられるし、終わり方
>>続きを読む

サクラメント 死の楽園(2013年製作の映画)

3.0

☆7.5
序盤は外国のドキュメンタリー風のスタイリッシュな映像でワクワクするのだが、中盤からは少し地味で退屈してしまった。
とはいえコレが実話だと思うと色々考えさせられるし、短めの尺でまとめられている
>>続きを読む

LIVE FOR TODAY 天龍源一郎(2016年製作の映画)

4.0

☆8.5
最初はテレビっぽい強めの演出に違和感を覚えたが、ハンセンや藤原組長といったそうそうたるメンバーが出てきたときには血が騒いだし、ドリーファンクジュニアが老体を押してリングに上がったときには色ん
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

☆7
観るタイミングが悪かったのかもしれないが、あまり入りこめずに序盤は退屈した。
しかし後半からの展開は意外で、なかなか壮大な内容で楽しめた。

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

☆8
シャマラン節が炸裂で相変わらずの面白さ。
ラストにあの人が出てきたときには、おお!そう来るかー!と新しい驚きを味わえた。
とはいえオチは斬新だが後半からの展開は強引で、個人的にはあまり好みの作品
>>続きを読む

狂覗(2017年製作の映画)

2.5

☆6.5
序盤から音声と映像が微妙にズレていて、あれ?これアフレコなのか?というところが気になってしまい内容が入ってこなかった。
そしてステレオタイプの登場人物に全く感情移入ができないまま進んでいくの
>>続きを読む

エクストーション 家族の値段(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

☆8.5
まさに悪夢。
休暇のために訪れた土地で、取る行動の全てが裏目に出てしまう。序盤が他人事とは思えないリアルな内容なので、中盤の多少強引な展開も気にならないしグイグイと引き込まれた。
しかしここ
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

☆8.5
高校中退の天才ITボーイ。
それだけで映画の主人公としては充分に魅力的でグイグイ引き込まれる。
そして話が進むにつれてこれが実話なのか?と目を疑いたくなるような内容にゾッとする。
途中少し飽
>>続きを読む

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

2.5

☆6.5
ひさびさのトンデモ映画。
序盤はグイグイと引き込まれるものの、登場人物の誰にも感情移入できないのが次第に苦しくなってくる。
そして強引な展開に唖然。
魅せ方はうまいので飽きないで観れるが、絵
>>続きを読む

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

☆9
これは傑作。
日常から非日常に入っていく密室劇で、集まったメンバーがまたクセが強い。
そして死体が消えた…
という飽きさせない展開と、体当たりな演技にグイグイと引き込まれる。
終わり方はおそらく
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

☆8.5
奇想天外な内容かと思いきや、正統派のサスペンスだった。
あんな短時間で洗脳出来るのか?という少しの不満はあるものの、音楽や人物の魅せ方が抜群にうまくてグイグイと引き込まれる。
展開も良いし主
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

☆8.5
娯楽性はそこまで高くないし長尺なので途中ダレる部分はあるものの、観て良かったと心から思える良作だった。
非常に考えさせられるし、こういう時代があったことを忘れてはいけないなーと襟を正される気
>>続きを読む

ウィズネイルと僕(1988年製作の映画)

2.5

☆6.5
会話劇がメインで淡々と進んでいくので、途中少し飽きてしまった。
独特なノリにニヤケさせられる部分もあるものの、個人的にはそこまでハマらなかった。
ジョニーデップは死ぬ前にこれを観たいのか…

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

2.0

☆6
ストーリーはシンプルで分かりやすいのだが、期待していたガンフーもそこまでの派手さはなくイマイチ乗り切れなかった。
映像がスタイリッシュでカッコイイんだけれど、それ以外は正直微妙だった。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

☆7
ディズニー特有のノリに、楽しめるところと付いていけないところがあって、いまいち入り込めなかった。
それでもそれなりに楽しめるのだが、ラストで野獣が王子様になって、美女と美男の話になってしまうのが
>>続きを読む

くも漫。(2017年製作の映画)

3.0

☆7.5
風俗の最中にクモ膜下出血で倒れるというところに、男子ならば誰もが他人事ではない恐ろしさを感じると思う。
そして家族にそのことを隠しながらの闘病生活。
なかなか笑えて楽しめた。が、映画として観
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

☆8
ど迫力の映像と展開で序盤はグイグイと引き込まれるが、途中からは無限音階?とかの音が過剰で集中が少し削がれてしまった。
ここらへんの演出がハマるかハマらないかで評価が大きく分かれると思う。個人的に
>>続きを読む

殺人ワークショップ(2012年製作の映画)

3.0

☆7.5
安定の白石監督作品で、生々しくて非常に引き込まれるし、役者陣も素晴らしい。
しかしストーリー的にはもうひと捻り欲しかったかなーというのが正直な感想。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

☆9
チープなゾンビ映画かと思いきや、とんでもないスケールの大傑作だった。
ババア役をなんでこんな若いひとにやらすんだ?とか気になる部分もあるものの、正統派の内容で最後まで観せる展開はさすが。韓国映画
>>続きを読む

極私的エロス 恋歌1974(1974年製作の映画)

4.0

☆8.5
音が悪いのと訛りがキツイので、会話がかなり聞き取りづらい。でもそれが逆に普通のホームビデオを見ているようで、74年という時代がリアルに感じられた。
そして問題の出産シーン。いやはや衝撃。この
>>続きを読む

シルミド/SILMIDO(2003年製作の映画)

4.0

☆8.5
韓国の歴史の闇に葬られた684部隊の悲劇。
実話として観るとやはり最後のシーンは切なくて震える。
が、実話に沿っているから仕方ないのかもしれないが、エンタメ性は少し低くて中だるみする部分も否
>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.0

☆7.5
ミニオンズ初鑑賞。
ストーリーの分かりやすさとテンポの良さと映像美で、それなりには楽しめるのだが、やはり子供向けの内容かなーといったところ。
あとミニオンズたちが強すぎてハラハラ出来ないのも
>>続きを読む

キャノンボール(1980年製作の映画)

4.0

☆8.5
くだらなくて最高な映画。
序盤からアホなノリでボケまくってくれるし、わずか10秒ぐらいのワンシーンにこんだけお金をかける必要あるか?っていうぐらいの破壊と爆破。
そして楽しそうなエンドロール
>>続きを読む

ミクロの決死圏(1966年製作の映画)

3.5

☆8
SF体内ショー。
体内に入るまでのストロークが無駄に長かったり、内容的にはツッコミ所も結構多いんだけど、やっぱり映画としてのスケールのデカさとか美術セットの作り込みは凄い。公開当時は度肝抜かれた
>>続きを読む

ケンとカズ(2015年製作の映画)

3.5

☆8
役者陣の好演が光り序盤からグッと引き込まれる。しかし内容はわりとありきたりなので、途中から少し飽きてしまった。
自主制作の不良映画だと「孤高の遠吠」とかと比べてしまうので、それに比べるとパワーが
>>続きを読む

>|