ゲン太さんの映画レビュー・感想・評価

ゲン太

ゲン太

映画(166)
ドラマ(0)
  • 166Marks
  • 7Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

☆9.5
大傑作。ど頭のワンカットの映像だけでも凄いのに、後半からの展開と伏線の回収はまさに見事。
練られた脚本も役者の演技も素晴らしいし、実際の撮影も相当大変だったんだろうな〜というのが容易に想像で
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

☆7
アカデミー賞を総なめということで期待していたが、いまいち入り込めなかった。ど頭で電車が走っているようなわりと都心で殺人と放火をしているのにも関わらず、目撃者がゼロというのも腑に落ちないし、ラスト
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

4.0

☆8.5
なかなかにハードなコメディ。
ヤバイ義父の話かと思いきや、主役のグレッグもなかなかのクズなのでどっちを応援していいのか分からず序盤は少しとまどう。
しかし中盤からはぐっと引き込まれ、笑いなが
>>続きを読む

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の2日間(2014年製作の映画)

4.0

☆8.5
内田けんじファンなので数年ぶりにコナンを鑑賞。久しぶりに見ると非現実的なアイテムが増えていて、最初は少し違和感を感じたが、途中からは内田けんじお得意の時間軸を使ったトリックやコナン君の名推理
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

☆8.5
重い話かと思いきや、笑える部分も多々あってぐいぐい引き込まれた。
見せ方も上手いんだろうけど役者の演技が抜群。
後半の展開は好き嫌いが分かるんだろうけど、自分としてはもっと違う終わり方でも良
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

☆8.5
融通の利かない社会制度とお役所仕事にイライラしながらも、序盤からグイグイと引き込まれる。
自分とは国も環境も違うんだけれど、決して他人事とは思えない怖さがあって、タイトルの意味が分かったとき
>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

4.0

☆8.5
確固たる信念を貫く芸術家肌の男。そして故郷での有名人をとりまく賞賛やら嫉妬やら批判やら。
そこらへんをニヒルに描いてくれるから、ニヤリとしながらもグイグイ引き込まれる。
あからさまな悪者が出
>>続きを読む

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

3.0

☆7.5
数年ぶりのワンピース。
大人になってから観ると、やはり少年漫画のノリというか笑いについていけない部分も少しあるものの、映像や音楽のスタイリッシュさや終盤の爽快感はさすが。しかしエピソードオブ
>>続きを読む

我は神なり(2013年製作の映画)

2.5

☆6.5
うーん、アニメの質も低いし内容もいまいち…
クズな主人公に全く感情移入ができないので、観ていて途中から疲れてくる。指名手配されている詐欺師に、主人公しか気づかないというのも無理があるかなーと
>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

3.0

☆7
女優たちの体当たりな演技は素晴らしかった。
しかしAVという道に進んでからの葛藤は見えるものの、なぜAVにいったのか?という動機がぼんやりしていてあまり入り込めなかった。
後半の展開も正直う〜ん
>>続きを読む

ブリッジ(2006年製作の映画)

2.5

☆6.5
世界最大の自殺の名所ゴールデンゲートブリッジでの飛び降りるひとと残されたひとのドキュメント。
ショッキングな映像ではあるんだけど、淡々とした映像とインタビューが途中からは退屈してきて、久しぶ
>>続きを読む

ディアトロフ・インシデント(2012年製作の映画)

3.5

☆8
テーマはいいんだけど、先に「これは実話である」と出しているのでこの映画の内容自体が実話なのかと勘違いさせてしまうので、そこは少しずるいなーと感じた。
フェイクドキュメンタリーでなかなかに引き込ま
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

☆8.5
色んな映画やゲームの小ネタが満載で最高に楽しめる。
IOIの親玉が無能すぎてそこはちょっと冷めてしまうんだけど、やはりシャイニングとかガンダムなんかを入れてくるあたりにニヤッとさせられるし、
>>続きを読む

チキンズダイナマイト(2014年製作の映画)

3.5

☆8
わりとぶっ飛んだ設定だが、淡い青春の魅せ方が丁寧でなかなかに良い作品だった。映像もキレイだし、役者の好演も光っている。

独裁者、古賀。(2014年製作の映画)

2.5

☆6.5
若者の心情を描く作品なのだろうけど、その肝心な心情が全然伝わってこなかった。
主人公の二人がどこに惹かれ合ったのかもよく分からないし、いじめっ子の女の子の胸中なんかは全く見えてこない。いまい
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

5.0

☆9.5
ワンピース並みのスケールのデカさと映像美とアクションに度肝を抜かれる。ストーリーにもグイグイ引き込まれるし、んなアホな!というツッコミ所も多くて最高な映画。マッドマックスよろしくな乗り物もニ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.5

☆8
ガサツで無神経な来客と旦那。そのリアリティに前半はグイグイと引き込まれるんだけど、徐々にリアルから掛け離れていき終盤でのぶっ飛びようには放心。聖書の暗喩とか色々あるみたいだけれど、展開的にはもは
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.5

☆8
想像していた内容とかなり違っていて、ここまで主人公を感じ悪く描いた作品も珍しいと思う。
レイはマクドナルドを大きくした功労者としては偉大だが、やはり創業者の兄弟のことを考えると胸が痛くなる。絶望
>>続きを読む

霊幻道士 こちらキョンシー退治局(2017年製作の映画)

4.0

☆8.5
20年前にはしょっちゅう地上波でやっていて大好きだった霊幻道士。その新作?なのかは分からないが、それなりに楽しめた。
戦闘のカッコ良さとかはあまりないんだけど、ラブコメ要素を強くしてきたあた
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

☆9
賛否両論分かれそうな作品だが間違いなく大傑作。
「ここで終わるかー!続き見せてくれよー!」とここまで強く思った作品は今までにない気がする。そのぐらい内容に入り込んでしまったし、引き込まれた。
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.5

☆9
心が洗われる傑作。
前半はとにかくキュンキュンさせられる。
そして後半の意外な展開とラストの爽快感。
めちゃくちゃ良い映画ではあるんだけど、偶然が重なったり少し内容が出来すぎていているなーという
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

2.5

☆6.5
うーん、よく分からない。
エコールは世界観が好きだったのでこちらも期待していたのだが、正直難解で説明が少ないので内容について行けなくなってしまった。芸術性もそこまで感じれない。

夏の庭 The Friends(1994年製作の映画)

4.0

☆8.5
心が洗われる幻想的で叙情的な作品だった。
子役の演技はとても上手いとは言えないんだけど、それもひとつの味になっていて引き込まれる。
途中退屈する部分もあるが、全体を通しての映像美もさすが。最
>>続きを読む

愛、アムール(2012年製作の映画)

3.5

☆8
大好きなハネケ監督の作品なんだけど、正直途中から退屈してしまった。
引き込まれる部分もあったが、わりとありきたりな内容だった。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

☆8
ここで終わるかー!という映画だった。
シンプルなストーリーながらも深く内容に入り込まれるし、映像も音楽も素晴らしい。
しかしもう少し派手な展開を期待していた部分もあるので、色々な意味で裏切られた
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

☆8
おかしな家族のおかしな生き方。
序盤から引き込まれて楽しめるのだけれど、スーパーで盗みを働いたりとやり過ぎな部分もあって、全力でこの家族を応援できなかったのでイマイチ乗り切れなかった。
しかし何
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.5

☆8
小島秀夫が絶賛していたこちらの作品。
が、前半は展開が駆け足すぎて置いてけぼりを食らってしまう。
途中からはベタに楽しめるのだが、登場人物それぞれをもう少し掘り下げてほしかった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

☆9
最高にスタイリッシュでクールな作品。
音楽とカーチェイスだけの映画かと思いきや、登場人物の魅力もたっぷりで後半からはグッと切なさが押し寄せてくる。
悪いやつだらけなんだけど、嫌なやつは一人もいな
>>続きを読む

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

4.0

☆8.5
中国史とかが分からないので敬遠していた作品。
とても事実とは思えないほど悲哀に満ちた人生を送ったラストエンペラーの溥儀。
途中飽きる部分もあるのだが、壮大な内容でとても興味深い良作だった。

怒り(2016年製作の映画)

3.5

☆8
うーんなんか惜しい。
物語のテーマも良いし見せ方もうまいんだけど、やっぱり犯人の特徴に酷似したやつが三人もいるのと展開の強引なところにご都合主義を感じてしまいいまいち楽しめなかった。
ラストの広
>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

4.0

☆8.5
テラスでの会話劇。
こうも登場人物がみんなクセが強いとリアリティが薄まりそうな気もするが、そんなこともなく丁度いい塩梅でリアリティを保ったまま話が展開していくのでそこが見事。
役者陣も知らな
>>続きを読む

ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る(2015年製作の映画)

3.0

☆7
映画「ザ・コーヴ」の中でのやらせやウソを指摘したり、太地町のその後を観れたところは非常に良かったが、監督が素人で構成がヘタだなーというのが正直な感想。
捕鯨の議論も結局浅いところで終わってしまっ
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

☆8
前半は主人公に感情移入ができなくて少しストレスを感じたが、徐々に内容を楽しめた。
ストーリーはお決まりのパターンなので大きな裏切りは無かったが、最後はなかなかに爽快でわりと良作だった。

みんな〜やってるか!(1994年製作の映画)

1.5

☆5
うーん、全く笑えないし途中で飽きてしまった。
内容も色んなコントを繋げただけの印象。

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.0

☆8.5
大根監督作品にハズレ無し。
この監督は本当に緊張と緩和の使い方がうまくてグイグイ引き込まれる。
福山さんの色気も凄いしリリーフランキーの怪演もとんでもない。
ただ最後だけキレイにまとめすぎた
>>続きを読む

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

3.0

☆7
笑える映画を期待していたら、笑いというよりも怖さのほうが優っていて笑いづらかった。
悲劇と喜劇は紙一重だが、こちらは微妙なところ。
とはいえ今観ると豪華すぎる演者にニヤッとさせられるし、終わり方
>>続きを読む