怨念大納言さんの映画レビュー・感想・評価

怨念大納言

怨念大納言

下が絶対不動の評価基準(私の好み)。
あとは基準からの相対評価。

4.5 DOWN OF THE DEAD(リメイク)
4.0 ショーシャンクの空に
3.5 13日の金曜日(第一作)
3.0 悪魔の毒々モンスター(第一作)
2.5 HOSTEL(第一作)
2.0 えびボクサー
1.5 モンスタートーナメント
1.0 ズーンビ

何でも見ますがホラーが好きです。

映画(626)
ドラマ(2)

CAMP キャンプ(2014年製作の映画)

1.1

これは酷い!

事故→小屋で襲われるという王道ホラー。
まず、最初の事故から極低予算映画を確信。

もうね、傷一つつけないんですよ。
運転中のシーンでは景色が見えないようにガラスを白塗りにするという、
>>続きを読む

Returner リターナー(2002年製作の映画)

3.0

樹木希林さん追悼第三回目。
第三回と言いつつ、二回はTSUTAYAの樹木希林コーナーにあった「そして父になる」と「海街diary」。
合計15分くらいの出演でしょうか?
許さんぞTSUTAYA!
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.5

「高い所」「巨大なモノ」「速い移動」…。
人種、信条とは無関係に、人間が本能的に怖いと思う要素がいくつかあって、「暗い所」もその一つ。

こういう本能的恐怖は大人になると薄れる人が多いけれど、心の底に
>>続きを読む

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

3.4

あぁ恐ろしい狂気の恋愛ムービー。
どっかの少女漫画の実写化のようなポップなタイトルとジャケットに騙されることなかれ。

破滅型恋愛ジャンキーによる破壊の物語であります。

痴情のもつれ、痴話喧嘩。
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

長女、綾瀬はるか!
次女、長澤まさみ!
三女、夏帆!
四女、広瀬すず!

私の考えた最強姉妹!
くらいなキャスティング。

同時、綾瀬はるか(30)、長澤まさみ(27)、夏帆(25)、広瀬すず(17)
>>続きを読む

PUSH おす(1987年製作の映画)

4.0

ボタンを押せば全てが新品に交換出来る世界。
飲み物も、服も、車も、ペットまでも。

1987年の映画ですが、映画から30年、奇しくもAI、IOTの出現により急速に「無人化」が進もうとしている。

便利
>>続きを読む

JUMPING(1984年製作の映画)

3.7

酔うわ!

近づいて、離れて、近づいて、離れて。
ひたすらジャンプを繰り返す主人公の主観ショットの6分間。

ぐるぐると回る視点で、着地の度に何かを発見する。

まだアニメが手書きの時代に、アニメの可
>>続きを読む

おす(1962年製作の映画)

2.8

手塚治虫の短編。
僅か3分。

暗闇の中で、足が映り、手が映り、目が映り、寝癖が映る。
苛ついているのか、だらしないのか。

江戸っ子口調の猫が男に文句を言う話。
まさかのオチ。

IMPACT インパクト/ムーン・パニック(2009年製作の映画)

1.5

さ、三時間もある!

テレビの再現VTR並みのへなちょこCGだと思っていたら、本当にテレビドラマとのこと。
90分で前後編のドラマだから3時間なのね。

テレビドラマと思えば中々ですが、映画と思うと…
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

3.1

テレビにて再視聴。

プレデターズVS戦闘のプロ集団!
燃える展開です。

途中の展開も含めGANTZの大阪編みたいなイメージ。

戦闘のプロ集団は、思ったより似たような集団というか、バラエティには富
>>続きを読む

風と舟(年製作の映画)

2.2

15分の短編映画。
小瀬田麻由が可愛い!

ストーリーはありきたりというか、敵対する侍同士の男女が惚れ合うという感じ。

全身真っ白侍と全身真っ黒侍とに別れるのは、分かりやすいし視覚的にも綺麗でよか
>>続きを読む

ダークハウス(2015年製作の映画)

3.6

我らがジェームズワン!
…プロデュース?

やられましたわ。
監督じゃないんかい!

そうなると死霊館シリーズとの比較は避けられなくて、まぁどちらも二時間ある死霊館シリーズと違って「徐々にエスカレート
>>続きを読む

山の音(1954年製作の映画)

3.0

原節子による良妻賢母の具現化。
いつもニコニコと愛想よく、よく働いて怠けない。

原節子の映画を初めて見ましたが、美人は美人ですが絶世の美女とは言えない顔してるんですよね。
けれど、仕草や表情から生ま
>>続きを読む

世田谷ラブストーリー(2015年製作の映画)

1.5

あらゆる演技、演出が大袈裟で分かりやすい。
薄暗い映像に辛気臭い展開と、これぞ邦画という詰め合わせ感。

back number自体は好きだし、清野菜名ちゃんは可愛いし、何なら監督も嫌いじゃないんだけ
>>続きを読む

2ちゃんねるの呪い 劇場版(2011年製作の映画)

1.7

安っぽい!
何もかも絶望的に安っぽい!

けれど、そこまでつまらない訳ではなく…。
インスタントラーメンにはインスタントラーメンの良さがあるというか。
いや、インスタントラーメンは高尚過ぎるか。
>>続きを読む

Oh!透明人間(2010年製作の映画)

1.3

日本版インビシブル…、というには余りに幼稚な透明人間コメディ。

イクラを食べると透明になり、興奮するともとに戻る。

この設定で思い付くアレコレが、もうそのまま起こるだけの映画です。

ゆきおんな(2009年製作の映画)

1.4

長澤つぐみ以外の演技力が壊滅的。
ちゃんとしなさい!

題材は雪女ですが、ほのぼのちょいエロ馬鹿コメディ。
ホラー要素皆無!

色白雪女の長澤つぐみが可愛いというだけの映画。
片腕マシンガールで初対面
>>続きを読む

ザ・シェフ 悪魔のレシピ(2016年製作の映画)

2.5

ホラー映画の中で、「人肉=上手い」は不動の方程式なのであります。

舞台はイギリスですが、以前見た「ヘルケバブ」よりもヘルケバブしております。
何せケバブが出てきますから。

伝説のゴミカス鬼畜映画、
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

4.2

樹木希林さん追悼観賞。
大好きな女優さんでした。

とは言え、樹木希林さんの出番は少なめ。福山雅治主演の激重ムービー。

私の心のバイブル、「星の王子様」よりイケメン狐の台詞を引用。


「秘密を教え
>>続きを読む

Pictured(原題)(2014年製作の映画)

3.5

Right Off の監督によるショートムービー。

僅か3分ですが、ちゃんと怖い!

日常に潜む違和感をきちんと恐怖に仕立て上げて、オチもありがちとは言え私は意表をつかれました。

同監督の長編が見
>>続きを読む

ONE PIECE エピソードオブ空島(2018年製作の映画)

2.0

テレビにて。

空島は、あらゆる人の思いが黄金の鐘に乗せられる、物語として非常に美しいパートなんですよ。

ヒルルクが大好きな所を差し引くと、ドラム王国編を抜いて私の中で一番好きかもしれない。

ただ
>>続きを読む

宇宙からの暗殺者(1954年製作の映画)

1.4

この映画凄い!
愛すべきダメ映画!

いや、色々ダメなんですけど、宇宙人のビジュアルがぶっちぎりでダメ。
黒の全身タイツにゲジゲジ眉毛、卵を左右に切ったようや形の半球に黒目を書き足しただけの手作りお目
>>続きを読む

エイリアンVS. プレデター(2004年製作の映画)

3.7

夢の対決系映画!
VS系の面白さはシンプルで、「お金を使ってる映画は面白い」。
凡百、いや凡庸にも遠く及ばない有象無象の低予算VS系とは違い、本作はちゃんと面白い!

敵の敵は味方、という安易な発想に
>>続きを読む

拳精(1978年製作の映画)

2.2

なんだこの映画!(笑)

隕石の落下をきっかけに現れた拳法の妖精から、ジャッキーがカンフーを習うというトンデモカンフー映画。

最初、妖精は隕石に張り付いてきた宇宙人かと思っていたら、拳法書へ帰るシー
>>続きを読む

ヒトラー最終兵器(2013年製作の映画)

2.4

ヒトラー最終兵器…。
この悪ふざけ100%の放題から、どんなおぞましいB級ゾンビかと思いきや、いたって真面目な武闘派ホラー。

ムキムキのナチスゾンビとムキムキのソ連軍人の骨太アクションが見られるイギ
>>続きを読む

劇場霊(2015年製作の映画)

1.2

あ、これはダメです。
もう全然ダメ。

協賛がパチンコメーカーで、主演がAKB?
もう金の臭いしかしませんね。
パチンコ台作る為に映画撮ったんでしょうが、これでは…。

パグみたいなブサカワフェイスが
>>続きを読む

ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

記念の600レビュー!
という事で子供の頃にみた思い出のドラえもん映画で。

小さい頃、家には子供向けアニメのビデオが沢山あって、ラインナップは「ドラえもんシリーズ」「ディズニー」「トムとジェリーシリ
>>続きを読む

On your mark(1995年製作の映画)

2.8

「知名度が低く」「7分間の短編で」「政治的、哲学的な意図が汲み取れる」「宮崎駿監督の」「無声(BGMのみ)映画」という、いかにもネットジャンキーがしたり顔で解説するのに向いた要素を詰め込まれている為、>>続きを読む

ビジター(2012年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

本作のみならず、悪魔のいけにえ、エスター、ミザリー、シックスセンス、ファニーゲーム、ゾンゲリア、ジェイコブズラダー、下妻物語、アレックス、サンセット大通り、屋敷女、パージ、正体不明ゼム、ドントブリーズ>>続きを読む

ブラッディ・バレンタイン 3D(2009年製作の映画)

3.0

ツルハシ&ガスマスク。
素晴らしいビジュアル!

ツルハシアクションもグロかっこいいです。

この際ストーリーは二の次三の次で。
優秀なスプラッターモノでした。

源氏物語 千年の謎(2011年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

源氏物語ではなくて、高山由紀子の「源氏物語 悲しみの皇子」が原作。

絢爛豪華な平安ムービー!

序盤は退屈です。

雰囲気も、なんか昼ドラみたいというか、よくてNHKの大河。
いや、セットも衣装も豪
>>続きを読む

オープンウォーター・サバイバル(2011年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

あれ?
鮫は?
鮫ちゃんどこ?
鮫ちゃん🦈…。

やりやがったな邦題。
何がオープンウォーターじゃ!

そこそこのグロと、まずまずのアクションと、顔は可愛くないけど巨乳のセクシーショットを装備した一般
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映像の美しさが全て!

例えば三島由紀夫の金閣寺、例えばICE BURNの越冬、例えばレーサーXのSUPER HEROES。

文章力だとか、押韻だとか、早弾きだとか、表面的で芸術の本質からは遠そうな
>>続きを読む

はだしのゲン(1983年製作の映画)

3.8

コレガ人間ナノデス
原子爆弾ニ依ル変化ヲゴラン下サイ
肉体ガ恐ロシク膨脹シ
男モ女モスベテ一ツノ型ニカヘル
オオ ソノ真黒焦ゲノ滅茶苦茶ノ
爛レタ顔ノムクンダ唇カラ洩レテ来ル声ハ
「助ケテ下サイ」
>>続きを読む

プリズンアイランド 血みどろ女刑務所(2007年製作の映画)

1.1

アホ!
この映画アホ!

中年鬼看守の半裸で喜ぶ人類おるんか。
なんだそのスーファミボンバーマン以下の爆破のCGは!

もうアホ!

ギョ(2012年製作の映画)

2.4

ギョ!魚!GYO!
世界一臭いアニメ!

カサカサ動くもの→キモい!
ヌルヌルしたもの→キモい!
ゾロゾロいるもの→キモい!
臭い生き物→キモい!

よってこのアニメ超キモい!

画力はショボいものの
>>続きを読む

>|