怨念大納言さんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

怨念大納言

怨念大納言

下が絶対不動の評価基準(私の好み)。
あとは基準からの相対評価。

4.5 DOWN OF THE DEAD(リメイク)
4.0 ショーシャンクの空に
3.5 13日の金曜日(第一作)
3.0 悪魔の毒々モンスター(第一作)
2.5 HOSTEL(第一作)
2.0 えびボクサー
1.5 モンスタートーナメント
1.0 ズーンビ

何でも見ますがホラーが好きです。

映画(626)
ドラマ(2)

テキサス・チェーンソー(2003年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「王道」=「ベタ」

続編が狂気の沙汰であった分、リメイクは覇道を行くベタなホラー。
これでいいんです!

チェーンソー振り回すイカれた大男と、血まみれ泥まみれの美人の鬼ごっこ。
単純明快分かりやすい
>>続きを読む

人間椅子(2006年製作の映画)

1.8

例に漏れず原作は無視!
まぁ、それはいいでしょう。

相変わらず、江戸川乱歩の持っている様々な魅力のうち、エロの再現のみに注力された映画。
で、大してエロくもないのでこの映画は椅子のように空っぽです。
>>続きを読む

少女(2016年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

小説が原作なだけあって話は練られているんだけど、「因果応報」がテーマの一つであるこの映画は、どうにもご都合主義的に見えてしまった。

凄く狭いコミュニティの中で、分かりやすい罪と罰が展開されるので、あ
>>続きを読む

フィギュアなあなた(2013年製作の映画)

2.0

これならば「甘い鞭」の方が数段面白く感じた。

フィギュア役の佐々木心音と性的嗜好がガッツリ噛み合う人以外は、見て楽しい事もないのかも。

受難(2013年製作の映画)

2.3

低俗ほのぼのアホムービー。

奥手で不器用なフランチェス子に訪れるあまりにも無様な受難。

都合のよい大団円は迎えず、ささやかに終わる所もいいです。

101匹わんちゃん(1960年製作の映画)

2.9

クルエラ・デビルの歌が衝撃の101匹わんちゃん!
動物が主役のアニメ映画で、悪役が毛皮マニアのおばはんって(笑)
半端じゃないなディスティニー。

毛皮と紫煙にくるまれて、けたたましく笑うヴィラン、ク
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.0

パラララララ。
プリプリミシュランマンことベイマックスの大活躍劇。

青春物からヒーロー物語へ、特に後半のヒーローパートはワクワク見られました。

長くつ下のピッピ(1997年製作の映画)

3.4

おぉ!懐かしい!

話なんか殆ど忘れてしまっていても、歌は思い出せる不思議。

今思えば、母が死に父が漂流したピッピの境遇は不幸過ぎるし、振る舞いは自由を飛び越して非常識なんですけど、当時はそんな事思
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース ねじまき島の冒険(2001年製作の映画)

2.2

子供向けのドタバタムービー。
短く纏まった娯楽映画。

ハニークイーン、今考えるとロギアですね…。

人気のキャラにコスプレさせて、テレビスペシャルくらいの印象ですかね。

ドラえもん のび太の宇宙開拓史(1981年製作の映画)

2.4

初期のドラえもん映画。
なんとも味のある絵柄。

凄く小さい時に見たので、「重力が小さいのでスーパーマンになれる」という台詞にとてもわくわくしました。

これぞ子供の為のSF映画ですね。

劇場版ポケットモンスター/水の都の護神 ラティアスとラティオス(2002年製作の映画)

3.3

ミュウツーは別格として、この映画もかなり好き。

美しい町並み、可愛いラティオス&ラティアス、あの有名なラストシーン。

見所満載のいい映画です。

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

3.7

合体は男の子のロマン。
強いデジモンと強いデジモンが合体して最強のデジモンになるのは自然の道理。

デジモンとネットの世界との繋がりが如実で、ラストも分かりやすくてよい。

短く纏まった、子供向けのよ
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

3.4

ポアだポアだポア!
ポアだポアだポア!
ポアだポアだポア!

ドラゴンボールのキャラクターで、私が最も好きなのがフリーザ様。

冷酷非情で人を舐めくさっているのに追い詰められると激昂する。
最高です。
>>続きを読む

シュレック2(2004年製作の映画)

2.0

2までは見ましたシュレック。

吹き替えが楽しいシュレックシリーズ。

王子と猫が可愛くパワーアップも、微妙にスケールダウンした印象も。

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

2.7

いい話なんですけど、ドリーがアホ過ぎて…。
なんか、自分の中で「憎めない奴」の範疇を微妙に超えてしまいまして…。

ドリー以外のキャラクターは素敵なんですけどね。
パイプ仲間のディスティニーが特に。

31 サーティーワン(2016年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

なんだあの馬鹿なTシャツは(笑)
ライオン(笑)

馬鹿で下品な若者、砂漠とボロ車、怪しいガソリンスタンド、ハロウィン、ブードゥー教。
この「ホラーあるある」とも言えるベタベタな展開が開始十数分に凝縮
>>続きを読む

ゴア・ゴア・ガールズ(1971年製作の映画)

1.8

ホラー映画にアクセントとしてグロ描写があるのではなく、グロい映像を撮りたいがための映画。
これぞスプラッタ!馬鹿馬鹿しい!

最初の風船ガムの描写は上手いと思ったけど、乳首切り落として母乳と血液で赤白
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.9

コンパクトに纏まった素晴らしいホラー。
「盲目の老人に襲われる」という設定から、よくぞあそこまでアイデアが出たと思う。
暗闇でゆらゆらと老人側に寄っていってしまったり、ヒビの入ったガラスに乗ってしまっ
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

4.5

豪胆で渋い三船敏郎の侍ムービー。
白黒映画の魅力爆発で、真白に光るのは白刃と三船の眼光のみ!

野獣の暴力と魔女の知性を併せ持ち、情にも厚いTHE侍。
ゴソゴソと粗暴に髭を触る仕草、皮肉と憎まれ口が大
>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

3.6

あ、あれ?
おかしいな。
ちゃんとしてるぞ?

これは、あれだ。
「ゾンゲリア」「ゾンビ大陸アフリカン」と共に三大邦題で損しているゾンビに認定しますね。勝手に。

ゾンビ大戦後の平和な世界が舞台だった
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.4

予告の印象では、あのコアラは夢に直向きな情熱の男だったのですが、いや、ある意味では間違っていないけれど、あのコアラろくでなしじゃないか!

まぁ、文明社会で夢を叶えるには、あの程度の破天荒さは必要なの
>>続きを読む

キャリー(2013年製作の映画)

2.9

旧作のキャリーは恐ろしい魔女でしたが、本作のキャリーは魔女っ子であります。

まぁ、クロエグレースがキャリーな時点であの恐ろしいキャリーが再現されないことは分かっていたのですが。

終盤のキャリーの大
>>続きを読む

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

私はてっきり実話だと思っていたのですが、元は小説だそう。

よくよく考えれば実話としては劇的なんですが、映画として生々しくて、美しくて、何だか実話だと思いたかったような。

無垢な少女、いかにも繊細な
>>続きを読む

自転車泥棒(1948年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

非常に「哀れ」な映画。

無念の戦死、ジャングルでかかる奇病、共食いにまで追い込まれる絶望的な飢え…。
これらと比べると劇的ではないが、そこかしこに溢れていた貧困。

自転車一つに振り回され、最後には
>>続きを読む

学校の怪談 呪いの言霊(2014年製作の映画)

1.7

真面目で小難しいホラーを、それに見会わない粗雑さで作られたような粗だらけのホラー。

複雑故に不明点まみれで、真面目故にそれを笑って許しにくい。
ほの暗い水の底からそのままの演出もあって、ふざけきった
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.3

初黒沢明&初三船敏郎。

感じたのは「間」の魅力というか「無音」の迫力というか。
刀を構えた侍の迫力を、無音の中に共有するような感覚が随所にありました。
ラストの有名な居合い対決は、最もそれが凝縮され
>>続きを読む

ディセント ザ・ダークサイド(2013年製作の映画)

1.8

あらゆる面でディセントを下回るダークサイドホラー。

ダメホラーあるあるだけど、どうでもいいシーンがとにかく長い!
穴堀りが長い!兄弟のアレコレが長い!
地底人見せんかい!

とにかく、地底人が全然出
>>続きを読む

ラストコップ THE MOVIE(2017年製作の映画)

2.8

ぶっちぎりで可愛くて、ぶっちぎりで演技が下手な佐々木希。

これが「ドラマスペシャル」なら凄くいい出来なんだろうけど、いかんせん映画としては地味というか普通というか…。

それからホログラムの下りやら
>>続きを読む

着信アリ2(2005年製作の映画)

2.5

非常に真面目で、かつ地味な映画。

いや、そんなに悪くないんですよ。
キャストは滑舌悪かったりカタコトの日本語だったりするし、なんかとってつけたように台湾行ったりするけど。

それに、時間が経ってよく
>>続きを読む

リリス(2007年製作の映画)

1.6

私の愛するエルム街の悪夢って、「夢で襲われる」っていうアイデアが凄いんだと思ってた訳ですよ。
斬新だったろうし、実際面白かったし。

ただ、違ったんですね。
これ、全然面白くない!

「夢で襲われる」
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

2.7

臭すぎる台詞、わざとらし過ぎる設定、多過ぎる登場キャラ…。

まぁ、EXILEファンの為のEXILE映画ですので、大勢いるEXILE一座にはそれぞれ見せ場をあげなきゃいけないし、仕方ないハードルなのか
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

原作での定番ギャグや人気の話をある程度網羅していて、ギャグ漫画の実写化としては満足。

難しく考える必要もなく、だらだら見ても面白い映画。

下妻物語(2004年製作の映画)

4.1

この映画好きです!

ヤンキー過ぎるヤンキーの土屋アンナと、ロリータ過ぎるロリータの深田恭子。
あんな奴らいるか!(笑)

各々の道を爆進するが故に、本来孤独であったろう二人。
道は違えど、一心不乱ゴ
>>続きを読む

盲獣(1969年製作の映画)

3.0

盲しいた獣の芸術街道。
素晴らしいのは美術セット!
何だあの変態巨大オブジェは。

盲目の主人公が触覚のみであれを作ったかと思うとおぞましい。

倒錯の世界!
変態の世界!

乱歩原作では塚本晋也監督
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

初期の遊戯王の、「闇のゲーム」の明るいバージョン。

世界一運の悪い主人公が、悲しいかな千年アイテム「ジュマンジ」を拾ったせいでジャングルへ幽閉される。
それも26年間。

まず、このジュマンジから太
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.3

前作の(今見れば)安っぽいが故のやりたい放題感が薄れた代わりに、アクション映画として凄く優等生になった印象。

フェロモンダダ漏れのドウェイン・ジョンソンが素敵でした(笑)

このジャングルの有り様を
>>続きを読む