akusurojyuさんの映画レビュー・感想・評価

akusurojyu

akusurojyu

難しい映画、静かなドキュメンタリー系はどんな名作でも寝ます!!!
どんぱちやったりグロいのとかが大好きです!
基本的に邦画は見ません!

映画(435)
ドラマ(0)

ファルコン・ライジング(2014年製作の映画)

2.6

Facebookかなんかで字幕なしの予告編が流れており、コンビニ強盗を蹴散らすシーンがかっこよ過ぎて探しに探したら登録してるネットフリックスにあることが判明!!
上映時間もちょうどよく、楽しみに見たら
>>続きを読む

ホステル2(2007年製作の映画)

3.0

すごく観たかったやつ。
しかし、金持ちの殺人クラブやら背景がわかってしまっているので盛り上がりに欠ける。
前作のあの不気味さが良かったのに。

アンノウン(2011年製作の映画)

4.0

安定のリーアムニーソン…
途中のカーアクション、博士のくせにすごいドライブテクニックだと思ってたら最後の方で、あーなるほどな、記憶は無くても身体は覚えているのか!と。

でも決してこの映画はアクション
>>続きを読む

フィアー・インク(2016年製作の映画)

1.5

最初の女の子、シュワちゃんのゾンビ映画の子ですね。
それ以降は久々に寝まくった。
主人公やたらとうるさい。

スピード(1994年製作の映画)

5.0

作品は知っていたけど有名すぎるが故に避けていた作品。
年代を感じさせず、ずっとハラハラして観てました。
絶対40キロで走ってるよなと何回か思ってしまったけど内容でカバーしてます。
若きサンドラとキアヌ
>>続きを読む

スリザー(2006年製作の映画)

3.0

金掛けたB級映画。
しかしマイケルルーカーは癖のある役多いなぁ!

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010年製作の映画)

4.0

四年ぶりに鑑賞。
安定のアクション。
しかしちょっと長い。

蝋人形の館(2005年製作の映画)

4.0

王道ホラー。
前半約1時間乗り越えれば面白くなってきます。
蝋人形になった友人助けようと肉も剥がれ落ちて瞬きできない目から大粒の涙が出るシーンはトラウマです。

ビフォア・アイ・フォール(2017年製作の映画)

4.0

ラストが個人的に納得いかなかったな…
ラスト以外は本当に胸が高鳴りました。
毎日大事に生きれば人生変わるんじゃないかって本気で思える映画。
明日から何事も良い方向に考えるようにしたい。

ぼくらと、ぼくらの闇(2017年製作の映画)

4.5

救いようがない映画。
田舎だと限られた人にしか頼れない心細さ。

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.8

思っていた映画と違った。
ミストのようで、ハプニングのようでもあった。

デビルズ・トレイン(2015年製作の映画)

3.0

ジャケット酷すぎる。
話の内容はどちらかというとパニックに陥った人たちの話がメインかな?
怪物はなんか惜しい感じ(笑)

全体的にも惜しい感じ(笑)

リベンジ・マッチ(2013年製作の映画)

4.5

ダンテが所々笑わせてくる。
こういう黒人の友達1人欲しい(笑)
年を取っても輝いた人生を送りたい。

ブリッツ(2011年製作の映画)

3.0

無難な映画。
アクション少なめだけど、戦う無敵のステイサムはやはりカッコいい。

アイ・アム・レジェンド(2007年製作の映画)

5.0

みなさんゾンビと書いてますが、ゾンビのようでゾンビじゃないです。
孤独感、ウィルの独り言などとても現実味がなくて不気味な雰囲気。
このような映画たくさん作ってほしい。


でも動物の生死にかかわる瞬間
>>続きを読む

エンドレス・フィアー(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

まさかのラスト。

なるほどねー…
しかしこれが正規の薬から抜け出すプログラムだとしたらおっちゃんのレディに対する扱い酷いのはどうなのかね???w

サイバー・リベンジャー(2016年製作の映画)

4.0

最初はご飯作りながらの、ながら観でしたが20分過ぎからわかりやすい内容であっという間に終わってしまいました。
ピアースは渋くてそれだけで観る価値あります。

ロサンゼルス女子刑務所(2013年製作の映画)

-

すっごい安いドラマを見ているようだった…見所無しの本格的B級映画

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

3.5

不器用なオッさんが不運にも事件に巻き込まれて奮闘する映画。
無敵のシュワちゃん、人情のスタローンが好きでブルースはそこまで魅力的だと感じていなかったけど、名作だけあって面白かった。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

5.0

純愛。

久しぶりに現実に戻れない映画を観てしまった。

PLANET OF THE APES 猿の惑星(2001年製作の映画)

5.0

低評価なのが悲しい。
観た事ないと思って見たけど、ラストシーンで昔に観た事を思い出した。

名作は必ず記憶のどこかにあるものだ。

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.0

心地よくて寝まくった。
最後だけ見るとほっこりな感じ。

127時間(2010年製作の映画)

4.7

2年ぶりに鑑賞。
一瞬だけの安堵の瞬間につられ、寝落ちしてしもーた。
助かってよかった。

クロエ(2009年製作の映画)

4.0

普段見ないタイプの映画だけど、ジャケットが頭にずっと残ってていざ鑑賞

普通に面白い。

レッド・ドーン(2012年製作の映画)

2.0

端的にまとめると…
主人公の無駄遣い
銃撃や爆破はたくさんあるがイマイチ迫力がない
話がよくわからない
ひねりがない

途中ギブアップ

ミスト(2007年製作の映画)

5.0

約四年ぶりに鑑賞。
所々忘れてはいるがやっぱりラストは…
何もかも悪い方向にしかいかない。
観ていて本当に暗い気持ちになる。

こういう胸糞映画、もっと観たい。

ザ・ゲーム ~赤裸々な宴~(2018年製作の映画)

1.5

よく寝た。
フランス語だと英語と比べると一語一句本当になにを言っているのかわからないので、それが原因か??

ミス・エージェント(2012年製作の映画)

3.0

マイリーサイラス ファンの為の映画。
FBIの人、ジングルオールザウェイでシュワちゃんに胸ぐら掴まれるおもちゃ屋の店員だ!?

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

2.5

挿入歌無しの出演の会話のみで話は進んでいく。
所々クスッと笑えたりできたが、なんというか、中盤から飽きてしまい話にのめり込めなかくなってしまい、後半はついにギブアップしてしまいました。
最後まで観られ
>>続きを読む

>|