gingergingerさんの映画レビュー・感想・評価

gingerginger

gingerginger

映画(831)
ドラマ(386)

チア男子!!(2019年製作の映画)

3.8

王道青春スポーツ?映画。
ひねりはないけど爽やかな感動!男子チア、カッコいい!
横浜流星と中尾暢樹はもちろん、他のキャストもみんな魅力的だった。浅香航大、こういうキャラ上手だなー
映画のストーリー的以
>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.8

予備知識なく観たところ、動物虐待に拒否反応すぎて、本来の良さを楽しめなかった部分はあるものの、過去と現在が交錯して繰り返されるシーンとかレコーダーがうまく使われて、とてもよくできた伏線回収でどんでん返>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

4.6

こんなにいい映画だったとは。
重いテーマだけど、軽快で力強くて、主人公のキャラや話す言葉と、窪塚洋介のオーラの魅力でどのシーンも声も佇まいも全てがカッコよくてびっくり。
ストーリーも他のキャストもみん
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

4.2

映画館で観た!
世紀末のパリのムーランルージュが舞台の悲恋なんだけど、新解釈というか、豪華絢爛で音楽がめちゃくちゃ良かった。
主役の2人がとにかく美しくて、ユアンが歌も踊りもすごくて、惚れ惚れした。
>>続きを読む

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

3.8

過去鑑賞。記録忘れ。
壮大なアフリカの自然の美しさ、殺された妻の信念や夫婦の関係が感動的。レイチェルワイズが素敵だった。でも重いテーマでリアルで辛かった。
また観たい。

シグナル〜月曜日のルカ〜(2012年製作の映画)

2.9

にっしーは若くて好青年。弟も可愛い。ルカの女の子も顔とか表情が可愛い。高良健吾の頭おかしい感じとか上手い。
田舎で夏休みにバイトする古いレトロな映画館に住んでる可愛い映写技師長に暗い過去、とか支配人が
>>続きを読む

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(2007年製作の映画)

3.0

謎の設定でよくわからないし、曲のテイストもバラバラだけど、市原隼人と浅利陽介の当時の高校生の感じとか、水門のある風景とかいいな。喪くしてしまった大切な人を想ったり苦しんだり向き合ったりしていく話なのか>>続きを読む

ガチバン ULTRAMAX(2014年製作の映画)

-

闇金ドッグスの安藤のヤクザ時代が見たくて。下っ端で金髪の安藤、切ない。
このシリーズは初見でよくわからないけど、まだ少女の永野芽郁と若い窪田正孝が主役のちょっぴりラブストーリーバージョンだった。

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.8

高校時代へのノスタルジーと歯痒くて切なくて最後潔くていい話。
ほかの作品とはまた全然違う山田裕貴の役柄が一見普通でものすごく魅力的にみえてくるあたり、さすが。斎藤飛鳥も可愛くて役に合ってた。松本穂香と
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.8

吉岡里帆がめちゃくちゃ能力高くて、高杉宇宙と犯人を突き止めていって、最後まで2人がメインで犯人と戦うストーリーだから仕方ないけど、いくらなんでも警察が一般人に差をつけられすぎ。とは思うものの、グロい描>>続きを読む

クライマーズ・ハイ(2008年製作の映画)

3.7

過去鑑賞。どうしても先に読んだ原作がいいと思ってしまうけど、テーマもキャストもさすが映像ならではのリアルさは圧巻だと思う。

シャレード(1963年製作の映画)

3.8

好きだった!オードリーヘプバーンでおしゃれサスペンス!

闇金ドッグス9(2018年製作の映画)

3.0

シリーズ最後になってるとは残念。
他に比べるとちょっと弱いのと安藤のシーンが少なめなのも残念だけど、ヤクザの世界を教えるシーンとか先輩っぷりがちょいちょいよかった。
山田裕貴のキャラ、ハイローの村山と
>>続きを読む

闇金ドッグス8(2018年製作の映画)

3.0

シリーズ中、最も胸糞で明るさが怖い家族のパターン。怠惰ってほんとに恐ろしい。
派遣会社で働く息子が少し間抜けで可哀想すぎる。目を覚ましたから復讐してほしいな。
安藤と司に癒される以外は気分悪い、、

闇金ドッグス7(2017年製作の映画)

3.2

今回も奨学金のローンに家族の介護が重なって人生が壊れたやるせないパターンに心が重くなるけど、女の子も可愛くて青木玄徳の魅力が満載!ザブングルに毎回逃げられたりするところはほっこり。
クズな青木玄徳の恩
>>続きを読む

闇金ドッグス6(2017年製作の映画)

3.4

すでに山田裕貴の安藤の大ファンなので、いつもと違う元カノを助けに走ったり翻弄される姿は切なくて見どころでもあり、彼女にイラついたり。
前作の衝撃で仕事に支障をきたす司はいいヤツ。
ラストの闇金らしい爽
>>続きを読む

闇金ドッグス5(2016年製作の映画)

3.5

これはシリーズのなかでも最も重くて悲しいテーマ。思わず目を背けたくなるほどの辛くて暗いストーリー。
最後、間に合わないところも辛すぎるがリアル。

闇金ドッグス4(2016年製作の映画)

3.3

すでに山田裕貴と青木玄徳の2人の掛け合いだけで楽しめてしまう、、
4は、加えて升毅の元ヤクザの哀愁と渋さがなかなかいい。山田裕貴が元ヤクザらしい礼儀正しく升毅をたてる姿と、恩人から取り立てしなきゃいけ
>>続きを読む

闇金ドッグス3(2016年製作の映画)

3.5

3は山田裕貴の出番が少なくてちょっと残念だけど、青木玄徳の闇金ぶりもテイスト違うけど魅力たっぷりでストーリーも1番くらいに面白い!
津田寛治のクズっぷりもさすが。悪徳社長がますますひどくなって、1から
>>続きを読む

闇金ドッグス2(2016年製作の映画)

3.2

2は、敵?のスナックママのワルっぷりが軽めだけど、爽快なとこもあって面白かった!
山田裕貴の佇まいがやっぱりカッコいい。
中途半端なイケメン役の青木玄徳もハマり役!

闇金ドッグス(2015年製作の映画)

3.5

なんとなく観たらハマって一気観!
やっぱり山田裕貴は、こういう設定にハマりすぎる!
シリーズ1作目は、山田裕貴の慣れない闇金稼業で苦戦する姿と最後凄みのある哀愁、闇金指南役の高岡蒼佑がすごくいいんだけ
>>続きを読む

月とキャベツ(1996年製作の映画)

3.4

秒速5センチメートルで感動して山崎まさよしも割と好きだったけど初鑑賞。
若き日の山崎まさよしは確かに俳優デビューも納得のかっこよさで、最後の8分のピアノを弾くシーンからは曲の世界観と設定で切なさが溢れ
>>続きを読む

デイ・アフター・トゥモロー(2004年製作の映画)

3.8

デニスクエイドの気象学者のお父さんが凍りつくパニックの世界で知識を駆使して息子と生き延びる的な話だったけど、途中生死を分けるところとか、衝撃的なシーンもあってよく憶えてる。
映画では、生き残った人達に
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.6

コメディだけど人生に大切なことを教えてくれる。日常をちょっと変えてもう少し頑張ってみようと思わせてくれる映画。

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

4.0

イエスタデイ観てもっとビートルズを観たくて観賞!
リリース順に当時の映像もあって曲も短いけど聴けて、本人と関係者、世界中の著名な人たちがコメントしていってわかりやすい。歴史的なシーンの映像もあって、ビ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.5

やっぱり映画館で観るべきだった、、
よく知ってるはずのビートルズの曲が出てくる度に、涙出そうに何故か名曲ぶりが際立って感じられた。そんなに詳しくなくても、ビートルズが存在しない世界、あり得ない!ジャッ
>>続きを読む

パール・ハーバー(2001年製作の映画)

-

公開当時、映画館で観たな、、戦時下の恋愛映画として、アメリカでは未だにこういう形が理想的な感動ストーリーの形なのかも。やっぱりかなりの違和感。
ベン・アフレックはカッコ良かった。

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.5

観たなあ。個人的にクリントイーストウッドのなかでも最高にかっこいい。心揺さぶられる映画。

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

3.2

キャストがすごくよかった!安定の藤原竜也と山田孝之、木村多江も迫力あるし、石原さとみと落合モトキが可愛い。
ホラーとしても悪くないんだと思うけどグロいのが苦手なのでそこらへんは良さがもともとわからず。
>>続きを読む

8月のクリスマス(2005年製作の映画)

3.5

最後まで淡々としてじんわり切なくて哀しい。
割と偉大なミュージシャンなのに優しい普通のおじさんに見えるとこすごいな、、
山崎まさよしを通してみた関めぐみがほんとに眩しく感じられる。お父さんにマニュアル
>>続きを読む

RISE UP ライズアップ(2009年製作の映画)

3.5

林遣都!この頃の少年の面影の儚い感じのビジュアル、特に山下リオが林遣都の顔を手で確認するシーンは美しい!
辛い運命を爽やかに乗り越えていく素敵な話で、石川県の街並みや自然、いろんな空の表情の風景も美し
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

4.0

これも好きだった!
オードリーヘプバーンに憧れて何度も観たなあ。ハンフリーボガードにビリーワイルダー監督。知らなかったけど、ゴールデングローブ賞受賞してるのも納得。
また観たい!

七つの会議(2018年製作の映画)

3.9

見始めてから昔原作読んで好きだったことを思い出した、、
お約束のストーリーの面白さとキャストも濃い!ドラマの半沢直樹とキャストがまるかぶりだけどほんとに豪華でみんな迫力満点。なかでも野村萬斎が凄かった
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.5

冒頭の展開にちょっとびっくり。その後も、いやいや、それはやめたほうが、とか、それはやっちゃダメでしょ、とか、こんなに可愛かったらもっとちゃんと選べるのに、、と口出したくなったけど、どうしようもなく惹か>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

3.8

映画や小説でしか知らないはずの昭和のノスタルジー。なぜか懐かしい気持ちになる。ストーリーは単純なんだけど、電車や街並みやクラブ?とか合唱とか未来が明るかった古き良きの日本の良さや当時の青春をリアルに感>>続きを読む

>|