mahiro:舞尋さんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • mahiro:舞尋さんの鑑賞したドラマ
mahiro:舞尋

mahiro:舞尋

ペンションメッツァ(2021年製作のドラマ)

5.0

途方もない余韻と癒やしと救済。誰も置き去りにしないドラマ。決して大げさではなく自分の人生を救ってくれるセリフがあった。

0

クイーンズ・ギャンビット(2020年製作のドラマ)

3.5

主演のアニャ・テイラー=ジョイはもはやシャマランの『スプリット』の子という枕詞も必要ないくらいの大出世。最終回はベタだけど燃える展開。ベスの師弟愛にももらい泣き。シーズン2も楽しみ。

0

アンという名の少女 シーズン3(2019年製作のドラマ)

5.0

全3シーズンの中で一番泣かされた。このドラマ版のアンはひたすら美しく尊い存在でした。シーズン4が見られないのは残念だけど、この作品に出会えたおかげで楽しく幸せな時間を過ごすことが出来ました。文句なしの>>続きを読む

0

アンという名の少女 シーズン2(2018年製作のドラマ)

5.0

シーズンのほとんどがドラマオリジナルのエピソードで構成されているけれど、赤毛のアンらしさに溢れる美しい物語世界を見事に描けていたと思う。文句なしの星5つ。

0

アンという名の少女 シーズン1(2017年製作のドラマ)

5.0

原作未読。赤毛のアンの知識はミーガン・フォローズの映画版だけという状態で鑑賞。原作をかなり大幅に改変してるので原作ファンの間では賛否両論のようだけど、自分は原作を知らない分、オリジナル要素が心にグサグ>>続きを読む

0

ツイン・ピークス シーズン2(1990年製作のドラマ)

5.0

シーズン2の幕開け第8章の超常展開でツイン・ピークスの世界にどっぷりハマり込むことに。シーズン2には愛、涙、笑いの全てが詰まっています。何気に後半のウィンダム・アール編も大好きです。

0

ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ(2017年製作のドラマ)

5.0

あの衝撃の第29章のその後の物語を見ることが出来ただけで何も思い残すことはありません。

0

ツイン・ピークス シーズン1(1990年製作のドラマ)

5.0

人生で一番ハマった作品と断言出来る。一番好きな"映画"と言えないところがもどかしい。パイロット版(序章)のビデオソフトを購入し、キネマ旬報の付録のガイドブック片手に人物相関図を必死で頭に叩き込んだ思い>>続きを読む

0