馬場ぽぽさんの映画レビュー・感想・評価

馬場ぽぽ

馬場ぽぽ

ある夜、彼女は明け方を想う(2022年製作の映画)

3.5

『明け方の若者たち』のスピンオフ

本編のレビューでもっと彼女の心情を描いて欲しかったと書いたのだけど、スピンオフにより、私のモヤモヤは消えてスッキリした(笑)

より一層、『彼女』の奔放さが見えた。
>>続きを読む

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

3.9

ポスターのおばぁさんなかなか登場しないなと思っていたら変装だったのね!(笑)これはメイクアップ賞獲得したのも納得。しかも、ロビンウィリアムズの男女の切り替わる演技がめちゃめちゃ上手い。

ほぼコメディ
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

2.4

松坂桃李の俳優魂🔞
ほかの俳優さんもだけど、覚悟を持って臨んだんだろうと思うと本当にすごい作品。
『愛の渦』と似てると思ったら同じ監督さんなんですね。

ストーリーはあんまり理解は出来なかったかな。た
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

3.6

『花束みたいな恋をした』が好きな作品だったので、同系統の作品に期待を高めて映画館行ってきた。

大学生から社会人の一般的な恋愛模様の話かと思っていたけど、全然違かった(笑)
いい意味で裏切られて驚いた
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.8

人生は山あり谷あり。
これは意味がないとか、今日はついてない日だとか、みんなより上手くいってないとか、、それは違うよ。全部の出来事には意味があるし、理解できないこともいずれは理解出来る。深い悲しみさえ
>>続きを読む

青葉家のテーブル(2021年製作の映画)

3.5

あなたの将来の夢は何ですか?に対して、立派な夢もなければ、やりたいことも明確じゃないなんて人が大多数。ましてや実現するなんて少数すぎる。だけど、進路を考えないといけない時に急に人生設計し始める焦燥感と>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

家族は愛を集めてできてる。あの時、確かに3人は家族だった。

リンコに芽生える母性のような感情が深くて温かいと思ったのは、リンコの母親が大切に大切にリンコを愛しているからなのかなぁ。リンコを傷付けたら
>>続きを読む

ミラベルと魔法だらけの家(2021年製作の映画)

3.6

歌とダンスに魔法のオンパレード!
色彩感覚を刺激するようなカラフルで綺麗な作品。リメンバーミー系統(?)

個人的には、ストーリーに物足りなさを感じてしまったかな。冒頭はあまり進まなかったのに、後半は
>>続きを読む

魔女見習いをさがして(2020年製作の映画)

3.1

劇場で観に行くか迷った末に行かなかったので、大晦日にEテレで放送されてて嬉しい!やったあ!

私はプリキュア世代なので、ドレミちゃんは一つ上のお姉さん的存在。リアタイでギリギリ観てたかな?くらい。
>>続きを読む

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ(1999年製作の映画)

3.6

海外ティーンの王道ラブコメは初めて観た!!ちょっとアナログで、エモさがある。アップテンポでどんどん進んでいった。下品さ、バカさも含めて青春だ!(^^)

人は見た目じゃないし、噂も自分の目で確かめるこ
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.7

『気ままに』が暮らしの形になる。自分の人生を見つめ直し、ゆっくり進んでゆく。ハプニングさえも良い機会だと捉えられる素敵な作品。美味しいご飯を食べたくなる〜!




皆さまお疲れ様です。
年末の忙しさ
>>続きを読む

34丁目の奇跡(1994年製作の映画)

3.7

クリスマスの雰囲気を味わいたく鑑賞

クリスマスの日に大事件が起こるというわけではなく、サンタを信じることについてがテーマ。疑いばかりでは人生が侘しいものになってしまうよ、と大人へのメッセージが詰まっ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

脳内の意識が強すぎて、現実と妄想がときどき入り乱れる瞬間が特に好き。やっぱり私は孤独だ、、と思い知らされたと本人は感じるだろうけど、透明人間はこの世に存在しない。良香の世界に誰も入れなかっただけ。コメ>>続きを読む

アルベルトの手紙(2021年製作の映画)

3.3

『あの夏のルカ』のその後の短編映画

アルベルトがおじさんの役に立ちたいと奮闘する話。ほっこりできる8分間だった。

高校デビュー(2010年製作の映画)

1.8

全てがギャグすぎて置いてかれる(笑)
さすが福田監督の脚本だ、、(笑)

恋に迷ったら、公園で反復横跳び。
邪念を横へ飛ばすから。

、、笑笑笑!!謎!

ライアー×ライアー(2021年製作の映画)

2.9

今まであったようで、意外とない設定と展開だった(笑) 湊の時と、みなの時で全然態度が違う透が面白い。

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.9

現実と夢を繰り返す波があるけど、それでもロマンチックな作品。そして深い愛に感動。お涙頂戴な雰囲気にならないように、主人公自身が俯瞰して語っていたり、ジョークも散りばめて、少し新鮮。

この2人にとって
>>続きを読む

らせん(1998年製作の映画)

3.0

リング→リング2→リング0を鑑賞したので、リングの続編となる『らせん』を観た。

『リング2』と『らせん』はパラレルワールドのような位置付けらしいのだけど、原作に沿っているのは『らせん』なので一作目と
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

3.0

欲を満たすことは、人を愛することとは違うと思わされた。我にかえって、愛を後付けしてもやっぱり違和感しかない。その時はやはり本能的な自分。恋愛感情は何度も何度も頭と心をぐるぐるしなければ生まれてこないの>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.4

一見意味のないことに意味付けすることで、新たらしいことに気づく。考えるほど難しい作品。

卒論の研究方法がアンケートではなく、ある1人をストーカーすることなのは興味深いと思いつつ、ぶっ飛んでいると思っ
>>続きを読む

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

3.8

ジャングルクルーズで2時間もあるの?って正直思ってたんだけど(失礼すぎ笑)、内容も濃いし迫力あるし面白かった!ただ川をくだるだけじゃなくて、というかそこがメインでは全くないのが個人的には好点。
テンポ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

フランク(叔父)がメアリーを大切に育てていることが、周囲の人には伝わらないもどかしさがあった。子供にとってどんな環境で、誰か育てるのがベストか?、家族の話をいつするべきか?とても難しい選択。フランクの>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.5

冒頭からどういう世界!?と思ったけど、女が多い組織に派閥なんてどこにでもあるよなーうんうん、て共感。OLが喧嘩に明け暮れるなんてシュールだけど(笑)

難しく考えず楽しく観たい人向け!

先輩と彼女(2015年製作の映画)

2.6

先輩ってだけで大人フィルターかかって恋しちゃうのわかるなぁ。志尊君のお顔が整っていて、ついジーッと見てしまった(笑)

想いの矢印がみんな一方通行になってて、これが青春を生み出すのかな。

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.0

ゲームの背景モブキャラに目をつけた設定がそもそも面白い。ド派手なキャラより、地味だけど中身が魅力的なガイの方がポテンシャル高くて笑った!ストーリーの終わり方も好きだし、観たらハッピーになれる感じがまた>>続きを読む

アルマゲドン(1998年製作の映画)

3.6

これ、、名作なの??名シーンがあるとか主題歌が良いとか、そういう意味????

設定が甘すぎて所々突っ込みたくなった。
自分のハードルが高すぎたのかもしれないけど、自分が産まれる前の作品だし技術的に難
>>続きを読む

ブルー・アンブレラ(2013年製作の映画)

3.6

物の感情が想像以上に豊か。
傘を助けようとしてくれる所が温かい。

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

2.9

昔『cube2』だけ観たことがあり、大体のストーリーや仕組みは理解した上で日本リメイク版を鑑賞した私のネタバレなしレビューです↓(あくまで個人的な感想)👍🏻

☑︎キャストに違和感
「謎の立方体の部屋
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.1

自分の心のままに進んでいく強さと、誰に対しても素直な所があるモアナがとても好きになった。おばあちゃんとの温かい関係も良いな〜!

終盤は、誰も悪くなかったんだ、、なんて優しい世界なんだと思い泣きそうだ
>>続きを読む

誕生日シンドローム(2021年製作の映画)

3.5

大人ってなに?

法的に成人となると自分の未熟な部分や失敗が急に恥ずかしくて惨めに感じる時がある。子供の頃に大人はすごいんだと思っていたけど、実際はまだまだ未熟な部分なんて山のようにある。上手くやって
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.0

『オリエント急行殺人事件』的な古典サスペンスの雰囲気もありつつ、後半の怒涛の伏線回収が二転三転もするから振り回されて面白かった!!フランス映画は退屈なイメージだけどこれは良かった!

新しい靴を買わなくちゃ(2012年製作の映画)

3.3

パリの街並みと人々の生活感が感じられる。その中で出会いと別れがあって、長い人生からしたらたったの数日だけれど一生忘れない出来事になるのが素敵。

早く旅したい〜!!

覚悟はいいかそこの女子。(2018年製作の映画)

2.3

かっこいいだけじゃダメなんだって気付いてから、不器用だけど一途に想いをぶつける所は良かった。

所々、無理矢理な展開が面白すぎて笑いました笑笑

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.7

マシュマロボディーとココアみたいな温かさがあるベイマックスに癒される。

意外と話にも抑揚があって、面白かったと思う!!チームの仲間も皆んな良いキャラしてて良かった。

EXIT(2019年製作の映画)

3.5

テロで撒かれた有毒ガスからひたすら逃げる。

そこまでパニックでもないし、人間の汚さが出るわけでもないから悲惨な話ではない。スリルも多少はあるけど、、なんとなく物足りなさがある。

>|