Keikoさんの映画レビュー・感想・評価

Keiko

Keiko

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.6

キャストが豪華すぎる!!
主人公4人はもちろん、レッド・フー、50セントも 笑笑!!!

おじいちゃんたちの友情も、妻たちへの愛もとってもよかった!

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

久しぶりに映画館で映画をみた!

子役がとにかくかっっっっっわいい
天才なのに猫のフレッドを大切にしてたり子供らしくはしゃいだり健気なところもあって、途中から叔父目線になってる自分がいた。
祖母の思い
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.7

長い。笑笑
けど演出効果がすごいし、
人々の感情を細かく描いているところは
さすがドラン監督だなと思った。
女性になりたいと言っても愛しつづけたフレッドの愛はすごく深いし、愛してるってすべてを受け入れ
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

ストーリー、音楽、登場人物すべてよかった!
とくにサウンドトラックはアダムが出ているだけあって全て素敵な音楽でした。
キーナ・ナイトレイが美声でボーイッシュな見た目と可愛い声のギャップがすごくいい。
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.4

かなり好き
ニコラの人たらしぶりがすごくて可愛いったらない

神様の思し召し(2015年製作の映画)

2.7

イタリア映画ってこんなかんじなんだー
エンディングが謎だった
全体的にブラックで、医者と宗教家っていう正反対のキャラクターを構想したのは面白いとおもった

百円の恋(2014年製作の映画)

2.5

安藤サクラがどんどん変わっていく様子がすごい。
自堕落な生活で目的もなくどうしようもなく行きていた一子が、惚れた男にだけ見せる表情だったりボクシングに励む姿がどれも生々しく描かれてる。
全体的に人間く
>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.8

主人公2人がピュアでキュートで切なくて、、病気よりもティーンエイジャーとして生きる様子に焦点が当てられてとてもよかった。
終始美しい映像と主題歌がハリウッドらしく、でも新しさもありよかった

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.1

さまざまな困難が重なっている
いじめ、薬物中毒の母親、そしてきっと報われないであろう恋、、
終わり方がよかった。
ただストーリーの豊かさにはかけていて何か物足りなさを感じてしまった作品でした。
期待よ
>>続きを読む

ラテン・ジゴロになる方法(2017年製作の映画)

4.2

主人公が憎めないキャラで最高に面白い
家族愛もあってよかった
Hugoかわいい〜

エブリシング(2017年製作の映画)

4.0

主人公がすごく綺麗、表情もすてき
シーンすべてが綺麗でロマンティック、挿入歌のセンスもいい
ストーリーも、ただのティーンエージャー恋愛ものでなく母親の愛ゆえの過ちと娘の許しもテーマになっていてとてもよ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.8

マイベスト映画10には入るほど好き。
1960年代、白人男性ばかりのNASAで重要なブレインとして活躍する黒人女性3人の強く美しくユーモラスな姿が清々しい!

映画全体がリスペクトに溢れていて、
>>続きを読む