rtさんの映画レビュー・感想・評価

rt

rt

2017年劇場鑑賞で心に残った映画10選
・ナイスガイズ!
・愚行録
・モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由
・スウィート17モンスター
・帝一の國
・ありがとう、トニ・エルドマン
・トリガール!
・IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
・女神の見えざる手
・スイス・アーミー・マン

映画(646)
ドラマ(0)

アイ・アム・タレント(2016年製作の映画)

3.0

設備の整ったところでなく街中での滑りが評価が高いってのはおもしろい。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

沼津いいとこだなー!最後は『サンキューです』って言い換えて欲しかったな。以前、吃音の人は上手く言い換えれると心でガッツポーズするってラジオ聞いたような聞いてないかも(笑)

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こんな撃ち合い殺し合いに発展するのはやり過ぎ感はあるけども、お得意のこの “緊迫感” 。最高っした!

君が君で君だ(2018年製作の映画)

4.0

今年一番笑えて、切ない映画(笑)。日本映画のネクストステージ!いや、日本人のネクストステージ。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.0

こんだけ長くて結局対して何もやってねーんだけど(笑)。やろうとする事すら現代人にとってはハードル高いからこそのこの映画の参上!ギロチン魂バンザイ!

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

全編がラストの電車の世界のテイストならもっと楽しめた。

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(1991年製作の映画)

3.0

ラストのクウラの回想とかピッコロさんの扱いとか主題歌までもがトビッキリ!

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(1993年製作の映画)

2.0

クリリンの(というか田中真弓)の『翼をください』のカラオケシーンが1番激烈だった!

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーが酷すぎるし、アクションも見慣れた感じで相変わらず都合よく出てくる正義恐竜にうんざり。アクションなら海の恐竜主役でバチガチやって欲しかった。メガロドンが早く観たいー!

ローサは密告された(2016年製作の映画)

4.0

親のために奔走する子供達がこんなことは日常茶飯事と言わんばかりに淡々と行動してるように見えるのが凄くリアルに感じた。フィリピンの80%の貧困層のあり得なくはない現実なんだろう。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.0

もう全然ダメ!どうしてもあの美女があんなに積極的なのかが理解できない。

そして父になる(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

大好きな映画『SHAME』と同じGlenn Gouldの曲が印象的だった。"当たり前の結末" までの過程、を経てのまさに『そして父になる』。

>|