Sayakaさんの映画レビュー・感想・評価

Sayaka

Sayaka

基本邦画しか観ません。

映画(95)
ドラマ(0)

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.0

えっ?!ってなってから長いなぁーって思ってたらもう一回えっ?が来た。

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.0

子供の頃見てすごく印象に残ってたので見ましたが子供の心を忘れてしまったのか眠くて仕方がなかった。
初代越えって難しいですね。

アクアマン(2018年製作の映画)

3.0

どうしてもそんなことあるかぁーって思ってしまう。

雪の華(2018年製作の映画)

3.5

何回も可愛いと声に出して言った中条あやめ。

可愛すぎる。

話の展開としては絶対に最後ハッピーにならないやんって思ったけど面白かった。

可愛い面白い。

なめてました。

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.0

なんとも穏やかな話だった。
久しぶりに見た。

子供は素直で直球だ。

受け止めきれない時はメンタルやられる。

来る(2018年製作の映画)

3.5

ホラーは好きじゃないので悩んでたけど「面白いので見てください」のフレーズにやられて手に取りました。

面白かった。

笑ってしまうシーンもあり〼

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

5.0

最高っ!!

映像も内容も最高だ!!

ボスに対する愛が藤原竜也そのものとリンクしてて涙止まらない。

蜷川実花さん最高。

蜷川幸雄さんええ娘もったなぁー。

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

4.0

GReeeeNは代表曲しか知らないけど名前の由来とかわかって勉強になった。

兄の心境とか辛いところあったけどめちゃいい話。

いつでも母は笑っとかなあかんなって思えました。

ホットロード(2014年製作の映画)

3.5

泣けた。
何度も読んだ漫画だったのに色々忘れてた場面が多い。

春山は5メートル空を飛んだ。

忘れられないフレーズ

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

5.0

メチャクチャ面白かった。
後半はアクションが凄くて見入ってしまいました。

岡田准一ヤバイ!!
肉体美!

柳楽君がまたまた好きです。

泣くな赤鬼(2019年製作の映画)

4.0

あの時こうなってたらとか考えたらきりが無いけど先生運とかあると思うなぁ。
厳しい先生ってわかりにくいっ!!

みんなから見て贔屓されてると思っても本人は辛かったり。
褒めて伸びる子もおるよなぁー。とか
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.0

面白かったけど最後にすべてわかるんだろうと見続けて最終何もわからなかった。

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

3.5

可哀想すぎる。
なぜ生まれたのか。
ほんまにそう思う。

サクらんぼの恋(2018年製作の映画)

4.5

真面目で優しくて親切で人の気持ちわかって。

でもやり過ぎて嫌がられたりオタクがすごかったり人間は無い物ねだりで理想のタイプは優しくて真面目な人って言うのに、実際はモテない。

45歳独身童貞。
アイ
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.0

前に見たけどまたじっくり見てしまった。
はじめに見たときのほうが衝撃的で2回目見なくてよかったな。

ギャングース(2018年製作の映画)

3.0

あの子は誰かの子供だったのか。

結局はわからない。

なんせどんな生い立ちでもどんな環境で育っても友達の偉大さ。

いい悪いより友達は笑いあえるほうがいい。

つむぐもの(2016年製作の映画)

3.0

人に頼りたくないけど頼らざるおえなくなった時
自分のプライドとか現実とか受け止める覚悟とか。

これからそうなっていく未来を叩きつけられた。

介護のしんどさ。
綺麗事ではない。

頑固な親父は口に出
>>続きを読む

聖☆おにいさん(2018年製作の映画)

4.0

とてもシュールな笑い。

のんびりしたかとおもったら「ハハっ」って声出る笑いあり。

ちょいちょい出てくる山田孝之もいい。

佐藤二朗ほんまツボります。

きらきら眼鏡(2018年製作の映画)

3.0

キラキラ眼鏡をかけて世界を見る。
たまにはいいけど毎日だと潰れそうになる。

大切な人が居なくなる喪失感はずっと続く。
どれだけの時間が解決するのか。
解決できないのか。

内容は重かったけど演技は爽
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.5

日日是好日!!樹木希林さんの声がいい。

作法を学ぶ事
頭で考えず手が覚える感覚

「なぜやるの?」
「なぜ?なぜってやるのよ」

「意味なんかわからなくていいからとにかくそうするの」

終始ホッコリ
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.0

気持ちはわかる。
脳死判定の難しさ。

「いってきます」
「おかえり」
が当たり前じゃないって怖い。

預かった祖母の苦しみ。

ちゃんとさよなら出来ないとずっと吹っ切れないものだ。

もしそうなった
>>続きを読む

西北西(2015年製作の映画)

3.0

気持ち悪いとかそうゆう偏見は全くないけど恋愛感情を自分にもたれたら。
と思うと考えるかなって思ったけど。

ここも男女間と同じでいいんだなって1人で納得したり。

やはり喧嘩したら男が圧倒的に強いよね
>>続きを読む

BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-(2019年製作の映画)

2.0

これはもうどうしたらいいかわからない。

有名な子達なのかさえわからない。

世界に入れなかった。

カランコエの花(2016年製作の映画)

4.0

短いのに凝縮された内容だった。

大人になった今はLGBTを理解できるが学生時代だったらどうだっただろうか。
素直に受け入れる事が出来なかったような気がする。

エンディングが最高だった。

先生の伝
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

4.0

前半はこっちが退屈じゃって言いたくなるやつかと思ったけどだんだんハマる。

のっけかれ自分の車じゃないのに「狭くてゴメン」って言えるアイアンハートは理解できないが若者の行動や言動が懐かしかった。

>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.5

身体中の毛とゆう毛を剃った。

衝撃的だった。

鬱は周りより自分が辛い。


姉の存在に安心とイラつきを感じた。

菅田将暉の冷たい目にゾクっとしたり。

かなり重いテーマ

なにもかも壊してしまい
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.5

三人って恋愛関係なかったらとてもいい。
遊びも会話も三人は好きだ。

恋愛感情入ると三人はキツイ。

誰かのものにならない関係が楽でいい。

single mom 優しい家族。 a sweet family(2018年製作の映画)

3.6

大人は身勝手で子供を愛したり傷つけたりするのに子供はどんな時も親を愛する。

子供の為にと頑張りすぎるとじぶんが崩壊する。



シングルで育った私も父の思い出は少ないが母への想いは強い。
崩壊してる
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

5.0

これはよかった。
実写版でこの出来はすごい。

山神ヤバイ

続編あるだろうなぁ。

教誨師(2018年製作の映画)

4.0

大杉漣さんがこの世にいないとゆう事が1番辛い。死刑囚と心寄り添う教誨師。

精神が崩壊してしまいそうな仕事だ。

人の命を取ったものの命はどう罰するべきなのか。
わからなくなる。

命を頂くのはどうな
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

4.8

母が与えた傷は一生消えないけど
許す事は出来ないけど

子供って結局は好きなんだな。

泣いて泣いて涙腺崩壊の話

私は許せないけど許せるほうが幸せ

友達とか心開かせてくれる存在とか人はやはり一人で
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

4.5

なんせ小泉今日子がかっこいいわ!!
まんじゅうと酒
布団叩きの実用性
ビーツのピクルス
調理法説明SEX
壇蜜の声が機械的

女はいつまでも女であり事に手を抜いたらダメやな。
美味しいご飯と愛しいSE
>>続きを読む

神様はバリにいる(2014年製作の映画)

3.5

人を豊かにする。
すごく前向きの話。
清々しく見続ける。

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.5

集団ストーカー。

映画なので笑えたり切なかったりするけどこれほんまやったらメチャクチャ怖い。

姫を守る兵士が3人。

僕が僕であるために

>|