otakuさんの映画レビュー・感想・評価

otaku

otaku

イギリス愛好家

映画(125)
ドラマ(55)
  • List view
  • Grid view

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

かわいい。癒される。人間と同じ言葉を話すかわいいクマさんがロンドンの街で当たり前のように人と生活してる。一見変だけど、そこがいい。丁寧で紳士的なパディントンが囚人をも変えてしまうところが素敵だと思った>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

-

キャロル。品がない部分が1つもない。知性があり、一つ一つが美しく、かっこいい。憧れる。もう一回観たい。
自分の言いたいことを言って、やりたいようにやる、人を振り回す(?)女性が強い女性なのかと思ってい
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

-

一昔前までは女性はどんな男性と結婚するかで自分の一生が決まるようなもの。恋愛よりもお金持ちの男性と結婚することを選ぶ状況になることも理解できる。今は色んな場所で女性の地位向上やフェミニズム、LGBTな>>続きを読む

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

-

結局は、主人公の女性に彼女と出会う男性みんなが振り回されて(?)結局は彼女も恋愛を選んでハッピーエンド???? そんな女性がバリで出会ったブラジル人の男性ともその後長続きするのかな、、なーんて考えたり>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

-

んーー、フランス語勉強したい。

“恋で死ぬのは映画の中だけよ”
“彼がいなければ生きていけない。”
“別れは残酷なものよ。でもいずれ時が解決してくれるわ。”
“愛してるというけど本当に愛がわかるの?
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

-

とても美しい映画だと思った。
音、映像、人物像、どれをとっても、とても繊細。特に、風や葉の擦れる音、食べる音など、音がとてもリアルで美しいと思った。それは、徳江さんが感じている世界をそのまま表現したよ
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

50代シングルマザーを貫いたドロシー。
15歳思春期のジェイミー。
分かりにくい部分が多いように感じたというか、分かりにくかった気がする。女性は母親になろうが年をとろうが、1人の女性であることに変わり
>>続きを読む

Then Came You(原題)(2018年製作の映画)

-

いい。重いテーマが背景にあるにもかかわらず、ドラマチックにしすぎたり、おこがましく?表現しないところが良い、好き。淡々としすぎてはいないけれど、流れがスムーズで見やすい。Skyeのキャラクターが良いの>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

-

ちょっと退屈した。英語のセリフなんだけど、たまにフランス語のフレーズ使ってて、ちょっと違和感を感じた。フランスが舞台なの知らなかったけど、エマワトソンがイギリス人のイメージが強くて、フランスの世界観(>>続きを読む

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

-

やっぱり私もこういうラブコメにきゅんきゅんしていたいものなのね〜って。これ観て私も、ものすごく恋がしたくなったもの!! 結局ジョシュとくっつくんでしょ〜〜って思いながら観てたから、ピーターとの展開にき>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

-

全身、体の内側から心臓まで、震えた。それはjazzそのもので、それをニーマン、フレッチャーという2人の登場人物から描いたのではないか。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

-

キャストだけで画面がゴージャス。テンポも良く、おもしろい。強い女性。かっこよい。リアーナが好きすぎて釘付け。

レオン 完全版(1994年製作の映画)

-

深い優しさ愛情深いレオンの人間性。愛。
これらのテーマが“殺し屋”という舞台でマチルダという少女と絶妙にあいまって描かれている。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

とても温かい作品。
おばあちゃんがヴィアに対してビーチで、オギーはみんなに見守られて生きていく運命だけど、私はあなたが1番大好きよ。っていう風な言葉がとても心に残っている。(ヴィアちゃんがとても好きな
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

-

ディズニープリンセスの中で冒険に出てここまで逞しく戦ったお姫様はモアナちゃんだけではないかな。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

-

なぜかふとした時にこの映画を思い出す。
ふとした時にまた観たくなる映画。

>|