Rinさんの映画レビュー・感想・評価

Rin

Rin

「映画はごまんとあるのに一生に観られる映画は限られてるから大事に選び、味わい深く観る」。映画選びの基準はない。直感。その時の精神状態やアンテナで映画との出会い方は変わるから!役に化ける役者は大好き。イケメン美女は尚可◎
【評価基準メモ】
5:生涯にわたる名作
4:感動、興奮、心に刺さる。
3:可もなく不可もなく
2:イマイチ
1:見て損
-:未評価
起承転結を思い出せるもののみ記録

映画(401)
ドラマ(13)

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

憎めない系エイリアンとの友情ストーリーだね。怖いかと思ったけど怖くないです。
シンビオート同士のバトルの時は、暗いし黒いしどっちがどっちでなにが何だか。笑
ミシェルウィリアムズは今年よく出てますねー。
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

3.0

戦闘シーンは立体感あって迫力があってよかったのに最後がイマイチな終わり方だったので残念。復讐と言いつつトランクスは出ないし親のベジータも活躍しないし…
悟空が強すぎるから、短時間バトルでは昔ほどハラハ
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

ぜんぜん甘くない。タイトルにだまされた、いい意味で。


時代設定は少しだけ昔なのかな。LGBTとか親子のあり方については、今だから響く内容だなと感じた。

何者(2016年製作の映画)

3.0

佐藤健と山田孝之がちょっと学生には見えないけどその他キャスティングはエキストラも含め良かったです。
意識高い系と闇深い学生の集まり。
就活ってこんなにエグいんだったっけ…

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

深みが一度ではわからない。真実が明らかになりきらなくて察してゆく感じだけど、それも一度では難しい。またもう一度見るしか無くなる。しかし役所広司の演技力が圧倒的すぎてなんかもう怖い。

カンフー・パンダ2(2011年製作の映画)

3.0

声優陣がまた今回も豪華すぎる。こんどはさらにゲイリーオールドマン、ミシェールヨー、ジャンクロードバンダムなどが追加。なんなの?神なの?
アニメーションは確かにすごいしハリウッド超大作級キャスティングな
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

コメディだけど映し方によってはホラーにもなりえる設定。ジムキャリーは存在しているだけでもうその空間がギャグになるからすごい。

スノーマン(1982年製作の映画)

3.0

昔絵本で読んだなー
最後は切ない終わり方
真冬の雪の中にセーター一枚で飛び込む少年が強すぎる

羅生門(1950年製作の映画)

4.0

光と影の使い方、カメラワークが素晴らしかった。誰もが持ってる人間の醜さ、エゴもよく出てた、最後の赤子の行く末は見る人の想像にお任せって感じ?見せ方うますぎか。さすがですなー
な、70年も前の映画なのか
>>続きを読む

フリーダ(2002年製作の映画)

4.5

うーん、なんて魅力的な人生なんだ…!こんなにドラマチックで自由で情熱的な生涯のひとがいるなんて。
人の人生映画化しました系って途中萎えることがあるけどこれはリアルが魅力的すぎるので最後まであっという間
>>続きを読む

イヴ・サンローラン(2014年製作の映画)

3.0

ディオールに見出され、紆余曲折経て華やかなものを生み出し続けた裏側では、むき出しの欲望が溢れ出ていて、それを生涯支え続けたピエールの愛とのぶつかり合い。オシャレ、ドロドロ、というおフランス映画の良さが>>続きを読む

ハンコック(2008年製作の映画)

3.0

驚きの展開にしないほうがよかったやつだな…
シャーリーズセロンはとても美人だけどなかなかイケてる作品に出てないから謎

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

4.0

お盆期間ということで死者もの。ティムバートンのアニメーションていえばこれでしょ!って感じ満載。ストーリーもいいオチつきました、音楽も良かったし、洋画は役者の声優スキルが高い。

美少女戦士セーラームーンS かぐや姫の恋人(1994年製作の映画)

4.0

やっぱ大好き、セーラームーンどハマり育ち世代。同世代女子は全員憧れたはず。服や技がダサかろうがいいのです。レイちゃんか美奈子ちゃんになりたかった。このストーリーは特に好きで何度も読みました。この歳にな>>続きを読む

カンフー・パンダ(2007年製作の映画)

3.0

絵の感じが好きだが主人公のキャラクター性にあまり魅力を感じず…と思ってたけど、
エンドロールで一変。声優がゴージャスすぎる。ダスティンホフマンにアンジェリーナジョリー、ルーシーリューにジャッキーチェン
>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

5.0

セリフは一切ない。でもたった12分のなかにおじいさんの人生と愛がぜーんぶ詰まっているノスタルジックな映画。外国のおしゃれな絵本のようなタッチも素敵。

悪の教典(2012年製作の映画)

3.5

伊藤英明のさわやかな肉体美と、きたないサイコキラーのギャップがすごい。殺人ショー始まってからはもうあっという間に時間が過ぎた。
主題歌にEXILE使ったのがげんなり。
最後もメッキーメッサーが良かった
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁(2010年製作の映画)

4.5

クレしんシリーズではなかなか上位に来る良作でした!オトナのしんちゃんがもう少し見たかった。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦(2011年製作の映画)

3.5

話が唐突な割に長かったけど、とにかく終始おならにこだわりまくった設定がやりきっててすごい…!

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者(2008年製作の映画)

3.0

作るスタッフさんによってこうも描かれ方が違うのかー。今どきアニメ技術をとりいれてみました!感があるけどクレしんにはちょっと違和感。敵さんチームの声が良かった

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ ブリブリ 3分ポッキリ大進撃(2005年製作の映画)

3.0

日常と、非日常のコントラスト
でもだんだん非日常に溺れていく大人と、とことんヒーローを追いかける純粋な少年。それを見て正義の心を取り戻す大人

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004年製作の映画)

4.0

おもしろい!春日部防衛隊大活躍
敵?の最後が気になったけど、映画が終わったからそれでいいのかな

クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦(1999年製作の映画)

4.0

丹波さん!!!懐かしいのと声の存在感と威厳と、なんかとにかく昔の名優の偉大さを感じた。

クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦(1998年製作の映画)

3.6

ぶりぶりざえもんが最後すごいかっこよかったぞ…!あとIZAMがいろんな意味で強烈だった。あの人はいま。

クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望(1995年製作の映画)

3.0

たすけてケスタってこの映画だったのかー!最後20分の世界観の急な転換とか、よくわからんところがたくさんあったけどおもしろかった。

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王(1993年製作の映画)

3.0

一作目、アニメの延長という感じ。しんゃんて永遠に5歳だけど、やはりこの25年で成長してんだなーと思いました

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003年製作の映画)

3.0

結局なんなのかよくわからないけど、焼肉食べたい。春日部から熱海までよくもまあ飲まず食わずで歩いたね…
野原一家の身体能力と戦闘力の高さがハンパない。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

本家のこちらもやっぱり素敵なラブコメ。こちらは獣医師さんということで海の動物たちがファニーで可愛らしい!ドリューがキュートで可愛らしい!全部可愛らしい!改めて日本版のリメイクの完成度も感じ、それもすご>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

仮想世界の美しすぎるCG。自分もVRつけてる感覚。3Dか4DXで観たかった。厨二病感満載な2時間。世界中の男の子が好きな世界これです!っていう詰め込み。とにかく金かけてる感あるよねー
バーチャル化の進
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

5.0

恋したい、ハワイ行きたい、山田孝之と付き合いたい。
キャスティング最高。この映画はベタベタ感ありそうだからどうかと思ってたけどこれはスーパー良作!切なくてあったかい。泣けるやつ。スクリーンで観るハワイ
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年製作の映画)

4.0

みさえが大活躍!全然安心できない安村、サキの両親の声はヤスケンと吉瀬美智子という色気コンビの声でした

ミニオンズ(2015年製作の映画)

5.0

ミニオンズ!かわいいしCGきれい。とにかく愛おしくてたまらない…!

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

4.0

ハリポタ最後。
長いシリーズ物で、後半になるにつれ面白くなってく映画って珍しい。アクションシーンは迫力がありみんなの成長は感動する。10年近くの長きにわたり、死によって離脱したほかはほとんど同じキャス
>>続きを読む

>|