もさんの映画レビュー・感想・評価

も

映画(60)
ドラマ(5)
アニメ(0)

カモン カモン(2021年製作の映画)

4.8

念願、閉館前のギンレイホールに駆け込んでやっと見れた!!
どんな感情で泣いてるのか自分でも分からず鼻水だーだーだった、感想に起こすのすごくむずい

たぶん子供のピュアさが痛烈に刺さったのと、大人ってほ
>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

-

ひかるパイセンの好きな映画といつかのインスタライブで言っていた

わたしはエヴァタイプだろうな…
なんか最後の車降りるところと、先陣切って旦那があるいてるところはなんかよく咀嚼できんかった…

でもす
>>続きを読む

不気味なものの肌に触れる(2013年製作の映画)

-

染谷くん

もう作品の考察については翻弄されすぎて混乱しすぎてなにも言いたくない、てか本当何もいえん
自分の解釈でいろいろ解読すんの大好きだけどもう普通に能力オーバー、混乱混乱翻弄

でも解釈しきって
>>続きを読む

永遠に君を愛す(2009年製作の映画)

-

この半日で完全に青葉さんのファンになった
偶然と想像の青葉さんが一番綺麗でだいすきだし
濱口さんが愛してることがよくわかった笑

これは一人でみるもんじゃない
あぁだこうだえそうじゃないの と人と言い
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.4

これもずっと見たかったやつ!
まずはジュードロウがイケメンすぎて無理だった汗

不可能ってないぞってメッセージと共に、自分の夢のためにあそこまで死ぬほど努力できることってそれも一つの才能だよねぇって自
>>続きを読む

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

3.3

見たかったやつ!見れたーー
ロビンウィリアムズが若いーーー涙

家族の、というか父子愛のすばらしい内容だったんだけど、なんてこたぁない夫婦の口喧嘩シーンがなんか印象に残ってしまった笑

会社勤めなんか
>>続きを読む

太陽 -TAIYO-(2022年製作の映画)

3.1

ヒミとモトちゃん!
時間に追われるという内容と、24時間以内に視聴しないといけないこっちの迫られる感じもリンクして、おもしろい試みだなぁとおもいました

ふたりかわいかったーーーー

余命10年(2022年製作の映画)

3.6

なんか良かったのにいろいろ合間って謎な思い出になった…⤵︎
やっぱ見たい映画はノリで見るもんじゃ無いし、いいから携帯はよしまえこら?

改めてだけど小松菜奈演技すごいしナチュラルすぎて演技してる感なか
>>続きを読む

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

3.9

いやよかった、これを語るにはこれまた今私の恋愛脳が足りていないのはまじで残念だけど、、

途中時系列ん?となりすぎて、これももっかいみたいなぁ

沙莉ちゃんがまじでかわいー
あと途中の成田凌もめちゃめ
>>続きを読む

偶然と想像(2021年製作の映画)

4.7

かなり好き
人間の人間味、いやぁなとこもせつないとこもこわいけどあるよなこういうことも、とか全部人間すぎてかなり好きだった
3つ目が特にすきだったなーーーーー

機会あればもっかいじっくり見たい
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

3.5

あまりの高評価にみた!ふつうによい
普通にという割に鼻水だーだーだったけどふつうによかった

もっと主人公ルビーの歌ってるシーンあってもよかったな、声ほんとに素敵だったからもう少し味わいたい感じある
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

-

フランス語苦手っと思いがちの人間からしたら、ふつうに気になって最後まで見れたのでかなり面白かったのだとおもう
頭いいってかっけぇー
ああいうとき死なないように語学やっとこって思う

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.5

けっこー気に入ってる原作が映画になるって体験をはじめてしたから、元々ハードルは上がってたんだけど、まあ2時間に収めるとこうなるよな、 と大人な気持ちになった

そもそもこんな元気でにっこにこなめいちゃ
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

-

えっと原題How to be singleなの知らず能天気そうでみてしまった笑うw
思ったことは、20代後半になったら、話せる話題とそれを話せる相手を特に注意して選ぶようになったな…という気づき
それ
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.5

ずっと気になってたやつ
くだらなくて楽しかった!

社用携帯無くした状態でも博多のよしもと漫才劇場でお笑い見て心から笑えたのと同様の作用、フジロックブルー≒コロナ鬱の状態でもこちらの作品で小笑い×数回
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.2

もうーほんとうに良かった
なんか熱狂と音楽の尊さを絵にした、みたいな映画じゃない????💦

人が声あげて何か称賛して、音楽感じたままにフォーーーーって言えることってほんとに尊いのです、という気持ちに
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.4

何度だって見たいすばらしき世界を目当てに早稲田松竹駆け込んだのだけど、普通によかった◎

にのロン毛似合わんすぎたがめちゃめちゃ美味そうにタバコ吸うから吸いたくなったやめてーあと黒木華ちゃんかわいくて
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.8

いやあこれは中村佳穂の凄さに尽きる!
ガガのSTAR is Bornを見たときと同じ感覚だった、どのシーンとかどのセリフとかじゃなくて歌声聞くだけでとにかく泣いちゃうみたいな

安い表現ですが歌から伝
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

こないだ友の家で鑑賞
ちょっとアベンジャーズみあって馬鹿にしてたけど全然おもしろかった

もっとアニメとか詳しけりゃもっと楽しいだろうなーーAKIRAのバイクとちっちゃいキティちゃんだけわかってそれは
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.1

まあふつうにおもしろかったかな
成田凌のキモキモな笑い方かわいかった、さすがの演技
清原さんの演技もすばらしい

まあでも内容もうちょっと濃くてもよいよな

たぶんいっこいっこのセリフ実は噛み砕いたら
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.8

泣きたいのに笑っちゃうし
笑いたいのに泣けるって感想に惹かれて見てみた

その通りだったし、
なんかともだちのこと思いだして泣けたな
実感してない もそうだけどやっぱ辛いこと信じないように脳みそできて
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.9

いろんな苦しさがわかるから、どの誰に感情移入してとかではなくみんなの苦しさが伝わって部分部分で辛い気持ちになった

最近朝井リョウ「正欲」読んだばかりで、そこで寺井啓喜のいう一旦ルートから外れたらどん
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

3.9

松田龍平が片手に猫、もう片手に毛布かかえて出てくるシーン最高の画すぎて良すぎた、しあわせな画

最近の荒んだ心にたいへん沁みたし、穏やかだけどアツイみたいな生き方私もしてぇです
ググってばっかで辞書開
>>続きを読む

ゾッキ(2021年製作の映画)

-

むずっ、とかっこよすぎてひれ伏すという状態は隣り合わせなんだなぁという感想

常田的にいうとわたしへはもうちょっと言語合わせてもらう必要あったけど、音楽部隊みてもまじおもた、ギリッギリ届きそうで届かな
>>続きを読む

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

3.0

ここ10年ですっかり変わちゃって、
家賃大高騰してるらしいサンフランシスコの話

状況把握するのに時間要して眠くなったけど、まあさすがA24なので画がきれいで色味かわいかった

二本立てでみたので問題
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.9

ずっと見たかったやつ!

自分のおばあちゃんを重ねざるを得ず、とくにピークではなさそうなシーンとかで泣きがMaxになったりした

どういう終わり方がいいかって人によっても文化によってもちがうって話の観
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.0

まず期待値上げすぎたというのと、自分が恋愛脳薄くなってる、というのもあるってのを前提に、
これがヤクザと家族より俄然大っきいスクリーンで5週連続1位かぁ という感想。

坂元裕二脚本が好きで、まだまだ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

完全にペリメト界隈クリエイターたちの参考文献として鑑賞。

大東京万博はもちろん正にな作品だけど、IMAXと同じようなタイミングにでたFly with meやlost and foundの世界観もすん
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.6

普通に暮らすって、人として正しいみたいなフリしてそれを疑う機会もないみたいなことだなっておもった

なんとなくニコニコしながら社会でそれとなく世渡りできてる自分みたいな人間は、三上さんみたいな人からし
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.5

うまく言葉に出来ないすぎるなぁボキャブラリーがなさすぎてちょっとこの映画語れないよ、という自分の落ち度😞

最後Familiaが流れて、救われる感じっていうのが正しいかわからないけど、見ててずっと苦し
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.1

離婚調停するって当事者にしかわからないことを代理人立てて触れられたくないところほじくりあう、みたいな
一度は結婚きめるぐらい大事に思えたひとだからいいとこも知っててしかもこの映画の場合、DVとか浮気癖
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.7

臼田あさみと太賀、しぬほど画が良すぎた
クズくても好きな気持ちわかる
でもどこまでも尽くすことがその人の為じゃなさすぎることもよくわかる
オダギリジョー的なひとオダギリジョー顔が良すぎるから全然いいて
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.5

芦田愛菜をまなと呼ぶやつおるかよなんだけどまな、てかまなちゃん、演技さすがだった

親をあたりまえに信じる気持ちと、それをみる周りの大人たちとか、なんか嫌なこと起きる前触れてきなドキドキ感じたレベルに
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

4.1

苦しいかったーーーという感想

改めて成田凌の演技すごいということと、犬のような雰囲気ありながらなんか身体の収まり方ねこっぽいし、なんかとりあえず成田凌バンザイでしかないほんと凄い

他の人だったら成
>>続きを読む

>|