ごっどさんの映画レビュー・感想・評価

ごっど

ごっど

映画(182)
ドラマ(1)

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.6

岸井ゆきのと成田凌が演じる2人を中心に話は進みます。岸井さんの徹底的な愛が凄いです。いやーそれは無いやろーと思いつつ、色々な愛の形や繋がりがあるのでまあ、良しと。岸井ゆきのが素敵です。

楽園(2019年製作の映画)

3.5

2つの実在の事件がモデルになっているらしい。始まりは1人の幼女が失踪する事件から。結局は犯人は誰なのか?いや?生きているのか?よくわからない感じ。小さな田舎の集落が舞台なので周りが犯人や、加害者を作っ>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

4.0

いや、なんかいいです。風呂屋で夜な夜な殺人!って感じで見ましたが、青春群像っぽくて人間臭くって面白かったです。まあ、現実離れしてる話ですが、家族とかパートナーとか大事ですね。

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.0

流石の三谷さん。中井貴一演じる史上最低の総理大臣が記憶を無くして?180度性格が変わって良い人に。コロナコロナの毎日ですが久々に声を出して笑いました。クスッと笑える所もあり、ウルッと来る所もあり、スト>>続きを読む

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

4.0

いやーこれは泣きます。実話に基づいているそうです。舞台は太平洋戦争の最中、東京の保育所から疎開して、埼玉のお寺に疎開保育園を作ります。子供達や保育士さんとの交流を中心に描かれています。ゆったりとした時>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.5

原作未読。1つのピアノコンクールで4人のピアニスト達が成長し、色々な選択をしていく物語。ピアノの事はわからないけど松岡茉優の演奏の所は鳥肌がたった。ピアノもスポーツと同じで厳しく本当に格闘技のようです>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

三浦春馬と多部未華子が街頭アンケートで出会う。そこから色々な人が絡んでのラブストーリー。多部ちゃんは好きです。人妻になっちゃったけど。うーん。個人的には平凡で不完全燃焼なイメージです。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.4

シェルビー&マイルズのコンビが最高です。
映画館で見れば良かったと後悔。
ル・マン耐久レースで最強を誇るフェラーリにフォードが挑むという内容。
レースシーンは迫力満点。フォードという大企業の確執は日本
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

コロナで元気が出ない今、見て欲しい映画です。
コメディです。ある日突然ビートルズを皆認識しなくなり、それを利用して売れないシンガーがビートルズの曲でのし上がっていくけど、本当に大切な物は何かというのを
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.1

アニメは後回しにしてしまう。いつも食べず嫌いだ。
小さな魔女が空を飛んで宅急便を始めて成長していく物語。
ユーミンの歌もマッチして何故今まで見なかったのか後悔。
好きなジブリが1つ増えました。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.0

あまり期待してなかったのだが面白かった!天才数学者・櫂直(菅田将暉)が海軍に入り戦艦大和の製作の戦いに巻き込まれていく。名前から戦争メインかと思ってたが全く違いました。考えたら国際連盟脱退して世界に喧>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.1

映画館で見たかった系です。実際に起きたホテルでのテロの事件が物語のベース。
生々しくて緊迫感が凄く出ている。人の命を無差別に奪うテロは論外だがホテルの方のお客様を助けようとする所に感銘を受けました。

任侠学園(2019年製作の映画)

3.6

ヤグザな方が学校経営に係る事に
なり、学校を変えていく話。非常にベタだけどほろっときます。学校って懐かしくてかけがえのない時間。コメディーなので細かいツッコミなしで気軽に見る感じですね。

凪待ち(2019年製作の映画)

3.9

香取慎吾演じる郁男は恋人とその娘と一緒に石巻で暮らすようになる。しかしその恋人は殺される。競輪にのめり込むクズ男郁夫。そんな話かと思ってたが、いや、なかなかのヒューマンドラマです。恋人のお父さん、爺ち>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

なかなか難しいストーリーだと思いました。何処までが妄想で何処までが真実なのか。はたまたほぼ妄想なのか。ラストシーンの意味も深く色々考えると頭ぐるぐる。
シンプルに考えるとジョーカー誕生の瞬間をしっかり
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.0

素晴らしいCG、ディズニー王道だけど勧善懲悪、仲間、愛。
小さい頃に王である父を殺されたシンバ。殺したのは叔父。王国を取り戻して国を元に戻す。というシンプルストーリー。歌もいいし、あまり考えなくてよい
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

引きこもりのアラサー女子がふとしたきっかけでボクシングに目覚めプロボクサーになる。みたいな。
安藤サクラは好きな女優。いわゆる少しだらしない役をするとピカイチだ。
最初はかなりぽっちゃりの体型が最後は
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.8

自分や妻、親もこうなる可能性もあるなーと思いながら。
7年にわたる認知症の父と家族を巡る物語。みんな生活を抱えて大変だなと思う反面、命ある限り生きて欲しいという言葉に涙しました。山崎努演じる父親が熱演
>>続きを読む

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

3.6

三吉彩花が演じる主人公は音楽がかかると踊ってしまう。睡眠術にかかっしまった。
話はくだらないが、歌とダンスでハッピになれる。主人公の三吉彩花もいいし、パートナーのやしろ優も最高です。やっぱり歌とダンス
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.3

独特の色彩。独特の世界。蜷川先生の世界ですね。
見所は玉城ティナのメイド姿。最後のラストシーンはちょっとキュンとした。
何とも評価し難い。

葬式の名人(2019年製作の映画)

2.8

地元大阪茨木市オールロケ!という触れ込みで視聴。
あれ?ほとんど茨木高校?(地元はいばこうと呼ぶ)
内容もいまいちチープな上に下手な大阪弁が鼻についてしまいかなり残念。
ちと厳しい評価だな。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.9

ダー子いいね。人を不幸にしない詐欺。今回は香港が舞台。くだらないけど面白いです。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

これは胸熱。1962年。ニューヨークで用心棒をやっていたトニー・リップがドクター・シャーリーの運転手として雇われる。シャーリーは黒人ピアニスト。いわゆる上流階級。そんな二人が黒人用旅行旅行ガイド、グリ>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

3.9

もうすぐ40を迎えようとする3人の男達。主人公は備長炭を作る事を生業にいている稲垣吾郎。子供のいじめや家族の事や仕事の事。生きるって大変。でも素晴らしい。40歳は人生の半分。今はもっと長いか。ゆったり>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

大阪人の私はイマイチわからん埼玉千葉問題。まあ、漫画が原作との事で笑える所も多数あり。深く考えずに見れます。

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

原作既読。漫画の王弟反乱編がベース。原作に近づけて壮大なスケールで描かれてます。
ただ楊端和の長澤まさみは綺麗だし、信の山崎賢人はカッコいいけどイメージは-5歳から10歳のキャスティングにして欲しかっ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.3

話は知っている。たぶん多くの人が。
さすがディズニー、ファンタジーだ。
リアルな映画もいいけどこの映画はハッピーな気持ちになれます。
映画館行けなかったのが残念だ。
プリンセス役のナオミスコットが可愛
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

東京建電営業一課の係長・八角さんを演じる野村萬斎。会議には寝る。大事な時には有給申請。しかしそこに至るまでは過去にドラマがあり、ただのボンクラでは無かった。今も現実に企業の隠蔽や不正は普通に起こってい>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.7

普段はホラーを見ないのですが、意外と面白かった。岡田准一が主人公で見えないあれと戦う。日本独自の怨念とか祟りとかなんかあー日本らしいな。と。ホラーですが、家族愛とか友人関係とかドラマの要素も強い。やは>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.9

ディカプリオとブラピが熱きアメリカの時代を演じるやつか!とろくに調べずに行ったら、あれ?スリラー?
カルト教団による事件がモデルらしい。
ディカプリオ演じる下り坂俳優とブラピ演じる付き人兼スタントマン
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.9

大泉洋が演じる1人の筋ジストロフィーの方とボランティア、家族とのハートフルなドラマ。
破天荒で王様チックな主人公が障害者のイメージを壊します。実話がベースとの事。人間与えたり与えられたり、毎日一生懸命
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.7

原作からキムタクのイメージでは無いなと思いつつ視聴。ホテルでの事件がメインだが、色々な人間模様が面白い。ホテルの方も今の時代は大変だろうなーとしみじみ。まあ、内容はいつもの東野圭吾テイストです。

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

クリント・イーストウッド、撮影時87歳。伝説の運び屋を演じる。凄い。。
知らず知らずに麻薬の運び屋になった老人の人生。実話がベース。どうなんだろう、大好きな【グラン・トリノ⠀】に比べるとうーんと言った
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.1

工場で知り合った友達は17年前の少年殺人犯だった。。全般暗いシーンが多い。イマイチ深く入り込めませんでした。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.7

原作未読。東野圭吾のミステリー。離婚寸前の夫婦。娘が突然の事故で脳死状態に。受け入れられない夫婦は脳死判定を選ばす介護を選ぶ。人の死は脳死なのか、心臓停止か。法律では決まってるのだろうが人の心は割り切>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

SUNNYというグループを組んでいた女子高生達。大人になって疎遠になりバラバラに。仲間の1人が余命宣告を受けて、仲間たちを主人公の篠原涼子が集め始める。90年代ミュージックなどが懐かしく、昔は良かった>>続きを読む

>|