ashokahさんの映画レビュー・感想・評価

ashokah

ashokah

映画(141)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

-

イ・チャンドン作品初鑑賞。メタファーや解釈は宇多丸さんのレビューを見て腑に落ちた点が多かった。
・カメラワークがデヴィッド・フィンチャーみたい。画面の中の人物とシンクロして動くが、その視線の先に何があ
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

イカレ度1000%って感じで圧巻。ディティールの作り込みすごい。
ユングとフロイト一通りさらわねばってなる。

小山内とか粉川は敦子の許可なしに勝手に蹂躙してく(粉川の場合、夢は無意識下にある欲望)け
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

-

過去鑑賞。
なんか共感性羞恥がすごくて途中途中止めた気がする。ロードムービーはいいよね

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

-

過去鑑賞。ユジク阿佐ヶ谷にて。

ドアに足挟んで「名前は」「あっち行って」「変な名前だね」の件好き

ハートストーン(2016年製作の映画)

-

過去鑑賞。恵比寿ガーデンシネマにて。

カサゴのシーンが印象的。アイスランドの透明で鬱々とした風景が良い。ソール役の子にリバー・フェニックスの面影がある

ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命(2016年製作の映画)

-

ヒップホップを学ぶ上でもキーパーソンであるため観た。
まずはロウワーマンハッタンを守ってくれてありがとうと心から言いたい。彼女がいなければわたしは、ソーホーの大通りやNY大学に時折現れるアクロバティッ
>>続きを読む

ビル・カニンガム&ニューヨーク(2010年製作の映画)

-

過去鑑賞。Fashion in Photography の授業にて。
フィルム写真の楽しさが詰まってる。真っ青な外套がトレードマークの彼をマンハッタンで見かけてみたかった。ランダムに、カジュアルに、偏
>>続きを読む

乱反射(2018年製作の映画)

-

一人一人のモラルのズレが、止まらないドミノのように折り重なりやがて悲惨な事故を招く。やり場のない怒りが妻夫木に憑依してた。井上真央も凄くいい…心がざわざわします

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

-

パイロットのポー役、オスカー・アイザックかっこいいな…って思ってたらエクス・マキナのネイサン⁈ まじか。
BB-8がかわいい。
マーベルとスターウォーズ、どっちも良いところがあると思うけど、後者は特に
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

-

噛み合わない、一方通行のコミュニケーションの氾濫。
雪玉が山の斜面を転がり落ちるのは止められない。
自分も巻き込まれてどんどん大きくなっていく。

周囲に振り回されて、
救済は待てども来ず。

それで
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

新宿ピカデリー爆音上映にて。
Authentic.
数々の引用やオマージュを理解するためにクラシックな映画をディグってくのもまた一興。まずはタルコフスキーから

チェ 39歳 別れの手紙(2008年製作の映画)

-

過去鑑賞。
自分の信念を貫き通すのは本当に難しいから、ゲバラほどかっこいい人は他にはいないよね。最期のシーンが印象深い。

チェ 28歳の革命(2008年製作の映画)

-

過去鑑賞。
渇いた質感。ドキュメンタリータッチ。熱い男ゲバラの半生を息苦しくなることなく見続けられるのはソダーバーグの手腕でしょう。

トップガン(1986年製作の映画)

-

過去鑑賞。
メモ
Maverick = 一匹狼
Viper = クサリヘビ
Jester = 道化師
Touch & go = 着陸してすぐ離陸
Call sign = コードネーム

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

-

過去鑑賞。
ベルナルド・ベルトルッチ作品はこれしか観たことないので、早急に「暗殺の森」「ラストエンペラー」はリストに加えたい。
エヴァグリーンとルイガレルの妖艶双子から目が離せない。ルーブルを走り抜け
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

-

過去鑑賞。
「ただちに超常活動を停止して家か最寄りの異次元へ帰るように」

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

-

過去鑑賞。
人物の動きと連動するカメラワークが気持ちいい。目覚めながらみる悪夢

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

-

過去鑑賞。
タコ星人をタコ殴りするウィル・スミスと、大統領の演説が最高。
やられっぱなしからの反撃が爽快です

8 Mile(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

過去鑑賞。
ラップの真正性について考えさせられる。パパドクは黒人でも、私立校に通ってる金持ちであることをディスられてホワイトトラッシュのラビットに負かされる。
人種に基づくのか、階級の話なのか。あるい
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

-

過去鑑賞。
PTSD。ベテラン。アメリカ現代社会を理解するのに重要な作品。ブラッドリー・クーパーさすが

マリアンヌ(2016年製作の映画)

-

過去鑑賞。TOHO六本木にて友人と。

カサブランカ未履修で見たので、も一度見なおしたら楽しいかもしれない。マリオン・コティヤールになりたい

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

-

過去鑑賞。
みんなで夜中にワイワイ観た。リリーコリンズがかわいい。リリーのお父様の曲好きです。
良き思い出。

創造と神秘のサグラダ・ファミリア(2012年製作の映画)

-

過去鑑賞。恵比寿ガーデンシネマにて友人と。

高校生の時観に行って、誰かのセリフにみんなでツボってしまって観賞後大笑いした記憶あり。
完成する「前」に友人達と観に行ければいいね、といってそれきりだが、
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

-

過去鑑賞。TOHO新宿

チャン・ツィイーかわいい。ついったで流行ったラドンa.k.a.ゴマすりくそバードに笑った。モスラが綺麗

アバター(2009年製作の映画)

-

過去鑑賞。
度肝を抜かれた記憶。そしてこの映画を境に何かが変わるんだろうなって途方もなくワクワクした。続編を首を長くして待っています。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

-

水抜いたプールでサイファーしてんの面白かった。As you walk on by, will you call my nameのアレンジ好き

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

-

過去鑑賞。
中学生の頃、友人達と学校帰りに映画館に観に行った。テッド2と迷ったけど、私がゴリ押ししてライフオブパイをみることに。
ご飯を食べる前だったので、上映中ストーリーの進行とも相まって猛烈な飢餓
>>続きを読む

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

-

過去鑑賞。クリスチャン・ベイルってまじでメソッド俳優(褒めてる)

メッセージ(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「未来を視ることで、選択を変えて未来を変える」ではないところが面白い。タイムパラドックス。過去・現在・未来が並列に存在しているため、避けられない運命。
「この子どもは誰?」で観客はようやく確信を得られ
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

-

過去鑑賞。
王道のさらにど真ん中を行くストーリーと演出、嫌いじゃない。若きジェイク・ギレンホールの演技が上手すぎてなんども泣いた。
October skyがアナグラムだってこと、邦題に生かすのは難しい
>>続きを読む

ウェディング・バンケット(1993年製作の映画)

-

・画面が「密」で楽しい

・カミングアウトの時のミドルショットとパンしていくカメラワークは秀逸

・「中国人は物静かだと思っていた」「これは5000年の性的抑圧の反動さ」に笑う

・家父長制、米中文化
>>続きを読む

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

-

過去鑑賞。
マイケルファスベンダーっていいよね。
We’re not bad people. We just came from bad place.

>|