めだかさんの映画レビュー・感想・評価

めだか

めだか

ジャンルにこだわらず、色々な映画に出会えたらいいなあと思ってます。

過去に観た事がある映画は、思い出したら記録。
最近観た映画には、なるべくレビューを・・・!と思ってます。

映画(446)
ドラマ(83)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

面白い切り口の映画でした。
あのシーンの裏側ではこんなことが起こっていたなんて。(笑)
伏線回収はみていて楽しい。
こういう映画のつくり方もあるんだな、と。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.9

この父親の独自の教育方法(サバイバル生活、学校には通わせず自分で教える…)が、妻の死や社会生活に触れることで揺れ動く。
なにが正しくて、当たり前なのかは誰にも分からないけど、どんなに小さな子供にも敬意
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.5

You can't stop the beat が頭から離れません。観るだけで楽しい気分になる映画。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

第一印象は邦題がすごくいいなと思った。
物を壊して分解することで、自分の妻への思いを考えていたんだろうか。
悲しみは一律にやってくるとは限らない。

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.5

ゆる~いシュールな世界観。色使いが素敵。兄弟が持ってる大量の鞄が最後まで謎だった。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.2

ほんとに14年前の作品なんですか??ってほど新鮮で楽しかった。
家族全員での共闘シーンはやっぱり楽しいし。
ジャックジャックは可愛すぎです。

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.0

素晴らしい狂気。
ラストは目が離せなかった。
ナタリーポートマン、すげぇわ。

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.8

ファンタジー色強いな~ってのが第一印象。PA制作だから作画はものすごく綺麗。別れの一族、みんな自分より先に旅立っていくのを見送るのは辛いだろうな。喪失を抱えて尚生きていくマキアの姿が感動的でした。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

4.0

あ、ほんとに最後なんだなと実感する仕上がりでした。ホグワーツの先生たちがヴォルデモートたちに立ち向かう姿は胸熱。マクゴナガル先生、最高です。(笑)
伏線が一気に回収される様は最高に気持ち良かった。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

笑っていいのか、これ。お話の構成が上手く最後はゾクッとしました。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.6

予告観た感じは、「プラダを着た悪魔」っぽいお仕事ものかな、アンハサウェイ出てるし…って思ってたけども。
プラダのほうが断然、好みでした。
前半のストーリー展開にはワクワクしたけど後半がグダる。そういう
>>続きを読む

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!(2014年製作の映画)

3.1

展開は今までと一緒で誰かが練習に来なくなりシリアスに…パターンは同じだけどアリーナでのシーンはやっぱ泣く。
「私は天海春香だから」アニメの後半思い出して余計泣ける。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5


今回ばかりはなんだか吹替えで観てよかったなって。クリストファー・ロビンが堺雅人だったからかな。笑
現実世界にマッチしないプーたちがとにかく面白くて可愛かった。100エーカーは森には癒される。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.4

大人向けおとぎ話。
すこしグロテスクで流石、パンズラビリンスの監督って感じの世界観。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.6

すごいエネルギーのある映画…!なにか大事件が起こるわけではないにしろ印象的なシーンの連続。いいな。アスペクト比には驚きました。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

映像がとにかく綺麗!!
リメンバミーを聴くココの表情の変化がすごくいい。

ズートピア(2016年製作の映画)

4.5

大人向けディズニーじゃないでしょうか…!ニックとジュディのやり取りとかにハッとすること多かった。何より…ナマケモノがツボでした!!

レインマン(1988年製作の映画)

3.4

ダスティン・ホフマンの演技力、すばらしいです。

ブリキの太鼓(1979年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

オスカル役の子が凄まじいです…!終始、目を塞ぎたくなるようなシーンの連続。自ら成長を止めたオスカルが、大人にならなくては…!とまた成長していくところは何ともいえない気持ちになりました。

西の魔女が死んだ(2008年製作の映画)

3.6

小説の方を先に読了済みでしたが、世界観そのまんまで驚きました。
おばあちゃんのイメージとかもうピッタリ過ぎ!
手嶌葵の主題歌が作品によく合ってる。

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

4.7

ピクサーの中で一番好き。パリの街並みが素敵で料理がとにかく美味しそう!

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.8

なんて素敵な映画なんだろう…!3時間があっという間に感じました。
3人の関係性がすごく良くてこんな友達いいなって思う。
All is well、観賞後つい口ずさんでしまいます。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.5

ポニョと河童のクゥ混ぜた感じ。歌うたいのバラッドは名曲ということを再認識。

15歳、アルマの恋愛妄想(2011年製作の映画)

3.0

思春期を北欧映画でやるとこんな感じになるんだな~と。
やっぱ画面映えしますね。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

映画館で観てよかったと思える作品でした。
冒頭からド迫力で心鷲掴み。
ヒュージャックマンかっけぇっす…!
This is me 名曲過ぎる。

ターミナル(2004年製作の映画)

3.0


トムハンクスだからこそ成り立つお話なのかなと思いました。

もっと悲壮感漂う作品だと思ってたけど結構コメディタッチな部分が多いように感じた。

海街diary(2015年製作の映画)

4.0


日本情緒溢れる画面に釘付けでした。日常の些細な動作があまりにも自然ですごい。
四姉妹が皆美人で最高に画面映え。
もうそれだけで眼福、眼福。

>|