GoMaedaさんの映画レビュー・感想・評価

GoMaeda

GoMaeda

撮れもしないくせに
批判だけはいっちょまえ(●´ω`●)

映画(1141)
ドラマ(0)

ありふれた悪事(2017年製作の映画)

3.0

韓国映画らしい、
これでもかくらいの不幸の連鎖。
重い(●´ω`●)

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.0

新食感、というか
頭おかしいというか。
色々な要素が詰め込まれて、
話があっち行ったり
こっち行ったりするのに
テンポもよく、
不思議とまとまっていて、
2時間半があっという間(●´ω`●)
とにかく
>>続きを読む

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

3.0

中盤までのドキドキ展開が
後半のほぼコメディ展開で、
見事に中和(●´ω`●)

ワイルド・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

こんなところで
まさかの生涯ベスト級に
巡り会うとは(●´ω`●)
油断していたからか、
不覚にも涙が。
また、こいつらに会いたいので
DVDに焼くことにしよう。
ポークパイの方が題名しっくりくる。

チェイサー(2017年製作の映画)

2.0

なんでここでこんなことすんの?
とか、
いまの間(ま)はなに?
とか、
最初のウェイトレスシーンに
感じ悪い客との接客必要?とか
旦那さんとの親権問題は
伏線じゃねーのかよ笑笑
とか。
と、色々疑問が
>>続きを読む

アラサー女子の恋愛事情(2014年製作の映画)

4.8

邦題最悪だけど、
内容最高(●´ω`●)
キーラナイトレイは
自然な演技で応援したくなる。
ラブコメディと思って
ナメてかかったが、
心理描写や、仲間内の疎外感
閉塞感など。
実はかなり切羽詰まった状
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

刑事コロンボの方が
好きだけど、
なんか感動しちゃった(●´ω`●)

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.5

長いけど、
全然ダレない。目が離せない。
役者陣も最高(●´ω`●)
サスペンス物のお手本みたい。

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

2.5

途中までは怖いけど、、
ラストに向かってトーンダウン。

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

3.5

好きな幻想的世界観。
神話に詳しかったら
もっと楽しめたかも。
娘が満足してたのでOK(●´ω`●)

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

4.8

前情報なしで
観ることをオススメ。
最高におもしろかった(●´ω`●)
秀逸なサスペンス、
プラス人間物語。
過去と現在の時間軸の構成、
構築も素晴らしい。

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.0

なんか不思議な感じの
ホラー?スリラー?
あまり古さを感じない(●´ω`●)

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

もうちょい先まで観たかった。
と、思わせてくれる。
男女間のセリフとか、
同棲の空気感とか、
やたらとリアル(●´ω`●)

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.0

どうせ反戦を描いた
プロパガンダ映画でしょ?
と敬遠していたが、
予想外の真に迫る
サバイバル映画だった(●´ω`●)
先入観は禁物だ。

ビジランテ(2017年製作の映画)

4.0

入江監督らしさが爆発してる
閉塞感バイオレンス。
サイタマのラッパーも
また観たくなってきた。
桐谷健太、元々好きだけど、
今回は特に最高(●´ω`●)

ラスト・マッチ/ロード・オブ・ボクサー(2017年製作の映画)

5.0

ボクシングをわからなくても
充分楽しめると思う。が、
ボクシングファンなら号泣必至。
かなりの感動作(●´ω`●)

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.5

「一目見て、
正気じゃないとわかったわ。」
ほんとだよ笑
シガー。
ディストラクションベイビーズの
柳楽優弥を10倍ヤバくした感じ。

クイズ・ショウ(1994年製作の映画)

4.5

昔から観たかったのに、
なぜか見れてなかった
クイズショウ(●´ω`●)
不正暴き系話は大好きな
ジャンルということもあり、
好きな作品だった。

告発のとき(2007年製作の映画)

3.0

戦争から帰ってきた兵士たちの
救いようの無い話。

立ち去った女(2016年製作の映画)

3.0

すごいんだろうけど、
やっぱり4時間は長い。
エドワードヤンが好きな人は
好きと思う。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

5.0

好き。大好き最高(●´ω`●)
役者の皆さんの演技が良すぎ。
演技の相性も良いのかな。
目が離せない2時間だった。
すぐにもっかい観たい勢い。

火花(2017年製作の映画)

3.5

原作読んでからの鑑賞。
だったからか、汲み取れる場面が
多かったかも。
原作未読だと、
感情移入するのが難しいか、
色々と唐突に感じちゃうかも。
自分はけっこう好きでした(●´ω`●)

ザ・インターセクションズ(2016年製作の映画)

4.5

ドキドキしちゃった(●´ω`●)
ハラハラドキドキ系の映画は、
イライラする奴がいたり
必要以上にうるさかったり
と、興醒め要素が多い事があるが、
この作品は低めのトーンと
静かなテンションで映像の中
>>続きを読む

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

4.5

ビニーパジエンザ!(●´ω`●)
ボクシングファンなら見逃せない。
あのタイソンの元トレーナーの
ケビンルーニーと二人三脚
だったことや、
首の骨の骨折を乗り越えて
いたことなど、知らない事ばかりで
>>続きを読む

ルームメイト(1992年製作の映画)

3.5

こじらせ具合がハンパない
同居人の、
血で血を洗う話(●´ω`●)
怖かったっす(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

大好きだから(2017年製作の映画)

3.5

韓国っぽいラブコメ。
この妙な安定感は謎だが笑
安心して楽しめる(●´ω`●)

トワイライト ささらさや(2014年製作の映画)

2.0

邦画あるあるなのか、
終盤に差しかかると
演出過剰プラスお涙ちょうだいに
なる作品が多いと思う。
はい!ここから泣ける場面ですよ!
みたいな。
最初から最後まで同じトーン
テンションの方が、
多分観て
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.0

ボブが可愛すぎるせいか、
普通に泣くっていう(●´ω`●)
カット割り?編集が
慌ただしくて
映像が忙しい感じもあるが、
そんなん、もういいよ笑
良かったです。

亜人(2017年製作の映画)

3.8

普通に楽しんじゃった(●´ω`●)
多分、原作未読というのも
大きいかも。
アニメ観たくなった。

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.8

八日目の蝉が好きな人は是非
(●´ω`●)
ブルーバレンタインの監督さん
とは知らずに鑑賞。
幅の広さを感じる。

アフターマス(2016年製作の映画)

4.0

シュワちゃんの復讐劇だから、
どうせ機関銃背負って
単身乗り込むんでしょ?
って思っててごめんなさい。
開始5分で襟を正しました。

>|