ごんてぃーさんの映画レビュー・感想・評価

ごんてぃー

ごんてぃー

主に娯楽映画を享楽的に鑑賞しているにわかマニアです。
怪物や火薬が出てくるニッチな映画をレビューしていこうと思います。
主に語彙力の低いレビューばかりです。
無言フォロー失礼します。
Twitter :@gonzaburou033

映画(144)
ドラマ(0)

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

私はエド・シーランのラップ嫌いじゃないよ。

ある日突然交通事故にあった落ち目のシンガーソングライター。彼は事故の後、「ビートルズ」の存在が世界から消え去ってしまったことに気付く。

自分のこよなく愛
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.3

強烈である。心が打ちつけられる。悪とは如何にして生まれるか、後天的な悪とは何なのかを緻密に描く本作、そのリアリティはまさしくDCコミック的といえます。これこそ昨年の「ヴェノム」に観客が待ち望んでいた「>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.9

すごい台風(ハリケーン)だ…!親父の様子を見に行かなければ…!

てなわけで様子を見に行った女子大生がアリゲーターの大群とバトルする羽目になるシチュエーションパニックスリラー。アレクサンドル・アジャに
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.2

「オレハコロシノタツジンダ!」

製作会議は「脚本が雑?もう全部アクションでええやろ」となったに違いないでしょう。
今回も相も変わらず凄まじかったが、さらに上に行ってました。だから犬に乱暴してはアカン
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

3.6

スタローン&シュワのダブル主演で送る脱出サスペンス。

この布陣でインテリジェンス溢れるプロットになるはずもなく最後は筋肉が物を言うオチになっていました。とはいえ、予想通りだったので全くもってショック
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.0

うーんこの大賞2019暫定怒涛の1位。
ブラピの演技は凄くいいんですけどね。やっぱりブラピは少し頭のネジがズレてる役の方がハマってると思います。
本作の総評はアグレッシブ要素を50倍に希釈した太陽系版
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.8

J.J.エイブラムスプロデュースで送る異色ホラーアクション。

ノルマンディー上陸作戦直後、ナチス占領下のフランスに派遣されたとある落下傘部隊は謎めいた研究施設と化した教会で未知の敵と遭遇することにな
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

4.2

タイトルに偽りなし。お酒の飲み過ぎには用心したいですね。
文字通り酔っ払いが世界を救う話なのが本当に凄いし腹筋がもたない。

若かりし青春の頃の思い出を取り戻すべく、故郷に集まり伝説のパブ巡り11軒を
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

4.5

どうして今まで観ていなかったのか。
そんな自分が馬鹿らしくなるくらいに最高な1本でした。1人の霊能力探偵の戦いを描くというシンプルなプロットの本作。まるで痛快なミュージックビデオをさっと鑑賞したような
>>続きを読む

ダーティハリー(1971年製作の映画)

4.2

これぞ文句なしの名作。

全てのポリスアクションムービーの原点の一つと言えます。最早他作品に与えた影響は計り知れないでしょう。

現代のロック、ポップスを聴き倒した後にふとビートルズを聴き直すときに感
>>続きを読む

パラサイト・クリーチャーズ(2013年製作の映画)

3.3

ドイツ映画だよね?
いわゆる物体X系ホラー。
何がしたかったのかよく分からん...

クリーチャーのデザインとかVFXは味があってよかった。

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

アイデアとオチは素晴らしい。
うーんただ何かが決定的に欠けている。そんな1本でした。

X-DAY 黙示録(2016年製作の映画)

1.7

別題:時間の無駄。
こんな代物を観てしまうという行為そのものが失敗。定期的にやらかす悪癖となっているのでそろそろやめたい。その80分でもっと何かできたはずなのに。お前は一体なんだ?(CV:玄田哲章)
>>続きを読む

アドレナリン(2006年製作の映画)

3.4

よー分からん毒を打たれてアドレナリンを出し続けないと死ぬ体にされた男が主人公のR指定コメディ。

監督と脚本はハッパでもキメながらこの話を練ったのでしょう。
こういう品の無さすぎるキャラも似合うステイ
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

4.0

筋肉式サマーウォーズ、ハゲプリキュア、仮面ライダーの如き改造人間イドリス・エルバ。監督のデイヴィッド・リーチはニチアサが好きなのか?

かつて敵同士として対峙した、ホブスとショウの筋肉ハゲ2人。CIA
>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

4.0

かつて詠春拳の道を歩んだが、イップ・マンとの一戦の後、自らその武を捨てた男チョン・ティンチ。彼は再び守るべきのものの為に立ち上がる。

イップ・マン3で圧倒的な存在感を見せつけた、マックス・チャン演じ
>>続きを読む

ラストスタンド(2013年製作の映画)

3.4

これまた実にもったいない1本。シュワの魅力が十分に引き出せていない。実に凡庸な低予算アクション。1番予想外だったのが、妙に尺に割かれたカーアクション要素。監督の趣味でしょうか?

キラー・エリート(2011年製作の映画)

3.5

ステイサム、デ・二ーロ、クライヴ・オーウェン共演のエスピオナージアクション。豪華俳優の演技、ドロっとした雰囲気の脚本は良いのに、今一つ演出的にパンチに欠ける作風のもったいない1本。ステイサムVSクライ>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.2

ミーハーだから観ました。

極上の楽曲と、全編通して圧倒的な存在感を放つ贅沢なカーチェイスのオンパレード。参りました。後のエンタメ界に多大な影響を与えたであろうことは言わずもがなでしょう。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

「ツェッペリン最高!(BGMはAC/DC)」の笑顔で悶え死んだ。いいぞもっとやれ。

全人類を叔父にするトム・ホランド主演で送るMCUスパイディ第2弾。個人的に総合得点ではトビー・マグワイアのピーター
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.5

The 普通、そしてThe 無難。
ここまで寂しくて盛り上がらんと切ないっス。今回のこのプロットなら1、2と同じく90分くらいの尺でやって十分だったのでは?

クリヘムも男前だしテッサ・トンプソンも可
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話(2019年製作の映画)

4.0

ファン待望の1年半ぶりの続編こと最終章第2話。相も変わらず面白い。監督の力量がひしひしと窺える。今までと同じもいいけど物足りないだろう?もっと面白いものを観せてやるよ、度肝を抜いてやるよ、という気概が>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

2.5

つ ま ら ん。

宣伝と映画の中身自体が乖離しすぎています。ここまで盛り上がりのない映画は久しぶりでした。映画館行かんでよかった。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

5.0

ハ!ソイヤ!ハ!ソイヤソイヤソイヤソイヤ!ハ! 般若心経はずるい。ギドラ怖すぎ。

かつて劇場版:ガールズ&パンツァーにおいて「戦車道には人生の大切な全てのことが詰まってるんだよ。」という台詞を耳にし
>>続きを読む

ゴジラVSデストロイア(1995年製作の映画)

4.2

平成VSシリーズ完結!
因縁のオキシジェン・デストロイヤーを題材に初代との繋がりを再認識させるファンサービスに溢れまくったVSシリーズ完結編。
とにかく素敵なバーニングゴジラ。かっこいい、そして強いス
>>続きを読む

ゴジラVSスペースゴジラ(1994年製作の映画)

4.0

MOGERAはまじMOGERA。
あれ面白い…?VSスペゴジってこんなおもろかったっけ?となる風変わりなVSシリーズの一作。
なんやかやで宇宙怪獣になってしまったスペースゴジラ(なぜか博多に来る)、対
>>続きを読む

ゴジラVSメカゴジラ(1993年製作の映画)

4.1

世紀末覇王誕生の謳い文句はいつ見ても格別。
シリーズ史上最強クラスの戦闘能力を誇る、平成メカゴジラとゴジラ、ラドンが激突する。
この辺りからVSシリーズは佳境に入ってきましたね。後に続く二作品もですが
>>続きを読む

ゴジラVSモスラ(1992年製作の映画)

3.7

より画面が彩り豊かに、賑やかになってきた平成VSシリーズ四作目。
ふわふわと可愛いモスラ(成虫に限る)とゴジラ、そしてバトラの三つ巴大乱闘。環境問題なども織り交ぜ、脚本が前作よりも充実しております。
>>続きを読む

ゴジラVSキングギドラ(1991年製作の映画)

3.9

みんな大好きキングギドラ。

前作までとは打って変わったド派手な画作りはTHE怪獣映画といった趣で素晴らしい。ただ脚本はガバガバ。露骨にバッ○トゥ○フューチャーを意識したタイムスリップ要素や、ター○ネ
>>続きを読む

ゴジラVSビオランテ(1989年製作の映画)

3.7

「勝った方が我々の敵になるだけです。」

お馴染みゴジラVSビオランテもといゴジラVS沢口靖子。ビオランテのデザインと特撮は平成VSシリーズで1、2を争う出来栄えです。前作から世界観を継続し、リアリテ
>>続きを読む

ゴジラ(1984年製作の映画)

4.0

令和ゴジラに備えて観返しています。
21世紀の今観ても抜群に面白い。特撮は言わずもがな、何より冷戦が真っ只中の当時を反映した脚本が見事です。80年代だからこそ作り上げることが出来たと言えるシリーズ生誕
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.8

嘘のようなホントの話。

いつまで経ってもビン・ラディンを捕まえられない米軍に業を煮やした一人の中年男は、日本刀とナイフ携えヨットとパラグライダーを使って単身パキスタン入りを決行するのだった。

もう
>>続きを読む

28週後...(2007年製作の映画)

3.5

それにしても音楽が良い前作の続編。
まだホークアイではない頃のジェレミー・レナーが渋い軍人の役で脇を固めています。

ストーリーはありがちな感じで収まり、ドンパチが増した分少し安っぽくなってしまいまし
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.9

音楽がひたすら秀逸な走るゾンビ映画。
やはり1番怖いのは人間ですね。
ほんとに音楽が良い。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

3000回愛してます。
ありがとう、MCU。
全ての人にありがとう。
青春の1幕をMCUに捧げて本当によかったし、救われました。お疲れ様でした、本当にありがとう。

>|