花俟良王さんの映画レビュー・感想・評価

花俟良王

花俟良王

観た新作を記録したくてシステムをよく理解せず始めました。2016年1月から。旧作は観ても書いてないと思われます。

SYNCHRONIZER(2015年製作の映画)

4.0

万田監督なので期待値は高かったが難なくクリア。それでもきっと解読できていない隠喩はまだまだあるのだろう。

『ザ・フライ』や『スペース・バンパイア』すら彷彿とさせる狂気とその伝播。

しかし立教大学の
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

4.0

面白いじゃないか。

仏人監督がメルギブを、そしてアメリカ映画を再構築している。

強すぎないメルギブだが、逃亡→バイクゲット→MM風ショットガン→髭剃る、というメルギブ値の上げ方が上手!そして、やっ
>>続きを読む

アフターマス(2016年製作の映画)

3.5

飛行機事故の余波(アフターマス)のやるせない実話の映画化でシュワちゃん『マギー』に続くダウナーっぷり。

人生の理不尽な展開はトリアーレベルに達してますが、そこに作家性を見つけることは難しかった。
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

主人公の右往左往に自分を重ね、ハラハラしたりイライラしたり笑ったり。

そして今こそ思うのが下の世代に対する大人の接し方。ウディ先生のスタンスがいい。お母さんの最後のメールに泣けた。

余計なことは言
>>続きを読む

アリーキャット(2016年製作の映画)

3.5

窪塚洋介はやはり空気を作れる天性の役者。市川由衣も嫌味のない色気を放ち存在感を醸し出す。

映画自体はスロースタートだったけど、裏社会モノとして静かに熱を帯びてくる。

個人的な心残りは、せっかくのk
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

4.0

いいじゃないか、割り切ったコメディ。ちゃんとハラハラさせてくれた。泣かせないところがまた素晴らしい。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.0

英雄譚ではない、暗殺と報復のやるせない史実。ヒロイックに撮られてないが映画的な緊張感と見せ場がある。

ナチス関連の作品は後を絶たない。私たちの知らない事実が「映画」として伝播し、記憶されていく。

ワン・デイ 悲しみが消えるまで(2017年製作の映画)

4.0

事故にあった盲目の女性が睡眠時だけ幽体離脱して自由になる、という初期設定が既に御都合主義。

その代わりお釣りがくる程感動させます、というのが韓国映画の凄さ、巧さ。

生と死とその尊厳、障がい者のもど
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.5

前半の覚醒するまでがかなり面白い。ぐうたら青春ものとして。テンポも撮影もいい。

覚醒後は当然ながら戦隊テイストinハリウッドなんだけど、ちゃんと岩場でザコと戦ったりしてほっこり。でも合体シーンってな
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

4.0

凡庸すぎて逆に覚えられない邦題からどんな甘い映画かと身構えたけど、『スモーク』的な粋と人情が詰まったおっさん映画のドライな秀作じゃないか!

余命僅かな男の身辺整理、特に心配なのは連れ添った老犬の里親
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

神と残酷のメルギブ節を大いに堪能。

市街が描かれて居ないとか、反日だとか言う人がいるようだけど、個人的には沖縄を描いているとは思えない。平和を訴える映画でもないはずだ。ただメルギブが描きたい男がそこ
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

正直あまり期待はしてなかったのだが、冒頭から引き込まれた。テンポでグイグイ持って行く。藤原竜也はいつもの藤原竜也なのだが、仲村トオルの起用とともに観客の潜在意識を巧みに掴みミスリードを誘う。伊藤英明も>>続きを読む

レイルロード・タイガー(2016年製作の映画)

3.0

テンポ・編集がチグハグ。
音楽がどうしてもしっくりこない。
機関車が遅い。
人物が多すぎて処理できてない。
さらにその人物紹介がいちいちダサい。

などなど、不満点がまず出てきてしまう。

でもジャッ
>>続きを読む

逆光の頃(2017年製作の映画)

3.5

作品のリズムに自分を合わせるまでに少し時間がかかったけど、そのリズムこそが肝だった。

一見いびつに思える夜の校舎のシーンなどは大胆だ。総意を汲まないと稚拙な印象すら与えかねない。

その総意とは、原
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

とても良かった。

性別・年齢・境遇によって感じ方は変わってくるだろう。

でも、何かのバランスがたまたま整っていることに気が付かずに毎日を過ごす、僕たち全員の胸を締め付けることは間違いない。

そし
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

実録男ピーター・バーグの手腕がまたしても発揮され、単純にサスペンス映画としてとても面白かった。特に住宅地での銃撃戦(爆撃戦)の臨場感は凄まじく、事実であるということも相まって本当に恐ろしい。

9.1
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.5

素晴らしい。

この手の映画にありがちな上滑りが個人的に皆無で監督のセンスに唸る。話も予想通りには運ばず最後まで飽きさせない。CGに頼らないのもいい。唯一、野村周平の役が過剰に安っぽくて残念だったが、
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.0

いいんじゃないでしょうか!怖い!ビックリ!気持ち悪い!の三拍子!!!

みんなでキャーキャー楽しめるし、ちゃんと着地してほったらかしにもしてない。

エミール・ハーシュっぽいな、と思ってたらエミール・
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.8

下手をすると、いや、かなりの確率で安っぽくなる物語を、菊地健雄監督のセンスと映画屋としての手腕が、味わい深い佳作として成立させている。

個人的にはミュージシャンの渡部シュンスケが堂々と演技をしていた
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.8

まずふだん何気なく観ているスーパーヒーロー映画はほぼハリウッド産なんだよな、と改めて気づかされる。そしてそのリズムが身体に染み込んでいることも痛感。

イタリアで作られた本作は言わばエピソード0的な内
>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

4.0

ワンワン映画に新定番。

ワンワン、こんだけ怖がらせたんだから、あのくらいの仕返しはしょうがない。っていうかスカッとした!!

オッさんの素性が語られないのもいいね!

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.5

いつもと変わらない
美しいカメラ。粋なジャズ。ユダヤ人ネタ。豪華な役者。喜劇と悲劇。

今回は時代物、しかも往年のハリウッドということもあり衣装も素敵。様々なロケも無理なく当時に誘う。短いシーン(5秒
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

SF映画というよりかは、「ドゥニ・ヴィルヌーヴの映画」として多いに堪能。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

よくできているし、面白いし、泣けた。杉咲花が素晴らしい。

活劇が苦手な邦画なのだから、人情ものではこのラストぐらい奇をてらっていいのでは?よくできた「いいお話」が、ぐっと個性的になった。

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.5

作りがしっかりとしている。隅々まで行き届いている。演出も奇をてらわない正攻法で脚本も書いたベンアフの才気を感じさせる。

ただ、全くの個人の好みの問題だが、この主人公にベンアフは似合わないと思った。死
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

辛いけど、優しい映画。
大泣きしないけど、余韻で泣ける映画。

ケイシーの素晴らしい演技はもちろんだけど、登場人物全てにその生活が見える。この細部が手伝って長尺を感じさせない。市井の人に寄り添うからこ
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

シャマランは大好きだけど、今回はなんか回りくどかったかな(笑)。でも面白いよ!

アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発(2015年製作の映画)

4.0

この邦題さえ、水に流すことができれば、是非多くの人に観てほしい。

知的好奇心を刺激する興味深い異色作。実際の実験と、映画と観客の間にある「第4の壁」を超えてくる演出が飽きさせない。

見逃さないでよ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

おもしろかった。見応えもあった。

ただ、ケネス・ブラナーが実写化した『シンデレラ』のようなときめきと感動はなかった。

何度も映画化されている小説が原作…とかではなく、あくまでアニメ版が元となってい
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.5

子供が辛い現実から目をそらすための幻想と怪物、となるとどうしても『パンズ・ラビリンス』を思い出す。実際、途中まではその少年版という趣だが、話が進むにつれて、もっと地に足のついた物語であることが分かって>>続きを読む

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

3.0

パスカル・ロジェの某映画を観ているといないとで感想は変わってくるかも。僕は観ていた。

美しい星(2017年製作の映画)

4.0

野心作…だけど、吉田監督の映画屋としての確かな手腕によって奇抜な物語を地に足の着いた娯楽映画としている。まずはそこが嬉しい。

短いカット割り、ニュース画面の作り込み、エキストラの演技……、こういう細
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.0

アトム・エゴヤンは好きな監督だ。登場人物と観客を突き放しているが、荒涼感を感じさせない。画面は常に一定の美しさを保って落ち着いている。

嫌な話しだ。アウシュヴィッツでの仇を討つ。痴呆症を患った老人が
>>続きを読む

人生タクシー(2015年製作の映画)

4.0

映画をつくる事を禁じられた監督が、「車内風景ですんで」と言って全部仕込みで作った(んでしょ?)反骨精神溢れるフェイクドキュメンタリー。

タイトルからほのぼの人情譚なのかなと思ったら、やはりパナヒ監督
>>続きを読む

>|