はんぺんさんの映画レビュー・感想・評価

はんぺん

はんぺん

映画(99)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.5

なにも考えずに呑気に借りてしまい2作目なことを理解しておらず、、1作目を見ずに見たけど一応楽しめた。

あのドンドコいう音でジュマンジを印象付けてて強い。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.8

先日地上波でやっていたのをたまたま見た。
めちゃくちゃ失礼な言い方だけど、タイトルやビジュアルからうける印象を超えて、面白かった。

ツタヤで見かけても多分借りない見た目なので、そういうの無くテレビで
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

飛行機で鑑賞。

父役の山崎努さんの演技が、ほんとうにリアルで驚いた。すごい。忘れて行く様子、老いて行く様子、シーンの経過と共に、とても丁寧に静かに演じ分けられてる。

特に終盤のじゃがいものスープを
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.5

飛行機で鑑賞。

結構イケイケでアメリカンなノリで、わたしが小学生のときに見ていたポケモンの世界観とのギャップにはじめはついていけなかった。
今iPhoneでリリースされているポケモンgoの世界観の方
>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

3.8

こわい。
こわいのに主人公の顔面の綺麗さに引き込まれ見てしまう。

ペルセポリス(2007年製作の映画)

4.2

(女性は)走るとお尻が淫らだから走っちゃダメだ!と警察官に注意されるシーン。
そういう日常の出来事がいくつも胸に刺さる

走るとお尻が淫ら??
??????ってなる


見てよかったし、人に勧めたい作
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

はじめの方は彼が怖かった。
イライザが彼に惹かれていく様が描かれているからなんとか見て行けた。彼に惹かれる理由も理解できた。
最後は美しいとも思えた。

時々ギョッとすることが起こりつつ美しさもあるフ
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

彼は家族の笑顔のために頑張った、子供が頑張る本質だと思う。家族が褒めてくれるから、喜んでくれるから、笑ってくれるから、だから頑張れる。

バレエをよく知らなくても美しさに心奪われる。重量を感じさせない
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.1

ひとつだけ伝えたいこと、と問われ「ビックマイクと呼ばないでほしい」と言ったシーンが刺さった。その後登場する人々が彼をビックマイクと呼ぶたびに、彼が思いを伝えられていない人々が浮かび上がってきて、一番身>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

迷子になったときのあのどうしようもない心細さを思い出す。

技術が進化してGoogle earthが開発され、誰にでも見れるように解放されていたからこそ、25年ぶりに故郷を探し出すことができた。自分の
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.5

オチを知っててみる映画。主人公が頑張って報われるのはわかってるけど、最後まで飽きずに見れた。
先生と母親がすごい。信じてくれる人がいるのは強い。

センター試験の広い会場で長い机の端と端に座る感じや、
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

はじめは字幕で見たけど情報の多さ?なのか速度なのか頭がついていけず流し見状態で鑑賞。中盤から最後にかけては理解して見れた。見終わったあと吹き替えに変えて、はじめの1時間くらいを見直した。

見直すと、
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

物語の削ぎ落とし方がエグいくらい潔い。
こちらで考える余白の多い映画。

三部構成のため、それぞれ主人公が数年の時を経て成長した姿で登場するが、その合間合間のことは最低限の情報だけ(登場人物のわずかな
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

終始予測できない展開の仕方でソワソワしながら観た。見終わってスッキリ〜みたいな話ではないけど、様々な人物の感情に触れることができて見て良かった映画。

ハッピーエンドや、絶対悪が成敗されて終わりという
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.3

宇宙を舞台にした作品にしては、なにが起こるかわからないドキドキ感やハプニングが足りなかった感じがある。
ドキドキのシーンはもちろんあるけれど、あきらかに不足してるというか、、「宇宙」というシーン設定に
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

青いウィルスミス良かった!🧞‍♂️!!

全然違和感なく受け入れてしまう。
最後のエンドロール、アラジンよりも先にジーニーだったので笑ってしまった。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アイナーの中のリリーが表層に出てくると共に、ゲルダがアイナーに甘えられなくなっていくのは見ていて辛かった。

アイナーを病気だと捉える当時の医師たちの見解も怖い。

アイナーが封じていた女性的な気持ち
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.5

出演者は今時だが、それに反して文房具店の店内の再現度が高くて好感が持てる。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

子役のおんなのこがかわいい。
大人っぽいませた感じと無邪気さが絶妙。

母と娘、のややねじれた関係性は娘の立場を自分に重ねてしまう。
経験や後悔があるからこそ、子供には失敗して欲しくない!という気持ち
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.5

12年という月日はあまりにも長い。自分だったら耐えられるかわからない。
実際に起こっていた奴隷制度を知る1つとして見た方がいい映画だと思う。

パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカス(1973年製作の映画)

4.5

見てよかった。
今期の朝ドラ「なつぞら」に出て来る目玉焼きの焼ける描写シーンが出てくる。

嵐のような大雨からの、雨上がりの展開が魅力的。特に水の中の表現が好き。いい色といい線。
ベッドを漕いで行くの
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

色味が素敵だった。
どこを撮っても絵になるような映画だよ、と勧められたのもあり、絵画的な画面構成を楽しみながら見れた。

ストーリーも面白かった。

海がきこえる(1993年製作の映画)

3.5

絵が好き。作業しながら流し見してしまったのでもう一度見直したい。

ヒロインがだいぶ身勝手に感じてしまい、いろいろ突っ込みながら見てしまった。
でも本来人ってそういうものなのかもしれないなとも思い直し
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

何も知らずに見たのでよく分からないまま進む場面も多かったが、鑑賞後に史実を調べたらいろんな場面が繋がり面白かった。
60代の母は面白くみれたらしいが、母曰く若い人よりも監督と同じ世代の人の方が面白く見
>>続きを読む

>|