なっさんの映画レビュー・感想・評価

なっ

なっ

映画(476)
ドラマ(0)

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の2日間(2014年製作の映画)

3.5

キレキレのコナンくんで楽しかった〜
博士と哀ちゃん散々だったよね、、
あとニホリカのネーミングセンスw
こういう番外編でいいから、コナンと哀ちゃんがいい感じになる回やってほしい、、

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.9

人がたくさんいる様のすごみを映すのがめちゃうまい…
最後の父親との和解よかったな〜

美しき結婚(1981年製作の映画)

4.0

友達の家で窓の外を一人で眺めるシーンが好き
少し寒そうなパリいいな〜
理想が高く積み上がっていくけど何もできてない感じがよく分かる…

ラブゴーゴー(1997年製作の映画)

4.8

冒頭の文章がすきだし、最後の終わり方も好きだ〜
リリーのバーキンの食べっぷりがいい
ケーキが毎回名前までかわいくて素敵…

登場人物の関わり合いが絶妙で楽しかった
みんな報われなくて落ち込んだりしてる
>>続きを読む

名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵(2016年製作の映画)

3.0

100年ぶりの〜っ、せ〜い〜きまつ〜っ
ってかかった瞬間テンションぶちがあがった!

新一の言動っていちいち鼻につくのできらいなんですが、歩けないフリしてるのバレて逃げようとしたじいさんのハゲ頭に地球
>>続きを読む

緑の光線(1985年製作の映画)

4.5

主人公の場のノリにのれない感じとか自分を曲げないところ、すごくいいなぁ

緑の光線あんな風に光るのか!笑

アカルイミライ(2002年製作の映画)

3.7

高校生たちが頭につけてたピカピカ光るやつかわいいw

ゆうじも親父もクラゲで自殺するんじゃないかってずっとヒヤヒヤした、親父助かってよかった〜

親父の寛大さにほっとするし、高校生たちもひどい目あわさ
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.0

原作を読んだとき、富士山が噴火する報道が出る前の自分たちだけがヤバいことが起こることを知ってるゾクゾク感がよかったのだけど、映画はそのゾクゾクがなかったので少し悲しい…

銀河鉄道999(1979年製作の映画)

3.7

破壊シーンすさまじい、、かなりいい、、けどメーテルのお母さんちょっとかわいそう、お互いがほど良く暮らせるようにはしないんだね、これが勧善懲悪か

けど機械化した人たちが永遠に戻ることのない青春を懐かし
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

3.8

最後の一言がなんだかゾワっとした…
あんなにひたむきに追いかけてたのにー!?って感じで

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.0

まず、こんなに怖い作品だとは思わなかった…!
気持ち悪い赤色が、小学生の頃ネットで流行ってた赤い部屋を想起させて余計に気持ち悪くなった…
けど理解が追いつかなくなるくらい構成が秀逸だし、場面のつなぎ方
>>続きを読む

On your mark(1995年製作の映画)

4.8

こんなにも放射能のマークがでてるのに、この映像が作られた時代はこのマークが気になる人が多くなかったなんて、今では考えられないよね

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

4.5

政治家に向いてるか向いてないかって話がたくさん出るように、夢や理想だけではどうにもならないものが他の職業よりうんとたくさんあるのだろうな…
世の中の空気とかイメージを自分の思い通りにするってめちゃくち
>>続きを読む

銀河鉄道の夜(1985年製作の映画)

3.8

キラキラの砂めちゃきれいだったな…
原作読みます…!

だいぶ昔にいわて銀河鉄道に乗ったけど、普通に銀河鉄道の夜読んでから乗ったほうが楽しかったんだろうな〜

熱帯魚(1995年製作の映画)

4.0

3人で順番にご飯食べるのかわいい笑
てか仰げば尊しって台湾でも歌われてるのか…
最後の妹からの手紙が胸にしみる

飛行士の妻(1980年製作の映画)

3.5

この女嫌いだ…!自分しか悪くないのに正当化して人に当たるなんて…
なんでこの人に執着しちゃうんだろ
尾行する2人の方が気持ちのいい関係で好きだ

青春神話(1992年製作の映画)

3.5

父親が最後家の扉を開けておいてくれるのと、ミラー割られた少年たちをタクシーに乗せるところ(気付いてなかったようだけど)だけが少し救いに感じた

部屋の排水口から水湧き出てくるのとかGが窓にくっついたり
>>続きを読む

満月の夜(1984年製作の映画)

4.4

映像の色味やトーンがかなり好み
水色とピンクの使い方素敵だな〜
話がないようにみえてちゃんとあってよかった

海辺のポーリーヌ(1983年製作の映画)

4.0

庭の紫陽花も海もきれいで自分もあの場所に行きたいな〜
フランスの映画に出てくる海ってなんであんな魅力的なんだろ
最後の2人反対のことを信じて円満に終わるの、おいおいってつっこむところだけど、あれでよか
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

4.2

主演の2人がこの2人ってめちゃくちゃ豪華だ
おもしろかった〜

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年製作の映画)

2.5

こういう映画、ひねくれた態度でしか観れなくて、自分の性格の悪さを再確認するだけなので苦手だ…

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

自己破壊の快楽は分かるなぁ〜と思ってみてたけど、どんどん謎な方向に走っていって意味が分からなくなってしまった笑
結局は二重人格だったのか…それも理解するのに時間かかった
けどかなりかっこよかった、かな
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

ホテル内のいたるところにEXITのサインがあるの気になった

ホテルが舞台とか、現在と過去の視点とか、画面のシメントリーとか、内装がかわいいところとか、グランドブダペストホテルに似てるなぁと思った(こ
>>続きを読む

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

3.5

最初から最後まで終始、え〜っ⁉︎って感じで、声に出して笑いたかった
💩から金ができる装置は辛そうだった…
そして女の子と猿の健気さよ…

サバイビング・デザイアー(1991年製作の映画)

4.0

シンプルメンよりは少し頭ついてけた笑
路上の女の人と婚約した男(名前忘れた…)の会話がよかった

シンプルメン(1992年製作の映画)

3.3

ダンスシーンが一番輝いてた
初めてハルハートリーを観たけど、まだ観方が分からないのか、しっくりとこなかったな…
難しい言葉を解釈するのに時間がかかるのに、すぐシーン変わるし字幕も消えるし、全然理解でき
>>続きを読む

リュミエール!(2016年製作の映画)

3.5

この映像が本当にその時代に撮られていて、本当にこの風景が存在していたことが知れるってすごいなぁ
あと虹色のドレスすごい

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.0

今自分が不自由なく感じられることは、先代のたくさんの人たちが声を上げ続けてくれたからなんだな…

愛の新世界(1994年製作の映画)

3.5

興味本位で見たけど、期待より面白かった!
夜明けの町を走るところとか、2階からヒマワリに水遣りするところとか、スズメに餌あげるところとか

>|