ごとうっすさんの映画レビュー・感想・評価

ごとうっす

ごとうっす

  • 53Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

終わった人(2018年製作の映画)

2.3

これは確実に僕の年代がみる映画ではないかなというのが第一印象です。50~60代以上の方向けの内容かな。。
主人公の田代壮介(舘ひろし)と同年代の男性が見たら、僕が見て感じる映画の感想と違ってきそうです
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

久しぶりにノスタルジックでファンタジーな作品を見たので、すごくおもしろかったです。
日常に起こる奇妙なユーモアの描き方もよかったし、愛の詰まったほっこりラブストーリーもよかったし。
新妻を演じる高畑充
>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.1

まるで人間のようにどの猫も個性豊か。
「にゃ〜」と鳴く声だけど、まるで人と会話し通じ合っているかのような姿がとても愛らしい。
赴くまま自由に生きている猫ののびのびとした姿も愛おしいし、時々人から餌をね
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7

スタイリッシュでかっこいいアクション!
シャーリーズ・セロンが素晴らしかった。
殴り蹴り、ウォッカを飲み、セックスをし、屈強な男を倒しまくるシャーリーズ・セロンのカッコよさ。
しびれます。

[感想]
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.2

後編絶対みる!面白かったです!
友情・ライバル・恋・仲間。男の青春要素が詰まった熱い映画です。
性格が正反対の新次(菅田将暉)と健二(ヤン・イクチュン)が、ボクシングを通して汗をかき絆を深め対立してい
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.7

原作好きでいろいろと突っ込みたくなるところがありつつも、映画としては面白かったです。
やっぱり見どころはバトル・アクションではないでしょうか。
戦い→死(リセット)→再生→戦い、と死なない亜人の特性を
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.1

映画「スクランブル」の試写を見てきました。
美しい車を堪能するクラッシックモーターショーな映画だなと思いました
ワイルドスピードではない
見所は美しい車と、貴重なクラッシクカーが美しい街と渓谷を走るカ
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

2.9

出演している方々の演技たとても良かったです!

ナミヤ商店の店主を演じる西田敏行の表情で魅せる演技、けだるい感じの演技でミュージシャンを演じる林遣都、無骨で無口なオヤジを演じる小林薫、もうミュージシャ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.1

やさしく可愛いラブストーリー。
映画を見終わるとほっこりやさしい気持ちになります。
転生をくりかえしてまで主人に会いたいと思うなんてことは無いかもしれないけど、なんか本当にそんなことがあったら素敵だな
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.3

最高の一言につきます。ここ数年で見た映画の中でもトップクラスに面白かった。

本作の宣伝コピーでも使われている「究極の映像体験」ですが、その言葉に嘘偽り無し。
圧倒的な迫力と究極の映像体験!
スリリン
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.8

すごくいい映画でした。試写会に行くまで原作があることを知らなかったので、予備知識無しで映画を見ました。

奇跡のような話ですが、ほんのすこしのきっかけで人は新しい光を見つけられ立ち上がることができると
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.9

面白かった!文句なしに面白かったです!

美しくエッジの効いたアニメーション、原作と引けをとらない脚本、主要キャストの声、広瀬すずの歌声、原作をリスペクトした物語、夏、青春、友情、すばらしい作品でした
>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

3.1

僕は無類のラジオ好きで、ラジオがテーマになっているのもよかったし、青春感も湘南の夏もよかった。
また、声優さんのことはあまり知識がないのですが、それでも発掘オーディションを勝ち抜いてきた声優の声に爽や
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.7

映画「カーズ/クロスロード」の試写と「マックィーン応援フェス」というプレミアムイベントに参加してきました!
マックイーンが壁にぶつかり乗り越えていく物語なのですが、後半の流れが予想していたものと大きく
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.0

すごく銀魂

映画を見た感じ、アニメにすごく寄せてる感じ。
テロップの入り方かと、ギャグの演出とか、アニメの雰囲気をすごく意識してるんじゃないかな。
登場キャラの喋り方や振る舞いもアニメっぽい。

>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

面白かったです。
物語の展開はとても良かったし、主人公のメアリも魅力的でした。
小難しい感じは一切なく、王道でわかりやすいストーリーでよかったです。
http://toomilog.com/maryf
>>続きを読む

いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)(2017年製作の映画)

3.7

気づくと涙している感動映画。
物語はまさに波瀾万丈。
つぎづぎと困難が起こっていが、夫の吾郎(向井理)は苦難に耐え立ち上がり家族を守っていく。
劇中の吾郎(向井理)はとてもかっこよく男として父として「
>>続きを読む

たたら侍(2017年製作の映画)

1.2

LDHメンバーの演技も悪くなかった、ロケ地の自然も美しかった、ただ脚本が…。
シーンのつなげ方、突然すぎるカットイン、良い感じのしないテンポ感。

ポエトリーエンジェル(2017年製作の映画)

3.6

映画「ポエトリーエンジェル」のプレミアム試写会へいってきました!
すっと心が晴れる青春エンタテインメント映画でした。

映画「ポエトリーエンジェル」のプレミアム試写を見て - http://toomi
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.0

ワイルド・スピードシリーズは最高の興奮と愛をくれる映画です。
そして7作目の「ワイルド・スピード SKY MISSION」は、やっぱり最高の映画でした!

映画「ワイルド・スピード SKY MISSI
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.8

今までの時代劇とはちがう。セリフや演技、情景や空気感などが生き生きとしていて、笑って泣けて、とにかく気持ちの良い映画でしたよ!お勧めです!

映画「駆込み女と駆出し男」の試写を見て
http://to
>>続きを読む

日々ロック(2014年製作の映画)

3.4

映画「日々ロック」をみました。

くそー…、めっちゃおもしろかった!なんで映画館でみなかったんだろうと後悔してます。

映画「日々ロック」は最高にロックだぞ!おっぱい!
http://toomilog
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

-

人的に面白さはドラマを超えることはなかったけど、エロさはドラマをはるかに超えてました!倍、いや10倍!微エロのラインは保ったままパンチラなどのシーンがかなり多くなっていた。地上波ではできなかった量を映>>続きを読む

GONIN サーガ(2015年製作の映画)

-

普段あまりバイオレンス映画をみないし、ヤクザ物も見ないので、狂気に満ちた内容が新鮮でおもしろかった。痛さや生々しさや圧迫感が大きなスクリーンから襲ってくるが辛かったけど、そこにある狂気の裏側をすこしだ>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.8

原作が好きだからこそ実写化されると残念な感想で終わることがおおいんですけど、この映画は見事に超えてきました。とにかくジャンプへのオマージュとこだわりがすごい映画です。おもろかったなぁー!

映画「バク
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

キアヌリーブス完全復活!新しいアクション「ガンフー」とダークスーツをまとったキアヌのかっこよさが半端なかったです!

映画「ジョン・ウィック」のジャパンプレミアでキアヌ・リーブスを見てきた!
http
>>続きを読む

図書館戦争 THE LAST MISSION(2015年製作の映画)

3.8

アクションあり、笑いあり、涙あり、恋ありのバランスのとれた安定の面白さでした!岡田くんかっこ良かった!


映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」の試写を見てきた
http://toom
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

-

映画は予想以上に面白かった。とにかくカーアクション半端ない。ほとんどCGを使っていないっていうのが信じられないくらいど迫力!大画面で映画を見ることができて本当によかった、これは間違いないく映画館で見る>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

3.3

感動しました。ともていい映画。冒頭でも書いた通りエンドロールのおわりとともに起こった拍手がまさにそれです。全体的には、大きな見せ場はそれほどなく、割と淡々としているのですが、後半に連れてどんどんと面白>>続きを読む

>|