ご陽気者さんの映画レビュー・感想・評価

ご陽気者

ご陽気者

映画(96)
ドラマ(0)
  • 96Marks
  • 219Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.7

結構なグロシーンと突っ込みどころも

あるけど、おもしろかった

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.5

よくわからないトコもあるけど

やっぱ青春って良いねって感じ

ボクは坊さん。(2015年製作の映画)

3.4

お寺を継いだ若僧が成長していく話。

後半ちょっと重い話になるかな。

最後まで読経は上手くならなかったな

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.8

シリーズ通しても、あまりちゃんとは
観た記憶は無いけど、なぜか知ってる
寅さん。

時代が変わっても笑えるし、感動する
昭和ノスタルジー作品。

本作は記念作品的な感じだが、
久しぶりに昔馴染みに会っ
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

3.7

良い意味で期待以上でもなく、
期待以下でもない
あの時のシティハンターでした。

作品中のBG曲、ED曲やばいっす
ずるいっす。

キャッツアイが杏里だったら
もっと良かったのに

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.7

最後まで面白く観られました。

小池栄子も良かったし、
有働さんにも気が付かなかった

青の帰り道(2018年製作の映画)

3.6

若さ青さ痛さ

葛藤 挫折 絆

羨ましくもあり
虚しくもある

ちょっと心が痛くなる感じ。

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.7

世界を知る映画の一本

家族の絆、人の優しさ純粋さ。

ちょっと考えさせられるラスト。

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

3.5

戦時中の疎開保育園の保育士達の
頑張りや葛藤を描いた作品。

女神は二度微笑む(2012年製作の映画)

3.8

たしかにインド映画っぽくなく
ハリウッドか韓国でリメイクされても
おかしくない感じ。

2時間も良いテンポとハラハラ、
主演女優さんの美しさに引き込まれ
ます。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1・2観て評価するべし。

1からの伏線回収も面白いし、
別物映画になっていくのも良い。

80年代映画のオマージュも楽しい。

ゼイリブのポスターとかライアンが
ベスト着てるとか

to be co
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.8

1・2見て評価すべし。

ホラージャンルで敬遠する人も
いるかも知れないので、
ジャケットで損してるかな

B級感はあるかも知れないけど
これはこれでアリです

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7

人種や性差別に立ち向かい

最先端で働く女性たちが勇ましい

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.8

音楽というタイムマシンで時間旅行。

目と胸が熱くなりました。

青春って、友達っていいな

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.8

 まさに

「事件は会議室で起こってるんじゃない

 現場で起こってるんだ!!」

いろいろ考えさせられる

緊張感ありの作品

任侠学園(2019年製作の映画)

3.6

ごくせんチックな学園モノ。

何も考えずファミリーでも

楽しく観れます。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.5

こんな時期じゃなきゃ観なかったと
思うが、現実と重なりすぎて
コワイを通り過ぎて笑ってしまった。

未知のウイルスもこわいが
暴動や略奪にはしる人間も怖い

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.0

今だからとかじゃなくても
観て欲しい作品。


内容が重過ぎないので、まずは
人種差別を知ったり関心を持ったり
するのに良い作品。

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.2

WTCを綱渡りする
ちょっと頭おかしい男の話。

他人に迷惑かけているのにヒーロー
扱いって、今時の危険映像を
YouTubeにUPしてる奴みたいで
ちょっと不快。

綱渡りも、早く渡りきれよ!って
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.4

1&2続けて鑑賞

アクションとしても

ちょっと普通で地味かな。

1の方が好き。

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

3.8

ステキな映画でした。

たまに真木よう子に見えるシャシが
とても美しいしチャーミングで、
彼女の喜怒哀楽に心動かされます。

インド映画特有のダンスシーンが
多過ぎず、毎日違うサリーも素敵で
良かった
>>続きを読む

>|