FATMAX夜食のデブロードさんの映画レビュー・感想・評価

FATMAX夜食のデブロード

FATMAX夜食のデブロード

映画(150)
ドラマ(1)

マキシマム・リスク(1996年製作の映画)

3.3

一応VHS時代に観出たので鑑賞記録はソレにしたが、Netflixで配信していたので再度拝見。

改めて観てもヴァンダム映画の中では面白い部類だとは思う。
(トップ3とまでは行かないがw)

結構ハード
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.8

攻殻機動隊は原作漫画からの付き合いであり、アニメも全部観ている(ハズw)。

だが正直言わせてもらうならワシは原作至上主義でも無ければアニメ至上主義でもない。

世間的には色々な意味で酷評されていたの
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.5

V8!V8!V8!V8!V8!V8!!

ハイ、映画が違います!!

劇場公開初日に行ったんですけどねw

もう個人的にツイキャス(過疎)で散々 語っちゃったので『もう良っかなぁ〜』って気分になって、
>>続きを読む

ネバー・ダイ 決意の弾丸(2019年製作の映画)

3.2

見た感じの《お疲れヴァンダム》 路線で【ザ・バウンサー】に続いて登場した作品はまさかの(そうでもない?)ヴァンダム脇役案件である。

今回も《NOヴァンダミングアクション》
しかも今回は とあるサプラ
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.0

色々書いては消して書いては消して悩みに悩んだ結果、ササっと書いて終わる事にします。

途中まではスコア4.0超えでした。
というよりラストまではそうでした。
実際アガりまくりで観てたんですよ!

もち
>>続きを読む

ザ・バウンサー(2018年製作の映画)

3.6

ヴァンダム映画として近年では傑作に来る作品と言い切りたいぐらいに個人的にはハマってしまった、ズバリ

《ヴァン・ダム=フレンチノワール》

である!
見事なまでにヴァンダミングアクションが無い!!
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

2.7

本当なら3チョイぐらい付けても良いかなと思ったのだが、やはり自分の中でどうにも納得出来ない部分がありこのスコアである。
ぶっちゃけ言えばつまらなくはない。
ただ確実に面白いには至っていない。

>>続きを読む

大脱出3(2019年製作の映画)

2.9

役者パワーで多少の無理を跳ね除け嬉し楽しいエンタメになった1作目。
中国資本どうこう抜きにしてもあまりに前作のプロットを雑に扱った結果ブッ飛び過ぎて"もし自主制作なら確実にカルトムービー"な程まで行き
>>続きを読む

サバイバル・ソルジャー(2013年製作の映画)

2.8

この作品をヴァンダム主演作品として観ようとしている方がまだ居られる様でしたら、あらかじめご理解頂きたい事があります。

『主演じゃねぇです。』

更に言えばコレ、【コメディ作品】であります。簡単に言え
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

-

地上波で観てみた。
頑張った。
ワシ、頑張ったんだよ。
頑張ったんだけどさ…

『半分手前でGive upです。』

一応流し続けましたが、もう頭に入ってきません。

というか もう受け付けません。
>>続きを読む

沈黙の達人(2018年製作の映画)

1.7

相変わらずのスタントダブルにアップのシーンだけ小手先の"手遊び"をくっつけてストーリー構築をしっかりするでもなければアクションありきな作品にもなり切っていない、もはやファンムービーと化したセガール案件>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.3

コレを書いてる20/1/28現在【パラサイト】が話題で、その流れで結構観てる人が多そうですがワシは見事なまでに観ておりません!
(そもそも地元じゃ公開してない)

で、以前DVDレンタルで鑑賞していた
>>続きを読む

Avengement(原題)(2019年製作の映画)

3.9

コレ、めっちゃ掘り出し物ですやん!
スコット・アドキンス作品の中ではかなりハードでケレン味少なめなガチ暴力寄りのエクストリームリベンジアクション映画。
とにかく徹頭徹尾《痛い》!
観てて《痛い》!
>>続きを読む

ベンジェンス -復讐の自省録-/リベンジャー -復讐者-(2017年製作の映画)

2.8

"午後ロー"スペックのリベンジアクション。
バンデラスが喋りを封印して、言葉を発せずハードな格闘アクションを繰り広げるあたり、サスガ元がしっかりしてると歳を重ねてもキレのある動きを見せ『まだまだ全然イ
>>続きを読む

コード211(2018年製作の映画)

2.7

《ニコケイ映画》としては真剣過ぎ。
《ニコラス・ケイジ主演映画》としては若干弱い気もします!

『どっちだ!コレ?』

と悩み続けて はや四半世紀。(超 大ウソ)
一応結論としては…

《ニコラス・ケ
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.0

Netflixでも配信が始まったそうで。
すっかり書くの忘れてたので。
ワシにしちゃヒーロー物語なのにスコア低くない?
…なんて言われそうですがコレ間違いではなく。
いや、面白い。
間違いなく面白いし
>>続きを読む

さようなら、コダクローム(2017年製作の映画)

3.6

原題は【Kodachrome】というズバリ界隈じゃ有名なフィルムの商品名そのままで、発売終了後 現像も終わるってんで取り扱いしている最後の写真屋に現像しに行く為、家庭を顧みなかった余命幾ばくも無い写真>>続きを読む

ダーティ・ダンシング(1987年製作の映画)

3.6

懐かしいなぁオイ!
今Netflixで観れるんですよ。いつまで観れるかは知らんけどww
実は紆余曲折超低予算問題山積丁々発止劇場公開からどんな方向から見てもミラクルレベルな空前の大ヒットとなった80年
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

メッセージ性という意味で言えば相変わらずなスパイク・リーではある。
今回はコメディとしてバッチリ笑わせながらも、しっかりと

『ヤな奴等だろ。』

という感触を終始消さない。
それはもう確信犯なハズな
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.4

色々と話がピーキーな方向性に向かいがちな内容に真っ向勝負した心意気や良し!である。
どこぞの誰かが原作好きだけど改変がどうだの役者の発言がこうだの吠えて散々罵倒した挙げ句

「観ない!」

と宣言する
>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

3.8

プレイキング・バッド流れでブライアン・クランストン案件を気にするようになったら個人的女優殿堂入りダイアン・レインも出てるっていう理由だけで借りた作品は、映画史の一片を知る事が出来たという結構な拾い物と>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.6

何せ主演がペーニャである!
ペーニャなら観るじゃん。
だってペーニャだもん!
ってかペーニャですよ!!?

…というノリで再生ボタンを〈ポチッとな!〉したNetflix作品は意外にも掘り出し物感のある
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.9

【シャイニング】をホラー苦手おじさんが意を決して初めて観た(この作品を観る約2週間前)のはナゼかと言えば、この作品にレベッカ・ファーガソンが出ると知り

『コリャ逃げちゃイケナイ!汚い人体破壊系なら平
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

2.8

非常に怖い。
コレの感想を書くのが怖い。

だがそもそも発信力なんて無い様なモンなのでひっそりと書こうと思う。

ファンの人は読まなくて良いですよ。















色々な
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.4

ワシ近辺では不評率が高く速攻で劇場に行ったワケではないのでハードルはある程度下がった状態で観たからなのか…正直ワシも自身も原因が良く分からん部分もあるのだが、まぁ好きな方ではある。
ただし『サイコーで
>>続きを読む

ワイルド・ストーム(2018年製作の映画)

3.0

昨今このぐらいサイズの映画は中々キビしいと思われる状況の中、職人ロブ・コーエンのソツない作りは"一応"健在という所であろう。
決して適当ではなくBはBとしての良さを出している。
自然災害と犯罪を噛み合
>>続きを読む

ブライト(2017年製作の映画)

3.5

近未来という現代的要素とファンタジーをミックスしてサスペンスとしてアクション演出を増し増しで投入し、変化球なルックにしながら差別etcのメッセージ性を組み込んだエンタメ"警察(バディ)ムービー"

>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.7

面白いのよ。ただどうにも書きにくいのよ感想が。こういうジャンルだと思わんかったからw
なんてぇの?兄弟愛と錬金術(まぁ錬金じゃねぇけど)の映画って言えばいい???
コメディっぽい演出だけどカテゴリー的
>>続きを読む

ポイズン・ローズ(2019年製作の映画)

3.1

フタ昔前のハードボイルドな探偵モノと言えば良いだろうか。正直言えば…

総じて古い。

まぁ確信犯なのだろうとは思うが。

何よりコレ、ジャケット詐欺案件なのでそういう感覚に陥る率が跳ね上がっている。
>>続きを読む

砂の城(2017年製作の映画)

3.5

戦争の虚しさを徹底的にリアルに描く…
と言ってもソレは作戦の過程や戦闘シーンを再現という意味ではなく、状況下に置かれた兵士のヒューマンドラマとしてである。

言い換えれば派手な展開やエモーショナルなメ
>>続きを読む

ルディ・レイ・ムーア(2019年製作の映画)

4.3

「伝記モノである!」と肩肘張らず気楽に観れる《笑えるエンタメ映画》の形になってるというアプローチに惚れた!!

中盤以降の展開は映画好きなら映画愛を感じるのは勿論のこと、そうでない人でも「なんか物づく
>>続きを読む

アメリカで最も嫌われた女性(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

メリッサ・レオの演技は相当なモンだが正直伝記映画としては淡々としている。
というかどうにもこうにも観ている時は胸糞が悪かった。

だがコレ、観る方向を変えればブラックコメディとして考える事も出来る。(
>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

2.9

意外とタイトル詐欺…とまでは言わないが、そりゃこんなタイトルだからおバカ全開の"アサイラム"ライクなブッ飛びゾンビ映画だと思うじゃない!?

『そ〜でもねぇのよw』

もちろんドB級なんだけどソレはソ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.8

まぁ地上波の鑑賞なのでカット/CMやむなしなのだけど、観終わってすぐは正直「…コレはどうなの?」とか思いましたw

前半はスマホやSNSを上手く使ったサスペンスとして結構面白いんだけど、後半は犯人役の
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.7

まぁ独り身のオッサンなので奥深さに気づかないと言われてもしゃあないであろう案件であるが、わりと淡々と進むクセに先が気になるんだからそりゃ良く出来た映画なのでしょう。

いわゆる良い作品だと思います。
>>続きを読む

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

3.4

観るつもりでいたのにすっかり失念していたヤーツがNetflixにあったので鑑賞。
ドデカい感染という大ピンチ展開であるがストーリー自体はミニマム。
正直言えば話を畳む為にご都合主義的な展開が多いのがチ
>>続きを読む