ahomiya

ahomiya

最近洋画をまとめ借りして見まくるのがマイブーム。
最高の一作を求めて。

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

4.1

とても良い映画でした。
俳優たちの演技が秀逸で特に妻夫木くんの泣きながら笑うシーンなど胸を打たれました。
何気ない家族のシーンも含めこの俳優陣だからこそこれほど胸を揺さぶられる映画になったのだと思いま
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

エマワトソンは綺麗さと意志の強さを兼ね備えたヒロインに本当にぴったりな女性でした。
本当に素敵。
ディズニーは夢を与えてくれる、何歳になっても美しいものを与えてくれるものだと改めて実感。

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.5

よかった。
2回くらいホロリとする場面も。
もともと原作は読んだことがあったけれど個人的には映画の方が好きかもしれない。
俳優陣がよりリアリティをもたせてくれて、この世の中悪くないな、と思わせてくれま
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.0

しょーもない!けど笑える!面白い!笑
映画ネタのジョークとか沢山出てきてクスッと笑える笑
中身はおっさんなのにテッドが可愛く見えてくる…
オープニングとてもよかった!

テッド(2012年製作の映画)

3.2

想像以上に笑えて面白かった!
下ネタがきつすぎて笑えなそうなイメージだったけど、ギャグがほんとに面白くて電車の中で完全に怪しい人でした。
それにしてもテッド可愛すぎる!
I love you が可愛い
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.8

すごく好き。
まず挿入歌が好き。
Tiny dancer リピートしてしまう笑
バンドの裏側を自分もこの目で目の当たりにしているようで面白かった。
様々な世代や立場の人の思い、それは自己愛からなのか相
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.0

すごく細切れに観たから何がなんだかよくわからなかったけれどドラッグ、人殺しの連続で慣れない感じの映画でした。

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

2.9

期待が大きかった分少し残念だった。
少し退屈に感じてしまった。
空中ダンスのシーンはララランドだ!と感激したけれど。
ザ・昔のミュージカル映画、という感じだった。
そう考えるとララランドはミュージカル
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.5

最後は感動した。
でも最後エフィがセンターのかつての3人のステージが見たかったなあ。
最後はうまくまとまったけれど、現実は一人一人のエゴが渦巻いてて良いことばかりとはいかないんだなと。
何が1番大切な
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.3

想像と違ってほっこり可愛い映画だった!
そして、エマストーンとライアン・ゴズリングが出てる事知らなかった…!
それだけでもう最高。
エマストーン本当に可愛い。
途中ハラハラあり、笑いあり、最後は最高に
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.1

こういう人、いそう。と思わされる。レオ様やっぱり凄い笑
彼の演技に引き込まれ、最低な男だなと思っているはずなのにふとした時の目線でぎゅっと心を掴まれいつの間にか応援している自分がいる。レオナルドディカ
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

2.9

んー難しかった。
フォロワーさんのレビューを読んでアメリカンビューティというタイトルの意味がやっと腑に落ちているところです。
人によって美の価値観が違う。
(筋肉ナポリタンさんありがとうございます!)
>>続きを読む

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.0

皆ズルい。
キリコは言うまでもなく、バーの新しい女の子、会社の女の子、会社の男、バーの男、和風小物屋?の男、皆ズルい。
カレー鍋作ってくれた女性が1番普通だったけど、人間だもの、やっぱり彼女もズルさを
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.2

ゲルダの愛の大きさ、深さを強く感じた。
ゲルダの愛はアイナーを夫、男性として愛するという次元を超え、もはや母親としての愛をアイナー、リリーに注いでいた。
リリーが二度目の適合手術を受けると言った時のゲ
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

安藤サクラ最高すぎ。
本当に名女優だな、と。
イチコの想いが痛いくらいひしひしと伝わって来て、エンディングのクリープじゃないけどほんと胸が痛くなった。
一人一人のキャラが生々しくて、人間ってこういうと
>>続きを読む

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

3.0

ロンドン帰りの飛行機の中で観たためイギリスの想い出に浸りながら観ることができました。
原作者のロアルドダールの作品はこの話を含めて小学生の頃に読み漁り本当に大好きだったため、今作が映画化されると知った
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.7

面白かった!
ミッションインポッシブルと同じような感じでトムクルーズがとてもかっこよかったです。
この映画はCMが印象的で覚えていました。
このような映画を見るともし私がこの場にいたらこんな起点きくか
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.7

飛行機の中で吹き替え版で観たためフランス語のところとかが棒読みの日本語だったのがとても残念だったけれど、とてもステキでまた、ハラハラが止まらない映画でした。
ラストは衝撃だったけれど、良い締めくくりだ
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.4

英語で観たから細かいところまで理解できていない気がするけれど、歌が印象てきでディズニーらしいステキな映画でした。
モアナの運動神経と行動力と勇気が抜群で憧れました。
海に行きたい〜〜

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

最高!!!!!!!!!!!!!!!
一本の映画で喜怒哀楽全てを味わうことのできる、感情を強く揺さぶられる映画でした。
オープニングのところから一気に引き込まれてその後もずっと今まで映画で体感したことの
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

3.5

すごい…ミュージカルや…
ユアンマグレガーがちょうどビッグフィッシュの時と同じ年代だったため最初はビッグフィッシュが脳裏にちらついて、ビッグフィッシュのサーカスの場面が常に続いているような感覚だった。
>>続きを読む

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

2.5

有名な作品なので一度は観てみたいとおもっていたのですが…
うーん、始終この主人公の女性の幸せボケ?に違和感を感じていました。
恋人との仲がちょっとうまくいっていなくても、仕事や交友関係は良好で、周りを
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.8

良い!
The internship に続けてこれも笑えて元気になれる映画だった。観終わった後なんだかホッとする映画。
一人一人問題、葛藤、ストレスを抱えていてぶつかり合ってしまう家族。
問題の大小は
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

4.0

前向きになれる、笑えて元気になれる映画!!!
下ネタも笑える程度のレベルでちょうどいい笑
挿入歌も映画の雰囲気にマッチした明るい曲で好き!

今、自分の持ってるものを生かして頑張ろうと思えた。
目の前
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.7

またもやバターフィールド君作品!
バターフィールド君の雰囲気がティムバートンの作る世界観ととてもマッチしていてよかった。
内容は想像していたよりも手に汗握るハラハラ、スリル満点なものだった。
ユーモア
>>続きを読む

ツナグ(2012年製作の映画)

3.2

嵐がこれから抱えていかなくてはいけないものの重さを考えると辛いなーと思った。
亡くなった人と会えて救われる人もいれば素直になれなくて更に後悔を募らせる人、また会わないという決断をして自分の中で事実を受
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.1

途中までしか観られていなくて今日やっと全編見ることができた。
本当に良い映画。
明るくなれる。
沢山気付かされることはあったけれど、ユーモアってこんなにも人生において大切なんだな、というのが一番心に残
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.7

最後涙が止まらない。
バターフィールド君の映画館もが素晴らしすぎて自閉症スペクトラムの人や、その家族の苦悩がズキズキと伝ってきた。
人と分かり合えない時、何で分かり合えないのだろうと歯噛みすることがあ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

はあーーーーーーーーーー!!!!!
去年の夏からの念願、、、やっと観られました、、、!
やっぱり音楽最高すぎる!!!
Begin again の曲も大好きだけどsing street も最高。
やっぱ
>>続きを読む

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

4.1

二度目の鑑賞。
やっぱり面白い!!!!
飛行機の裏側がみられるし、一人一人のキャラクターが愛おしすぎる。
何と言っても綾瀬はるか!
元々綾瀬はるかが好きというのもあるけれど彼女のキャラクターが本当に可
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.7

泣いた…不覚にも最後の最後やられました…
温かく真っ直ぐな思いはずっと受け継がれて残るものなのですね。


2016年は111本!ベイマックスで観納め!!

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

遂に念願の…!観ました…!!!!
元来のハリポタファンとして期待と不安で一杯の鑑賞になりました。
やはり…よかった。
魔法界の雰囲気や音楽、ギャグも最高でハリポタの世界観が受け継がれていた。
ちょこち
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.5

す、すごい、、、!!!
途中までなんて可愛いほのぼの映画なんだと思いきや最後のワンシーン、、、!
ほっこり笑えて、でもそれだけじゃない"激しい"映画でした笑

人を愛するってそれ程激しいものなんだろう
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.8

ここまで胸を打たれる映画だと思わなかった…コメディなのかなという軽い気持ちで観たらレオナルドディカプリオの繊細な表情の変化に本当に胸がかき乱されました…

曲も合わせてテンポが良くてハラハラする場面
>>続きを読む

キューティ・ブロンド/ハッピーMAX(2003年製作の映画)

3.7

一作目に続いて、とてもよかった!!

元気が出る!ファッションもそうだけど自分に似合う自分の好きなものを貫いて胸張って行きているのがかっこいい!エル!

情熱を持って目の前にいる人を真っ直ぐ捉えている
>>続きを読む

Doodlebug(1997年製作の映画)

3.0

フォロワーさんの影響で私も鑑賞。

グロ系だったらどうしようとそわそわしつつ電車の中で恐る恐る観ました。

次に何が起きるか分からない、そしてそもそも何が起きているのか分からない不気味な感じが良かった
>>続きを読む