MegumiSasakiさんの映画レビュー・感想・評価

MegumiSasaki

MegumiSasaki

映画(201)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

グッバイ・クリストファー・ロビン(原題)(2017年製作の映画)

4.5

こんなに悲しい物語が隠れていたなんて。クリストファーが純真だからこそプーさん達は生き生きと森を散策していたのに。
#ガルーダインドネシア

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.0

さすがのディズニー。安定の家族愛に溢れてます。ただお金出して見るかと言われたら🙄
#ガルーダインドネシア

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

4.7

価値観は環境と周囲の評価で形成されている。「障害は君の心の方にある」と言われたら?「小さいのはあなたの心」と言われたら?幸せのチャンスを今までのこだわりで見逃すの?自分なら、どうする?

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

自信家で野心にあふれ、成功を求め続ける人を惹きつけてやまない魅力的な主人公。だからこその成功と挫折と再起の物語は面白い。しかしながら、旦那にするには、広ーい心が必要ですね。チャリティのような😓

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

-

あの選択をしなければこうはならなかっただろうと後悔する時間は彼にあったのだろうか?明るく描かれていますが、一人の人間の人生を軽んじてしまう国、組織の恐ろしさを痛感。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

1.7

BAの日本語映画が4作品のみだったので観ましたが、やはりアクションものは苦手。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.4

ヘレン・ミレンが素敵。こんな風に歳を重ねられたら良いな。
ストーリーも俳優陣もとてもいいのに何か嘘臭い。多分、廃人になったら今の世の中は待ってくれない。社会も人々も。

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

2.0

玉木くんの映画だから最後まで見たけど何故この作品が賞を取ったんだろう?って理解出来なかった。グロすぎるのも無理。チケット無料で貰ったけどもう一回観たいとは思えませんでした。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.0

娘を愛するのはどこの国の父親も同じなのねと半ば呆れながら、それでも微笑ましく見守っていたのに、母親が現れるまではね。当事者の思いなどお構い無しに事実のみで真実を見ようとしない理不尽な社会、それが現実。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.0

親子だから許されるのかもしれないけれど、父親にコレやられたら怒るなー。
人生楽しもう!というのは分かるけどね。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

5.0

涙なくしては見れませんでした。ほんと、わんちゃんって健気🐶人間よりも寿命が短いけれどそれでも側にいて欲しい。

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.2

光をくれる人は、愛する人だと気づけますか。幸せは思いやりから生まれるものだと気づけますか。
たった一度、赦すだけでいい。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

SF超大作は何でもアリになったのか⁈
フォースは万能な超能力?ラスボスもあんなに呆気なく?宇宙から生還するかと思えば、遠隔操作で逝っちゃうなんて、、、。
それぞれのキャラが袖の下を積んで出番を全て詰め
>>続きを読む

世界にひとつの金メダル(2013年製作の映画)

4.0

馬術の知識が無くても、楽しめる作品。
父親や周囲の人に支えられて今がある、と気付けてよかった。
これが実話というから人生は映画よりも素晴らしいとはまさにこれ。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

2.0

ガル・ガドットか美しいから何とか最後まで見れた。
何が言いたいのか、分からなかつた。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.5

going in style かっこよく行こう、が原題。理不尽な世の中に納得いかない。でも解決策が強盗でかつ老人⁉︎あり得ないけど良かったと思える一本。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.5

全てを与えられて来た人生を送ると人間味が無くなる?感情の起伏がなく妻に対しても無関心。
妻はアピールしていたのに気づかなかった、本当は愛していたのに。
上手く言えないけれど、解体という原題より、邦題が
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

あんなに素敵な奥様と生涯を過ごして来て、なんでここまで頑固じじいになってしまったのかな。
とはいえ、独り身になった主人の未来もこんな感じ?とせつなくなった。

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.0

相手の為と良かれとしている日常が実は相手をダメにしている。
そう気づいたら、、、
でも、主人公のようには出来ないよね。
現実は。

A United Kingdom(原題)(2016年製作の映画)

4.2

久々に心動かされた作品。
肌の色で区別するものではない、という基本的人権がまだ無かった時代。
愛と信頼がこれほど強い夫婦が実在した事に感謝したい。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

安心のディズニー。
でも、それだけ。
せっかくの南の島題材なのに。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.8

悩める全ての人に見て欲しい。
そしてこの言葉を口ずさんで欲しい。
Aal Izz Well
インド映画、ランチョー導師、ハマります。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

4.2

戦争という大義名分の下では、個人の自由や幸せは塵に等しい。
愛する人を守るための犠牲が大きすぎる哀しい結末。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

ウィルが選んだ選択を100%認めることは出来ない。
それでも、ありふれたハッピーエンドは現実的ではないと納得するのは、それなりに生きて来たからかな。
僕を焦がれないで。とは無理な話だけど。

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.8

驕った考え。それでも人類の為と思い上がり行動する人間はいるんだろうなと苦い思いが残った作品。前二作とは芸術、宗教色が薄れていて残念。

>|