グラムぅ

グラムぅ

映画大好きです。映画に追われ映画に逃げる毎日を楽しんでいます。レビューと点数は100%主観です。2014/11/22開始

タランチュラのキス(1972年製作の映画)

3.1

デカめの蜘蛛でした。ゾワゾワしました。鳥肌がいっぱい、いっぱい出ました。それをボリボリ掻きながら頑張って最後まで観ました。ヒロインが根っからの蜘蛛好き。蜘蛛に話しかけたりしてました。キモさしかなかった>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.1

戦争に関わる人間の数だけ存在する覚悟。戦地へ向かう覚悟、送り出す覚悟、愛する者を失う覚悟、死ぬ覚悟、殺す覚悟、戦いぬく覚悟。どれも尊いものであり、映画を観た後にその是非を問う必要はないと思った。心優し>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.3

この事件の、そしてテロというものの恐ろしさ・卑劣さを改めて思い知りました。国や宗教の相違による思想の対立が発生する限り、このような事件が起きることは避けられない。自国のセキュリティや自警にも限界がある>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.6

リメイク元のスッキリした感じが好きだったのでコレは途中で「えっ、蛇足がスゴい!」と思ってしまったのですが最後の最後まで観たらコレはコレで面白かったです。まあ日本でやるとこうなりますわね。正直ツッコミど>>続きを読む

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

3.9

あ、バイオだ。バイオの原点「とても怖い」に回帰。とても怖い。序盤は立派なホラー映画。中盤からは立派なアクション映画。CGめっちゃ進化しとる。人間っぽい動きや表情する。レベッカ可愛い。惚れた。CGサイコ>>続きを読む

バイオハザード ダムネーション(2012年製作の映画)

3.0

いかにもバイオ。キャラへの思い入れで観てるとこある。ゲーム知ってる人しか面白くないんかもなーみたいなとこある。リッカー可愛い。キャラとして完成されてる。ゲームやり込んだ人ほど思い出補正かかって楽しめる>>続きを読む

バイオハザード ディジェネレーション(2008年製作の映画)

3.2

もういかにもゲームのバイオ。バイオのムービーシーンずっと見てる感じ。当たり前かもしれんけど実写よりこっちのほうがずっとバイオっぽい。ストーリーもしっかりしてる。レオンかっこいい。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.3

雑魚相手にギリギリの闘いを強いられる「あの」ローガン。すっかりおじいちゃんになっちゃった「あの」チャールズ。すごく悲しかったです。でもこりゃ他人事じゃねえぞと。祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きありだぞ>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.6

体がめっちゃ強いやつと体がめっちゃ弱いやつ。体が弱いやつは体が強いやつに憧れる。わかる。体が弱いやつはコミックにハマる。わかる。体が弱いやつはひねくれる。わかる。よーし筋トレするぞ。俺もベンチプレス1>>続きを読む

スチュアート・リトル3(2005年製作の映画)

2.4

急にアニメになったので心臓が口から飛び出るかと思いました。くそネズミでした。

スチュアート・リトル2(2002年製作の映画)

3.2

くそネズミがまた出てきました。あとくそ鳥も出てきました。どっちかというと僕はネズミより鳥のほうが好きなので前のやつよりこっちのほうがいいです。

翼のない天使(1998年製作の映画)

3.5

おじいちゃん大好きな男の子が可愛かった。男の子が神様を探す過程で世の中の色んな仕組みに気付いていくんだけど、ちょっと寂しくなってしまった。大人のエゴなのはわかってるけど、子どもは純粋なままでいてほしい>>続きを読む

アフター・アース(2013年製作の映画)

2.5

「ジェイデン、大きくなったな。さあこの調子で早く父を追い越してみろ」と、思わず「なりきりウィル・スミス」状態で観てしまいました。久々の父子共演。現実のジェイデンくんと映画の中のジェイデンくんがリンクし>>続きを読む

レディ・イン・ザ・ウォーター(2006年製作の映画)

2.7

この映画は「シャマランが娘に読み聞かせていた自作のおとぎ話」から生まれたらしい。・・「自作のおとぎ話」て! 「自作」て! お父さんとしておかしいだろ! もっと普通の本屋さんに売ってる市販のスタンダード>>続きを読む

エアベンダー(2010年製作の映画)

1.9

クリリンのアクションはサマになってました。でもなんとなくムカつく顔をしてたのが致命的でした。だからこいつが何をやっても「なんとなくムカつくなあ」という感想しか湧いてきませんでした。そしてラストまで観て>>続きを読む

ハプニング(2008年製作の映画)

3.1

工事現場の集団自殺シーンを見て「人間は高い場所から飛び降りたら死ぬんだな」と改めて思いました。他にも銃やらなんやらでみんな簡単に死んでいきました。もしかしたら人間の命って軽いのかもしれないので普段から>>続きを読む

ユートピア(2015年製作の映画)

3.3

ゲイの楽園でした。全裸、全裸、全裸アンド全裸でした。なんとなく予想はしてたことですが、おちんちんがたくさん出てきました。日本版ではボカシが入ってます。・・ボカしてんじゃねーよ! そこ重要なところだろう>>続きを読む

ブラッディ・ツイン(2016年製作の映画)

3.6

恥ずかしながら「バニシング・ツイン」というものを知らなくて。妊娠中に双子の片方が消えるなんてこと本当にあるんですねー。生き残った片方が主人公。バニシング・ツインという現象自体が興味深いんですがそこにホ>>続きを読む

マッド・ドライバー(2016年製作の映画)

2.6

「よく知らない人と友達になったけどこの人キモい。悪い人ではないけど縁切りたい。でもなまじっか友達だから言いづらい」っていう話です。フィルマークスで言えば「このひと人気ユーザーっていうからフォローしたけ>>続きを読む

ブラッディ・ホワイト 白の襲撃者たち(2015年製作の映画)

1.5

僕はこの映画をジャケのエロナース目当てで借りました。本編、確かにこのナースは出てきますが胸ははだけてません。前ボタンとめてます。赤ブラジャー1秒も出てきません。一度全部観終わったあとに「こんなハズはな>>続きを読む

栄光のランナー 1936ベルリン(2016年製作の映画)

3.5

これが史実に基づいてるってこと。こんな素晴らしい選手がいたってこと。これを知れただけでも十分です。黒人は白人よりも劣ってるのか? その答えは彼の手にした金メダルを見れば一目瞭然、論じるまでもありません>>続きを読む

エンド・オブ・トンネル(2016年製作の映画)

3.2

下半身が動かなくても上半身と脳みそフル活用で意外と色々イケるもんだなと思いました。もし僕が将来事故や病気で下半身不随になったらこのエンドオブトンネルのことを思い出して精いっぱい生きようと思います。あと>>続きを読む

スチュアート・リトル(1999年製作の映画)

3.0

くそネズミがまあまあ可愛かったです。でも僕はとっとこハム太郎のほうが可愛いと思います。映画の序盤、弟を欲しがる一人っ子のジョージにパパとママが児童養護施設からネズミを連れて帰りますが、僕ならパパとママ>>続きを読む

31 サーティーワン(2016年製作の映画)

3.5

いかにもコイツら今からヒドい目に遭うぞみたいな集団が案の定ヒドい目に遭ってました。ロブゾンビはロードムービー的な絵作りがとても上手だと思います。なぜこんな血とゲロの入り混じる悪臭プンプンのキチ映画から>>続きを読む

ファイナルガール(2015年製作の映画)

2.0

人間狩りをして遊ぶイケメンたちを殺し屋女子高生が懲らしめる(無論殺す)お話ですがちょっと大人しい感じでしたね。できれば殺す前にもっと余裕をもってイケメンのアナルを犯して楽しんだりおちんちんをむしり取っ>>続きを読む

フィッシュマンの涙(2015年製作の映画)

3.6

魚人間になりたいと思いました。新薬実験の副作用で魚人間になってしまった男。本人の意思とは無関係なところで国民から英雄視されます。魚人間、何もしてないのに。しょうもない。人間、しょうもない。何もしてない>>続きを読む

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.3

女の人を監禁したい気持ちはわかるけど本当にやっちゃダメですよね。想像で監禁すればいいのに本当に監禁するとかこいつマジキモいっすよね。想像するだけなら犯罪じゃないのに、全然キモくないのに、本当に監禁する>>続きを読む

サイン(2002年製作の映画)

3.3

世界各地にミステリーサークルが出現するところなんかはオカルト好きにとってのワクワクポイントその1ですね。その2は宇宙人登場シーン。でもシャマランはその辺の描写に重きを置いてないですよね。見事に全部ショ>>続きを読む

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

3.8

村は安全! 村の外は危険! その通り! 村に住んでる僕が保証します! そもそも村には犯罪を犯すために必要なパワーを持ってる人がいません。じいさんばあさん、あとタヌキやイタチしかいません。極めて安全なの>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.6

「わたしAB型だから二重人格なんだよね」とか言うブスには「いや自分で言うんか〜い、エセ二重人格お疲れ様です」って言いたくなりますが、もし「わたし23重人格なんだよね」とか言う女がいたらウソにしろ本当に>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

中盤くらいまではメチャメチャ難解に思えて「えっ!? どういうこと? みんなわかってる? 俺がアホなだけ?」と慌てまくり動揺しまくりだったけど中盤のとあるシーンで頭をバールのようなもので「ガツーン!」と>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

ゴキゲンなナンバーにノリノリになりました。ナウなヤングにバカウケだと思います。とてもわかりやすいです。面白さがとてもとてもわかりやすいです。ここで笑う、ここで怒る、ここで泣く、ここで踊る。とてもとても>>続きを読む

UFC -アルティメイト・ファック・チャンピオンシップ/性技世界一決定戦(2011年製作の映画)

1.7

映画でもなく格闘技でもなかったです。間違いなく紛れもなく疑う余地もなくAVでした。「性技世界一決定戦」などと銘打たれてたのでどんな匠の技が繰り出されるんだろうとドキドキしてたのに案外みんな普通にSEX>>続きを読む

ダークレイン(2015年製作の映画)

2.7

世界中で一斉に大雨が降ったその日、人間たちに恐ろしい出来事が! ていうか、恐ろしくくだらねー出来事が! ・・おかしいな、たしか怖そうなジャケのホラー映画を借りてきたハズなのにまったく怖くないぞ。いっぱ>>続きを読む

ちいさなプリンセス ソフィア/はじまりのものがたり(2013年製作の映画)

3.5

ソフィアかわいい。声がめっちゃかわいい。誰も賛同してくれなくてもいい。俺がかわいいと思っているからそれでいい。声がかわいい。

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

3.8

ダゲレオタイプって撮影方法、めんどくさっ! 1枚写真できるのにめっちゃ時間かかるやん。もうデジカメでいいやん。なんならスマホでもいいやん。それとこの映画に出てくる「ワシはダゲレオタイプで撮った写真以外>>続きを読む

>|