grandpeutetreさんの映画レビュー・感想・評価

grandpeutetre

grandpeutetre

往年の名作を観たいですけど日々の最新作に追われております

映画(188)
ドラマ(0)

教誨師(2018年製作の映画)

3.6

死刑囚と対話するお話

基本的に対話室の会話がすべてなので、俳優陣の見所は演技重点なですが、自然にどこか外れてしまった市井の人達と教誨師の姿が見られて、楽しく鑑賞できました

死刑囚達は一見して見受け
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.7

小学生が旅館の若女将となるお話

前半部分がやや単調に感じたものの、終わってみればすっきりした鑑賞感の成長ものの良作でした

メインとなるお客様が3組というのがバランスよく、ライバルとなる同級生含めて
>>続きを読む

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.6

少女の物語

なかなか素直になれない少女が家庭の中で起こすなにげないエピソードの積み重ねです。最近似たようなアニメ作品がありましたね。

主人公フリダが複雑な心境を持つ様を自然に演じられているのが印象
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

カメラを止めてはいけないお話

前情報なしで観た方がいいという前情報のみで観ましたが正解でした。
わからないことで覚える不安感や違和感が、後半の熱量を伴った展開で解消されていくのが楽しい。口コミで観に
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

恐竜サスペンスの続編

邦題の炎の王国は前半で終わるので、fallen kingdomのままでいいんじゃないかなとは思いますが、いつものジュラシックパーク感があって良かったです

今作は被害に遭うのは
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.5

女性テニスプレイヤーの伝記的作品

当時の雰囲気を味わえる感じと、試合の映し方が良かったです
ビッグサーブやベースラインでのストロークの無い感じが当時の世代でないと新鮮に映る

ボビーの興行師としての
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.3

すきくないお話

「スキクナイ」の呪文を唱えると、あら不思議! 相手のことをもっと知ることができる時空を体験できる。相手の事情を知ることで、対象を理解し、感情移入し、自分本位の未熟な感情から生まれる好
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

ひと夏のお話

あんなに美しい世界があるんですか、あるんですね

見目麗しい人達が太陽の陽射し照りつける中、野で遊び、水辺で遊び、果実を齧り、複数言語で言葉を交わし、身体を重ねと神話かなにかかと思いま
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.7

光州事件のお話

なにも知らないタクシー運転手が外国ジャーナリストを歴史的事件の現場に連れていくお話
(史実のドライバーさんはもともと事件関連の知識層と関わりがあったようですが)

娘との生活のために
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

片田舎で起きた事件のお話

題名でビルボードチャートから想起して音楽かなんかのお話かなとか思いながら見始めたら冒頭から、3つの真っ赤な看板が出てきました
そんな勘違いから始まりまして、観ていても全く結
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.7

過去の事件にまつわるお話

シリーズものということすら知らずに観ましたが、楽しめました
お話的に完結編のようなので、小説も読みたいと思います

飄々としているような加賀さんがカレンダーの橋の名前で急変
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.5

暴力的じゃない方のクマ2作目

個人的に1作目の耳に歯ブラシ突っ込むシーンが全く受け入れられなかったので、その印象が強かったのですが、2作目になり周りの理解度もあがりなんだか優しい世界に癒されますね
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.7

暴動時の悲劇のお話

白人警官が黒人を不当に扱うというのは、いろんな作品で題材になりますが、本作はさらに極限状態だと何が起きるのかという、というか現実に起きたお話

公権力が種族だけで明らかな差別とい
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

半魚人との物語

映像がとにかく美しい

そして優美だけれども明らかに嫌悪感を示してしまいそうな半魚人の造形をすべてカバーするあの眼

用を足す前に手を洗う謎理論なマッチョや、差別主義者のカフェ店員ま
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.8

長命な女の子とのお話

画が美しく、お話もまとまっていてよかったです。

主人公マキアが髪染めたり、伸ばしたりなりますけど、最初と最後の姿が儚さがあってよくて、同じ姿なのに、最初の幼い感じから、強さを
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

死者と音楽のお話

伝統ってよくわからないところで決まって、正しいのかわからないまま延々と引き継がれていきますよね
そういうよくわからんものを子供の純粋さとか頑なさとか情熱とかでぶち破って、新たな流れ
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.7

かるた映画完結編

後編がとてもよかったですから、どうなるかと思いましたけど、綺麗に終われてよかったです

周防さんがとてもよかったですね
厭世的な感じだけれど、予備校の大勢の前でただひとりに伝えると
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

ノルマンディーあたりのお話

チャーチルさんの生態が知られたような気がする作品でした
なんとなくヒッチコックを思い出す

史実だけど作品中の出来事は殆ど脚色のような感じですけど、どうなんですかね

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.9

ユーフォのスピンオフ?作品

ユーフォの前日譚だと思ったら、高校のお話でした。制服からしてそうですよね。

歩き方や髪の触れ方や視線の動き方など大画面で観られてよかったです
音楽も自宅のスピーカーでは
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

VR映画

予告でみると完全に終わった世界でバーチャル世界に逃げるしかない印象を受けましたけど、そこまででもないのかな

昨今の情勢だとバーチャル世界でのセカンドライフは割と現実味があるので、そういう
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

ヒーロー映画

サノス君がかっこよくてよかったです
やられる側としてたまったもんじゃないし、手段も有効なのか疑問なところだけど、なんだか納得してしまう悪役ってのは新鮮でした

魔法使いのおじさんとかも
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.8

思いやりの作品

観ていていたたまれなくなる底意地の悪い作品で大変好みでした

おさるさんのところの緊張感がとてもすき
アパートにチラシを配る段になってからのイザコザとか、一張羅でゴミ漁りするとことか
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.4

犬と日本

リーダーな犬たちの会話が楽しい
どこから噂を仕入れてくるんだという犬さんが状況を解説してくれてる感じ

未来の日本の描写はどこかレトロで、あとはお約束のシンメトリーがたくさんありました
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

足映画

脚でした

脚はともかく、バイト店長の大人な対応がとてもかっこいい
確かに夢追い破れて何も無い男なのかもしれないけれど、人間味あふれて、ちょっと頼りなくて、ちょっと知的で、人に寄り添う言葉を
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

家族のお話

家族とはなんだろうと考えてしまいますね
いわゆる普通の家庭に育てば、血の繋がった人々が家庭という同じ場所で家族関係を育むので疑問を差し挟む余地などないと考えてしまいがちなところを、特殊な
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.4

ウサギと人間のお話

もふもふしていてかわいいですね
あれが可愛さ余ってというやつでしょうか、違いますね

イイ話で終わったので途中で抱いた感情もなんとなくスッキリしましたが、あれが精神異常者の妄想で
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.4

コメディでシリアスなヒーロー作品

家族映画らしいですよ

ケーブルのキャラクターが良かったです
あとはアクロバティックな運転?シーンと、運という能力のカッコいい魅せ方が新鮮

戦闘シーンがもう少し見
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

企業映画

簡潔にまとまっていて見応えのある作品でした

現実的に覆し難い巨大な存在による不正を、自身を信じる多くの人々が少しづつ穿っていって倒していくさまは痛快です
主演陣にも安心感がある

池井戸
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.6

エンターテイナーのお話

ミュージカル映画がだんだん楽しめるようになってきました。
本作は歌やダンスのシーンは強制的に楽しませてくれるなにかがありますね。

特に空中ブランコの女性のくだりはロープアク
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.6

小難しくないマハーバーラタ的な作品

前作観ていないのですが、いきなり前回のあらすじから始まるのでわかりやすい
他のシリーズものでも取り入れて欲しかったり。

ガンアクションでも武術的でもないアクショ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

紳士スパイ映画第二弾

ラスボス前のコンビアクションがよかったです

全体的に前のがよかった感があります
教会の戦闘や花火ほどアガるシーンはなかったかな

敵さんもサイコパス感少ないですし、米サイドも
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

拗らせた人のお話

主役のこじらせ具合がとても良くて、そして観てて辛い作品でしたが、見目がよいのでほどよく中和され最後まで楽しめました
内面の状態が外に顕在化されたパパッと切り替わる演出も楽しい

>>続きを読む

劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い(2017年製作の映画)

3.4

プリヤゼロ

強いワカメとエミヤの戦いがよかったです

士郎が正義を取るか目の前の人を取るかの思索がサラッとしてた印象があり残念
切嗣は切嗣だねっていう描写はよかったです

パンフは800円

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

神代でない神話

一番楽しかったのはドイツ兵対アマゾネスの戦闘シーンでした
二千年前装備の屈強な戦士と70年前装備の兵士の戦いの新鮮さがとてもよいです

あんなに重い思いをして秘書さんが運んでくれたゴ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.0

彼女の物語

表情や視線の描写を観ているだけで楽しい作品でした
変わった人物が多い中、一際異常な主人公ミシェルに説得力しかない人物像を体現したイザベルユペールは本当に素晴らしい

冒頭の衝撃から想定し
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.3

花火はわりとどうでもいいお話

実写版や原作を知らないので、意味を理解できてないところが多いとは思うのですが、アニメ版の今作は少女の家庭環境うんぬんより、主人公の少年のその場の衝動をもしもで叶えていく
>>続きを読む

>|