のすさんの映画レビュー・感想・評価

のす

のす

男の怒りをぶちまけろ(1960年製作の映画)

3.6

赤木圭一郎主演の日活アクション映画。やっぱり彼が歌う主題歌は味がある!

濃厚なアクション映画に仕上がっていて満足。激しい銃撃戦も盛りだくさんで魅せ所があってとても嬉しい。でも登場人物の行動にはちょっ
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.7

見たかったけれど近くで上映されていなかった作品。やっとアマプラで見れた!

個人的にこの映画のみんなでやる内輪ノリを最大限に熱くしたみたい感じが凄く好き。小っ恥ずかしくて笑っちゃう部分もいっぱいあるけ
>>続きを読む

ガラスの中の少女(1960年製作の映画)

3.6

ずっと見たかったのでアマプラに追加されてて嬉しい!吉永小百合&浜田光夫の純愛コンビがみずみずしい作品。

少年少女の壊れやすい繊細な心の移り変わりを描いた作品。時代背景から当時の雰囲気が分かる。純愛だ
>>続きを読む

ある用務員(2020年製作の映画)

3.6

ずっと気になっていた作品! 

暴力団組長の娘の見張り役をしている用務員が学校へ襲ってきた様々な刺客たちと闘うという話。

殺し屋たちの一人一人の個性が強い。アクションもテンポが良くカッコよく魅せてい
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.6

少し前に見た。組の抗争、暴力の連鎖、ダイナミックに描かれていて良かった。どのヤクザも名優だらけで豪華。皆かなりクセ強目で素晴らしい。やっぱり椎名桔平は印象的。北野監督の作品は初めて見たけどこれからも見>>続きを読む

大阪闇金(2021年製作の映画)

3.4

気になったのでDVDを借りて視聴!

前科アリの訳あり男が闇金で働くというお話。こういうディープな感じの闇金とかの映画?はあまり見たことないので関連作品もチェックしてみたいと思った。2もあるらしいので
>>続きを読む

完全な遊戯(1958年製作の映画)

3.6

呑気な大学生5人、遊ぶ金欲しさで挑んだ危険な遊戯の代償…

初々しい小林旭、梅野泰靖、こういう知的な大学生役にピッタリすぎる…!岡田真澄は綺麗な顔立ちしてるなぁと思った。そしていづみさん…!こういう感
>>続きを読む

豚と軍艦(1961年製作の映画)

3.7

作り手の力強いエネルギーを感じる作品。昔の作品でモノクロだけどどのシーンも凄く活き活きしていて色褪せず、魅力的だと思った。特に夜の繁華街のシーンに心惹かれた。長門裕之が演じるチンピラ主人公、完全にグレ>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.3

人間から概念を奪う宇宙人が地球に侵略してくるという話。世界観が独特…斬新で面白い設定だとは思ったけど私はあまりハマれなかった。

宇宙人!侵略!というイメージが強いけどその物語にはどこか脱力感がある。
>>続きを読む

わさび(2016年製作の映画)

3.5

全編を通しての雪景色がとても物語とマッチしている。とても心に染みる話。芳根京子はやっぱり魅力的な女優だなと思った。やはり心に訴えかけてくるものがある…複雑な境遇でもしっかりと生きる主人公は強いなと思っ>>続きを読む

それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ(2015年製作の映画)

3.3

アンパンマンがどんな作品か思い出すために鑑賞。割と忘れていたキャラや設定があってびっくり。アンパンマンよりもコキンちゃんやクリームパンダ、ゲストキャラクターの大島優子が声をやってるミージャの方が出てて>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.6

原作は何年か前に読んだけど、キャストが割とイメージに合っててびっくり。マユちゃんは前田敦子の感じが合ってるし石丸さんは木村文乃で納得だった。あとは映画内の80年代の雰囲気はすごく好き。

話はほぼ知っ
>>続きを読む

テケテケ(2009年製作の映画)

3.3

テケテケってなんだっけ?状態で見たのでその全貌が見えて良かった。ホラーだけど相手の姿が露骨に見え過ぎてそこまで驚かす系統の怖さは無い。だけどホラーとしての面白さはあるので普通に楽しめる。続編もなにげに>>続きを読む

スパルタンX(1984年製作の映画)

3.4

なんと舞台はスペイン!ジャッキー•チェン、サム•ハン•キンポー、ユン•ピョウの3人の活躍が存分に見れる映画だった。

アクションシーンはどれも素晴らしかったけどスケボーで人並みを上手く避けながら進むジ
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.0

公開が決まった時からずっと楽しみにしていた作品。私が思い描いていた理想の青春たちが詰まっていて大感動だった。

青春、時代劇、SF、恋愛、映画作り、掛け合わせたら未知数なテーマだったけどどれも良く生か
>>続きを読む

ディヴァイン・フューリー/使者(2019年製作の映画)

3.4

アジアで製作されたエクソシスト系の映画は初めて見た。何だか斬新な感じ。悪魔払いの時に唱えるサルトゥク…サルトゥク…みたいな呪文がとても印象的だった。

悪魔が燃えたり天井這いずってるちょっと気持ち悪い
>>続きを読む

ポリス・ストーリー 香港国際警察(1985年製作の映画)

3.7

ジャッキー・チェンの映画を見るのは2回目。アクションはもちろん最高だけどクスクス笑えるシーンが結構あって楽しかった。

ジャッキー・チェン終盤のショッピングセンターでのアクションは痺れる…ガラスも電球
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

3.8

今までのシリーズに出てきたファミリー大集結で嬉しい!魅力的で壮大なアクションも多くて見応えタップリの作品だった。

前のシリーズに出てきたキャラクターが協力して犯罪をやっていく姿にはワクワクドキドキが
>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.6

オコナーはもちろんドミニクも復活。ファミリーが帰ってきた作品。

前作よりもレース要素は少なく、ド派手なカーアクションがメインという感じだった。最初のド派手なアクションは壮大すぎてびっくりしたけど本音
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.7

ワイスピ3作目。全然期待せずに見たからかもしれないけれど私的にはかなりハマった作品だった。

前の話とは時系列がズレていてキャストもがらりと変わって前作のおもかげがほぼないし舞台は東京!その斬新さには
>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.4

ワイスピシリーズ2作目。ポール・ウォーカー以外の主要キャストがほぼ変わってていたのには驚いた。

前よりもカーアクションはド派手になって良かった。でも前作よりレースがあまり重視されてなかったのとストー
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.7

ずっと見ようと思って見てなかったので鑑賞。車は全然詳しくないけどレースのシーンは大興奮だった。日本車がたくさん出てきて嬉しい…

ストーリーも全然下調べせずに見たからこんな感じなのかー!と思いながら見
>>続きを読む

プロジェクトA(1983年製作の映画)

3.8

ジャッキー・チェン主演の映画は初めて見た。今まで見てきたアクションの中でも最高峰に面白い。

様々な道具を駆使したドタバタアクションはたまらないし、それをサクサクをやってのけるジャッキー・チェン、サモ
>>続きを読む

黒い傷あとのブルース(1961年製作の映画)

3.7

全編を通してムーディーな感じの映画。海辺に建つ小さな喫茶店がシックでお洒落。あとは船の出し方も好き。ストーリーも思った以上に意外性があって良かったなぁ。車を運転しているシーンはどうやって撮っているのだ>>続きを読む

毒戦 BELIEVER(2017年製作の映画)

3.3

姿の見えない麻薬王、イ先生を追う麻薬捜査官の刑事とその仲間たちの物語。リメイク版だが元の映画は未鑑賞…

アクションも盛り沢山、次はなにが起こるのか?的なハラハラドキドキ、スリリングな展開ではあるのだ
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.8

映像自体から問いかけられる、心動かされる映画。鑑賞中はこの淡くて繊細な世界にに揺られているような気分が続いた。

中学生の少女、家族、友人、学校の教師…様々な人と出会い、傷つけられたり、反抗してみたり
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.5

主人公はパリに憧れを持つハリウッドの映画脚本家。深夜に迎えにくる馬車に乗ると、彼が愛してやまない1920年代のパリにタイムトラベルするという話。

どこの時代に生まれてもやっぱり過去はとても綺麗で、今
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

昭和の広島で巻き起こるヤクザ同士の抗争と刑事たちの物語。

衝撃的なシーンからのスタートでびっくりした。126分間、迫力のある映像がずっと続くのがたまらない…過激な描写も沢山あって冷や汗をかいた。この
>>続きを読む

その壁を砕け(1959年製作の映画)

3.7

冤罪で逮捕された男。さまざまな人物が関わりながら山村に突然起きた殺人事件を解決していく物語。

小高雄二演じる男が通りがかりに突然逮捕されてしまうシーンは理不尽すぎてビックリでした。青春を返せとちょっ
>>続きを読む

青春を返せ(1963年製作の映画)

3.8

兄を冤罪で逮捕され死刑を宣告された兄の無実を明かすために、少女が奮闘する話。

これはなかなか面白かった。芦川いづみファンにはたまらない内容なのではと思う。主人公の周りに見放されたり、理不尽な事をされ
>>続きを読む

ゆがんだ月(1959年製作の映画)

4.0

日本のノワール的な作品。巧みな光と影の演出が印象的なモノクロ映像が素敵。

主演の長門裕之はダンディで深みがある。駆け落ち相手の南田洋子も美しい。そして殺された兄貴分の妹に芦川いづみ…50年代の神戸、
>>続きを読む

美しい十代(1964年製作の映画)

3.5

ザ・青春歌謡映画という感じの作品。

浜田光夫はやっぱり悪い奴には見えない。どこか好青年感ざ漂うチンピラだった。三田明はかわいい顔してるのにいかつい髪型だったのがちょっと謎だった。キューポラのある街で
>>続きを読む

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

3.6

主人公がヤクザ同士の冷酷非道な血を血で争う抗争に巻き込まれていく、ヤクザ映画の金字塔と呼ばれる作品。

やはりチャララー♪という音楽が印象的。一度聞いただけでこんなに耳に残る音楽を作ったのは凄いと思う
>>続きを読む

幕末太陽傳(1957年製作の映画)

4.2

品川の遊郭に居座る無一文の主人公を中心に繰り広げられる非常にエネルギッシュなコメディ時代劇。デジタル修復版を見たので画面が凄く綺麗だった。

60年以上前の白黒映画だけれど時代を超えても鮮度が落ちない
>>続きを読む

愛と死の記録(1966年製作の映画)

3.5

原爆症を患った青年と彼をひたむきに愛する少女の儚い恋を描いた物語。心にズシンとくる重めの作品だった。

「愛と死を見つめて」では骨肉種に侵される少女を演じていた吉永小百合が今度は病気に侵される青年をひ
>>続きを読む

東京流れ者(1966年製作の映画)

3.3

鈴木清順監督。独特の世界観で繰り広げられるお洒落な仁侠映画。

「刺青一代」にもあったけれど縦長の和室で行われる殺陣を流れるように撮るシーンがスマートで好き。暴力団の部屋、バー、など黄色、ピンク、白…
>>続きを読む