greeeimさんの映画レビュー・感想・評価

greeeim

greeeim

映画(460)
ドラマ(0)

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

すべてが幻覚だった、と思わないと夢に出てきて眠れなそう(´;ω;`)ヒョジンがご飯をむさぼるシーンは圧巻でした。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

アカデミー賞候補、とか、世紀の名作のリメイクとか、そういうことを全部取っ払って見てみましょう。
ほら、全然面白くありません。

キャスティング、ホントにレディー・ガガでよかったのでしょうか?グラミー賞
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

-

監督にはなりたい、でも撮りたいものはわからない。矛盾の渦中にいながら、仲間のいる熱気むんむんの空間は居心地が良くて、息が詰まる感覚。今、見てしまったなぁ…という感じ。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

双方の無意識な残酷さが交互に表現されてて、あれは恋だった…!フランス語もっとちゃんと話したいなあ

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.2

展開は読めるのに、見せ方とテンポなのかあっという間だった。生理現象が生きることの表現で安心したかと思えば、心の奥底では真逆の決断が下されていて。バッドエンドでもましてやハッピーエンドでもない。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.4

言語化するのに時間がかかりそう。とりあえず、いや、もうめちゃくちゃよかった。

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.3

人が全力で走る姿はいつ見ても良い。おばあちゃんのハグの仕方がとても好きだった。

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

4.0

雪の白に血の赤が映えて美しい。
この世界に味方が1人でもいれば強くなれるのかなと思ってしまった。
少年同士の儚さがまた切なくて切なくて最強だった。

>|