映画泥棒さんの映画レビュー・感想・評価

映画泥棒

映画泥棒

映画(481)
ドラマ(1)

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.2

コロナのせいで久々の映画。
やっぱり映画館で見るのっていいなあ。
内容も“人生”そのもので大好きだった
あとキャスト豪華すぎ
どこ見ても美しすぎる

天気の子(2019年製作の映画)

3.2

東京の描き方きれい、実写か?
ストーリーはうーん。

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

4.1

セリフも説明も多すぎなくて良かった
見やすい!
終わり方がおお、ここか!という部分だけど、見せすぎないところがオシャレ

ハイ・フィデリティ(2000年製作の映画)

3.3

セリフ多い、、
思ったより爆発的な何かがなくて淡々としてた

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

4.0

おじいちゃんばかりだから、下品すぎずに聞こえて楽しい。
夜家でお酒飲みながら見るのにめっちゃ丁度いい。

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.9

照明がきれい、、
夜の遊園地、ゲーセン、男子便に乗り込んできてキスするところがいい、、

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

3.7

10年くらい前に見た気がするけど、オチ忘れてた。
映像が古くてなんとも、だけど話はやはり面白い

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.7

おおー、映画で終わらずこの先も物語は続くのか……

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

3.8

最初寝そうになっちゃった

ドラマとドキュメンタリーの間みたいなカメラワーク

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃすごい
どう撮ったんだ?っていう疑問が残る
カメラマンを何人も配置してカメラを交代しながら撮ってるんだろうか
暗転以外にカット点がわからなかった

没入感が凄まじい
自分がその場にいるよう
>>続きを読む

聖者たちの食卓(2011年製作の映画)

3.8

人たくさんいるからめっちゃ分業
小麦みたいのこねて丸めて伸ばして焼くシーンと、食べ終わった後に銀の皿投げてくるシーン好き
あとみんなすごいカメラ見てくる

私の少女(2014年製作の映画)

3.9

主演の人の細かい表情と所作で心情がよくわかる。
田舎だと、あらゆるマイノリティは行きづらいだろうなぁ

新聞記者(2019年製作の映画)

4.1

政府側の世界が尋常じゃない青い世界
人間が暮らしていける色味じゃない
こういう遊びが効いてる
夜の東京の写し方が好みだったし、光のバランスとか映像にこだわりが感じられた

松坂桃李の演技がよかった
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

昔からのしきたりとか、根強く残ってるんと国も発展するのに時間がかかるなぁ。
奥さんの「女にとって恥ほど重い病気はない」という台詞で、インド人女性の生きづらさを感じ取った。

ソーナムカプールって人めっ
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.7

ポップなゾンビ映画。
最後まできたの見て気づいたけど、これ前にも見たな

地雷を踏んだらサヨウナラ(1999年製作の映画)

3.8

昨年カンボジアに行ったときのことを思い出す。
遠目に見てたアンコールワットが目の前に現れた時の高揚感がたまらない
あと若かりし頃の浅野忠信がセクシー

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.0

さすがのテンポのよさ!
大人になってからいい妻と母になってたけど、学生時代を思い出して、1人の女だってことを取り戻すさまがよく描かれてる

学生時代を思い出すー

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.7

シンガポール帰りの飛行機にて。
前作が好きすぎるので、別物として評価。チャーリーズエンジェルは何も考えずに見られるのがいいよね。

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.9

シンガポール行きの飛行機にて一足先に。
はぐれ者とダウン症の子供がいいコンビ。

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.6

シンガポールに行く飛行機の中で一足先に。
日本でやるなら大竹しのぶさんかな。

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

3.4

死ぬとき血以外に牛乳みたいな白い液体吐き出すの、きもー

イロイロ ぬくもりの記憶(2013年製作の映画)

3.9

思春期の言葉に出来ない〝もやもや〟がすべて映像化されてた。
特に宝くじを買うシーン、別れ際のシーンはグッときた。

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.7

聞いたことあるの「your song」しかなかった…
ボヘミアンラプソディと比べると見応えない

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.6

わーーー、これは重たいな。
なんの希望もない

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごくテンポがよくて見やすい。
戦時中でも子供目線だとこんなに明るく映ってるのかなと想像した。
ただお母さんのシーンは悲しすぎる…

>|