ぐちさんの映画レビュー・感想・評価

ぐち

ぐち

映画(642)
ドラマ(15)

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.0

映画音響のドキュメンタリーなんだから映画音響の設備で見なきゃだよなって思って映画館で観たけど正解だった!
モノラル音声時代から始まって5.1chサラウンドになった『地獄の黙示録』の音の奥行きに感動して
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.0

演劇の映像化だって聞いて「なるほど〜〜〜」と思う程度には「演劇」だったな!

脚本の完成度はすごい〜セリフ運びとか選び方とかすごく上手い。話としてはスタンダードで捻りは少ないけど、会話劇として完成度高
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.5

先月くらいにグラシネの4DXで観てきた。

これも細かい設定は「なんて???」ってなるのに、物語の軸がぶれないというか、筋書きはわかりやすいので振り落とされずに済む。時間軸があちこち行っても基本は一本
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

冒頭で「頭で考えてはダメ。感じて」
って言われたのでオッケー!了解!!!で最後まで進んだ。

理論を理解できなくても何かすげーーーー楽しーーーーって思わせられるのがノーランの凄いところ…
IMAXフィ
>>続きを読む

コリーニ事件(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

戦中のナチス犯罪を扱う映画と思いきや、現代ドイツの刑法の落とし穴こそを告発する、「過去の」映画ではなく「現在の」映画だった。

コリーニのプロフィールなんて真っ先に調べると思うんだけど最初に全く出てこ
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.3

配役で7割勝利が確定してるズルい映画。
アダム・ドライバーにナタ持たせて間の抜けたテンポでゾンビ殺させたら優勝するに決まってんだろふざけるんじゃない。
その上ティルダに日本刀持たせるとか、ジャームッシ
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

3.3

モデル体系スレンダー美女がゴージャスな衣装をお召替えしながら知性とスナイピングと格闘術を武器に敵をバッタバッタとなぎ倒すゴージャスなアクションが観たい!と思って観に行ってその通りのものが出てくる満足感>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

『人や国家を分断するイデオロギーの方が馬鹿げてる。俺は今が一番まともだ』

これを主人公じゃなくて、脇キャラが言うのが…しかも仲間を売って殺した男が。
それに激昂した主人公が「なんで馬鹿げたことを」っ
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

じんわり良かった〜〜〜
編集もオシャレ。

間に章立てのように愛についての偉人の言葉が挟まってる構成も良いんだけど、最後に主人公自身の言葉が引用されてるのが良かった、と思ったら本当の最後に引用されるの
>>続きを読む

バッドガイズ!!(2016年製作の映画)

3.6

めっちゃ好きだった

映画としては若干盛り上がりに欠けるとか、コメディとしてはシュールでオフビートな感じなのでわかりやすく笑えるのとは違うとか、人種系のブラックジョークが多くて日本人的にピンとこないと
>>続きを読む

炎のように、蝶のように(2009年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

スンウさんとジェウンさんの同級生コンビ目当て。
意外としっかり悲劇なのがびっくりした。
恋に流されない誇り高い皇后のキャラも良かった

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.3

ストーリーはオーソドックスだけど、そのオーソドックスさやキメ台詞(みんなで力を合わせれば困難に打ち勝てる的な)のチープさも気にならないくらいエンタメとしてちゃんと作られていて面白かった。

ゲーム部分
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.6

「おれのかんがえたさいきょうのころしや」

かっっっっっこ良かった…!!!!
アホほどカッコ良かったし設定盛り過ぎで笑えるくらいだった。これは『コンスタンティン』『処刑人』と並ぶリアル中学二年生がみち
>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

何よりまず人間は妖精を認識しよ
話はそれからだ

「人間に妖精だと絶対バレないようにすること」が共生と言うのかどうかずっともやもやしてしまってもう無理だった……有事の際は妖精側が人間を全力で助けて(災
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.8

え〜〜すごい良かった…想像より良かった
素直に面白い!って言えるエンタメ性もあったそして面白い!だけで終わらない後味もあったでも面白い。何だこれすごいな。

実際の性暴力被害を扱っていて訴訟の結果は知
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2020 「リーマン・トリロジー」(2019年製作の映画)

3.5

アメリカの産業が綿花から金、やがて「情報」へと移り変わる歴史と、リーマン一家の世代交代の歴史が自然に重ね合わされた秀逸な脚本。古きを駆逐し新しきへ進む、その「新しさ」もやがて次の世代に駆逐される哀切の>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

3.0

Amazonプライムで『ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド』で検索すると出てくるよと教えてもらって良かった!邦題では出てこなかった…
そして『1917』の前に見ておいて良かった。1917は説明が極
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.5

気付いたら身を乗り出して観ていて背もたれに背を戻す、という行為を何度もしてしまった。
『ダンケルク』や『ゼログラビティ』と似た感じの体験型映画。
銃撃があっても敵の姿がはっきり映らなかったり、飛行機や
>>続きを読む

ダンサー そして私たちは踊った(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

お゛兄゛い゛ぢゃ ん゛!!!!!!!!!!😭

最初はほんっっっとにイライラさせられたしほんまもんのクソ野郎で疫病神だって思ってたのに…
まさか最後の最後で『シング・ストリート』のお兄ちゃんばりの「古
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.5

シスターフッドものとしてサイコーだった!
事前にポスターや予告みたいな爽快痛快クライムものじゃないと聞いていたから、いつ女のドロドロが噴出するのかとビクビクしながらみたけど、確かに予告の印象とは違うけ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

『My hous, My rule, My coffee』

面白かった!
冒頭に出てきたマグカップと、バルコニーのマルタとその下にいるドライズデール一家の構図のラストシーンが特に痛快。
その時の空気
>>続きを読む

ロニートとエスティ 彼女たちの選択(2017年製作の映画)

3.0

原題はDisobedience(不服従)

信仰や伝統的な価値観が悪いわけではなく、またどんな結末になろうとそれを自分で選択できたかということ。選択の自由があるかということ。

ロニートとエスティの2
>>続きを読む

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

3.0

面白かったしアダムドライバーは最高だったしとってもテリーギリアム(ギリアム作品そんなにたくさん見てないのであんまり言えないけど)だったんだけど、なんかあともう一歩!って感じだったんだよなぁ…なんだろ>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

3.8

とても良かった…

画も演出も音楽もあえて美しかったりポップだったりして、でも美化しすぎることもなく、リアルの重さとリアルすぎない軽さのバランスがとても好み。アニメーションの使い方も上手い。
主人公と
>>続きを読む

幸福路のチー(2017年製作の映画)

3.0

アニメーションならではの動きの楽しさや現実離れした空想の世界をうまく行き来することで、現実のシビアな暗さやままならなさを中和してる。
ただ、何故だかわからないけどこの空想の世界が私にはあまりハマらなか
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

4.3

よ、良〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜え、、すっご、、すっごく良………良かった…

構図とかテンポで誤魔化してめちゃくちゃ作画カロリー低いところもあれば枚数増やしたりロトスコープ使って急にぬるぬる動く
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

SFというよりはファンタジーに近く、タイムトラベル自体がテーマというより恋愛映画のアイテムの一つという感じ。
この時間遡行の設定が独創的で面白かった。悲恋要因になる設定というのも興味深い。同じストーリ
>>続きを読む

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

3.4

中身は割とぶっ飛んだことしてたり下品だったりするのに何故かテンポが緩いと言うか、ゆるふわコメディみたいな印象になるのは北欧テンポなんだろうか笑
狙って独特の雰囲気(オフビートのシュールコメディみたいな
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.0

めっっっっちゃくちゃ面白かったブチアガった……話題になってたからなんとなく見たけど舐めてたごめんなさい…

ストーリーは王道なんだけどみんなが好きな展開がこれでもかと詰め込まれてるし、細かいギャグが五
>>続きを読む

さよならテレビ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

つくりとしては森達也監督の『ドキュメンタリーは嘘をつく』と全く同じなんだけど(パクリではなく構造そのものとしては奇抜な発想ではないし、森監督も本作に称賛のコメントを寄せてる)
森監督の方の作品は演出が
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.5

4dxサイコーだった…相性バツグン。
マッドマックスの時も思ったけど、車との相性が良いな〜
この作品はレースシーンもたっぷりだしそれが主観カメラになる時も多いので4dxの没入感が◎
唸るエンジン音とい
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

3.5

嘘でしょ辛すぎる



宅配ドライバーと貧困の話、くらいの前情報しか無く観たから、、ほんと、、こういう映画だとは、、あの、、言っといて、、、つら、、、

同じ貧困をテーマにした映画だと「パラサイト」と
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

こんなにも向き合いたくない社会のリアルとそれへの批判を扱っておきながら、こんなにもエンターテイメント。ポンジュノ監督すごい…

一番精神にクるな〜〜〜と思うのが、金持ち家族が嫌な奴らじゃないこと。
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

わかってはいたけど、見始めてすぐ全編英語なことにやっぱり戸惑った。
けど、直後のOPでビートルズが流れるという軽妙な皮肉に笑ってしまってどうでも良くなったわ。

子供の、それもドイツ側の子供から見た第
>>続きを読む

失くした体(2019年製作の映画)

3.5

最初は完全なストーカーでインセル(自分が恋愛弱者なのは相手や社会に問題があるとする女性嫌悪とも地続きになる思想)映画かと思ったけど、ラストああいう風に着地するとは思わなかった!
不思議な爽快感のあるラ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.0

『スター・ウォーズ エピソード9 〜2時間20分ダイジェスト版〜』面白かったです!!
さすがJJ、観客のツボを的確に押さえフィナーレにふさわしいファンサも心得てて気持ちの良い完結編でした。正に集大成
>>続きを読む

>|