飛べない豚さんの映画レビュー・感想・評価

飛べない豚

飛べない豚

初対面でも遠慮なくコメントをいただけたら幸いですm(__)m ベストムービーは今年観た中から、順位ではなく①王道 ②ある視点 ③お笑い のジャンル別1位です(^-^)/
★★★★オススメ、★★★合格、★★とりあえず観た、★この世から抹消

映画(436)
ドラマ(0)

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.3

そしてパージ法は完全に貧困層が対象となる。今度は家の中から完全に無防備な街中へ。始まる前から狙われてるとかナシでしょ!無差別殺人を娯楽にする富裕層も登場。そしてレベル4以上の武器を積んでそうな黒塗りの>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

3.1

1年で一晩だけ殺人を含む全ての犯罪を許すパージ法。矛先が社会的弱者や貧困層やリア充なのがめちゃ後味悪いけどリアル。防犯カメラの映像とかアメリカじゃ日常茶飯事っぽいし。溜め込んだうっ憤を晴らしたい気持ち>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999年製作の映画)

3.9

早ようせんと老いたらまたね♪

忘れられたキューバ音楽の巨匠たちを再発掘し、カーネギーホールでコンサートを開催するまでのドキュメンタリー。この前まで靴磨きをしてたり、10年以上も演奏してなかったり、そ
>>続きを読む

アポロ13(1995年製作の映画)

3.7

「栄誉ある失敗」

月面着陸に成功した11号よりも呪われた13号が映画として手に汗握るというのも何とも皮肉なもんだわね。11号以前の1から10はどうだったのかも気になるし。

にしても、何だって人間は
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.1

えー話やないか~(T∀T) ラブストーリーは自らは選ばないけど、皆さんの評価が高かくて観て良かった。さっきまで話してた人に“ところでアンタ誰?”って何回やっても言われたらショックだわ~。ララランドより>>続きを読む

7500(2013年製作の映画)

2.3

飛行機に乗る時って“堕ちたらどうしよう”って誰しもが頭の片すみで思っているけど口にしたら本当に起こりそうだからみんな黙っててCAとか最大限の作り笑顔でわざと明るく振る舞ってる、と思ってるのは私だけでし>>続きを読む

クリムゾン・タイド(1995年製作の映画)

3.3

ロシアの過激派が日米に宣戦布告!キューバ危機以来の緊急事態の中、潜水艦に積んだ弾道ミサイルについての暗号文が途切れてしまう。発射“せよ”なのか“するな”なのか、先制攻撃か誤って報復を受けるか、刻一刻と>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

MX4Dの座席が動いた瞬間に万歳三唱( ノ^ω^)ノ ついにイエーガーの操縦士デビュー!何なら飲み物が吹きこぼれるのも覚悟であと3倍くらい衝撃を加えてくれても良かった。この重量感はアベンジャーズでは味>>続きを読む

シンデレラマン(2005年製作の映画)

3.5

世界大恐慌時代のアメリカ、庶民がみな意気消沈する中を昨年まで同じ配給の列に並んでいた無名のボクサーが再び世界チャンピオンの座を狙おうとしていた。その無謀な挑戦と自分達と同じ境遇から這い上がろうとする姿>>続きを読む

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

2.3

再開発現場の古いお墓からゾンビ発生!祖父想いのボンクラ兄弟と老人ホームのお年寄りたちが英国ジョークをぶちまけながら大奮闘。死に損ない対決を制するのは果たして老人か、はたまたゾンビか!

アイ,ロボット(2004年製作の映画)

2.9

昔々、2035年のシカゴ。人間を傷付けない、命令の服従、そして自己防衛という三大原則の下、絶対に安全な家庭用ロボットと人間が共存していました。しかしある日、一台が開発者を殺害。何故なのか、何故その一台>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.3

ユダヤ人ながら同胞を次々とガス室へ送るサウルが、偶然発見した息子らしき少年をユダヤ教に則って火葬ではなく埋葬しようと奔走するのだが…。何せ平井堅似の主役の肩越し、或いは顔面のアップで2時間という一癖も>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.5

“お客様は神様だろうがーっ!”というストレス爆発系かと思ったら、仕事一筋のクレイマー氏とその元妻クレイマー夫人が親権を争う話だった(-∀-`; )

どっちも悪くないのに、裁判って最もらしいことを声高
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

4.3

“こちらノストロモ号のリプリー”

40年も前の作品なのに何度観てもビビる(-_-;) なんちゅう完成度や。ジョーズみたいに正体をハッキリ見せないのと、ろくなBGMも無いことが逆に静けさと緊張感を増幅
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.3

へ?今年のアカデミー作品賞を受賞してたの?知らんかった(-∀-`; )

人間のあるべき姿形とは?何とも不思議な大人のダークファンタジー。『美女と野獣』を冷戦時代に置き換えて大人の営みを加えたような、
>>続きを読む

フィラデルフィア(1993年製作の映画)

3.1

“問題には必ず解決策がある”

自由と平等を掲げ、アメリカの独立を宣言した街フィラデルフィアでAIDSと同性愛に対して世論を二分する裁判が行われようとしていた。
日に日に衰弱していくAIDS患者をトム
>>続きを読む

THE WAVE ザ・ウェイブ(2015年製作の映画)

3.3

3.11に敢えて津波映画を観る。脳裏に残る描写のオンパレードなので被災された方には決してオススメできないけれど、それ以外の人にとっては現地の惨状を知るのに少しは参考になるかも。

特に車内で直撃を受け
>>続きを読む

普通の人々(1980年製作の映画)

3.9

“痛いのは生きてる証拠だ!”-江頭2:50-

ロバート・レッドフォード初監督作品ながらアカデミー作品賞を含め4部門を受賞した秀作。

優秀だった長男が事故死したことによって残された弟と両親の絆がゆ~
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.1

“心が去る=怯む(ひるむ)。信念を持って正しいことを行っていれば怯むことはない”-小山薫堂-

地方新聞が絶対領域&治外法権の教会組織に立ち向かうという一見地味な内容ながら、いつ亡き者にされるか終始ヒ
>>続きを読む

別離(2011年製作の映画)

4.1

あ~しんど(´ヘ`;) 夫婦間・雇い主と従業員・従業員の夫婦間の口論を永遠と見せられるのね。でもそこから幾重も重なった嘘が少しずつ明らかになってポディブローのように効いてきて、終わる頃にはアラビア語が>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.5

“デブ二等兵、貴様の名は今日から微笑みデブだ!まるでそびえ立つクソだ!!”
“サー!イェッサー!!”

『セッション』以来の罵詈雑言の嵐(こっちが先だけど)に疲弊していく訓練生。これでもかと叩き込まれ
>>続きを読む

NINJA(2009年製作の映画)

3.3

ダサいタイトル!ダサいジャケット!だ・け・ど?!意外や意外、中身は至って真面目!!

道場で育てられた青い目をした孤児vs破門されてダークサイドに堕ちた兄弟子。代々継承者にしか与えられない伝説の武器を
>>続きを読む

インシディアス 序章(2015年製作の映画)

2.9

ホラー映画、特にジェームズ・ワンが関わってるやつを観てる最中に無言電話をかけてくるのはやめーい!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚ 心臓が片方止まったじゃんか…って片方しか無いんだったぬー!!

こうして霊媒師の
>>続きを読む

スリー・キングス(1999年製作の映画)

2.7

“マイケル・ジャクソンの頭がおかしいのはお前らが黒人を差別するからだ”

湾岸戦争の休戦直後のイラク、フセインが略奪した金塊の地図を捕虜から入手した4人の米兵が軍に内緒でヒャッハー!と基地から飛び出し
>>続きを読む

アイスブレイカー 超巨大氷山崩落(2016年製作の映画)

2.3

ジャケットからして完全にアサイラムだと思ってたら至って普通の遭難系。氷山から安いCGの毒々モンスターの登場を期待した私は大いに裏切られたのでした( ̄▽ ̄;)

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.1

ブルー・ハーツの曲に“今まで習ったことが全部嘘だったら”みたいな歌詞があったことを思い出しました。社交性の欠片も無いのにルームメイトに恵まれて本当に良かったと思ってたのに…orz

ノーベル経済学賞を
>>続きを読む

ハーモニー・オブ・ザ・デッド(2015年製作の映画)

2.5

“ゾンビが美しい音色に合わせて?!”なんて期待は大いに外れ、地名でした(^-^;)

原因不明のゾンビ発生で人類がほぼ滅亡した9年後の世界。父と娘、それから仲が悪い隣のオジサンの3人だけの“ハーモニー
>>続きを読む

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

3.5

『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッドが製作総指揮&主演&自虐でお届けする、うっぷんが溜まった教師たちの逆襲!邦題こそゾンビだけど、これは日頃クソガキやカオスな現場で奮闘してる先生や保育士へ>>続きを読む

死霊高校(2015年製作の映画)

3.1

ホラー映画、しかもPOVでわざと視野を狭めて怖がらせようてしてることも重々承知してたのに怖かった。もはや自分の影にすらビビる。今日は一段と部屋のあちこちがきしむなぁ…(-ω-;)

かつて高校の演劇で
>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

2.7

前後編の両方を観てからとも思ったけど、後編で失速したら嫌なのでとりあえず前編だけの印象はと言うと…

長ぇぇ…(´Д`)y-・~~
テンポ遅い。もっとまとめられるでしょコレ。“柏木、お前もな”って2万
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.9

ありゃ?ハマれなかったのは自分だけ?せっかく奮発してIMAX3Dで観たのに…(-_-;)

普段アサイラム製の安いCGとしょーもない脚本に慣れてるつもりだったが、ディズニーともなると逆に見る目が厳しく
>>続きを読む

野菊の墓(1981年製作の映画)

2.3

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いで映画に初主演した聖子ちゃん(19歳)と、落ちた鳥も逃げそうな樹木希林(38歳)の対比が凄まじい!Σ(゚ロ゚;/)/ そんな2人と年下の御曹司との儚くも結ばれぬ恋にアイ ウィル>>続きを読む

トリプルヘッド・ジョーズ(2015年製作の映画)

1.9

アサイラム史上最も充実した舞台セット(自分調べ)に、又はマチェーテのギャラに予算を使い果たしたか?!同じ画を使い回してコストカットするにも限界が…(-ω-;) でもジャンピング・海老反り・アックスは嫌>>続きを読む

スティールワールド(2014年製作の映画)

1.7

“『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のVFXチームが創り上げた最強の近未来SFアクション”は中身がスカスカでした_(:3 」∠)_ ロボットに支配された世界で唯一してはいけないことが外出?!寒いから>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

4.3

キタ━(゚∀゚)━!!マシーンでもなければプログラムでもない、完全に独立したAI。自我あり感情あり心あり。おまけに死ぬのが怖い!

そんなAIをギャングが一から学習させたからもう大変!いきなり子育てす
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

どうせ『ララランド』の二番煎じだろ、ウルヴァリンがミュージカルだなんて┐( ̄ヘ ̄)┌…と斜に構えてたら強烈なカウンターを喰らいました(o゚∀゚)=○)´3`)∴真正面から何度も浴びせられるポジティブエ>>続きを読む

>|