ぐろりあさんの映画レビュー・感想・評価

ぐろりあ

ぐろりあ

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。(2021年製作の映画)

3.5

実話を元にしている【死霊館】シリーズ
監督はどれもどこかJホラーを感じさせる描写があり、全部観てますが…今回はやや毛並みが違ってました。
幽霊、つまり完全に亡くなった方々が悪戯したり、ブチ殺そうとした
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

2.5

結局観てしまった。
やっぱり普通の映画(私変なのか?)と思ってしまう自分に考え込む…。

悪意とか憎しみから始まっている殺害ではない分…不思議じゃなく、なんか純粋

部外者が土足で自分勝手な振る舞いを
>>続きを読む

ケイト(2021年製作の映画)

1.2

日本全般の描写は仕方ないのか…
『キル・ビル』くらい漫画チックならわからんでもない。
『SAYURI』ほまだまだ仕方ない時代だったかなと思える。
『沈黙』まできて日本は少しみえてきたかなぁと思ってだけ
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.7

東野圭吾の新作だからと読んだ時の第一印象は『木村拓哉さんならピッタリ!』と思っていたら…なんとアテ書きだったと聞いた時はビックリ‼️
それから映画は観てなかったから…地上波でCM無しで見てみるかと。
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

2.9

タイトルに惹かれてノーガードで鑑賞
まさかこんな物語とは…。
監督はSABU
観ていて昔見た『疾走』を思い出す
涙止まらなかった印象…
この監督は、もどかしくどうにもならない切なさや悲しさを走る【動】
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.4

自粛中でずっと観たかったげ我慢していた作品!
正座して観たけど…。
私が変なのか…凄く普通。
大体想像していた内容だけど…そのまんま
ありそうなお話
みんなの感想がとても気になる
ディレクターズカット
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.2

これは面白かった‼️
なんか手放しで喜んで劇場を後にしました。オススメです。

前回は実録物風でやや社会派の印象だったけどLEVEL2はエンターテイメント感あり大満足でした。

鈴木さんの役はとんでも
>>続きを読む

ラ・ブーム(1980年製作の映画)

2.4

中学生時代、試写会当たって(確か2,3枚…当時1枚応募したら余ってるからって…)
友達誘って観たけど…。
なんかよーわからんかった。
でも友達達はみんなソフィーマルソーの可愛さに大騒ぎしてたし、雑誌『
>>続きを読む

飢えた侵略者(2017年製作の映画)

3.6

なかなか面白い映画でした。
ゾンビ映画に詳しいわけではないですが、“歩く屍”から全力疾走🏃‍♀️
知性があったり、行き着く先はゾンビより人間の方がヤバイ…とか
でもこの作品はそんな俯瞰した目線で全体を
>>続きを読む

ウィジャ・シャーク 霊界サメ大戦(2020年製作の映画)

2.7

しゃれにならないリアルなサメや家の中走り回るサメとか色々あるけど、こんな映画みたら文句言うより楽しもう❗️という気になるから不思議
…にしてもサメという生き物の振り幅の大きさ無限大に関心するわ…
ここ
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.1

実によく出来てます!
映像と音楽は素晴らしい!
だけどなんだろう?

(ネタバレではないですが…
これ以降はご覧になってからの方がよいかと…。
折角の細田守監督の最新作なので…
皆さんの印象が一番大切
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

4.2

追記させて戴くでござるよ

悪い事は言わないから未見の方は…
『beginning』→『るろうに剣心』(一作目)→『Final』をお勧めします。

改めて今、『るろうに剣心』(一作目)を見返して、まる
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.3

人の流れ止めか何か知らんがやっと映画館が開いて観れたー!
もうメチャクチャだけど、アクションもう2次元じゃないけどスッゴく楽しんだ!
にしてもかなりの気合いが入った役者さん達が素晴らしい‼️
本当にこ
>>続きを読む

赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター(2010年製作の映画)

4.3

今まで色々なサメ映画を見てきました。

『ジョーズ』はもとよりドキュメンタリータッチだったり、CGバリバリだったり、空から飛んできたり、はたまた家の中を走るサメも見ました。

幼い頃からあの強く、情け
>>続きを読む

密航者(2021年製作の映画)

3.7

気まぐれに観ました。
色々設定が無理くりな感じもありますが、細かい事はさて置き、究極の選択をせねばならない宇宙の中での出来事で、あたしゃ好きです。
ハリウッドらしい悪人もどんでん返しもないから、静かに
>>続きを読む

彼女(2021年製作の映画)

2.9

何なんだろ?
全身全霊で物語に取り組むふたりの役者の姿はもう文句なしです。
美しく、はかなげで…。
印象的な長回し撮影もあり、役者の覚悟も伝わってくるのに…

なんだろう…ついて行きにくい感が…

>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.3

短編なのに…短編なのに…
なかなかの掘り出し物!
…と言っていいのか…?

多様な人種の中で生きている方々は簡単に面白いという言葉で片付けられない問題であるが…
ベースはとても軽快‼️

だから救われ
>>続きを読む

人魚伝説(1984年製作の映画)

4.8

ATGアート・シアター・ギルドの映画が盛んな時代は日本映画は強かった〜
この作品も20代の頃見た衝撃は忘れられなかったものです。

もの凄いバイオレンンスと悲しみ、
今ほど映像はきれいじゃないのに美し
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.5

予備知識なしで鑑賞
全く見事に感情を押し付けて来ない映画
人種問題や夫婦の問題、高齢者の現実、
登場人物は特殊でもなく、日本でもありそうな世界観…善人も悪人もなく、一所懸命に生きている現実

その中で
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.2

劇場版でしか本気で観ていない自分ですがとてもきれいに終わった印象
色々伏線の回収は出来ていないがこれでいいです。
初めて見た時からなんか男の子が喜ぶ映像カットが多々ある印象
でも作品の印象は至極真っ当
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

4.0

なんかアメリカ映画で裁判ものはなかなかハズさないのはなんでやろ〜
こんな新作もお家で見れるのはありがたいです。
本来なら映画館でしょうが公開しても足運んでないかもと思うとチョット反則だけど嬉しい😃ッス
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

3.6

生きてりゃ受け入れ難い出来事に出くわす事が多々ある。
そんな時もうどうしょうもなくなるし、突然の迷子になったような気がする。

私なんか特にそこが弱いタイプ

つらい現実を追体験させられる作品です。
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった〜
公開当初の新聞広告だけで観たかった作品

伏線だとか、騙されるとか予備知識も無く見たからすんげー楽しんだ。

美術館の中で起こるミステリーみたい

でもどこか現実感薄くて悲しい…恋…。
>>続きを読む

この茫漠たる荒野で(2020年製作の映画)

4.3

こんな作品たまに散らばってるからNetflixヤバいわ…。
このタイトルとトム・ハンクス…
外れない予想通りの映画でした。
混ざり合う人種の中で“合衆国”であろうとするアメリカの深い歴史がとても色濃く
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.8

映画には鋭利な刃物のような作品があるし、そんな作品が割と好きだか…
この作品は映画がその手法を持っているというより…
現実社会が鋭利な刃物である事を見せつけてくれた。

鷲尾真知子さんとてもいい感じ…
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.4

役所広司さん主演で『すばらしき世界』と聞くともう根拠なく観たくて堪らないから早速鑑賞!

内容だけをみるとよくある話で今まで何度か観たり聞いたりした事と何ら変わらないし珍しくもないお話…

滑稽過ぎる
>>続きを読む

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

3.0

この監督作品は初めてですが、前評判を受けて観たかった…
とても不快感、すごく『悪魔のいけにえ』小道具と環境はめちゃくちゃホラー
でもこの状況で堕ちて行く状況は理解できるだけにクライマックスには映画とし
>>続きを読む

ミッドナイト・スカイ(2020年製作の映画)

3.9

今、このご時世とは関係なく方向は違っていても人は大事なものの為にその方向へ生きていくものなんだなあと静かに感動しました。
エンターテイメントな刺激的な展開はなくても何か生きる勇気を背中からから押すので
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

2.3

公開当初、どうしても時間が合わなくて観たくても見れなかった作品
喜び勇んで…

何だろう…

とても面白い作品です。
決して面白いの意味は楽しんだ作品という意味でなく、よくぞこのコンセプトで一本の映画
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.8

見事な映画です‼️
私は男だから愛する対象としてはどうしても女性になるがこの作品を観て『愛する』という衝動にLGBTQなどの分類など全く意味を持たない程の衝撃をまざまざと見せつけ、その愛という純粋さの
>>続きを読む

ブラック・サバス/恐怖!三つの顔(1963年製作の映画)

3.0

ラスト最高ー‼️
映画がとても豊かな時代だったんですね〜

オムニバス系の作品ですが
3本目の『一滴の水』は寓話的なよくあるお話ですが迫り来る老婆の顔はよくぞここまで恐ろしいメイク!
私も生まれるずっ
>>続きを読む

リサと悪魔(1973年製作の映画)

3.5

イタリアン・ホラーの父(?)マリオ・バーバとやらの特集で軽ーい気持ちで鑑賞

50超えの映画好きのおっさんは日曜日の夕方とかのホラー映画の掘り出し物に当たると喜んで見てた私としてはいい感じです

音楽
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

1.2

なんじゃこりゃ

この作品はどうしょうもない愛する者を失った悲しみ故の悲劇だと思ってました。
少なくともオリジナルではさすがスティーブン・キングだと思って切ない感動がホラーとなっていた好きな作品でした
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.0

公開当初から見たいと思っていた作品なので楽しみにしていました。
意欲的な映画でした。
映画のエンターテイメント的なものをこの作品に求めると肩空かしを喰らうでしょう。
私もそんな作品を想像していただけに
>>続きを読む

居眠り磐音(2019年製作の映画)

2.2

松坂桃李くんカッコ良すぎる〜
柄本明さん珍しいゴリゴリのあざとさ剥き出しの悪役はとても珍しく観れました。
とてもいいお話になることは見る前からもう見えていたから…安心して見れる作品でした。
だーけーど
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.3

気になっていた作品…
個人的には、わざわざリアルでそのままの現実世界をそのまま見せられる作品には…???と感じるのタイプでして…
「こんな現実見せつけるんならニュースや新聞、ルポルタージュ、ドキュメン
>>続きを読む

>|